« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月の14件の記事

2012年7月29日 (日)

鬼怒川(宇都宮地区)の様子(2012/07/29)

 2012年7月29日(日)、午前3時30分に起床。

 まずは、テレビでオリンピック観戦です。

 栃木県出身、高校3年生の荻野選手を、眠たそうに起きてきた妻と一緒に応援。

  もうちょっと銀メダル・・・、けど、フェルプスを下して、よく頑張りました。

 銅メダル、おめでとう!

 興奮して応援していたら、いつのまにやら、眠気はどこかに吹っ飛んでしまいました。

 時計を見ると、午前4時30分。

鬼怒川   今度は、よっしーが、鬼怒川でメダルを取る番でしょう。いつもの場所に行くしかありませんcoldsweats01

   鬼怒川(宇都宮地区)の河原には、午前5時前というのに、気の早い鮎釣りの方がもう集合しています。

  前日の夕立で少し増水、水温18度、いけそうな雰囲気たっぷり。

 プール、流れ込み、瀬とYSミノーで様子を探っていきますが、気難しい鬼怒川本流ヤマメからは、ショートバイトさえありません。

ヨイマチグサカブトムシとカナブン







一通り攻めた後は、持ってきたキスデジ(デジ一眼)で、河川敷に咲くヨイマチグサや、クヌギに群がるカナブンやカブトムシの写真撮影したりして、のんびりモード。

 メダルクラスの鬼怒川スーパーヤマメ、どこかにいるんでしょうけれど、この調子だと、今年も顔を拝むのは、ちょっと厳しいかもしれませんねcoldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

栃木県出身の萩野選手、銅メダルおめでとう!

 ただいま、表彰式をテレビで観ています。

 栃木県出身の高校3年生、萩野選手が、堂々の銅メダル獲得しましたsign01

 予選で出した日本新記録を更新しての表彰台です。

 おめでとうsign03  happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月23日 (月)

YSミノーでイワナ(36cm)ゲット! in 鬼怒川上流の渓流(2012/07/23)★

 

  YSミノー(60mm、5g)で、36cmのイワナを釣ることができました。

【日時】 2012年7月23日(月) 12時~15時

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市栗山地区)

【天候】 曇り

【水温】 14度

【風】  -

【釣果】 イワナ1匹(36cm)

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:シルバークリーク-S 602LRS
 リール:ダイワ・REGAL-Z 2000BL
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:YSミノー(60mm、5g、シルバーヤマメ、フローティング、製造番号238)

【レポート】

鬼怒川上流の渓流 今日は会社から、休暇をいただきました。

 天気予報は、「曇りのち夕方からところによって雷雨」。早めに出かけた方が良さそうです。

 午前中のうちに宇都宮を出発して、いつもの川俣湖上流の鬼怒川に向かいます。

 さすがに平日、先行者はいません。

  2012年7月16日、イワナをシューガーミノーF(65mm、フローティング、ブルーバック・シルバー)で釣ることができたので、今日は、ハンドメイドのYSミノーを投げ通す覚悟です。

 とか言っても、最初のうちだけで、反応がないと、藁をも掴む気持ちで、ルアー・ローテーションしちゃったりするんですけどねcoldsweats01

 YSミノー(60mm、5g、フローティング、製造番号238)を結んで、キャストすること3投目。

YSミノーで釣ったイワナ(36cm) in 鬼怒川上流の渓流(2012/07/23)  最近、相当運がいいようです。答えはすぐ出ました。

  水泡の中から姿を現したのは36cmのイワナsign03   ベリーフックをがっぷりくわえています。

 細軸のものに交換しておいたフックは、2本が伸びちゃいました。ランディングが手こずったら、バラしていたところでした。

YSミノーで釣ったイワナ(36cm) in 鬼怒川上流の渓流(2012/07/23)ベリーフックが伸びてしまったYSミノー(60mm、5g)








 渓流でも流れの中で、このサイズがヒットすると、相当の抵抗を受けますので、もう少し太軸のフックを使うことにしたいと思います。

 いきなり釣れちゃったので、もしかして爆釣モード?と思いきや、その後は、小さな魚(ヤマメ or イワナ?)が時々チェイスしくるぐらい・・・sweat02

トンボ  自分で作ったハンドメイドのYSミノーで、こんな素晴らしいイワナが釣れたのですから、これ以上を望むのはやめました。

 
 鬼怒川本流の調子がいまいちな分、だんだん渓流本気モードになってきましたhappy01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年7月22日 (日)

大賑わいの「那須ガーデンアウトレット」

 今日(2012年7月22日(日))は、家族で「那須ガーデンアウトレット」に行ってきました。

 自家用車で、上河内のスマートICから、東北自動車道を北に進んで、黒磯・板室ICに到着。

 インターの出口でいきなり大渋滞です。

 料金所の方に聞いてみると、「アウトレット渋滞」とのことcoldsweats01

 ものスゴイ人気です。

ごはん屋 たむら 駐車場に着くと、ほぼ満車状態。停まっているナンバーで一番多かったのは「福島ナンバー」でした。

 高速道路を使って、福島県からショッピィングに来ている方が多いんですね。

 お昼過ぎでしたので、まずは腹ごしらえです。

 和食好きの我が家が選んだのは、「ごはん屋 たむら(ショップNo.058、http://www.nasu-gardenoutlet.com/page/shopguide/detail/?id=78)」。

とちぎ豚の味噌かつ丼とちぎ豚の味噌かつ丼







 地元の食材にこだわったメニューの中から、よっしーは、「とちぎ豚の味噌かつ丼(1,200円)」にしました。

 ご飯の上に、たっぷりのレタス。その上にサクサクの豚カツがのっています。

 味噌ダレとの相性もバッチリで、美味しくいただきました。

 お次は、ショッピング。

賑わいの那須ガーデンアウトレット 大賑わいのアウトレットモール内は、さながら、ディズニーランドのよう。

  よっしーは、基本的にアウトドア派なんですけど、こういう場所も意外と好きだったりします。

  30%、50%セールの張り紙やタイムセールの掛け声が響きます。ものスゴイ活気ですup

 家族3人、あーだこーだ言いながら、ショッピングモール内を歩き回って、長女はお目当ての品を格安でゲット。気に入ったものを妻が買ってくれたりしたものだから、大喜びですhappy01

 よっしーは、エーグルの長靴(1万円ちょっと)やウエストバックなど、いくつか買いたいな~~と思う商品もあたったのですが、普段の釣り経費のこともあって、ここは我慢coldsweats01

ロコマート 帰り際には、ロコマート内の農産物直売所で、晩御飯用の新鮮な野菜を買い込んで、気がついたら午後4時30分。あっと言う間でした。

 実は、那須ガーデンアウトレットに来たのは、今回が初めてです。

 高速道路を使えば、宇都宮から1時間ちょっと行けますし、なんと言っても、ブランド品が安いのがいいですね。もっと早く気がつけば良かった。

 今度は、「佐野・プレミアムアウトレット(http://www.premiumoutlets.co.jp/sano/)」にも行ってみますねーー。


【那須ガーデンアウトレットの連絡先】

所在地:栃木県那須塩原市(旧黒磯市)塩野崎184-7
電話 :0287-65-4999
HP :http://www.nasu-gardenoutlet.com/page/

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2012年7月21日 (土)

鬼怒川上流の渓流釣行(2012/07/22)

川俣湖 前回(2012年7月16日)のイワナ(37cm、28cm)に気をよくして、再び、川俣湖上流の鬼怒川渓流です。

  先週の入渓ポイントに着いてみると、先行者を発見。

 渓流なので、竿抜けの可能性もありますが、スレ気味の魚を釣るのは、苦手なのでポイント変更です。

 これまで入ったことのない、新しい場所です。

川俣湖上流の鬼怒川渓流 大物が潜んでいるかもしれないので、YSミノー(60mm、フローティング)で、丁寧に攻めていきます。

 時々、チェイスしてくる20cmちょっとの魚影がありますが、なかなかヒットまで至りません。

  午後3時から5時30分まで、2時間半の渓流の散歩。

 柳の下に2匹目のドジョウ、いやイワナはいませんでしたcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月16日 (月)

イワナ2匹(37cm、28cm) in 鬼怒川上流の渓流(2012/07/16)★

 鬼怒川上流の渓流で、37cmと28cmのイワナが釣れました!

【日時】 2012年7月16日(月) 13時~17時

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市栗山地区)

【天候】 晴れ

【水温】 16度

【風】  -

【釣果】 イワナ2匹(37cm、28cm)

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:シルバークリーク-S 602LRS
 リール:ダイワ・REGAL-Z 2000BL
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:シューガーミノーF(65mm、フローティング、ブルーバック・シルバー)

【レポート】

 早起きして鬼怒川本流に行くはずが、完全に寝坊。

 午前中は、長女の胃薬を買いに行った後は、高校野球栃木県大会のテレビ観戦。

 午後は、特に予定は入っていません。

 3連休にも関わらず、釣りに1回も行かないのは、バチが当たるというものcoldsweats01

 暑い日中となれば、渓流しかありません。

川俣湖上流の鬼怒川 年券で入ることができる川俣湖上流の鬼怒川を目指します。

 川俣湖は、トローリングのボートは、川俣大橋から見渡した限り、確認できません。

  上流の鬼怒川に入渓しても、釣り人の気配はありません。

 
  岸際の砂地に、鹿の足跡に混じって、ところどころに釣り人のウェーダーの跡が残っていますが、いずれも数日前のものです。

 唯一、感じるのは、猿の気配のみcoldsweats01


 YSミノー(70mm、8g、ヘビーシンキング)でスタート。瀬やプールでは、それらしい魚影は見当たらず。ミノーと同じくらいの小さな魚が、時々追いかけてくるだけです。

  小型のスプーン、スピナーでも 状況は変りません。

 川岸の大石に腰掛けて、家から持ってきた水筒の氷水で一服。

  山間の木々から、キビタキのさえずりが聞こえてきます。

シューガーミノーF(65mm、フローティング、ブルーバック・シルバー)  真夏の日中ですから、こんなものかなーーーと諦め気分でトボトボ歩き始めると、小さなプールが現れました。

  再びYSミノー(70mm、8g)で誘ってみても、反応はありません。

 ならばと、ミノーケースから取り出したのは、シューガーミノーF(65mm、フローティング、ブルーバック・シルバー)。

 昨年、エビス釣具店で、ワゴンセールで売られていたもので、店員Oさん太鼓判のミノーです。

 とっても軽いので、湖では使えませんが、遠投する必要のない渓流にはベストマッチ。

 プールの流れ込みにキャストして、流れに負けないよう早巻きしてくること3回目、ついにきました。

 流れ込みの白い水泡の中で、魚が暴れています。

 テールのトレブルフックをガップリくわえたのは、37cmのグッド・サイズのイワナsign03

イワナ(37cm) in 鬼怒川上流部(2012/07/16)イワナ(37cm) in 鬼怒川上流部(2012/07/16)








イワナ(37cm) in 鬼怒川上流部(2012/07/16)イワナ(37cm) in 鬼怒川上流部(2012/07/16)








 こんな何気ないポイントにも、立派なイワナが潜んでいるんですねhappy01

 弱らないよう時々水をかけながら、浅瀬で撮影を堪能。

 湖と違って、渓流では、きれいな写真をたっぷり撮ることができるのが気に入っています。

  正真正銘のネイティブのイワナ。側面の白い水玉、そしてバック(背中)の虫食い模様がたまりません。

イワナ(28cm) in 鬼怒川上流部(2012/07/16) リリース後、もしかして、まだいるかなーーーと、同じポイントにミノー投げたら、速効ヒットsign01

 今度は、少し小ぶりな28cmのイワナでした。

 元々、それほど渓流釣りをしないこともあって、イワナに出会う機会はあまりなかったのですが、釣れる時は、案外簡単に釣れちゃうもんです。

  釣ろう、釣りたいと思う気持ちが強い時は釣れなくて、のんびり適当にやっている時に限って、大物がヒットしたりするのが、「釣り」の面白いところ。

 そんなラッキーがあるかもしれない夏の日の渓流ルアーフィッシング、お薦めします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月15日 (日)

いちごの里(栃木県小山市)の「なつおとめシュークリーム」

いちごの里 2012年7月15日(日)、ここ宇都宮では、真夏の太陽が照りつけています。

 かと言って、一日中、家にこもっているのも、せっかくの休日ですし、もったいない・・・。

 午後になって、妻を誘ってドライブに出かけることにしました。

 行き先は、栃木県小山市の「いちごの里」です。

 「いちごの里」では、名前の通り、「いちご」を売りにしていて、秋から春にかけて、いちご狩りを楽しむことができます。

 いちご狩りができない季節には、さくらんぼ狩りやブルーベリー狩り、枝豆オーナーなど、いろんな収穫体験が用意されていますが、いずれも、時期が限定されていますので、詳しくは、HP(http://www.itigo.co.jp/contents/sitemap/)で確認してください。

 さてさて、今日のお目当ては、「いちごをたっぷり使ったスイーツ」。

なつおとめシュークリーム 商品ケースには、いちごを使ったケーキやシュークリーム、ゼリーなど、さくさん揃っていて目移りしてしまいますが、人気商品の「なつおとめシュークリーム(250円/個)」をチョイス。

 「なつおとめ」とは、栃木県農業試験場が育成したいちごで、夏から秋にかけて収穫される特性があるそうで、秋から春まで収穫できる「とちおとめ」に加えて、「なつおとめ」が登場して、栃木県では、一年中、いちごを楽しむことができるようになったとのこと。

 その「なつおとめ」をふんだんに使ったシュークリーム。

 酸味の効いた「なつおとめ」が、生クリームの甘さに包まれながら、口の中にフワーーッと広がります。

いちごの里 さすがに人気商品だけのことはあります。美味しい!

 店内のテーブルでシュークリームをいただいた後は、店内を回ってショッピング。ツイーツ以外にも、お菓子やワイン、いちご酢など、いちごを使った商品がたくさん売られています。

 隣接するイタリアンビュッフェレストラン「いちご一会(いちごいちえ)」では、ランチやディナーもやっているそうなので、今度は、お腹を空かして来てみることにします。


【「いちごの里」の連絡先】

 所在地:栃木県小山市大川島408
 電話 :0285-33-1070
 HP :http://www.itigo.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「釣って食べて生きた! 開高健の世界」が再放送されます

 今日(7/15)の15時から18時まで、NHK BSプレミアムで、「釣って食べて生きた! 開高健の世界」が再放送されます。

 とても素晴らしい番組です。

 まだご覧になっていない方は、是非、「開高ワールド」を堪能してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月14日 (土)

愛車「スズキ ワゴンR 660 FM 5MT」よ、さらば!

ワゴンR・シフトレバー 中禅寺湖の特別解禁、デカレイクを夢見て、意気揚々とギアチェンジしながら登った第二いろは坂。

 長男や友人と一緒に出かけた、福島県請戸川・木戸川、新潟県荒川サーモンフィッシング。

 前日の夜、宇都宮を出発して、長男と一緒に狭い車の中で泊まった、丸沼の解禁日。

 片道75km、クネクネした山道をひたすら通った川俣湖。

 誰もいない早朝、水たまりをものともせず、スーパーヤマメが釣れると信じて走った鬼怒川の河川敷。


 いつも一緒だったのは、愛車「スズキ ワゴンR 660 FM 5MT(2000年)」。

 中古車で購入したのが2000年。総走行距離176,671km。この間、無事故。

ワゴンR・オドメーター  燃費は、まもなく18万kmを迎えるというのに、いまだに川俣湖へのドライブでは22~23km/L、街乗りで16~18km/Lと、ほとんどエコカー並。

  これまでの燃費の最高は、驚きの25km/Lを記録sign01

 数々の想い出が染み込んだワゴンRですが、走行距離が16万kmを過ぎた頃から、オイルの消費量が少しずつ増えてきたり、ギアの入りが悪くなってきて、さすがに寿命を感じるようになってきました。

  エコカー補助金・減税(総額、約11万円の補助)がまもなく終了すると聞いて、ついに買い換えることを決心。

 車屋に引き取られて、ガレージに静かに停まっているを姿を見たら、親友を失うような、何とも言えない切ない気持ちが込み上げてきて、ジーンときちゃいました。

  12年間、お疲れさま。そして、たくさんの楽しい想い出をありがとうsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

鬼怒川本流ヤマメ、いよいよ本番突入です(2012/07/11)

YSミノー(85mm、14g、アユ) 早朝の川霧に煙る鬼怒川(宇都宮地区)。

 水温15度、ささ濁り、これ以上言うことなしのベストコンディションです。

  ベイトタックルで投げていたYSミノー(85mm、14g、アユカラー)に、「グンッsign03」と一発。

  挨拶代わりでしょうか。

 シーズン初となる鬼怒川本流ヤマメからのショートバイトがありました。

 いよいよ本番突入ですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 8日 (日)

鬼怒川は増水中(2012/07/08)

鬼怒川(宇都宮地区) 2012年7月8日(日)、17時、いつもの鬼怒川(宇都宮地区)。

 昨日降った雨で増水しています。

 茶色の濁りは、ほんの少し薄くなりつつあります。

 こんな時、ヤマメ達はどこに避難しているのでしょう。

 もしかしたらと、流れが緩いポイントで、スピニングタックルでYSミノー(60mm、5g、フローティング)を投げてみましたが、ブルブルッとウォブリングする手応えがロッドを通して、手元に伝わってくるだけ・・・。

  今年も7月中旬になろうとしています。

 よっしーは、4月の解禁以来、いまだ本流ヤマメから1バイトさえない状況が続いています。

ノカンゾウ ルアーで、鬼怒川本流ヤマメを狙い始めて、まもなく7年が経ちますが、「とにかく釣れない、せいぜい2~3年に1匹ぐらい」ということが分かってきたこともあって、バイトがなくても全然焦らなくなってしまいましたcoldsweats01

 なんて言いつつ、内心、以前ほどではないにしても、「めったに釣れない鬼怒川スーパーヤマメを釣りたい」という気持ちがあるのも確か。

 7月末までの残り3週間。最後まで諦めず、鬼怒川に通い続けまーーす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 7日 (土)

革靴&鞄のメンテナンス(お手入れ)

雨 7月7日(土)、七夕の日。

  宇都宮は、朝から、雨が強く降ったり止んだりを繰り返しています。

  この天気では、さすがに釣りは無理。

 かと言って、ネットサーフィンばかりしている訳にもいかないので、午後から、革製品のメンテンスすることにしました。

 まずは、日頃ローテーションしながら履き続けている「革靴」です。

革靴磨き  ブラシをかけた後、シュークリーナーで汚れを拭き取ります。

 油分が抜けて、艶がなくなった革靴に、革クリームをたっぷり塗り込んでいくと、ジワーーッと染み込んでいくのが分かります。

 革靴に栄養が補給されていくこの瞬間を目にすると、靴磨きして良かったっという実感が湧いてきます。

 自分の革靴(6足)と玄関にあった長女の通学用のローファ、合わせて7足の靴磨きの後は、こちらも普段、通勤に使っているグローブレザーの革鞄のメンテナンス(お手入れ)です。

ヌメ革鞄を革靴クリームでメンテナンス(お手入れ) この鞄を買った時、グローブレザー(黒)に、革靴用クリームが使えるのか不安だったので、目立たない部分にちょっと塗ったところ、シミにならないことが分かったので、それ以来、ずっと革靴用クリーム(黒)でメンテナンスしています。

 シミもできませんし、定期的に塗り込むことによって、擦れて白っぽくなりやすい角の部分も、いつでも真っ黒。

 ぱっと見は、新品同様ですhappy01

 革靴と鞄は、一晩寝かして、クリームをたっぷり染み込ませた後、きれいな布で磨いて完成です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 4日 (水)

アルバムの表示方法を変えてみました

 当ブログには、記事に掲載した写真をまとめて掲載するアルバムがあります。

 この表紙を、大きめの写真が縦8列に全て表示する形式に変えてみたところ、一覧性が良くなって、気に入った写真を探しやすくなりました。

  もっと早く気付くんだった・・・coldsweats01

 各アルバムは、ブログの左サイドバーに掲示してありますが、せっかくなので、下にリンクも貼ってみました。

  写真には、掲載されている記事へのリンクが張ってありますので、インデックス代わりにも使うこともできます。

 是非、ご覧になってみてください。

photo「釣り・トラウト」 

photo「釣り・サーモン」

photo「釣り・他」

photo「ハンドメイドルアー」

photo「野鳥」

photo「クワガタ&カブト」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月 1日 (日)

YSミノーで川俣レインボー(35cm) in 川俣湖釣行(2012/07/01)

川俣湖 2012年7月1日、日曜日、午後3時30分。

川俣湖に着くと、パラパラと小雨が降り始めました。

 先週より、さらに減水しています。

 虫よけスプレーを腕、顔にたっぷり吹きつけて、ヌカカ対策もバッチリです。

 遠くの山々は、低く垂れ込めた雲に隠れています。

こんな天気の時って、魚の警戒心が薄れて、大釣りするかも、なんて期待が高まりますが、そうそううまく行くとは限らないのが釣り。

 距離を出しながら、少し深めを泳がせたいとヘビーシキンキングのYSミノー(70mm、8g、製造番号220)をチョイス。
YSミノーにヒットしたニジマス(35cm) in 川俣湖(2012/07/01)
 このミノー、川俣湖では、とにかくニゴイが良くヒットします。

 ニゴイが好むなら、トラウトも好むはずと使い続けてきたのが、ようやく報われました。

 ダブルのテールフィックをガップリくわえてくれたのは、35cmのニジマスです。

 やっぱり自分で作ったハンドメイド・ミノーで釣れると気分いいですね~~~。

  信じて投げてきた甲斐がありました。

YSミノーにヒットしたニゴイ(60cm) in 川俣湖(2012/07/01)  少しずつ雨が本降りになってきた午後5時前には、毎度毎度、一瞬ドキッとさせられる、お決まりのデカニゴイ(60cm)も登場。

 暗くなってきた頃が時合とは思いつつ、単独釣行では、欲張り過ぎないことが大事です。

 オオルリのさえずりが響き渡る湖畔を後に、山道を引き返すことにしました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »