« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月の17件の記事

2012年10月31日 (水)

小さな幸せ

飲み会の帰り 飲み会の帰り。


 バス停に着くのが遅れてしまいました。田舎に住んでいるので、次のバスが来るまで1時間ほどあります。


 ふと思い出したのが、ドーナツ好きの長女の顔virgo


 そのまま歩いて、JR宇都宮駅前のミスドへ・・・


 持ち帰りのドーナツを買った後、2人掛けのテーブルで、ボンデリングをほう張りながら、ホットコーヒーcafeをすすります。


ミスドでコーヒー 店内を見渡すと、ノートを広げて勉強している高校生や、学校帰りに友達とお茶している女子高生が2人。


 近くの席に座っている女子高生からは、きっと、「疲れた中年サラリーマン」に見えるんでしょうね。


 トレーにあったチラシを見たら、ミスドのポイントが50ポイント以上溜まっていると、いろいろなグッズと交換できることを発見sign01


 帰りに、ポイントで、ピンクのハンドタオルをいただき、ちょっと得した気分になりましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

キャノンのコンデジ「Power Shot S110」購入

キャノン Power Shot A3200 IS 釣りに行く時は、綺麗な魚の写真を撮るぞっと気合を入れた時以外は、携帯性、それと万が一、水に濡れてた時もちょっと安心ということもあって、もっぱらコンパクトデジタルカメラの「キャノン Power Shot A3200 IS」を使っています。

 マクロにした後、プログラムモードにして、露出補正(マイナス1/3/~2/3補正)して撮影すると、トラウトの小さなのウロコもくっきり、鮮やか。

 初心者向けのカメラにも関わらず、値段の割(当時、1万円ちょっとで購入)に、軽くて、写りも良くて愛用していたのですが、この度、北海道の長男のもとに嫁ぐことが決定しました。

 毎度釣りに、一眼レフの「キャノン EOS 40D」を持ち出す訳にも行かないので、次のコンデジ探しをしていて、ようやく辿り着いたのが、「キャノン Power Shot S110」。

キャノン Power Shot S110 シンプルで機能的なデザイン、DIGIC5、高感度「ISO 12800」、そして、目を引いたのが、レンズの明るさ 「F2.0」です。

 一昔前なら、コンデジでF2.0なんて考えられないことです。

 買ってきて、実際に触ってみて、驚いたのが、前面にある「コントローラーリング」とボディ背面の「コントローラーホイール」の操作性。

  絞り優先(A)で、絞りとISOの設定を変えながら使うことが多いよっしーにとって、コントローラーリングで「ISO」を、コントローラーホイールで「絞り」を簡単に変えられるのは、とっても便利、気持ちいいーーsign01

 コントローラーリングをくりくり回すのが、マニュアルレンズで絞りを変える感覚に似ていて、銀塩マニュアル一眼レフ育ちの者に、なんとなく懐かしい気分にさせてくれるのもいいですねcoldsweats01

 値段も、それなり(3万7千円。中古のEOS 40Dより高価shine)なので、ラフな扱いは禁物ですが、これからフィールドに持ち出して、ジャンジャン撮影したいと思います。

 また、一つ楽しみが増えましたhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2012年10月28日 (日)

父親の後ろ姿

 長男が帰省している日曜日。

 手打ちそばを食べさせたくて、午前10時から、一人キッチンでそば打ちです。

 「釣りしている時は何も考えていない」なんて言う人がいますが、よっしーは、結構いろいろ考えたりしています。

 そばを打っている時も同じです。

 明るく、元気、真面目なところがある反面、時々、ちょっとルーズで、おっちょこちょい。好きなこと、興味のあることには熱中し、仕事も頑張るけど、時々、俗世間から離れて、一人、逃避したくなる傾向あり・・・

鹿沼産そば粉を使った手打ちそば 「そんな父親を見て、子供達は何を感じているのでしょう」。今日はそばを打ちながら、こんなことを考えていました。

 大皿に盛った、打ちたて、茹でたての手打ちそばを食べた長男が 「お父さんのそば、美味しいね」。

 最後に残ったそばも、全て長男が平らげてくれました。

 北海道行きの飛行機を待つ、茨城空港のソファーでは・・・

 長男「北海道で一人で行って、釣れるかな~~

 よっしー「まずじっくり下見して、川が増水した後のササ濁りの時に行ければ、間違いなくアメマスとかレインボー、ブラウンが釣れると思うよ。頑張ってやってみな!

 最近、外に出ることが少なかった長男が、また釣りを始めようとしています。

 父親(よっしー)を嫌っている素振りを見せつつも、どうやら少しずつ何かを感じ取ってくれているようです。

 子育て期間が残り少なくなったとは言え、子供たちが社会人になるまでには、あと数年あります。

 大したことはできませんが、これからも地道に歩き続けて、よっしーらしい後ろ姿を見せていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

うれしい一言~~北海道で長男が釣りを始めるかも?~~

茨城空港 北海道から帰省してきた長男。

 茨城空港から宇都宮に向かう、北関東自動車道を走る車の中で、うれしい一言。

 「お父さん、この前、自転車で近くの川に行ってきたんだ.久しぶりに釣りしてみようかなと思うんだけど、使っていない竿とかないかな~~~

 どうやら、小さな頃から経験してきた釣りの楽しさが、何気なく訪れた、北海道の流れを見て目覚めたようです。

 フィールドは、自転車で出かけられる範囲の支流。とは言っても「トラウトバラダイス、アングラー憧れの北海道」となれば、40~50cm、運が良ければ60cmクラスのアメマスがヒットするかもしれません。

  自宅で、長男と北海道のアメマスやイトウのルアーフィッシングのDVDを見ながら、ナイロンライン8lbを巻いたスピニングリールとトラウトロッド、YSミノーやスプーン等のルアー各種、タックル一通りをダンボールに詰め込みました。

  盛り上がっているのは、もしかして、長男より、父親のよっしーの方? coldsweats01

 今後の展開が楽しみで仕方ありませんが、あまり焦ってもいいことはないので、まずは、一人北海道で釣りを始める長男を、宇都宮からそっと見守りたいと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

丸沼釣り大会、楽しんできてくださいね!

  週末の日曜日、2012年10月28日に、いよいよ丸沼釣り大会が開催されます。

 今日の丸沼釣り日記によると、デカブラウンを含め、通常の3倍も放流するそうです。

YSミノー 準備万端整えていた大会への参加なのですが、どうしてもはずせない用事が入ってしまい、残念ながら参加できなくなりましたcrying

 ハイシーズンを迎えた丸沼で、釣りを愛するみなさんと同じ時間・同じ景色を共有しながら、釣りに興じて、あれやこれやの釣り談義・・・、行きたかったな~~~。

 参加される皆さん、是非、私の分も楽しんできてくださいねhappy01

 そうそう、今日、丸沼ではsnowが降ったそうです。

 早朝、金精峠は凍結している可能性大です。タイヤをスタッドレスに交換しておくことをお忘れなく。

 よっしーは、11月から本格的に通うことにしますねーーscissors

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

日光・中禅寺湖の紅葉が見頃です

 

那須・茶臼岳の紅葉を満喫した先週

 ネット(ツイッター、ブログ)では、日光の中禅寺湖付近が見頃を迎えたという情報が飛び交い始めました。

早朝の中禅寺湖 紅葉真っ盛りの日光で、渋滞を避けて紅葉狩りを楽しむには、朝早いうちに着いて、お昼前に帰ってくるのがコツです

 2012年10月21日(日)、午前5時、宇都宮の自宅を車で出発。 真っ暗な日光宇都宮有料道路を走り続けます。

 日光インターを過ぎる頃になると、東の空が白み始めて、いろは坂の黒髪平では、雲間から、真っ赤なリンゴのような太陽が顔を出しました。

 渋滞することなく、無事、中禅寺湖に到着。

 中禅寺湖スカイラインの開門時間は、午前7時なので、まずは、車から降りて、中禅寺湖畔の散策です。

 有名な八丁出島の紅葉も、綺麗に色づいています。見頃は、あと1週間ぐらいでしょうか。

 朝日に照らされた男体山、白根山方面から吹くやや強い風で打ち寄せられる湖畔のさざ波、岸際のブレイク付近に小さなライズがあると、思わず目がそちらを向いてしまいますcoldsweats01

 午前7時前に車に戻って、半月山駐車場に向かいます。

  お目当ては、駐車場の南側の紅葉です。

日光・半月山駐車場南側の紅葉 紅葉はちょうど見頃を迎えていますが、太陽の高度が低いため、斜面に光りが差し込んでいません。

 強い西風を避けて、車の中で昼寝をしたり、コーヒーを飲んだり・・・

 カメラマンに混じって、半月山に登って行くハイカーもいます。登る準備をしてくるんだった・・・coldsweats01

 待つこと2時間半。

  午前10時になって、ようやく、斜面に太陽の光りが当たり始めると、日なたと日陰のコントラスの中、赤や黄色のスポットが浮き上がってきました

 きれいですね~~~~happy01

 カメラ好きの方々の三脚&カメラが、ズラーーーッと並んでいる脇の方で、みなさんの邪魔にならないように、パチリパチリ。

日光・半月山駐車場南側の紅葉日光・半月山駐車場南側の紅葉








 もっと長い時間、この空間にいたかったのですが、渋滞に巻き込まれたくない一心で、早めの撤収です。

 午前11時には、いろは坂を下り終えました。

 今日の時点で、日光の紅葉は、中禅寺湖の少し上~いろは坂の上のあたりが見頃でした

  あとから聞いたところによると、この日、正午頃、日光宇都宮有料道路(高速)からの渋滞で、いろは坂を通って、中禅寺湖に行くのに3時間30分もかかったそうです。

【撮影データ】
○カメラ キャノンEOS40D
○レンズ  タムロン 28-300mm f3.5-6.3 MACRO
○その他 CPL(PLフィルター)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月18日 (木)

トレッキングポールを買っちゃいました

 最近、山づいているよっしーです。

 山に登っていると、カラフルな山ガールはもちろん、男性も、かっこいい服装を身につけています。

 よっしーは、ポリエステルの製の普段着(シャツ&ジャンパー)&釣り用のゴアテックスのカッパ、専用用品はトレッキングシューズだけです。

 本格的な登山をする訳でもなく、お気楽&お手軽登山なので、そこそこ快適に過ごせれば十分なので、専用の服装を揃える気はありません。

 ただ、みなさんの装備を見ていて、唯一欲しくなったものがあります。

 「トレッキングポール」です。

 上りは大丈夫なのですが、下りの時、段差があると、膝への負担が大きくて、時間が経つとだんだん痛くなってくるのです。

MONT BLANC(モンブラン)軽量アルミ製 トレッキングステッキ トレッキングポール 2本セット ストック ブラック&ブルー アンチショック機能付 そのショックを和らげてくれるのが「トレッキングポール」。たいていの登山者が持っています。

 手頃な値段のものをネットで探していて、ようやく見つけたのが、「MONT BLANC(モンブラン)軽量アルミ製 トレッキングステッキ トレッキングポール 2本セット ストック ブラック&ブルー アンチショック機能付」。

 速効でポチッsign01

  今日、仕事から帰ったら、商品が届いていました。

 箱から出して、いじってみたらところ、値段(3,000円)の割にしっかりしています。初心者にはこれで十分でしょう。

 レビューに、「先端のラバーがはずれやすい」と書いてあったので、ビニールでぐるぐる巻きして準備OK。

 さーて、今度は、どこの山に行きましょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

2日連続、茶臼岳で紅葉狩り

 2012年10月14日(日)、昨日、一人で行った那須の姥ケ平の紅葉登山

 朝起きると、意外に疲れが残っていません。もしかして3日後に出てくるのかもcoldsweats01

茶臼岳 よしっ! 姥ケ平の紅葉の写真を見て、その気になった妻を誘って、2日連続で茶臼岳近辺の紅葉散策です。

 今日は、登山に慣れていない妻も一緒なので、ロープウェイを使って一気に登ってしまいました。ラクチン、ラクチン、後はほとんど下るだけです。

 多くの観光客が身軽な服装で、頂上を目指して登って行く中、私達の目的は紅葉なので、すぐに左に曲がって、茶臼岳の南側を回る登山道を進みます。

 少し歩いたところで、昨日、南月山から見た茶臼岳南面の紅葉ポイントに到着。

茶臼岳茶臼岳南側の紅葉

















 間近で見る燃えるような赤や派手な黄色

 日光などの紅葉とは違い、背の低い灌木が紅葉しているので、まるで斜面に絨毯を敷きつめたようです。いいですね~~~happy01

 昨日と違って、風がない代わりに、太陽が雲に隠れてしまって薄日なのが、ちょっと惜しい。

茶臼岳南側の紅葉 他のハイカーの邪魔にならないように、道端の石に腰掛けて、時々雲間からのぞく太陽を気にしながら、持ってきたおにぎりriceballを頬張ります。

 水筒の暖かいお湯japaneseteaが美味しいのなんのってsign01

 日差しが強くなって、紅葉が映える、わずかなチャンスがやってくると、カメラバックから、EOS40Dを取り出してシャッターを切ります。

茶臼岳南側の紅葉  二人で、紅葉見物&撮影に夢中になってしまい、気がついたら40分も経ってましたcoldsweats01

  万事この調子。

 一般の登山者なら、1時間30分程度で回ってしまうところ、牛ケ首(姥ケ平を眺めました)、峰の茶屋を回って、那須岳ロープウェイ山麓駅に着いたのは午後4時前。

 のんびり、ゆったり、妻と二人で4時間の紅葉散策maple

 こんな休日もいいですね。


【行程】
 那須山頂駅発12:00->牛ケ首->峰の茶屋->那須山麓駅着16:00

【撮影データ】
○カメラ  キャノンEOS40D(一部キャノンのコンデジ使用)
○レンズ  キャノン EFS18-55mm f3.5-5.6 Ⅱ USM
              タムロン 28-300mm f3.5-6.3 MACRO
              キャノン EF 50mm f1.8 Ⅱ
○その他  PL(CPL)フィルター

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

那須・姥ケ平の紅葉、最高です!

 2012年10月10日(水)、地元の下野新聞の一面に紹介された那須連山・茶臼岳西側の姥ケ平の紅葉

 そんなにいいなら、一丁見に行ってくるか!

 他の新聞でも紹介されていたので、大勢の人出が予想されます。

 10月13日(土)、午前4時に、宇都宮を出発。高速道路で那須インターを経由して、一気に茶臼岳ロープウェイ山麓駅の先の登山口を目指します。

  午前6時前、駐車場に着くと、すでに満車状態。ヤッパリcoldsweats01

  それでも、なんとか空いているスペースを見つけて車を停めることができました。

  茶臼岳は、10年ほど前に1回、子供の時に1回登ったことがあるので、何となく雰囲気が分かっています。

  ちょっと風が強く、雲がかかっていますが、まー、何とかなるでしょう。

  他の登山者と一緒に登っていきます。

  はじめのうちは、灌木の中を歩いて行くので、体に直接風が当たることはなかったのですが、朝日岳に面したガレ場に出ると、ものスゴイ強風typhoonに体が飛ばされそうになります。

  時々、大きな石に身を隠して、風を避けて、弱くなった隙に少し前進を繰り返します。

  強風をものともせず、登っていってしまうベテランもいらっしゃいますが、特に風が強くなる、峰の茶屋手前では、風裏で待機するハイカーが多数。

強風の峠の茶屋手前の登山道ガスがかかった朝日岳南面の紅葉









  しばらく様子見ていたのですが、「これは素人レベルを超えている」と判断し、同じように下山する方々と一緒に、来た道を引き返すことにしました。

 車に戻って、そのまま帰ろうとハンドルを握って、運転している時に、ふと「もしかしたら、茶臼岳の峰の茶屋付近は風が強いかもしれないけど、その西側からアプローチすれば、行けるのではないか」。

 那須インターに向かわずに、西へ曲がり、沼原駐車場を目指します。

 着いてみると、こちらも風は強く吹いていますが、茶臼岳方面ほどではないようです。

 行けるところまで行ってみようsign01

 午前10時、沼原からスタート。

 急登はないものの、体に登山に慣れていないせいか、あるくスピードは上がらず、後ろから来る登山者に抜かれっぱなしcoldsweats01

 頂上が笹に囲まれた「白笹山(しらざさやま、1719m)」、ここで引き返したら、ちょっと物足りません。

 さらに進んで、辿り着いたのが、「南月山(みなみがっさん、1775m)」。

南月山の頂上  目の前が一気に開けて、堂々とした茶臼岳をはじめ、周囲の山々がはっきり見渡せます。

  木々がないので、強風で飛ばされそうになりますが、茶臼岳ほどではありません。

 茶臼岳の南面の紅葉がちょうど見頃を迎えてました。

 特に、崖にへばりつくように生えている木々の紅葉が見事です。

南月山から眺めた茶臼岳南面の紅葉南月山から眺めた茶臼岳南面の紅葉








 この紅葉は、茶臼岳からは足元になってしまうこともあって、眺められるのは、南月山しかなさそうです。ラッキーsign01

日の出平から見た茶臼岳 せっかくここまできたので、前に進むことにしました。

 稜線沿いを進み、日の出平を経由して、午後1時30分に牛ケ首に到着。

 眼下に広がるのは、あこがれの「姥ケ平(うばがだいら)」の紅葉です。



那須・姥ケ平の紅葉那須・姥ケ平の紅葉








 新聞に掲載された10月10日の状態より、少し下に移動していますが、赤や黄色の彩られた絨毯が敷きつめられた紅葉に、息をのみます。

 こんなに素晴らしい紅葉を見たのは、いつ以来でしょうか。

 沼原から白笹山、南月山を経由して牛ケ首まで、片道3時間30分かけて歩いてきた甲斐がありました。

 姥ケ平で、思う存分写真を撮影。

  あーーー、ずっとこのまま、この景色に囲まれていたい!

  EOS40Dのコンパクトフラッシュは1GBということもあって、あっと言う間に撮り切ってしまい、予備のコンパクトフラッシュに交換しながら、撮影を続けました。

  釣りで例えれば、「朝マズメはさっぱり.けど、日中も粘り続けて、夕マズメのチャンスに大物ゲット!」って感じです。

日の出平方面から眺めた南月山頂上白笹山で見つけた紅葉







  帰りは、来た道をそのまま引き返し、牛ケ首~日の出平~南月山~白笹山~沼原駐車場を2時間30分かけて下山しました。

  自宅に帰ってきてガイドブックを見て気付いたのですが、沼原からは、白笹山や南月山を北側にトラバースして日の出平に出るコースもあるんですね。

 今度来る時は、こちらのコースも歩いてみたいですね。

【撮影データ】
○カメラ  キャノンEOS40D(一部キャノンのコンデジ使用)
○レンズ  キャノン EFS18-55mm f3.5-5.6 Ⅱ USM
              タムロン 28-300mm f3.5-6.3 MACRO
○その他  CPL(PLフィルター)、三脚使用

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

終認

 以前、野鳥観察をやっていた時に、気にしていたことの一つに、「初認」と「終認」があります。

 シーズン最初に観察することを「初認(しょにん)」と言います。

 「この冬、初めて白鳥がやってきた」とか、「この春、初めてウグイスの声を聞いた」とか、結構注目されていて、ニュースに取り上げられることも、しばしばです。

 一方の「終認(しゅうにん)」は、意外と忘れられることが多くて、しばらく経ってから、「あーー、もしかすると、この冬、最後に見た白鳥は、あの時だったかもしれない」なんて憶えていればいい方で、たいていは、「あれっ、最後に見たのは、いつだっけ?」なんて感じです。

 実は、よっしーは、この初認と終認を記録する習慣が、いまだに抜け切れません。

長女が修学旅行で買ってきた「おたべ」 今日の終認は「修学旅行」。

 大学生の長男と高校生の長女の2人で、中学と高校合せて、計4回の修学旅行がある訳ですが、先日、長女が行ってきました。

 京都で買ってきたお土産の「おたべ」を、「これで子供達の修学旅行も最後か~~~」なんて、しみじみ想いながらいただきました。

  子供が小さかった時は、忙しくて意識することが少なかった「終認」。

 子育て自体が終わりを迎えつつある今、それを意識することが増えてきたのが、ちょっぴり寂しいやら、嬉しいやら・・・coldsweats01


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

10/28は丸沼釣り大会です!

 10/8に、日光戦場ケ原では、初霜、初氷を記録。

 秋は、確実に深まってきています。

 気温が下がれば、水温もということで、金精峠を挟んで西側にある丸沼の表水温も、「丸沼釣り日記 」によれば、「18度」と次第にマス達の活性が高まるレンジに下がってきています。

 その丸沼で、10月28日(日)、待望の釣り大会 が開催されます。

  おそらく10月下旬になれば、さらに水温も下がって、最高のコンディションになっているのではないでしょうか。

  ビックレインボーを筆頭に、ブラウンオショロコマが続々と顔を出してくれるかも?

 楽しみですね~~~happy01

 よっしーは、今のところ、ちょっと用事が入りそうな気配がありますが、まだ3週間ありますので、その間に何とか工夫して、参加するようしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

日光・金精山で一足早い紅葉狩り(2012/10/08)

  2012年10月8日(月)、体育の日(祝日)です。

 丸沼に釣りに行こうと思っていたのですが、昨日の小田代ケ原の草紅葉の印象が強く、少しでも早く紅葉が見た~~い! 「紅葉症候群」になってしまいました。

 行き先は、金精峠から登って、金精山~五色山です。

金精トンネル付近の紅葉 午前11時、金精峠のトンネル前に到着すると、ちょうど紅葉の前線が降りてきています。

 写真に収めようと、観光客がカメラ片手に道端をうろうろ・・・、よっしーも、みなさんの真似して撮影しました。

 青空をバックに、斜面の紅葉と緑、白い倒木のコントラストが見事です。

 良く見ると、山の上の方にも、所々に赤や黄色が点在しています。

 登山靴の紐を、ギュッと締めて準備完了。

 久しぶりの登山に、少々緊張気味。普段、全く運動していませんからね~~~coldsweats01

 金精トンネルから金精峠への登山道は、いきなり直登の連続。

 息が切れますsweat01

金精峠付近の紅葉金精峠付近の紅葉


 素人登山者を諦めさせようとしているようとしているのではないかと思えてきます。

 それにもめげず、登山道際に点在する紅葉を撮影しながら、休憩を多めに取って、40分ほどで稜線の金精峠に到着

 湯ノ湖、中禅寺湖、男体山がよく見えます。


金精峠から温泉ケ岳を望む 北側の温泉ケ岳(ゆせんがだけ)も、少し色づき始めています。

 この山全体が紅葉に彩られたら、どんな景色になるのでしょうか。

 少し休憩した後は、さらに、稜線を南側に進み、次の目的地「金精山」を目指します。


山道金精山斜面の登山道のハシゴ

















 途中、ハシゴがかかって、ロープを持ちながらでないと登るのが難しい場所も、何とかクリア。

金精山からの眺望
 午後0時30分、金精山の山頂に到着

 東側に開けていて、金精峠より、さらに高い位置から眺望は絶景です。

 気持ちいい~~~~sign01

 水筒の氷が入ったキーンと冷えた水を口に含むと、食道を通るそばから、体にしみ込んでいくのが分かります。

 一息ついた後は、山頂で、のんびり紅葉や風景を撮影したり、お弁当を食べたり・・・。

 贅沢なひとときscissors

金精山頂のシャクナゲ金精山頂のシャクナゲ








 目の前を羽ばたきもせずに、猛スピードで飛んでいくのはアマツバメSP。渡りの途中なのでしょうか。

金精山から帰る途中、眼下の菅沼
   次は、「五色山」といきたいところですが、久しぶりの登山ということで、今日は無理せず、ここで引き返すことにしました。

 五色山(あわよくば白根山)は、次回の楽しみにとっておくことにします。



 金精山頂付近のシラカバの老木
 紅葉は、金精山の山頂付近から金精峠あたりまでです。

  1週間後、ちょうど見頃を迎えそうです。


  また行っちゃおうかなhappy01


【撮影データ】

○カメラ
  キャノンEOS40D(一部キャノンのコンデジ使用)
○レンズ
  キャノン EFS18-55mm f3.5-5.6 Ⅱ USM
  キャノン EF 50mm f1.8  Ⅱ
  タムロン 28-300mm f3.5-6.3 MACRO
○その他
  CPL(PLフィルター)、三脚使用

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

「日光・小田代ケ原の草紅葉」が見頃です

   2012年10月7日(日)、宇都宮では、朝から雨が降っています。

 中止と思っていた地域の運動会が、なんと開催!

 慌てて着替えて、近所のおっちゃん達(自分もおっちゃんですcoldsweats01)と、軽トラで、テントや机を運んで会場設営。自宅に戻ったら、もう午前11時過ぎ。

 釣りは諦めて、休憩ターーーイム。

 お昼を過ぎたら、雨は上がって、晴れ間がのぞいてきました。

 午後1時過ぎ、妻と一緒に、草紅葉の見頃を迎えている日光の小田代ケ原に出かけることにしました。

 竜頭の滝、戦場ケ原付近は、紅葉が始まっています。

 赤沼から低公害バスに乗り換えて、小田代ケ原に到着。

日光・小田代ケ原の草紅葉日光・小田代ケ原の草紅葉







 曇り空の下、派手な錦絵という感じではありませんが、草原が、うっすらと黄色やオレンジに色づいています。草紅葉、いいですね~~~。

 展望台の観光客は、10~15人ほど。

 小田代ケ原名物の白樺「貴婦人」の白い幹をカメラに収めようと、三脚を立てて、撮影しているカメラマンの隣で、よっしーもパチリ!

 帰りのバスが来るまでの1時間、小田代ケ原の周囲の木道を妻と一緒に、のんびり散策しました。

 みなさんお楽しみの日光の紅葉の見頃は、来週の週末(10/13)からになりそうです。

日光・小田代ケ原の草紅葉&貴婦人ツタの紅葉







   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

そば処久我の粉で、手打ちそば

 3連休のうち、1日ぐらい、どこかに釣りに行きたいところ・・・。

 天気は曇り。

 魚は、曇りの方が釣れるかもしれませんが、やっぱり、快晴の秋晴れの下で、思いっきりルアーを投げたい。

そば処久我の粉で打った、手打ちそば 先週、そば処久我(栃木県鹿沼市上久我27-1)で買ってきた、そば粉を使って、そばを打つことにしました。

 そば粉(8割)に小麦粉(強力粉・2割)、加水率45%。

 始めて1時間ほどで完成!

 材料さえ揃っていれば、すぐにできるのがそば打ちのいいところです。

 加水率が高かったこともあって、少し柔らかくなってしまいました。

 この粉には、43~44%あたりが良さそうです。

  天気予報によれば、明日も天気が崩れるみたいです。

  釣り(丸沼か東古屋湖)は月曜ですね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

白いバルサ補充!

 ハンドメイド・ミノー作りの材料で、一番気を使っているのは「バルサ」です。

 「ヘビーシンキングにしても、キビキビした泳ぎが期待できる」ことや「削りやすさ」を考えて、なるべく白くて柔らかい、浮力の高いバルサを選んでいます。

購入した白いバルサ 厚さは10mm。

 購入しているのは、宇都宮市のインターパークにある「ジョイフル・ホンダ」です。

 最近、いつ行っても、少し茶色みのかかった硬めのバルサしか並んでいなかったのですが、先日、久しぶりに覗いたら、10mmの白いバルサが大量に入荷していました。

 カウンター内にも置いてあったので、お店の人にお願いして、全ての10mm厚のバルサを並べて、白くて柔らかそうなものをセレクトさせてもらいました。

 いいバルサを目の前にして、10枚ぐらいまとめ買いしたくなったのですが、他に欲しい方もいらっしゃるでしょうし、なんと言ってもお財布に余裕がなかったので、買うのは4枚にしましたcoldsweats01

 これで当分、バルサを買わなくて済みそうです。

 そうそう、10mmのほかに、7mmの白いバルサも入荷してましたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

2012年新潟県阿賀野川サーモンフィッシング参加決定

  新潟県賀野川サケ有効利用調査の当選メールが来ましたscissors

 これで、今年、ほとんど諦めていたサーモンフィッシングに行けることとなりました。

 調査は11月。

  少しずつ準備を始めて行こうっとsign01



【2012阿賀野川サーモンフィッシング】

○HP  :http://www.aganogawa.jp/salmon/application/

○受付期間:2012年 9月25日(火)~10月10日(水)

○調査期間:2012年11月10日(土)~11月25日(日)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

鬼怒川河川敷で昆虫撮影

鬼怒川河川敷
  2012年9月30日、日曜日。


 台風17号が栃木に向かってきているので、釣りは避けて、近くの鬼怒川にカメラを持ってブラブラすることに・・・





鬼怒川

 カメラは「キャノンEOS40D」。

 これに「FD-EOSコンバー」を介して、マニュアルレンズの「タムロン90mm F2.5」を付けると、90mm×1.4×1.6、「202mmのマクロレンズ」に変身!




キャノンEOS40D+タムロン90mm
 キャノンEOS40DのISO感度を800に設定すれば、絞り5.6で、シャッタースピード1/200~1/1,000で切ることができるので、三脚を使わず手持撮影です。

 手持撮影で、ここまで、きれいな写真が撮れると楽しくなってきますね。






トノサマバッタ 手持撮影で、ここまで、きれいな写真が撮れると楽しくなってきますね。

 たいていは気配を察知して飛び立ちますが、中にはのんびりしているやつもいて、這いつくばって、そろ~~~っと近づくと、正体は、トノサマバッタ  happy01





トノサマバッタ
 最短撮影距離まで近づけるものもいて、超ドアップの撮影ができました。

 ここまで虫に接近して、マジマジと顔を眺めたのは、いつ以来でしょうか。懐かしい~~~~






アマガエル



 ススキの葉の上で、雨を待っているアマガエル






ナツアカネ



 真っ赤なお尻のナツアカネ







オオカマキリ











 クズの葉の上で獲物を狙うオオカマキリ














オオカマキリ







 オオカマキリのアップ!


















セミを襲うオオスズメバチ


 ジッジッジッ・・・という悲鳴に近いセミの鳴き声に何事かと近づくと、破れかけた蜘蛛の巣にかかったセミをスズメバチが襲っていました






セミを襲うオオスズメバチ
 自然の掟とは言え、厳しい。


 手持撮影で、ここまで、きれいな写真が撮れると楽しくなってきますね。






山クリ デジタル一眼レフが進化したおかげで、FD-EOSコンバーターで1段暗くなってしまうハンディがなくなって、昔のマニュアルレンズも完全復活です。


 釣りがオフシーズンの間、身近な自然の撮影にはまりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »