« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月の14件の記事

2012年11月28日 (水)

ハンドイド・ミノーのシーズン・イン!

 丸沼も、明後日が最終日。12月から禁漁になります。

 栃木県内では、東古屋湖(12月末まで)、箒川C&R(1/14まで)のみとなります。

  よっしーは、12月中に、東古屋湖に何回か行くぐらいになりそうです。

Gijie(ギジー)の2013年冬号
  シーズンオフとなれば、ハンドメイドミノーです。

 そろそろハンドメかと思っていた時に、本屋で、Gijie(ギジー)の2013年冬号のタイトル「鱒とハンドクラフト」に目が止まって、思わず買っちゃいました。

 ハンドメイドミノーが、きれいな写真と一緒にたくさん紹介されています。

 どれもこれも、職人気質が感じられる素晴らしい仕上がり。すごいな~~~happy01

 ヘビーシンキングで、ウェイトがあって、川俣湖や鬼怒川上流域で活躍してくれたYSミノー(70mm、8g)。

 丸沼でロストしてしまったので、まずは、今年は、このコピー作りから始めることにしましょうsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

2012年ラスト丸沼で「レインボー祭」!(2012/11/24)★

1 2012年最後の丸沼で「レインボー祭」を堪能してきました。

【日時】 2012年11月24日(土) 7時~16時

【場所】 丸沼(群馬県片品村)

【天候】 曇り時々晴れ

【水温】 -(未計測)

【風】  弱い北東の風、のち南風

【釣果】 レインボートラウト12匹(35~48cm)、バラシ5~6匹

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:シルバークリークS・7'9"
 リール:ダイワ・エンブレムZ2500
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:スプーン(5~7g、フロントレイク6.8g・丸沼オリカラ、ベスパを含む)、YSクランク(60mm、8g)、YSミノー(70mm、8g、シンキング)、M-1インスパイアミノー(フローティング)


圧雪状態の菅沼付近(2012年11月24日)【レポート】

 2012年、11月23日(金)から25日(日)までの3連休。

 丸沼は12月から禁漁になるので、最後の休日になります。

 23日は、いろいろな用事が入っていたので、行くなら24日か25日のいずれか。

 天気予報とにらめっこしながら、「晴れ」の25日ではなく、人出が少ないであろう「曇り」の24日の方を選びました。

 金精峠を越えると、道路は圧雪状態。所々に、滑って蛇行したと思われるクネクネ曲がったタイヤの跡。みなさん、冬の山道では、必ずスタッドレスタイヤを履きましょう!

 午前7時、陸っぱりからです。

 予想通り、釣り人はまばら。まずは、陸っぱりメジャーポイント「立木の森インレット」。

 満水なので、陸からのポイントはかなり制限されます。

 こんな状況では、ほんのちょっとロッドが振れる空間があれば釣りができる、機動力の高いルアーの独壇場です。

 水温が低くてマス達の活性がいまいちかも?という心配は、すぐに吹き飛びました。

YSクランク(60mm、8g)で釣れた下顎が突き出たニジマス(45cm)
 じっくりただ引きしていたYSクランク(60mm、8g)で、まずは下顎が突き出たかっこいいニジマス(45cm)をゲット。斑点がないのでホウライマスかもしれません。

 これが号砲となって、「丸沼レインボー祭」の幕が開けたのです。

 少しインレットに寄ったポイントに移動してから、スプーン(シルバー、7g)に38cmのニジマスがヒット!

 環湖荘のUZUさんお薦めのフロントレイク(6.8g、丸沼オリカラ)でも連発です。この蛍光オレンジとイエロー、効きますね~~。


ニジマス(38cm)フロントレイクで釣ったニジマス(35cm)









  スプーンでは釣れ続けてしまいそうなので、途中から、ミノーやYSクランクをメインルアーにチェンジ(内心は、ネイティブのビックレインボー&オショロコマ狙いですcoldsweats01)。

  さすがに、スプーンほどの反応はなくなりますが、それでも粘っていると元気なレインボーが釣れちゃいます。

 YSミノー(70mm、8g、シンキング)で、冬の丸沼らしいニジマス(45cm)sign01

YSミノー(70mm、8g)で釣ったニジマス(45cm)YSミノー(70mm、8g)で釣ったニジマス(45cm)









 さらに、表層で、M-1インスパイアミノー(フローティング)をジャーキングしていると、ガツン!

 45cmのニジマスが、テールフックをがっぷりくわえてくれました。

 丸沼のニジマス達に寒さは関係ない?  やる気満々です。

M-1インスパイアミノーで釣ったニジマス(45cm)丸沼









 午前中で、ニジマス10匹、バラシ5~6匹。まさに「丸沼レインボー祭happy01


環湖荘
  禁漁前に、こんなに活性が高いなんて、ちょっと信じられませんが、こういうこともあるんですね。

 車に戻って、のんびり昼食を食べた後は、お昼寝タ~~~~イムsleepy



白樺
 一寝入りして、午前中の疲れもどこへやら。

 釣りパワー復活ですup

 普段なら、午後からはボートにするところですが、午前中でお腹いっぱいになったので、引き続き、陸からの釣りにすることにしました。

 青空にそびえる白樺。

 ふり返ると、湖には、フライマンが立ち込んで頑張っています。

 湖畔を歩いてみると、やる気のなさそうな、大型のニジマスが、岸沿いをクルージングしているのを発見。スプーンには見向きもしませんsweat01

 これでは、ちょっと厳しそうです。

 少し偵察した後、再び、立木の森へ。

 
 スプーン、スピナー、YSミノー、YSクランクと一通りキャスト。唯一、YSミノー(70mm、7g、フローティング)で1回バラシ。

 午前中攻め続けられたせいで、ちょっと渋くなっているようです。

 雰囲気的に管釣りモードっぽくなってきました。

 ならばと、スプーンのサイズを小さくして、ベスパ(5g、オレンジ)をボトムまで落して、底をゆっくり引いてくると・・・

 48cmのきれいなレインボーが登場!

ベスパ(5g、オレンジ)で釣ったニジマス(48cm)Img_122145丸沼









 この後、さらに放流物のニジマス1匹(45cm)追加して、日が山際に沈んだところで終了。

   「祭」でいいことばかりだったかというと、実はそうではありません。どこかでバランスが取られるようで、大事にしていたYSミノー(70mm、8g、シンキング)をロストしちゃいましたweep

  このシンキングタイプ、スペアがないんですよね~~。シーズンオフ中に作らなくっちゃ!

 いろいろあった2012年シーズンの丸沼も、今日が最後になります。

 リリースした丸沼レインボー達が、一回り大きくなって出会えることを期待して、風花の舞う丸沼を後にしました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年11月23日 (金)

丸沼、最終週突入!

湖沼のルアー・フィッシングとワイン 2012年の丸沼も、残すところ、あと1週間になりました。

  休日は今日(11/23)を除くと、2日しかありません。

  天気予報は、今のところまずまず。

 雲に覆われて、日中気温が上がらない曇りの明日(11/24)か。

 それとも、朝冷え込んでも、晴れて少し気温の上がる明後日(11/25)か・・・

 西山徹さんの「湖沼のルアー・フィッシング」を眺めながら、2012年のラスト丸沼の日を決めることにしましょうbar

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記事(ココログ)に「いいねボタン」付けてみました

 フェイスブックの「いいねボタン」を付けてみました。

  記事(ココログ)のHTMLに、次のソースを書き足せばOKです。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<iframe src="http://www.facebook.com/plugins/like.php?href=★" scrolling="no" frameborder="0"style="border:none;width:450px; height:80px"></iframe>

 ★の部分には、記事のURLを記載します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 まずは、みなさんに、よく読まれている記事にペタペタペタ・・・・・・・

 ココログでは、今のところ設定では、「ツイッターのボタン」しか表示できませんが、「いいねボタン」も使えるようになってくれると、いちいち貼らなくても済むんですけどね~~coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月18日 (日)

ピッカピカの阿賀野川サーモン~~新潟県阿賀野川サケ有効利用調査(2012/11/17)~~★

 初めて開催された阿賀野川サケ有効利用調査で、小ぶりながらも、ピッカピカのきれいなサーモンを釣ることができました!

【日時】 2012年11月17日(土)、9時~14時

【場所】 阿賀野川(新潟県阿賀町、サケ有効利用調査)

【天候】 曇りのち雨

【水温】 -(未計測)

【風】  強い東風

【釣果】 1匹(53cm、メス)

【タックル(ベイトタックル)】

○ロッド:チームダイワS・6'6"(TEAM DAIWA-S ZR662MRB)
○リール:アブ・ガルシア アンバサダー5601C4
○ライン:ナイロン16lb
○ルアー:スプーン20g+自作タコベイト(赤)

【レポート】

 午前3時に宇都宮を出発。

 高速道路(東北自動車道~磐越自動車道)を使って、阿賀野川を目指します。

 漁協の事務所のある道の駅「阿賀の里」に着いたのは、午前6時30分。走行距離270km。

 新潟県荒川へ行く時、さらに1時間運転しなくてはならないことを考えると、とても近く感じます。

調査区域1-3の様子 午前7時に、漁協の事務所で一通り調査の説明を聞いた後、各々ポイントに向かいます。

 行ってみて気付いたのですが、阿賀野川は、関東の川で言えば、利根川のような大河なんですね。

 頭首工事が所々にあることもあって、ゆっくり流れている場所が多く、鬼怒川や新潟県荒川のように、玉石が転がっている河原はほとんどありません。

 漁協関係者のみなさんは、この調査をするにあたって、調査区域の選定に苦労されたのではないでしょうか。

 まずはオーソドックスに、釣果の出ている調査区域1、最も下流の「ポイント3」です。

 河原に、本流の流れが支流に分かれていて、荒川っぽいポイントが点在しています。

 ただ、肝心のサケの姿は、時々見かける程度。多くありません。

 少し濁りが入っていることもあって、ルアーを投げ続けても、さっぱりですcoldsweats01

 お昼を食べた後、今度は調査区域2に移動です。

 調査区域1から2へは、直線距離にして14kmほど、車で20分かかります。

調査区域2-1の様子ベイトタックル(アブ・ガルシア アンバサダー5601c4)









 調査区域2で釣れそうなのは、最上流の「ポイント1」。

 堰堤脇の魚道からの流れ出しには、いかにも遡上してくるサーモンが付きそうです。

 ポイントに入ってすぐ、自作タコベイト(赤)付きのスプーンをボトムに沈めて、リフト&フォールを繰り返していたら、活性の高いサーモンが食いついてきてくれました。

 小ぶりなメスのサーモン。サイズは53cm。

阿賀野川サーモン(53cm) in 阿賀野川サケ有効利用調査阿賀野川サーモン(53cm) in 阿賀野川サケ有効利用調査










 この大きさからすると、3年生かもしれません。ベーリング海まで行かずに、日本海あたりでウロチョロしていたのかなcoldsweats01

 サクラマスを思わせるようなピッカピカの魚体は、何度見ても飽きません。

  尻ビレの付け根には、遡上してから時間が経っていないことの証、シーライスが付いています。

阿賀野川サーモン(53cm) in 阿賀野川サケ有効利用調査阿賀野川サーモン(53cm) in 阿賀野川サケ有効利用調査










阿賀野川サーモン(53cm) in 阿賀野川サケ有効利用調査
 思い起こせば、サーモンを、ちゃんと口にかけて釣ったのは、2009年11月21日の福島県木戸川(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2009/11/200920091121-40.html)以来、3年ぶりになります。

 長~~いトンネル、やっと抜けましたscissors


 すかさず、2匹目を狙ってスプーンをキャストしてみるものの、後が続きません。

 このポイント、川底に障害物が沈んでいるようで、2~3回に1回は根がかりして、スプーンを3つもロストしてしまいましたsweat02

雨 

 こんな感じだと、ここではロストが怖くて、YSミノーは使えず・・・

 雨足が、だんだん強くなってきたので、少し早めの午後2時に終了しました。



 阿賀野川漁協の公式ブログ(http://www.aganogawa.jp/blog/2012/11/h241117.html)によると

 「2012年11月17日(土)の参加者は32名、釣果10尾(内メス5尾)、釣獲調査区域1の馬下橋下流で9尾(内メス4尾)、釣獲調査区域2の沢海床固下流で1尾(メス)」

 だったそうです。

 調査区域2の1匹が、よっしーの釣ったメスのサケですね。

  阿賀野川で初めて開催されたサケ有効利用調査。遡上数が少ないのは自然の摂理、致し方ないこととして、調査エリアが限られることを除けば、調査者も少なく、のんびり楽しめるのが気に入りました。

道の駅阿賀の里 来年は、このまま調査者枠を増やさずに、調査区域をもう1ケ所増やしていただいけるとありがたいですね

 家族へのお土産に、「道の駅・阿賀の里」で、漁協の女性の方から教えていただいた、地元名産の安田牛乳「焼きチョコクランチ」を買って帰りました。


 

安田牛乳「焼きチョコクランチ」安田牛乳「焼きチョコクランチ」

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

いざ、阿賀野川へ

 いよいよ、新潟県阿賀野川サーモン(サケ有効利用調査)です。


  今晩出発して、勝負は明日。


  天気予報は雨。タフコンディションが想定されますが、精一杯頑張ってきますね~~~scissors

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年11月14日 (水)

篠井連峰(本山~男山~榛名山)、お手軽登山

杉林の中の登山道 2012年11月10日(土)の午後、ちょっと自由時間ができたので、トレッキングポールとシューズを車に積み込んで、宇都宮市のハイキングコースにもなっている「篠井連峰」に行ってきました。


 子供のもりの駐車場に車の停めて、登り始めます。


  最初のうちは、杉林の中の緩やかな林道。




稜線での展望  40分程で稜線に出ました。

  本山方面に登っていくと、南側に岩場があって、開けた場所がありました。

  休憩です。持ってきた氷入りの水筒から、冷たい水を口に含むと、体にしみこんできます。


本山頂上

 本山(ほんざん、561m)の頂上です。


 北から北西方面の眺望が抜群です。




本山頂上からの日光連山の眺め



 こちらは、日光連山。





本山頂上からの鶏頂山の眺め
 北側には鶏頂山が見えます。

 写真を撮ったり、チョコを食べたり・・・。

 
 この間、だれもやって来ません。独り占めです。贅沢ですね~~~。



本山頂上付近の登山道の紅葉

 30分ほどのんびり休憩した後、次の男山に向かいます。

 本山頂上から、降りようとしたら、足元に紅葉。

 登って来る時には気づきませんでした。

 男山(527m)の頂上は、あまり眺望は良くなかったので、榛名山に向かいます。





榛名山頂上の梵天


 榛名山(524m)の頂上には、真っ赤なツツジの紅葉に囲まれた梵天がありました。




子供のもりのコナラの紅葉
 榛名山から西側に降りて、子供のもりに戻ると、ここでも、夕陽に照らされたコナラの紅葉が迎えてくれました。

 出発から到着まで、2時間30分のお手軽登山、初心者にも楽しめますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日 (日)

丸沼レインボー(40cm)&ブラウン(40cm)(2012/11/11)★

【日時】 2012年11月11日(日) 7時~15時30分

【場所】 丸沼  (群馬県片品村)

【天候】 曇り

【水温】 9度

【風】  無風~弱い西風/南風

【釣果】 計5匹、ブラウントラウト(40cm)、レインボートラウト4匹(35~40cm)

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:シルバークリークS・7'9"
 リール:ダイワ・エンブレムZ2500
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:スプーン(7g、シルバー、ゴールド系に反応なし)

【レポート】

 丸沼の年間大物賞のエントリー期限は11/10まで。となれば、11/11からは多少とも空いてくるのではないか。

 午前5時に宇都宮から日光宇都宮有料道路で、丸沼を目指します。

 途中、いろは坂の黒髪平で真っ赤な朝焼け、さらに、湯ノ湖でも朝焼けの山が湖面に映っている、めったに見られない鮮やかな景色に遭遇。

いろは坂・黒髪平で見た朝焼け湯ノ湖









 いいことがあるかもnote

雪の金精峠付近雪の金精峠付近







雪の金精峠付近








 路肩に雪の残る、バリバリに凍った金精峠をソロソロ慎重に走って、午前7時前に、ようやく丸沼に到着。

 丸沼には、空き始めているのではという予想に反して、すでに釣り人の熱気がこもり始めていました。

 2本の流れ込みは、陸っぱりの方々で満員御礼状態coldsweats01

 釣り券を買って、オールを取りに行くと、環湖荘のUZUさんがいました。

  UZUさんに聞いてみると、これでも落ち着いてきた方なのだとか。丸沼人気、恐るべし。

  陸っぱりを諦めて、午前7時にボートのオールを漕ぎ出しました。

  ボート組は、先発3艘ほど。

 幸先良く、タラワンドの入り口で、立て続けに2匹のレインボーをゲット!

丸沼レインボー(40cm)  うち、1匹は、放流してから1年以上は経っている、ヒレが再生しているネイティブ

  何度も執拗にジャンプを繰り返して、いいファイトでした。丸沼レインボーはこうでなくっちゃsign01

 続いて、エラ沢に向かった後、放水口~毒蛇の岩で、スプーンを投げていた時に、シャローでヒットsign01

 黄色みのかかったブラウントラウト(40cm)が登場。

  下顎が前に出ているオスのブラウン。カッコイイですね~~~scissors

丸沼ブラウン(40cm)丸沼ブラウン(40cm)








 実は、よっしーは、丸沼でブラウンを釣ったのは、これで2匹目になります。

  通っていれば、こういうこともあるんですよね。

 「2年後にまた会う約束」をしてリリースしました。

丸沼  この後は、しばらく沈黙タイム。

 スプーンだけでなく、YSミノーも投げてみるものの反応はありませんcoldsweats01

 ダムサイト付近に、小さなライズを発見。

 普通なら、ライズがあった付近の表層にスプーンを流していると、ガツン!と来るはずなんですけど・・・

 どうやら、活性の高いやる気のある魚は湖の奥より、流れ込みの方にいるようです。

 午後になってから、ボート置き場付近で、2キャッチ、2バラシ。

 釣った魚はいずれも放流物のニジマスでした。

タラワンドから見た白根山 ネイティブは、やはり湖の奥の方にしかないのでしょうか?

 釣果か、ネイティブか。悩ましいところです。

  まー、いろいろなポイントで釣れて、楽しめちゃったので、あまり深く考えないようにしましょうhappy01

 丸沼は、残すところ11月末まで。少なくとも、あと1回は行きたいですね。

 
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

絶品です 愛媛県西条市産「ワタリガニ&地エビ」&「ワタリガニの甲羅酒」

 愛媛県西条市の親戚から、茹でた「ワタリガニと地エビ」が届きました。

 ご覧の通り、ダンボール箱にギッシリsign01

愛媛県西条市産のワタリガニ愛媛県西条市産のワタリガニ&地エビ









 メスのワタリガニの甲羅をパカッとはずすと、オレンジ色の卵やカニミソ・・・

 一気に、シャブリつきますup

愛媛県西条市産のワタリガニ愛媛県西条市産のワタリガニ









 妻や長女、私も含めて、無言で、ひたすら食べ続けますdelicious

 カニの卵とカニミソで、口の中はカニの旨味だらけ・・・

 茹でた地エビも、殻をむいていただきます。

愛媛県西条市産の地エビ愛媛県西条市産の地エビ









 最後は、食べ終わった後のカニの甲羅に、純米酒を注ぎ込んで「ワタリガニの甲羅酒」。

ワタリガニの甲羅酒
 まさに絶品sign01


  たまりませ~~~んhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 8日 (木)

キャノン EOS40Dのローパスフィルター清掃~~エツミWE-1675 ローパスフィルタークリーニング~~

 ヤフオクで買った「キャノン EOS40D」。

  中古なので、汚れが気になります。一番は、何と言っても、写りに影響する、ローパスフィルターです。

ローパスフィルターのホコリ  三脚にカメラをセットして、絞りをF22に絞って、セルフタイマーで白い壁を撮影します。

 すると画面のあちこちに小さな点々(青い線で囲んでみました)が・・・sweat02

 ブロアーで何度吹いても落ちない、小さなホコリのようです。

 この程度なら、極端に絞らない限り、写りには影響しないのですが、広角レンズで、手前から奥までピントを合わせる撮影も好きなので、やはりこのままでは我慢できません。

エツミ ローパスフィルタークリーニングW E-1675 キャノンのサービスに出すほどでもないと、ネットで調べていたら、「エツミ ローパスフィルタークリーニングW E-1675」に辿り着きました。

 この商品を使ったユーチューブの動画「エツミ E-1675 ローパスフィルタークリーニングWの使い方」も発見sign01

 これなら、自分でもできそうです。

 早速、アマゾンに注文して取り寄せて、自分でやってみると、あら簡単scissors

 ちょっとペタペタやっただけで、ご覧のとおり、ホコリは完全になくなりましたshine

清掃後のローパスフィルター いつもレンズ交換の時は、中にホコリが入らないように気をつけてきたのですが、こんな簡単にクリーニングできるなら、それほど極端に神経質にならなくてもいいかも?   は言いつつも、油断は禁物ですけどね。

 気分スッキリ。

 きれいになったEOS40Dで、どんどん撮影しよおっとhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

鍋料理の季節

 だんだん寒くなってきましたね~~~。

 冷えてくると恋しくなってくるのが鍋料理。「おでん」、「水炊き」、「チゲ鍋」etc。

 今晩は「水炊き」です。

 いろいろ訳あって、具材が「鶏肉、豆腐、白菜、ねぎ」オンリーという、とってもシンプルな鍋ですchick

 最初に鰹節や昆布をたっぷり入れて、よ~~~く出汁を取ります。

水炊き水炊き









 これに鶏肉や野菜を加えて煮立てると、具材の出汁が程良く混ざって、旨味たっぷりの水炊きの完成ですshine


うどんうどん









 食べ終わった後の〆は、いつものように、ダシがたっぷり出た汁を使った「うどん」です。

 これが美味しいのなんのってdelicious

 寒い季節は、「鍋料理」に限りますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日 (火)

愛媛県八幡浜市の「みかん課」

八幡浜市産のみかん 今年も「みかん」の季節がやってきました。

 愛媛県松山市の親戚が、八幡浜市まで出かけて行って、宅急便で送ってくれた「八幡浜市産のみかん」が届きました。

 甘~~い、みかんをいただきながら、パソコンで、八幡浜市のHP(http://www.city.yawatahama.ehime.jp/)を眺めていたら、「みかん課」というフェイスブック(http://www.facebook.com/yawatahamamikan)が立ち上がっているのを発見sign01

 面白いですね~~~happy01


 正式には、「八幡浜市産業建設部農林課農林振興係」という部署が担当しているようです。

 「みかん課」という名称は、インパクトもあるし、香川県の「うどん県」同様、PR効果はかなりあるのではないでしょうか。

 こういう素晴らしい取組を見習って、栃木でも、「いちご課」なんていう名称を付けたHPやFBを掲げた自治体が出てきてもいいのかもしれませんねscissors

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

古賀志山登山

古賀志山 2012年11月4日(日)、朝、窓を開けると抜けるような青空が一面に広がっています。


  午後から予定が入っているので遠出はできません。


 以前から一度登ってみたかった「古賀志山(こがしやま、標高583m、栃木県宇都宮市)」に行くことにしました。


 午前8時20分、赤川ダムの駐車場をスタート。

水飲み場登山道
















 ルートは、素人向きの比較的穏やかな北コース。


  緩やかな杉木立に囲まれた林道を進んでいくと、「水飲み場」に到着。ハイカー用のコップが、木の枝にぶら下がっているのがいいですねーー。


  最近、山に登っているせいか、ほとんど疲れがありませんhappy01  休憩せずに、すぐに歩き始めます。


  稜線に上がるため、勾配が少し急になってきたので、買ったばかりのトレッキングポールを使い始めると、登るのが楽なのなんのって・・・。こんなにペースが早くなるとは思いませんでしたscissors


 そのまま富士見峠を通って、古賀志山頂まで、一気に登っちゃいました。

古賀志山から見た富士山古賀志山から見た富士山









 古賀志山頂からは、遠くにうっすらと富士山fujiが見えます。もう少し早く来れば、もっとはっきり見られたのでしょうね。

 右側の写真中央の下に、うっすらと写っているのが、分かりますか?


 古賀志山頂から少し西に下りた北側の岩の上に登ると、北側に180度開けていて、日光連山が一望できます。


 青く澄んだ秋空を背景に、男体山の左側で真っ白に輝いているのは白根山

古賀志山から見た日光連山古賀志山から見た白根山









 あの麓に、「丸沼」があるんですよね~~~。行きたいな~~~coldsweats01


 山や景色の写真を撮り続けていたら、時間がなくなってきたので、御岳山や赤岩山には、行かずに、引き返すことにしました。


 出発地点の赤川ダムに戻ったのは、午前11時10分。


  往復3時間の古賀志山登山。自宅から近くて、手軽に楽しめるのが気に入りました。これからも、時々行ってみようっとsign01


  それと、皆さんが心待ちにしている紅葉は、少し色づいている木がありましたが、まだまだこれからと言った感じです。

 2週間ぐらい後になると、ちょうど見頃になるかもしれません。


始まったばかりの紅葉始まったばかり紅葉











登山道に咲いていたノコンギク(?)赤川ダムの紅葉

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日 (土)

宝積寺グリーンパークのコスモス

  2012年11月3日(土)の午後。

  ちょっと時間ができたので、1ケ月ぶりに宝積寺グリーンパーク(栃木県高根沢町)のコスモス畑に行ってきました。

宝積寺グリーンパークのコスモス宝積寺グリーンパークのコスモス









  遠く、国道4号線から見ると一面ピンクに見えたのですが、近くに行ってみたら、満開のピークを少し過ぎていました。

 それでも、中には、元気にピンと咲いているコスモスもあって、まだまだ楽しめます。

鬼怒川本流 オフシーズンの鬼怒川では、雑魚狙いの釣り人2名。

 ちょっと声をかけてみたのですが、あまり釣れていないようです。

 この流れのどこかに潜んでいるスーパーヤマメ。

 来年こそは逢いたいですねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »