« 2013年東古屋湖解禁前調査に当選! | トップページ | まもなく2013年シーズン開幕! »

生まれて初めての超爆釣! 2013年東古屋湖解禁前漁獲調査(2013/02/23)★

 2013年の東古屋湖解禁前漁獲調査。60cmクラス2匹を筆頭に計40匹(黄鮒さんと二人で90匹)。生まれて初めて経験する「超爆釣」を堪能してきました。

【日時】 2013年2月23日(土)  9時~14時

【場所】 東古屋湖(栃木県塩谷町)

【天候】 晴れ。日中、風が当たらない日なたでは、暖かく感じるほどでした。
(塩谷町のアメダスデータによると、最低気温-0.3度、最高気温6.2度)

【水温】 2.5度(東古屋湖HPより)

【風】  時々、弱い北西の風

【釣果】 ニジマス40匹
     60cmクラス2匹を筆頭に、レギュラーサイズ(30~50cm)38匹。一緒に参加した、黄鮒さんと二人で合計90匹。

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・REGAL-Z エンブレムZ1500
 ライン:ナイロン8lb

〔ベイトタックル〕
 ロッド:シマノ BASS ONE XT 5'8"
 リール:アブ・ガルシア・アンバサダー・MORRUM SX1601C IVCB
 ライン:ナイロン8lb

 ルアー:スプーン(チヌーク7g、ベスパ5gなど)、YSクランク(50㎜、8g、スローシンキング)
     湖用YSミノー(85mm、7g、シルバーヤマメ、ヘビーシンキング、製造No269,270,271)


【レポート】

 例年になく、氷が少ない東古屋湖。

 1月に入って、12月ほど寒さが厳しくなかったとは言え、このコンディションで迎えられるのは、漁協のみなさんの氷割りの努力の賜物。ご苦労さまですm(_._)m

 
説明会

 この調査は、例年、3月の解禁前に行われるもので、釣り方はルアーまたはフライ、キャッチ&リリース。

 参加者は2名1組でボートに乗って、釣ったニジマスの数とサイズをポイント別の一覧表に記入していくというものです。

 参加費は5千円/人。東古屋湖のHPに申し込んで当選した方だけが参加できます。

東古屋湖

 午前8時過ぎから、事務所の中で、調査の説明を受けた後、いざ出船。

 一斉にエレキを付けたボートが、人気ポイントの上流部(キャンプ場前)に向かって進んでいきます。

 よっしー達は、のんびり慌てず、ボートがいなくなった事務所前からスタート。

 釣り始めてしばらくして、黄鮒さんが、スプーンでレギュラーサイズのニジマス立て続けにヒット

 まずまずの感じですが、よっしーには、残念ながら、ショートバイトが1回あっただけ

 それではということで、一気に人気のキャンプ場前に向かうと、運良く、最上流のポイントが空いていました。

 (ここから超爆釣劇が始まります)

ニジマス(58cm) in 東古屋湖解禁前調査(2013/02/23)

 スプーンをキャストしてフリーフォールした後、ゆっくりただ引きしてくると、コン、コン、ギュイーーーーン

 30~40cm後半のレギュラーサイズのニジマスが連発です。

 同じスプーンを何回投げ続けても、スレることなく釣れ続けます。こんなことってあるんですね。小さめのスプーン(3.5~5g)より、大きめのスプーン(7~12g)に好反応でした。

 やる気満々のニジマス達(2~3匹)が、投げる度に、ルアーをチェイスしてくるシーンは圧巻です
 \(^_^)/

活躍した湖用YS-minnowΔtype(85mm、8g、シルバーヤマメ、ヘビーシンキング、製造番号269、270、271)

 湖用YSミノーも少し沈めて、リトリーブしながら、時々ジャークを入れると、ガツン

 イレギュラーなダートに伴うフラッシングが効くようで、こちらもすぐ連チャンモードに突入です。

ニジマス(65cm) in東古屋湖解禁前調査(2013/02/23)

 ハンドメイドミノーで思ったように釣れるなんて、夢か、はたまた現実か・・・

 完全に、「ルアーを投げれば釣れる」状態になりました。

 人間、贅沢なもので、同じルアーを投げて釣り続けるのは、単調で飽きてくるんですよね~~~。

 すぐに、変ったルアーを投げてみたり、YSミノーやYSクランクのアクションを変えて釣ってみたり・・・。

 水がとてもきれいなので、バイトするシーンが見えてスリル満点。魚の反応を見ながら、いろいろなテストもできました。

 おそらく、「釣る」ことだけを目標にすれば、数はもっと伸びたでしょう。最大サイズは、スプーン(7g)で釣った65cmのニジマス。 さすがによく引きますね。

 調査終了までに、合計40匹。これまで経験したことのない爆釣の上を行く「超爆釣状態」を堪能しました。

 40代後半ともなると、「生まれて初めて」という言葉を使うことは、ほとんどありませんが、今日は、めったにない貴重な体験をさせてもらいました。

 ありがたや、ありがたや・・・

 昨年、激渋の東古屋湖解禁前調査を一緒に経験した、どらまうさん達も、今日は、同じく爆釣だったようで何よりでした。

 東古屋湖の魚影の濃さ、活性の高さは、例年にないものとなっています。

 これから、さらに放流も追加していくと、水温が少し上がった3月3日の解禁日は、とんでもないことになりそうです。

 しばらくは、東古屋湖から目が離せませんよ。

|

« 2013年東古屋湖解禁前調査に当選! | トップページ | まもなく2013年シーズン開幕! »

12□ 栃木の釣り・東古屋湖」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年東古屋湖解禁前調査に当選! | トップページ | まもなく2013年シーズン開幕! »