« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の14件の記事

2013年6月29日 (土)

YS-minnowΔtypeで鬼怒川スーパーヤマメ(43cm)が釣れました(2013/06/28)★

 YS-minnowΔtypeで鬼怒川スーパーヤマメ(43cm)が釣れました。

【日時】 2013年6月28日(金)、5時30分~6時

【場所】 鬼怒川本流(栃木県宇都宮市)

【天候】 曇り

【風】  -

【水温】 14度 (笹濁り状態)

【釣果】 鬼怒川スーパーヤマメ(43cm)

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・JUPITER-Z 1500T-3B
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、7g、ヘビーシンキング、製造番号281(274のコピー))


【レポート】

 2013年6月1日、挨拶代わりの今季初のショートバイト


 続く6月22日のハードバイト


 そして、3度目の正直。6月28日(金)、ついに
鬼怒川スーパーヤマメ(43cm)を釣ることができました

 ハンドメイドミノーYS-minnowΔtype」で釣った、初のスーパーヤマメになります。

  着水後、すぐにジャークを入れながら、YS-minnowΔtypeを左右に豪快にダートさせていたら、
一発 ガツン sign03

  いいですね~~、このシルバーメタリックのボディ、プロポーション、顔つき・・・

  この感動を味わうのは、かれこれ3年ぶりになります。

 
いつかまた、必ず釣れると信じて、通った甲斐がありました。

  今年は、アツイ年」になりそうですhappy01


YS-minnowΔtype(85mm、7g、ヘビーシンキング、製造番号281(274のコピー))


鬼怒川スーパーヤマメ(43cm)
 in 鬼怒川(宇都宮地区)(2013/06/28)


鬼怒川スーパーヤマメ(43cm)
 in 鬼怒川(宇都宮地区)(2013/06/28)


鬼怒川スーパーヤマメ(43cm)
 in 鬼怒川(宇都宮地区)(2013/06/28)


ハグロトンボ

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2013年6月27日 (木)

食後のデザートは愛媛県伊予市産の「唐川びわ」

 今年も、愛媛県松山市の親戚が、伊予市産の「唐川びわ」を送ってくれました。

 6月23日に開催された「唐川びわ祭」で買ってきてくれたものです。

 夕食後のデザート。

 皮を剥い食べようとすると、びわ特有の甘酸っぱい果汁が溢れて滴りそうになるのを、すすりながらいただきます。

 たまりませんね~~

唐川びわ


唐川びわ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月23日 (日)

鬼怒川(宇都宮地区)チェック(2013/06/23)

 前日よりコンディションは良くないとは言っても、スーパークラスをバラした後(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2013/06/in-20130622-ba7.html)となれば、行かない訳にいきません。

 と、早朝の鬼怒川(宇都宮地区)に出かけてみたものの、昨日のようなヤマメからの反応はなし。

  活性の上がるタイミングって、ほんとに微妙な条件が整わなければならないので、いつものことで、落ち込むことはありません。

 見上げると、青空をバックに、白いインクを垂らして、そうっとかき混ぜたたような、秋っぽい雰囲気の雲が広がっていました。

 魚は釣れなくても、早朝の散歩は気持ちいいですね~~~

早朝の鬼怒川

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

強烈なバイト一発 in 鬼怒川宇都宮地区(2013/06/22)

 前日の雨で僅かに濁りの入った、早朝の鬼怒川。

  数日前、渇水の時に見えていた石が、水の中に沈んでいるので、水位も少し上がっているのでしょう。


サナエトンボ

 雨粒の付いたクズの葉に、とまっているのはサナエトンボ。気温が低いからか、人が近づいても全く動こうとしません。

 トンボと同じように固まって、川面を見続ける釣り人一人。

 部屋から出る前、タックル選択に迷った時に、アンバサダー5601c4とベイトロッドを持ち出せば良かったのに・・・。

 なぜ、釣りを始める前に、スピニングリールのドラグを、いつもより、ほんの少し緩めにしてしまったのか・・・。

 ドラグが出た時に、どうして左手でスプールを抑えなかったのか・・・。

 頭の中で、何度も何度も、同じことが、ぐるぐる回り続けて立ちすくんでいるのです。

      ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 釣り人は、もちろん「よっしー」ですcoldsweats01

 静寂を破る「
ガツン!、グン、グン」の後、ドラグを一気に「ギギィ~~~」と引き出されて、あっけなくフックアウト。

  ローリングする白い巨体を見ることもなく、あっと言う間に終了です。

 シーズン通して、数回しか巡り合うことができない鬼怒川スーパーヤマメの強烈なバイトに、為す術がありませんでした。

 後悔先に立たず。悔しい、惜しい・・・・・、けど楽しい。

 大の大人をここまで本気にさせてくれる鬼怒川スーパーヤマメは、まだいつもの流れの中で、悠々と泳いでいるのですから。

  簡単に釣られてしまうような、やわな奴ではありません。

  きっと今日の出来事が、新たなドラマの幕開けに違いない。

  いつかまた再会できると信じて、鬼怒川通いを続けることにします。



YS-minnow △type(85mm、7g、製造番号281)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月20日 (木)

ルーター購入(プロクソン No.28525)

 ハンドメイドミノーの道具って、比較的小物が多いのですが、少しずつ揃っていく過程も楽しみの一つです。

 以前から気になっていたルーターを買っちゃいました。

 機種は、使いやすいと評判の良い「プロクソン(PROXXON)のミニルーターNo.28525」。

 バルサボディーにシンカーを入れる空間や、リップを付ける穴を掘る時に活躍してくれそうです。

プロクソン(PROXXON)のミニルーターNo.28525

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月19日 (水)

あま~~い「那須の白美人ねぎ」

那須の白美人ねぎ 知り合いから、栃木県の北部、那須地域にある農協「JAなすの」でつくられている「那須の白美人ねぎ(なすのはくびじんねぎ)」をもらいました。


 このネギ、普通のネギと違って、発砲スチロールで根元を覆って栽培するので、白い部分が多く、ねぎ特有の辛味がほとんどなく、甘くて、生のまま、サラダ感覚で食べられるのが特徴です。


 今日は、晩御飯の時に、妻と長女と一緒に、味噌を加えたマヨネーズにつけながら、生のままいただきました。


那須の白美人ねぎ


 時々、宇都宮市内のスーパーでも見かけますので、まだの方は是非、食べてみてくださいね。


 ねぎとは思えないほど、甘くて美味しいですよ~~~happy01


※  那須の白美人ねぎについては、こちらのページ(http://tochigipower.com/staticpages/index.php?page=c-003nasunegi)を参考にしてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月18日 (火)

鬼怒川のハグロトンボ

 6月中旬、鬼怒川のヨシ原に分け入ると、フワフワ、ヒラヒラ飛びかうのは「ハグロトンボ」。

 なんとも優雅な気分にさせてくれます。


鬼怒川のハグロトンボ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月16日 (日)

増水した鬼怒川(宇都宮地区)(2013/06/16)

 2013年6月16日(日)、午前5時。

  前日から降り続いている雨の影響で、鬼怒川(宇都宮地区)は増水中。


鬼怒川(宇都宮地区)


  YS-minnow △type(85mm、7g)で様子をみてみますが、濁りがかなり入っている、このコンディションでは、さすがに釣りは厳しい。

  少し落ち着いてきた頃に、また来てみましょう。

カタツムリ




※  雨上がりの河原には、カタツムリがのんびりお散歩中。

  みなさんご存じかと思いますが、寄生虫の問題があるので、カタツムリには、触らないようにしてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月15日 (土)

レインボートラウト(35cm) in 男鹿川・川治C&R区間(2013/06/15)★

【日時】 2013年6月15日(土)、16時~18時

【場所】 男鹿川C&R区間(栃木県日光市川治地区)

【天候】 曇りのち雨晴

【風】  時々、弱い西の風

【水温】 18度(流れ込む男鹿川は14度)

【釣果】 レインボー・トラウト(35cm)、バラシ2匹

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・REGAL-Z エンブレムZ1500
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:スプーン(7g)

【レポート】

  朝から、妻と長女は、オープンキャンパスで東京へ。

  一人でお昼を食べた後、ソファーの上でゴロゴロ・・・。いつのまにか1時間も寝ちゃいましたsleepy

  休養十分とくれば、「釣り」でしょう。

 宇都宮から車で1時間ちょっと、いつもの男鹿川・川治キャッチ&リリース区間です。

 こんなに短時間で、トラウトが釣れるフィールドに行くことができる宇都宮って、本当にいいところですねhappy01

 先行者はフライマン3名。

 下流のプールの岸際が濡れています。堰堤の水位操作で、30cmほど水位が下がったようです。

 流れ込む男鹿川の水温が14度に対して、下流のプールは18度。なかなか難しいコンディションです。

  午後5時頃から魚たちの活性が上がってきて、所々でライズが始まりました。

  YS-minnowでレギュラーサイズのレインボー1匹、スプーンで1匹バラした後、途中から降り出した雨にもめげず、しぶとくスプーンを投げていたら、午後5時30分頃、ようやく、きれいなレインボー・トラウト(35cm)が釣れてくれました。

レインボートラウト(35cm) in 男鹿川・川治C&R区間(2013/06/15)


  ショートバイトも時々あったので、結構楽しめました。

  宇都宮への帰り道は、時々、前が見にくくなるほどの土砂降りの雨。

  これで鬼怒川が増水してくれれば、今季初のスーパーヤマメの時合がやってくるかもしれません。

  明日の日曜は、鬼怒川の水位を見てから決めることにしましょう。

雨

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月 8日 (土)

YSクランクでニジマス(50cm) in 男鹿川C&R区間・川治地区(2013/06/08)★

【日時】 2013年6月8日(土)、17時~18時30分

【場所】 男鹿川・川治キャッチ&リリース区間(栃木県日光市川治地区)

【天候】 晴

【風】  -

【水温】 -(未計測)

【釣果】 レインボー・トラウト(50cm)

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・REGAL-Z エンブレムZ1500
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:YSクランク(50mm、8g、ヘビーシンキング、貝貼仕様)

【レポート】

 夕マズメの男鹿川(川治地区)キャッチ&リリース区間。

男鹿川・川治C&R区間


 すでに虫が飛び始めています。水面には小さなライズリングがちらほら。

 いつもなら、YS-minnowといくところなのですが、今日は気分を変えてYSクランク(50mm、8g、ヘビーシンキング、貝貼仕様、http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2012/03/50mm8g-eab6.html)です。

 クロスに投げた1投目。

 ただ引きで、ユラユラ泳ぐYSクランクの後ろに、どこからともなく現れたビックサイズの魚影が・・・。

 目の前2メートルほどのところまできてしまったので、ピックアップせずに、泳ぎを止めて、チョンチョンとアクションを加えたとたんパクッ。そのまま流心へ猛ダッシュsign01

 「足元に寄ってきては、ドラグを鳴らせて突進」の繰り返し。

 ネットを持ってきていないので、少し焦りましたが、弱ってきたのを見計らって、浅瀬にうまく誘導できました。

 自然の中でスリムになって、ヒレも再生してきているレインボー・トラウト、メジャーを当てると「ジャスト50cmsign03 

  いいですね~~~happy01

レインボー・トラウト(50cm) in 男鹿川・川治C&R区間(2013/06/08)


レインボー・トラウト(50cm) in 男鹿川・川治C&R区間(2013/06/08)


 短時間の釣行にも関わらず、こんなに立派な魚が釣れたのは、日頃の行ないが良いから?、仕事頑張ったから?

  いえいえ、やはりC&Rということで、魚がストックされていることが一番の理由でしょう(^_^;)

 大物が釣れる可能性もある、男鹿川の川治温泉内のC&R区間。

 みなさんにも、お薦めしま~~す。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月 5日 (水)

手頃な値段で美味しい! 荒川養殖の「鰻の白焼」

 さくら市(旧喜連川町)に行った時に、荒川養殖に寄ってきました。

 アユやヤシオマスの養殖をしていて、生産された魚の加工品(焼いたり、燻製にしたり)を、その場で買うことができます。

 今日は、「うなぎの白焼き(1,500円/匹)」にしてみました。


鰻の白焼き


鰻の白焼き鰻の白焼き









 うなぎは、静岡県から取り寄せて、地下水でしばらく餌を与えず飼育して臭みを取った後に、出荷しているもので、「白焼き」は人気商品だそうです。

 タレと山椒が付いていたので、蒲焼にしてみると、さっぱりしていて、とっても上品な味わい。


鰻の白焼きを使った蒲焼


 こんなに美味しい鰻をこの値段でいただけるなんて、いや~~~、ありがたいsign01

 「道の駅きつれがわ」から5分ほどのところにありますので、近くに行かれた方は、是非、寄ってみてくだいさい。


【「荒川養殖」の連絡
 所在地:〒329-1414 栃木県さくら市早乙女3071
 電話:028-686-2551
 HP:http://inakaryohin.com/arakawa

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

5年ぶりの大尻沼でネイティブ・レインボーに遊んでもらう(2013/06/02)★

【日時】 2013年6月2日(日)、9時30分~15時30分

【場所】 大尻沼(おおじりぬま、群馬県片品村)

【天候】 曇り時々晴

【風】  弱い南西の風

【水温】 14度

【釣果】 ニジマス(レインボートラウト)   7匹    (50cmクラス4匹、40cmクラス3匹)

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・REGAL-Z エンブレムZ1500
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:スプーン(7-10g、シルバー、ゴールド)

〔ベイトタックル〕
 ロッド:シマノ BASS ONE XT 5'8"
 リール:アブ・ガルシア・アンバサダー・MORRUM SX1601C IVCB
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:スプーン(7-10g、シルバー、ゴールド)


大尻沼


【レポート】

 「大尻沼」行ってきました。

  5年前、当時、中学生だった長男とトップ(セミルアー)でニジマスを釣った(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2008/06/4338cm_in200861_02e7.html)、思い出のフィールドです。

 環湖荘の受付で今日のエントリーの状況(大尻沼は予約制です)を聞くと、「昨日は満員だったのに、今日はどういう訳か10艘ほど。ゆっくり楽しめますよ」。

 午前9時30分、ボートを漕ぎ出します。

 湖の奥にある丸沼ダム方面に着くと、ボート(ほとんどフライ)が集まっていました。

 よく釣れている方もいますが、かなり厳しい雰囲気。案外シブイようです。

 ベイトタックルとYS-minnowΔtypeのコンビで、岸際のシャローを丹念に攻めていくと、40cmクラスのトラウトがボート際までチェイス。

  かなり執拗にYS-minnowを使ったにも関わらず、ミノーへの反応は、この1回だけでした。

  時々、ライズするので、トップ(シケイダー)もやってみますが、こちらも撃沈coldsweats01

  やむを得ず、魚の居場所を探し出すため、スプーンの手漕ぎトローリングを始めた途端、いきなりヒットsign01


ニジマス(50cm) in 大尻沼(2013/06/02)


  50cmクラスのニジマス。放流物とは言え、さすがにこのサイズになると、いいファイトをします。


ニジマス(50cm) in 大尻沼(2013/06/02)


 ヒットしたポイントにアンカーを下ろして、スプーンをキャストしていると、今度は、コンディションのいい、50cmクラスのニジマスが登場sign01

  尾ビレもきれいで、ナイスフィッシュ。ここに来た甲斐がありましたscissors


ニジマス(50cm) in 大尻沼(2013/06/02)


 釣れなくなると、「魚を探して手漕ぎトローリング。ヒットした場所でキャスティング」という釣り方を繰り返して、50cmクラスを4匹、40cmクラスを3匹、合計7匹


ニジマス(40cm) in 大尻沼(2013/06/02)

ニジマス(50cm) in 大尻沼(2013/06/02)


 ドラグを何度も鳴らせる、元気のいいレイボー達に遊んでもらって、楽しい一時を過ごすことができました。


大尻沼


 2013年の大尻沼は、限定10日間の特別解禁(http://www.marunuma.com/oojirinuma.html)で、6月8日(土)と9日(日)を残すだけです。

 これから行こうという方は、空いているかどうか、まず環湖荘に確認してみてくださいね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月 2日 (日)

2年ぶりの中禅寺湖釣行(2013/06/01)

中禅寺湖


 2013年6月1日(土)の午後、2年ぶりの中禅寺湖です。

  自宅を出たのが遅かったので、釣り開始は午後3時からです。

  今日は、スプーンを封印して、「YS-minnowΔtype」によるミノーイングと、「シケイダー」を使ったトップの釣りです。

 山側の林の中からは、エゾハルゼミの鳴き声が聞こえてきます。


中禅寺湖


 さーて釣ろうかと思ったら、目の前の湖面に落ちたセミを「ジュポッ」とトラウトが捕食。

 すかさず、シケイダーを投げると、着水した瞬間に「バシャッ」、いきなりバイトしてきましたが、フッキングせず。すっぽ抜けcoldsweats01

 トップの釣りでは、バイトしてすぐにあわせず、一呼吸置いてからアワせないと、抜けてしまうということを思い出しました。

 再び投げて、時々シェイクしていると、シケイダーの下に魚影が見えます。ルアーの下をグルグル回っています。

 よっしーの「お願い、食いついてーー!」という怪しい雰囲気を察知したのでしょうか、そのままバイトすることなく、深場に消えていきました。

 この後も岸際でブラウンらしきライズを見つけるたびに、シケイダーやYS-minnowをキャストしてみますが反応はありません。


YS-minnow △type


 午後5時半過ぎ、YS-minnow △type(85mm、7g、ヘビーシンキング)を表層でジャークさせていると、ミノーの後ろを追ってくる40cmクラスの黄土色の魚影を八千。ブラウントラウトです。

  ミノーにじゃれ付きながら、足元まで追いかけてきて、これまた最後は「クルッ」とUターンcoldsweats01

  今日は、魚の顔を拝むことはできませんでしたが、キャッチ&リリースで魚影が維持されていて、いろいろ楽しめそうなことが分かったこと、それと、YS-minnow △typeがネイティブの中禅ブラウンにも効くことが分かったことが収穫です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年6月 1日 (土)

今季初バイト in 鬼怒川(宇都宮地区)(2013/06/01)

 2013年6月1日(土)、ちょっと寝坊しちゃいました。

 午前5時30分、鬼怒川(宇都宮地区)に着くと、鮎を見張る漁協関係の方が川原にチラホラいるものの、アングラーは誰一人いません。

 5月29日、過去3番目の早さで梅雨入りして、雨が降ったので、ほんの少し濁りが入っています。

YS-minnow △type


  水位はほとんど変化なし。相変わらずの渇水モードです。

  期待薄かな~~と思いながら、YS-minnow △type(85mm、7g、ヘビーシンキング)をキャストして、表層を時々ジャークを混ぜながら誘っていると・・・、

 一発「ガツンsign01」、今季初の鬼怒川本流ヤマメのショートバイト

 鬼怒川本流、だんだんいい感じになってきましたよ~~~scissors

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »