« 「釣って食べて生きた! 開高健の世界」が再放送されます | トップページ | イワナ2匹(37cm、28cm) in 鬼怒川上流の渓流(2012/07/16)★ »

2012年7月15日 (日)

いちごの里(栃木県小山市)の「なつおとめシュークリーム」

いちごの里 2012年7月15日(日)、ここ宇都宮では、真夏の太陽が照りつけています。

 かと言って、一日中、家にこもっているのも、せっかくの休日ですし、もったいない・・・。

 午後になって、妻を誘ってドライブに出かけることにしました。

 行き先は、栃木県小山市の「いちごの里」です。

 「いちごの里」では、名前の通り、「いちご」を売りにしていて、秋から春にかけて、いちご狩りを楽しむことができます。

 いちご狩りができない季節には、さくらんぼ狩りやブルーベリー狩り、枝豆オーナーなど、いろんな収穫体験が用意されていますが、いずれも、時期が限定されていますので、詳しくは、HP(http://www.itigo.co.jp/contents/sitemap/)で確認してください。

 さてさて、今日のお目当ては、「いちごをたっぷり使ったスイーツ」。

なつおとめシュークリーム 商品ケースには、いちごを使ったケーキやシュークリーム、ゼリーなど、さくさん揃っていて目移りしてしまいますが、人気商品の「なつおとめシュークリーム(250円/個)」をチョイス。

 「なつおとめ」とは、栃木県農業試験場が育成したいちごで、夏から秋にかけて収穫される特性があるそうで、秋から春まで収穫できる「とちおとめ」に加えて、「なつおとめ」が登場して、栃木県では、一年中、いちごを楽しむことができるようになったとのこと。

 その「なつおとめ」をふんだんに使ったシュークリーム。

 酸味の効いた「なつおとめ」が、生クリームの甘さに包まれながら、口の中にフワーーッと広がります。

いちごの里 さすがに人気商品だけのことはあります。美味しい!

 店内のテーブルでシュークリームをいただいた後は、店内を回ってショッピング。ツイーツ以外にも、お菓子やワイン、いちご酢など、いちごを使った商品がたくさん売られています。

 隣接するイタリアンビュッフェレストラン「いちご一会(いちごいちえ)」では、ランチやディナーもやっているそうなので、今度は、お腹を空かして来てみることにします。


【「いちごの里」の連絡先】

 所在地:栃木県小山市大川島408
 電話 :0285-33-1070
 HP :http://www.itigo.co.jp/

|

« 「釣って食べて生きた! 開高健の世界」が再放送されます | トップページ | イワナ2匹(37cm、28cm) in 鬼怒川上流の渓流(2012/07/16)★ »

25◆ とちぎの食・食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/55203479

この記事へのトラックバック一覧です: いちごの里(栃木県小山市)の「なつおとめシュークリーム」:

« 「釣って食べて生きた! 開高健の世界」が再放送されます | トップページ | イワナ2匹(37cm、28cm) in 鬼怒川上流の渓流(2012/07/16)★ »