« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月の11件の記事

2013年10月31日 (木)

シーズン最後の男鹿川・川治C&R区間で「レインボートラウト(45cm)」(2013/10/31)★

男鹿川・川治C&R区間

 2013年10月31日(木)、久しぶりに休暇を取ることができました。

  午後から、男鹿川・川治C&R区間(栃木県日光市川治)へ。

 さすがシーズン最終日。平日にも関わらず、温泉街の主なポイントには、フライマンが立ち込んでいます。

 みなさんの邪魔にならないよう、だれもいない最下流の放水口付近からスタート。

 流れの中で定位している活性の高いレインボーを狙って、YS-minnowやスプーンをアップクロスに投げ続けます。

 かれこれ2時間やって何もなし。車に戻って休憩することにしました。

 ポットのお湯で入れたドリップコーヒーを飲んで、くつろいでいたら、だんだん眠くなってきて、そのままシートを倒して、バタンキューsleepy

 ふと気がついて腕時計を見ると、午後4時coldsweats01

 夕マズメのラストチャンスです。

 釣り始めて30分ぐらい経った時のこと。

 表層で10gのゴールド系スプーンを泳がせていたら、目の前5メートルほどところに来た時に、一発 ガツンsign03

 ドラグを鳴らしながら「ヘッドシェイク&ダッシュ&ジャンプ」を繰り返して楽しませてくれたのは、惚れ惚れするような45cmのレインボートラウト」

 最後の最後まで粘った甲斐がありました。

レインボートラウト(45cm) in 男鹿川・川治C&R区間(栃木県日光市)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月29日 (火)

11月3日は、第6回丸沼釣り大会です

 2013年11月3日(日)に、第6回目を迎える「丸沼釣り大会」が開催されます(http://kankoso.naturum.ne.jp/e1723684.html)。

 秋のターンオーバーが落ち着くベストシーズンに開催される大会となれば、参加しない訳にはいかないでしょう・・・・、と言いつつも、日中、用事が入ってしまいそうで、やきもきしていますcoldsweats01

 すでにボートshipは予約満杯。行けたとしても陸っぱりになります。

 なんとか参加できるようになるといいんですけどねhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月28日 (月)

川俣地区(栃木県日光市)は、紅葉真っ盛りです(2013/10/27)

 2013年10月27日(日)、男鹿川・川治C&Rに釣りに行った後、川俣地区(栃木県日光市)へ紅葉狩りmapleに行ってきました。

  川治地区から西に進んでいくと、高度が上がり、山々の彩りが増していくにつれ、道端に車を停めて、写真を撮っている人が増えてきます。

野門トンネル付近の紅葉


瀬戸合峡の紅葉(2013/10/27)

 瀬戸合峡の展望台には、紅葉狩りを楽しむ人で溢れ返っていました。

 紅葉シーズンに瀬戸合峡に来たのは初めてだったのですが、鬼怒川が削り取った峡谷を彩る絶景に息をのみました。

  午前中に行ったのが良かたようで、東側から差し込む太陽の光が、斜面の紅葉を照らし出して、赤や黄色が輝いて見えます。

  紅葉の名所というのも納得です。

 
川俣湖の紅葉川俣湖の紅葉











 台風の影響でモスグリーンに濁った川俣湖も、紅葉した山々を際立たせていました。

 錦に染まった山々を眺めながら、PLフィルターを付けたばかりの「キャノンパワーショットS110」で写真を撮ったり、ポットに入れてきたお湯でドリップ・コーヒーを飲んだり・・・。

 こんな一時を過ごせて、ありがたや、ありがたや。

 10月27日時点で、川俣地区の紅葉は、野門トンネル付近まで降りてきていて、川治地区まで含めれば、少なくとも、あと2~3週間ぐらいは楽しめるのではないでしょうか。

 川俣~川治地区の紅葉狩りは車で簡単に行けますし、あまり混雑していませんので、ゆったり、のんびり楽しめます。温泉入ったりするのもいいですね。

 是非、みなさんも出かけてみてくださいsign01

川俣地区の紅葉


川俣地区の紅葉

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月27日 (日)

男鹿川・川治C&R区間(2013/10/27)

男鹿川・川治C&R区間

 2013年10月27日、10月最後の日曜日。

 周囲の木々が少し色づき始めている男鹿川川治C&R区間にやってきました。

 前日、台風27号の接近に伴う雨、それとも台風26号の影響でしょうか。下流部の放水口からは、白く濁った水が轟々と流れ出ています。

男鹿川・川治C&R区間


  フライマン達は、濁った水を避けて、水がきれいな温泉街の男鹿川に入っています。

  放水口近くで、ルアーをあれこれ投げ続けてみたものの、流れの中にいるニジマス(40cmクラス)は、ルアーが近づくと逃げるような状況。こんな魚を釣るテクを私は持っていません。

  結局、釣れたのはウグイちゃん1匹のみcoldsweats01

 男鹿川・川治C&R(キャッチ アンド リリース)でニジマス釣りを楽しめるもの10月末まで(漁協関係の皆様へのお願い→「できれば男鹿川C&Rの期間を12月末ぐらいまで延長していただけないでしょうか」)。

 この時期、平日に休暇を取ることはできないので、よっしーにとって、2013年の男鹿川・川治C&Rでの釣りは、今日が最後です。

 1年間、大変お世話になりました。

 来年もまた年券を買って通いたいと思います。

男鹿川・川治C&R区間

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月24日 (木)

久慈川サーモンの準備スタート

スミスシュアーフック Wトラウト-8G 11月の声を聞き始めたら、「サーモンフィッシング fish 」の季節到来です。

 栃木県から比較的簡単に行けるのは、新潟県荒川、阿賀野川、そして茨城県久慈川になりますが、よっしーは、今年、茨城県久慈川のサケ釣りにチャレンジすることにしています

 先日、宮崎県の友人から小包が届きました。

 シングルフック「スミスシュアーフック Wトラウト-8G」。

 サイズも、サーモン用にピッタリです。Yさんありがとうsign01

 そろそろ、久慈川サーモンの準備を本格的に始めることにしま~~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月21日 (月)

コンパクトデジタルカメラ(キャノン PowerShot S110)にフィルター(PLフィルター&MCフィルター)を装着する改造・自作の方法

 釣りや山登りなど、外出する時にいつも持ち歩いているコンパクトデジタルカメラ「キャノン Power Shot S110」。

 写真の写り、デザイン、機能、いずれも文句なしで、気に入って使っているのですが、唯一の悩みは、釣った魚や大自然の素晴らしい風景を撮影する時に、PL(偏光)フィルターが付けられないこと

  また、魚のクローズアップ撮影する時に、魚が暴れて、カメラに水しぶきがかかってしまうことがあるので、レンズ前面に水滴が入らないようプロテクト・フィルターが付けられると助かります。

 とは言っても、コンデジの場合、キャノン製に限らず、レンズ前面にフィルター装着のネジ山が切ってあるものはほとんどありません。

  仕方ないと諦めていたところ、最近、「Canon Power Shot  S110」に、フィルターを取り付ける専用アダプターが販売されていることを知りました。

 「レンズメイト パワーショット S120/S110/S100/S95/S90専用 37mmフィルタークイックチェンジアダプター(5,985円)」(http://oriental-hobbies.com/fs/camera/lensmate0000006000060)です。

 構造は至って簡単。

 カメラのレンズ前に、アダプターを付ける台座を両面テープで接着して、その上に37mmのフィルターホルダーを取り付けるというもの。

 3,000円程度なら、すぐにポチッとしちゃったのですが、値段(5,985円)の高さにマウスを押す指先が止まってしまいましたsweat01

 もしかしたら、個人で改造している人もいるかも? とネットで探してみたら、いろいろと工夫してPLフィルターを付けたコンデジで撮影を楽しんでいる方がいることが分かりました。

 ならばと、部品を取り寄せて、自分でやってみたら、意外と簡単に自作することができました。

 なるべく身近にあるものを使うことにしたので、新たに購入したものは、ステップアップリング(525円)のみと、お財布にもとっても優しく、大幅に節約できました。

 道具類が揃っていない場合、金属ヤスリや両面テープ等を購入する必要がありますが、それでも大した出費ではありません。

 ハクバのPLフィルター(1,527円)、レンズガード(1,000円)と合せて、3,000円程度で、PLフィルター付きのコンデジを手に入れることができました。

 ちなみに、キャノンのPowerShot パワーショット (S120/S110/S100/S95/S90)なら、いずれの機種でも、全く同じ方法で改造できます。

  是非、みなさんもチャレンジしてみてください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

コンパクトデジタルカメラ 「キャノン Power Shot S110」にフィルター(CPLフィルター&MCフィルター)を装着する改造・自作の方法


   ~~~ 【ポイント】 ~~~

○ 適正サイズのステップアップリングを選定(Power Shot S110には「25mm→37mm」がベスト)して、レンズとフィルターを近づけて設置する

 取り付けるフィルター径が小さいと、写真の四隅が黒くなる、いわゆる「ケラレ」が発生します。

 ケラレを発生させない、レンズの鏡胴より大きめのステップアップリングを選びましょう。

 今回は、市販品(http://oriental-hobbies.com/fs/camera/lensmate0000006000060)の37mmに合せたので、この点、悩むことはありませんでした。

 他メーカーのコンデジの場合、ステップアップリングのフィルター径の最大は、カメラを立てた時にフィルターの下側が、カメラの底面を超えない範囲(デザインを考慮すると、あまり大きくない方がいいですね。

 小さすぎるとケラレの心配が出てきます)にして、カメラ側のステップアップリングの径は、前面のレンズを塞がない少し大きめの径を選んでください。

 この改造では、ステップアップリングの選定が重要なポイントになりますので、事前によく下調べしてください。

  ステップアップリング自体、それほど高価ではないので、間違ってしまっても、買い直せばいいと考えれば、気楽にチャレンジできると思います。失敗は成功のもとですね。

 フィルター径は、機能性を損なわない程度に、大きめのサイズをチョイスして、フィルターをレンズとなるべく離さずに取り付けるのがポイントです。


○ ステップアップリングのカメラ側のネジ山は全て削る

 レンズとフィルターの距離をあけないで、正しくPL効果を発揮させるため、ステップアップリングのカメラ側のネジ山は徹底的に削るのがポイントです。

 また、ステップアップリングの削る面は、様々な方向から削って、平らになるようにしてください。

 ネジ山がなくなってからも、強度不足にならない程度に削り込んで、レンズとフィルターがなるべく離れないようにしてください。


○ 両面テープの粘着力は「普通」で十分

 後で外す場合もあることを考えると、粘着力は「普通」のもので十分です。


 外れたら、また付ければいいのです。

 強力なテープは、厚み(1~1.2mm)があるものが多く、その厚さがフィルター面を前にしてしまうため、ケラレの原因になってしまいます(失敗談を参照)。


   ~~~ 【新たに購入したもの】 ~~~

○ ステップアップリング( 25-37mm)

 楽天(http://item.rakuten.co.jp/kenko-k/4961607510681/)で「KENKO ケンコー デジカメ用ステップアップリング 25mm-37mm(525円
送料込)」を購入。

 フィルター径は、市販品の37mmに合せました。

 台座部分になる、カメラ側の内径は、レンズ面を塞がない程度の「25mm」にして、25mm→37mmのステップアップリングにしました。

○ PLフィルター(37mm)、レンズガードフィルター(MCレンズガード、 37mm)

 アマゾンで「HAKUBA 小口径用サーキュラーPLフィルター CF-CPL37D(1,527円)」と、「レンズガードフィルター(ハクバ、MCレンズガード、 37mm(854円)」を購入しました。



   ~~~ 【身近なもので用意したもの】 ~~~

○  両面テープ(粘着力:普通)


 「カメラのレンズ鏡胴」と「ステップアップリング」を接着するのに、自宅にあったごく普通の「再生紙両面テープ ナイスタック NW-20(20mm×10m、粘着力:普通」を使います。

○ 工具類 その他

 金属ヤスリ、紙ヤスリ(1500番)、カッター、カメラ清掃用アルコール(オリンパス EEクリーナー等)。


   ~~~ 【具体的な改造・自作の方法】 ~~~

(1) ステップアップリングのカメラ側のネジ山の削り取り

ステップアップリングのカメラ側のネジ山の削り取りネジを全て削り取ったステップアップリング







 ステップアップリングのカメラ側のネジ山を、金属ヤスリの上でゴリゴリ削ります。

 削る時は、均一な平面になるよう、時々、持ち変えながら行ないましょう。

 ネジ山を全て削り取ってしまっても、レンズとフィルター面の距離をあけないため、強度不足にならない程度に、さらに削り込んでください。

 今回は、ステップアップリング側の台座となる部分の厚みは、1mm程度になってました。

 金属ヤスリで削った後のバリは、紙ヤスリなどで、きれいに取り除きます。


(2) ステップアップリングのカメラレンズ前面への接着

ステップアップリングを装着
 カメラのバッテリーを抜いて、レンズ前面の接着面をカメラ洗浄用アルコールを付けたティッシュできれいに拭いて油分を取り除きます。

 ステップアップリング側の接着面も同様に拭いてください。

 次に、バッテリーを挿入して電源を入れた後、レンズを前面に出して、再度、バッテリーを抜きます。

ステップアップリングを装着 カメラレンズ前面のレンズ窓の周囲に、小さく切った両面テープをグルッと一周貼り付けます。

 レンズの上から、ステップアップリングを、上下左右がずれないように載せて、軽く押して接着。

 この一連の設置法は、販売品の「レンズメイト パワーショット S120/S110/S100/S95/S90専用 37mmフィルタークイックチェンジアダプター」のページhttp://oriental-hobbies.com/fs/camera/lensmate0000006000060に動画が掲載されていますので、参考にしてください。

PLフィルターを装着したキャノン パワーショット S110(3) PLフィルターの装着(完成)

 最後に、ステップアップリングの先に、PLフィルターを付けて完成ですsign03

 この時、四隅にケラレがないか確認してください。
PLフィルターを装着したキャノン パワーショット S110
 ケラレが発生している場合は、レンズとフィルターの距離を縮めるため、ステップアップリングをさらに削り込んでみてください。

 それでもダメな場合は、フィルター径が小さいことが原因なので、フィルター径の大きなステップアップリングを購入して再チャレンジです。

(4) PLフィルターの効果~~焦点距離は35mm以上で使う~~

 肝心のPL効果ですが、24~35mmの間では、広角になるため、どうしても片効きになってしまいます。

 レンズを青空に向けて、PLフィルターのリングをクルクル回すと、PL効果がでている部分は一部であることが分かりますし、撮影した写真を見れば一目瞭然。青い色にムラが出ているのが分かります。

 24mmの広角側から、35mmまではムラになるのですが、35mmから望遠になると、ムラが出にくくなってきます。

  メーカーが、PLフィルターを付けるためのオプションが発売しないのは、おそらく、これが原因と思われます。

 広角にも対応するPLフィルターが登場してくれればいいのですが・・・。

 PL効果の効いた写真を撮影するためには、焦点距離を35mm以上(できれば50mm以上)にしてください。

(5) フィルターを装着した撮影の実際
     ~~「レンズガードフィルター」と「PLフィルター」を使い分ける~~

 釣ったトラウトを水辺に置いて撮影していると、魚が飛び跳ねて、水しぶきがレンズに付くことがあります。カメラに水滴が付くのが嫌で、思い切り近づけないんですよね。

レンズガードフィルター(ハクバ、MCレンズガード、 37mm)を付けたキャノン PowerShot S110   そんな時でも、レンズガードフィルター(ハクバ、MCレンズガード、 37mm)を付けていれば、レンズとレンズシャッターの間に水滴が入ることはなく、安心してレンズを魚に向けることができます。

   「通常は、レンズガードフィルターを付けて撮影。水面の反射を防ぎたい時などは、PLフィルターに付け替える(焦点距離は35mm以上で使用)」と使い分けるのをお薦めします。



  ~~~
おまけ 「ステップアップリングを外す方法」 ~~~


   しっかりした糸(釣り用ナイロンライン3号など)を、両面テープで接着した部分にぐるっと一回りして、糸の両端を強く引っ張ると、糸が両面テープに食い込んで、ポロッと外すことができます。

 両面テープの粘着性が「強力」タイプだと、中々外れませんので「普通」にしてください(失敗談を参照)。

 レンズ前面やステップアップリングに付いた両面テープの粘着部の残りかすは、「オリンパス EEクリーナー」で拭くと、きれいに取り除くことができます。


   ~~~ 【失敗談】 ~~~

 カメラとステップアップリングを接着する時に、しっかり固定した方がいいだろうと、強力両面テープ「3MのScotch 超強力 プレミアゴールド 自動車内装用 両面テープ(幅15mm、厚み1.1mm)」を使ったところ、接着したまでは良かったのですが、テープが、厚みのある粘着性のあるゴム状なので、フィルター面が前に移動して、ケラレが発生してしまいました。

 あわてて外そうとしたら、今度は、接着が強すぎて、なかなか外れず。

 少し力を入れたら、レンズの鏡胴部分が、カメラ本体からスポッと抜けてしまうトラブル発生sweat01

 切り離した後、鏡胴を再度カメラにセットし直したら、特に問題なく動作して、ほっと一安心です。

 どうやら、レンズの鏡胴は、ほんのちょっと接着しているだけのようです。

 あぶない アブナイ coldsweats01

 改造で使う両面テープは、普通のタイプにして、強力なタイプを使わないようにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月20日 (日)

とちぎ食と農ふれあいフェア

とちぎ食と農ふれあいフェア プライベートで、金曜の夜から、いろいろドタバタしていたのを土曜に何とか乗り切って、日曜には何とか落ち着きました。

 妻と宇都宮市内に出かけたついでに、県庁で開かれている「とちぎ食と農ふれあいフェア」に寄ってきました。

 雨rainということもあって混雑していません。

 一生懸命声を出してお客さんを呼び込んでいる売り子さんvirgoや、農業高校の学生さん達を見たら、サイフのひもは緩みっぱなし。

  そばを食べた後は、野菜や漬物、モチ、いもフライetc  を買い続けて、気がつけば、持ち歩くのも困るぐらいになってましたcoldsweats01
台風で落ちてしまったリンゴ(陽光)
  夕食後のデザートは、割り引かれて売っていた「台風26号で落ちてしまったリンゴの陽光」。

 新鮮なリンゴappleは、シャキシャキして美味しいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

ネイティブ・レインボー(50cm) in 男鹿川・川治C&R区間(2013/10/13)★

 男鹿川・川治C&R区間で、ネイティブ・レインボー(50cm)を釣ることができました。

男鹿川・川治地区C&R区間

【日時】
 2013年6月13日(日)、14時30分~16時30分

【場所】 男鹿川・川治C&R区間(栃木県日光市川治地区、キャッチアンドリリース)

【天候】 晴

【風】  時々、やや強い北風

【水温】 16度

【釣果】 レインボー・トラウト(ニジマス)、50cm

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・REAGAL-X 2005-2B
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:スプーン(シルバー、7g)


【レポート】

 よっしーは、いつも
シンプルな釣りを心掛けています。

 「ポイントと時合」を押さえて、表層の活性の高いトラウトを狙う釣り方です。

 「ポイント」は、釣り人がいなくて、活性の高いトラウトが集まっている場所。中々見つからないのですが、注意していると何気ないところにあったりします。

 「時合」は、みなさんご存じの朝マズメ、夕マズメが基本で、これに風や水温、濁りが加わります。

 そして、活性の高いトラウトは、表層に意識があります。ルアーを泳がせるのは「表層直下から~最大1m」。根がかりして、ルアーをロストすることがないのもいいですね。


 週末アングラーということで、思ったようなフィールド・コンディションに遭遇することは、めったにありませんが、「ポイント」と「時合」が揃った時は、このシンプル釣法で、いい思いをすることができます。

 ただ、このコンディション、ばっちり揃うことは中々ないのが現実です。釣果至上主義の方ではなく、「のんびりしつつも、できれば大物を」という方に向いている釣り方です。

  最後は
「運diamondです。

ネイティブ極太レインボートラウト(50cm) in 男鹿川・川治C&R区間(2013/10/13) ネイティブ極太レインボートラウト(50cm) in 男鹿川・川治C&R区間(2013/10/13)









ネイティブ極太レインボートラウト(50cm) in 男鹿川・川治C&R区間(2013/10/13)ネイティブ極太レインボートラウト(50cm) in 男鹿川・川治C&R区間(2013/10/13)









 ポイントと時合が揃えば、ミノーやスプーンを繰り返しキャストして、表層を泳がせて、やる気のある活性の高い魚を誘って、一気にバイトに持ち込みます。

  このストーリーを信じて、粘った者には、いつか必ず、その瞬間はやってきます。

  2013年10月13日(日)の男鹿川・川治C&R区間。

 幸運にも、このシンプルなアプローチで、快心の1匹を釣ることができました。

 シーバスのエラ洗いを彷彿させる、全身を水面に出しながらの連続ジャンプ!

 ネットイン直前まで何度も繰り返す猛ダッシュ!

 年輪を重ねたように再生し尖った尾びれ。


 そして自然の中で鍛え抜かれた、筋肉質のボディ。

 

 完全にネイティブ化したレインボー・トラウト(50cm)です。


  うまく読みが当たったとは言え、こういう魚に出逢えるとうれしくなります。

 次は、YS-minnowΔtypeで狙ってみます。

ネイティブ極太レインボートラウト(50cm) in 男鹿川・川治C&R区間(2013/10/13)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月12日 (土)

長女とふたりっきりの3連休

  高校3年生の長女は、受験勉強が間に合わないと、9月から宇都宮市内の塾に通っています。

  塾の授業がない日も、分からないことがあれば、空いている先生にどんなことでも質問できるとあって、土日は、朝から夜まで塾にいることも度々です。

 この3連休、妻が出かけていて不在。となると、よっしーが、長女を塾に連れていったり、迎えに行かねばなりません。

 お昼は、塾の近くで待ち合わせて、二人で「丸亀うどん」。

 こうして二人で食べることができるのも、あと半年か~~、なんて思うと、ちょっとしんみりしてきますcoldsweats01

 長女が塾に行っている間は、家で、洗濯したり、食器洗いをしたり・・・。釣りに行きたくても、ここは我慢、がまん、ガマン。

 明日は、久しぶりにバルサを削ってみることにしましょう。

丸亀うどん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年10月 6日 (日)

那須の茶臼岳西側の姥ガ平の紅葉、見頃です(2013/10/6)

 2013年10月6日(日)、那須の茶臼岳西側にある姥ガ平(うばがだいら)の紅葉を見に行ってきました。

 宇都宮の自宅を午前10時20分に出発。

  上河内PAのスマートICから黒磯・板室PAのスマートICまで、東北自動車道に乗って、茶臼岳の西側に位置する沼原湿原の駐車場に着いたのが午前11時40分。宇都宮から1時間20分で沼原に来れました。高速は便利です。

 午前11時50分に沼原の駐車場から、三斗小屋温泉方面に向けて歩き始めます。

 途中、登山道を右折して、「日の出平分岐」の稜線に出て、「牛が首」に着いたのは14時。

 上から見下ろす姥ガ平の紅葉

牛ケ首から見た姥ガ平の紅葉 

 写真を撮影していると、後ろで、山ガールvirgoが、「こんなにきれいな紅葉見られて、生きてて良かった~~sign01」。

 その気持ち、よ~~く分かりますhappy01

 牛が首から、紅葉の中の砂利道を姥ガ平に降りて、ベンチでしばし休憩。

 下から見上げる紅葉mapleもいいですね~~。

姥ガ平の紅葉


 ガスがかかっていて、噴煙を上げる茶臼岳fujiとのツーショットは、次回にお預け。

 姥ガ平から、そのまま下って、沼原の駐車場に着いたのは15時50分。往復して、ちょうど4時間でした。

 姥ガ平の紅葉は、今がピークで、見頃はおそらく次の週末まででしょう。

 来週(10/12~13)からは、牛ケ首の南側の紅葉がいい感じになりそうです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 1日 (火)

川端康成コレクションと東山魁夷 知識も理屈もなく、私はただ見てゐる~~宇都宮美術館~~

宇都宮美術館・川端康成コレクションと東山魁夷 知識も理屈もなく、私はただ見てゐる 宇都宮美術館で開催されている「川端康成コレクションと東山魁夷 知識も理屈もなく、私はただ見てゐる」、お薦します。

 最近、よっしーが、宇都宮美術館で見たものの中では、群を抜いて「見ごたえのある企画展」です。これは、一緒に行った、妻も同じ意見でした。

 圧倒されるのは、川端康成のコレクションにもなっている東山魁夷の作品の数々。何度見ても飽きません。よっしーは、2周しちゃいました(^_^;)

 会期は、2013年9月22日(日)~2013年11月4日(月・祝)まで。

 残り1ケ月ありますので、宇都宮近隣にお住まいの美術館賞に興味のある方は、是非、足を運んでみてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »