« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月の10件の記事

2014年5月31日 (土)

鬼怒川チェック・宇都宮地区(2014/05/31)

鬼怒川本流(宇都宮地区)  2014年5月31日(土)の夕方、いつもの鬼怒川(宇都宮地区)の様子見です。

 ほとんど雨が降っていないので、少し渇水気味。

 このコンディション、ルアーフィッシングにはちょっと厳しい感じです。

 せっかく来たので、河原に腰掛けて、ライズがあるかどうか、観察してみることにしました。

コクワガタ 日が傾くに連れ、少しずつ虫が飛び始めます。

 近くの木の幹に、コクワガタが登場。子供たちが小さかった時は、採っていくと、喜んでいたんですよね~~~happy01

 1時間ほど待っていても、川面に変わった動きはありませんでした。

 明日から、いよいよ6月。

 川俣湖や中禅寺湖モードから、徐々に鬼怒川本流モードに切り換えていこうと思います。

 今年もスーパーヤマメが釣れるといいんですけどね~~(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

2014中禅寺湖特別解禁「ブラウントラウト&レイクトラウト」(2014/05/24)★

 8年ぶりに開かれた、アングラーの聖地「中禅寺湖の特別解禁」で、ブラウントラウトとレイクトラウトを釣ることができました!

【日時】 2014年5月24日(土)   午前4時 ~ 午前11時

【場所】 中禅寺湖・特別解禁 (栃木県日光市)

【天候】 晴れ

【水温】 8度 (早朝)

【風】  無風~弱い東風

【釣果】 ブラウントラウト 2匹 (45cm、43cm)、レイクトラウト (45cm)、バラシ2

【タックル】
〔スピニングタックル・スプーン用〕
 ロッド:ダイワ・シルバークリークS・7'9"
 リール:ダイワ・JUPITER-Z 1500T-B3
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:フェイクベイト(11g、14g、赤いヤマメカラー)

〔スピニングタックル・ミノー用〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・EMBLEM-S 2000iA
 ライン:ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype85ほか

【レポート】

~~~プロローグ~~~

 前日(5/23)、仕事が終わって自宅に戻ったのは、午後11時過ぎsweat01

 「安全第一。このまま寝て、明日朝起きた時の調子で、中止、もしくはゆっくり出発」という考えが頭を過りました。

  けれども、「まだまだ一晩ぐらい徹夜やっても、集中力が切れない体力の自信あり。8年ぶりの中禅寺湖の特解、寝過ごしたら、次は10年後。行くにしても、早朝のゴールデンタイム外してしまっては、クリープを入れないコーヒーだ(古すぎッ)」

 まー、準備は整っているし、ここは行くしかないでしょう。

 家族が寝静まった家で、一人遅い夕食を食べて、車に荷物を放り込んで出発。

中禅寺湖特別解禁の景品、ダイワのキャップと特製シール  宇都宮から高速使って、1時間ほどで中禅寺湖の大島商店に到着。

 領収書を渡して釣り券と交換したら、景品として、ダイワのキャップと特解限定シールをくれました。サンキュー!

 午前1時、釣り人でほぼ満車の駐車場から、ヘッドライトを頼りに真っ暗な山道を歩き始めると、湖畔に先着組のカンテラがチラチラ輝いています。

 途中、千手が浜の橋で、足元がツルツル滑るので、どうしたのかな~~とよく見ると、なんと表面に「霜」が付いてました。

 寒いとは思っていましたが、まさかここまでとは・・・

 先発して山側に入っている友人の所に着いたのは午前3時。

  徹夜の真夜中2時間のハイキング。釣りたい一心で歩き続けたので、意外に疲れは感じません。

中禅寺湖特別解禁・開始前の中禅寺湖&男体山  水筒に入れてきた氷水を一杯飲むと、少し汗ばんだ体にキューーーッとしみ込んでいきます。

 遠くの山から響いてくるフクロウの鳴き声を聞きながらタックルの準備を始めて、全て完了したのは午前3時45分。

 ぎりぎりセーーーフ。なんとか間に合いました。


~~~いざ釣り開始!~~~

 午前4時スタート。

 薄暗い中、回りから「ピシッ・・・、ドボン」とスプーンをキャストする音が聞こえてきます。

  よっしーは、活性の高いブラウンを狙って、YS-minnowΔtype(85mm、7g、桐製)で表層を探っていきます。

 中々反応がないので、これはおかしいと、水温を測ってみると8度。

中禅寺湖特別解禁ヒットスプーン「フェイクベイト14g」  これじゃ厳しいのかな~~~? と思っていたら、隣から、バシャ、バシャという音が聞こえてきました。

 続いて、友人にもレイクトラウトがヒット!

 それでもガマン、ガマンと、ミノーイングで粘っていたのですが、ショートバイトさえなし・・・。やはり周囲のお祭モードに取り残されたくないので、ここで思い切って、スプーンにチェ~~ンジsign01

 8年前の特解のヒットルアー「フェイクベイトの赤ヤマメカラー(14g)」を遠投して、ボトムに着底した後、フォール&リフトを繰り返していると、手前のかけ上がりで、フォール中に速効ヒットsign01

 下へ突っ込むファイトを繰り返して楽しませてくれたのは、45cmのきれいなブラウントラウトshine

 養殖ものにない、ネイティブらしい、やや尖った顔つきがたまりません。

ブラウントラウト(45cm) in 中禅寺湖特別解禁(2014/05/24)

ブラウントラウト(45cm) in 中禅寺湖特別解禁(2014/05/24)

レイクトラウト(45cm) in 中禅寺湖特別解禁(2014/05/24)
 特解ゴールデンタイム中、ほぼ同じサイズの魚を2匹バラシた後、ブラウントラウト(43cm)とレイクトラウト(45cm)を追加。

 午前6時過ぎになると、徐々にお祭騒ぎも落ち着いていきました。

 バイトが遠のいて、アドレナリンでハイになっていた体が元に戻ったとたん、徹夜明けの猛烈な睡魔が襲ってきました。

 苔の生えた大石の上に寝ころがって、帽子を目深に被りバタン・キューsleepy

  1時間ぐらい眠ったでしょうか。ふと気づくと、無風でベタ凪だった湖面に、東風でさざ波が立っています。

桐製YS-minnowΔtype(85mm、7g)  YS-minnowのミノーイング・タ~~~イム。

  ショートバイトが1回、チェイスが2回・・・、もう一歩のところまでいくのですが、どうしてもヒットまで持ち込めませんcoldsweats01

 再び、重量感のある手応えを感じることはありませんでした。

 疲れがどっと出てきて、お昼前に撤収です。

 爆釣というほどではないにしても、きれいなネイティブ・ブラウンやレイクが釣れて徹夜して参加した甲斐がありました。

マズマシャクナゲ  大満足です

 中禅寺湖の2014年の特別解禁は、この後、岸釣りが、6/10(火)、船釣りが、5/27(火)と6/21(土)に開かれます(いずれも申込みは完了)。

  6/10の岸釣りの特解は、よっしーは参加できませんが、その頃には水温も上がってきているので、かなり楽しめるのではないでしょうか。

 参加するみなさん、ビックワン目指してがんばってください。

千手ケ浜の様子


~~~追伸~~~

 ネットを検索していたら、「中禅寺湖特別解禁 2014/05/24 / レイクトラウト 96cm!http://shinspe.jugem.jp/?eid=326)」を見つけました。

 もの凄い迫力。

 よく見ると、「シュールスライドスプーン」って、形がフェイクベイトにそっくりなんですね。

 今度、釣具店で買っておこうっと。 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

トラウトフィッシングの聖地「中禅寺湖」の特別解禁を堪能しましょう!

 2014年5月24日(土)、中禅寺湖で特別解禁(西側の周年禁漁区の解禁)が行われます。

 事前予約制ということで、当日参加という訳にはいきませんが、このブログを読まれている皆さんは、予定が入っていない限り、登録済みだと思います。

 よっしーは、金曜日の仕事の終わりが遅くなりそうなのが、ちょっと気がかりです。

 なるべく早く帰って釣りに備える予定です。

 直近の8年前の2006年6月3日に行われた特解に参加(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2006/06/post_9200.html)した時は、山側まで歩いていくのが大変だったことを覚えています。

 ネット情報によれば、今回の申込み人数は600名とのこと。

 今のところ天気も良さそうですし、思い出深い素晴らしい一日になりそうです。

 トラウトフィッシングの聖地「中禅寺湖」で開かれる特別解禁で、思う存分「特解ゴールデンタイム」を堪能しちゃいましょうsign01


※ 2014年5月24日の釣行レポート 2014中禅寺湖特別解禁「ブラウントラウト&レイクトラウト」 はこちらです →http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2014/05/201420140524-7d.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

第4回 八溝そば街道まつり

八溝そば街道まつり  2014年5月18日(日)、那須烏山市の大桶運動公園で開かれた「八溝そば街道まつり」に行ってきました。

 正午頃着いたものだか、とにかく人・人・人・・、大盛況です。

 この時期、新そばという訳にはいきませんが、梅雨の前で天候も安定していて、屋外でのイベントにはうってつけなんですね。

高橋名人の車  一番の目的は、「高橋名人のそば」だったのですが、ものすごい順番待ちの長蛇の列に、妻がたじろいであっけなく断念coldsweats01

 いろいろ見て歩いた後に、「そば処 宮下」のもりそばをいただくことにしました。

  木陰の芝生に腰掛けていただく、みずみずしく、プリップリのそばは、最高ですね。

  「栃木のそば」は、レベルの高い美味しいそばが多いので、こういうイベントで盛り上げていくのは、とても素晴らしいことではないでしょうか。これからも応援したいと思います。

  う~~~ん、しかし、高橋名人のそば、食べたかったな~~~

そば処 宮下そば処 宮下のもりそば

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

イワナ(27cm) in 鬼怒川上流の渓流(2014/05/17)★

鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣  鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市栗山地区)です。

 遠くの山の頂きには、まだ雪が残っていますが、少しずつ木々の芽吹きが始まって、この一帯も、ようやく新緑に包まれてきました。

 それでも、今日は冷たい北風が吹いていて、冬用のジャンバーをしっかり着ていないと凍えてしまいます。

 これから釣りに行かれる方は、冬用の支度を忘れないようにしてくださいね。

 先週、ネイティブフィールドフェスタで、アングラーズシステムの福田さんから、「ダウンストリームのスプーンテクニック」を教えていただいたので、早速、やってみます。

 浅瀬はともかく、流れ込みではスプーンが表層を泳いでしまい、日中、岩陰に潜むイワナにはちょっと厳しそう・・・

 下流側に入って、上流にある、流れ込みにスプーン(スーパーベスパ、5g)を投げ込んで早引きしてくると、すぐに、イワナが飛び出してきて、チェイス、チェイス・・・、ブルっとショートバイトsweat01

イワナ(27cm) in 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣)  お次は、YS-minnow(70mm、6g)でトゥイッチ、トゥイッチ・・・

  ならば目先を変えて、少し小ぶりのスプーン(ミッチェル、5g、緑銀)でやってみると、一発ヒットsign01

 まずまずのサイズ(27cm)のイワナでした。

 片方の胸ビレが欠けてしまっているのが、ちょっと残念。

  それでも、よっしーに付き合ってくれたことに敬意を表して、コンデジにPLフィルターをセットして、格好良く撮ってあげましたhappy01

 鬼怒川上流部の渓流は、車道が並行して走っていて、アプローチしやすく手軽に楽しめます。

 魚影はそれほどではありませんが、釣り人も多くなく、大自然の中でのんびり楽しめますので、皆さんも、是非、足を運んでみてください。

【おまけ1】
 日光市川俣地区では、来週の日曜(5/25)に「渓流岩魚つり大会」が開催されます。

  餌釣りの方がほとんどですが、上位入賞を狙わなければ、ルアーやフライでも十分楽しめます。

  渓流初心者の方には、いい機会ではないでしょうか。


渓流岩魚つり大会

○日時 平成26年5月25日(日)午前5時~午前11時
○場所 鬼怒川本流(川俣地区) 川俣温泉運動公園から女夫渕温泉まで
○お申込み 当日受付(午前4時30分から)、川俣温泉運動公園にて
○参加費 大人(中学生以上) 2,500円、小人(小学生以下)無料。
  奥鬼怒温泉、川俣温泉の旅館・ホテル・民宿に5月24日(土)・25日(日)のいずれかに宿泊される方は参加費が無料となります。
○主催 川俣湖漁業協同組合、奥鬼怒・川俣温泉旅館組合
○問合せ先 日光市観光協会 TEL:0288-22-1525

【おまけ2】
 帰宅途中の県道23号線の日光市上栗山付近、19時過ぎ、民家の近くを通った時に、翼の先端が尖って、ヒラヒラ飛ぶ野鳥を目撃しました。

 フクロウやアオバズクのようなフワフワした飛び方ではなく、アジサシやシギっぽい感じで、頻繁に空中で切り返して、何かを追いかけてました。

 自宅に戻って調べたら、どうやら「ヨタカ」のようです(Bambooさん、当たりです(^_^))

 街灯に集まった虫を食べていたんですね。ラッキー!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

ありがとう! 200万アクセス

鬼怒川上流の渓流 おかげさまで、本日(2014年5月15日)、ついにアクセス数が200万を超えました

 これも一重に、2005年9月にブログが始まって以来、8年8ケ月に渡り、みなさんがご覧くださったおかげです。

 本当にありがとうございましたm(_._)m

 4月1日時点の栃木県の人口が198万人ということで、1人1アクセスしていただいた計算になります。もちろん、実際は、東京をはじめ、他県から多くの方がご覧いただいておりますが・・・coldsweats01

 「継続は力なり」。

 これからも地道に書き続けていきますので、引き続き、お付き合いくださるようお願いいたしま~~すsign03



【アクセス数の推移(pv:ページビュー)】

○Blog開設 [2005年 9月 3日]
○1周年    [2006年 9月 3日]、   34,000pv(直近1年 34,000pv/年、   93pv/日)
○2周年    [2007年 9月 3日]、  106,000pv( 〃     72,000pv/年、  197pv/日)
○3周年    [2008年 9月 6日]、  300,000pv(  〃    194,000pv/年、  532pv/日)
○4周年    [2009年 9月 3日]、  550,000pv(  〃    250,000pv/年、  685pv/日)
○5周年    [2010年 9月 3日]、  805,500pv(  〃    255,500pv/年、  700pv/日)
○6周年    [2011年 9月 3日]、1,063,800pv(  〃    258,300pv/年、  708pv/日)
○7周年    [2012年 9月 3日]、1,386,000pv(  〃    322,200pv/年、  883pv/日)
○8周年    [2013年 9月 3日]、1,746,500pv(  〃    360,500pv/年、  987pv/日)
             [2014年 5月15日]、2,000,000pv(  〃    379,000pv/年、1,038pv/日) 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

三菱鉛筆の高級ボールペン「ジェットストリーム・プライム」はいい!

三菱鉛筆の高級ボールペン「ジェットストリーム・プライム」  スーツの内ポケットに差しておいて、人前で使うボールペンは、少し高級感のあるものにしています。

  水性ボールペン「TOMBOW(トンボ) ZOOM 919bw」や、ジェットストリーム化した「オート・リバティ(OHTO LIBERTY)」の太軸((CB-10GL)、中軸(CB-10BL)を使っています。

 いずれも単色のブラック。

  時々、「赤」も使いたくなることがあって、2~3色のボールペンを探していました。

三菱鉛筆の高級ボールペン「ジェットストリーム・プライム」  リフィルがジェットストリーム限定ということになれば、自ずとまずは純正品を探すことになります。

 2013年10月に発売になって以来、爆発的に売れているという三菱鉛筆の「ジェットストリーム・プライム(3色ボールペン(0.7mm 黒・赤・青) 、ボディ:ブラック SXE3300007.24、定価3,000円。ネットだと2,400円程度)」を、宇都宮市内の文具店でで見つけました。

 艶消しブラック、ステンレスボディの質感は上々。

三菱鉛筆の高級ボールペン「ジェットストリーム・プライム」  リフィルが専用に開発された極細仕様で、単色ボールペンと同じ太さに仕上がっていて、握りやすく、自然に手と馴染みます。

  3色の書き味は、ジェットストリームなのでもっちろん文句な~~し。

 ノック式のクリック感も、しっかりしていて、つい何度もカシャ!カシャ!やってしまいます。

 新しい相棒がまた一つ増えましたhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

大盛況! 「ネイティブフィールドフェスタ in 鬼怒川(2014/05/11)」

ネイティブフィールドフェスタ in 鬼怒川  2014年5月11日(日)、「ネイティブフィールドフェスタ in 鬼怒川」に行ってきました。

  場所は、鬼怒川の上平橋の少し上流(栃木県塩谷郡塩谷町地内)です。

  午前9時過ぎ(寝坊しゃいました)に上平橋を通ると、上流の左岸河川敷にたくさんの車。鬼怒川には大勢の釣り人の姿が見られます。

 大盛況ですsign01

 スタートの6時から来ていた友人に話を聞くと、大量のサクラマスが放流されたこともあって、ミノーで1キャスト1バイト状態。大漁とのことhappy01

  その勢いは、少し落ち着いてきているものの、9時を過ぎた時点でも、瀬やプールのいたるところで、時々水しぶきが上がっています。

スミスの平本氏の「Dコン ミノー講座」  午前11時過ぎから、河原で40人ほどのルアー・アングラーと一緒に、スミスの平本氏の「Dコン ミノー講座」で、渓流でのミノーイングの話を聞きました。

  Dコンタクトの慣性スライドを、車のFFやRRに例えた話は、とても分かりやすく、おかげでYS-minnowでやってきたことが、理論的に理解することができるようになりました。

 あとは、実際に釣れるかどうかだけですね。

 栃木県は、本流から渓流、そして湖と、釣りを楽しむにはもってこいのロケーションです。

 こういうイベントをきっかけにルアーフィッシングを始める方もいますので、是非、これからも続けていただいて、栃木県で釣りを楽しむ人を増やしていってほしいと思います。

 それから、開催した場所(鬼怒川本流)柄、おそらく参加した釣り人には、渓流での釣りのみならず、鬼怒川など本流域でのヤマメ釣りに関心を持っている方も多いはず。

  もし次回開催する時は、開催フィールドに合せた講座も組み入れていただくと尚良ではないでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

川俣湖釣行(2014/05/06)

川俣湖 ゴールデンウィーク最終日。〆は、やっぱり「釣り」でしょう。

  行き先は、ホームグランドの「川俣湖(栃木県日光市)」。

  宇都宮は曇り空だったのですが、栗山の日向地区あたりから、少しずつ青空が見え始めて、川俣湖に着いた時には、ご覧のとおり、快晴のいい天気になってました。

 北風が吹いていて、湖面に適度なさざ波も立っています。

ヤシオツツジ(蛇王の滝) 水温12度。

 いけそうな雰囲気たっぷり。と、ここまでは良かったのですが・・・

 午前11時から始めて、午後5時まで、しっかりルアーを投げ続けたにも関わらず、どういう訳か、何にもなしcoldsweats01

 これまでの経験では、少なくともニジマス2匹ぐらいは釣れても良さそうなんですけど・・・

夕焼け YS-minnow、スプーン、スピナー etc、持っていた数少ない引き出しの全てを投入しても歯が立ちませんでした。

 それでも、とことんやりきったおかげで、気分はスッキリ。

 帰る途中、蛇王の滝で車を停めて、断崖に群生するヤシオツツジを眺めたり、

 水田に映える男体山・女峰山の夕焼けを写真に撮ったり、

 あの山の向こう側に川俣湖があるのか~~~なんて、物思いにふけったり・・・

 たとえ釣れなくても、一人、自由気ままに、好きなことに夢中になれる時間があることのありがたさを、しみじみ実感しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

2014年5月11日、「ネイティブフィールドフェスタ in 鬼怒川」が開催されます

 2014年5月11日(日) 6時から、鬼怒川の「上平橋から上流の高間木緑水公園間(塩谷郡塩谷町地内)」で、「ネイティブフィールドフェスタ in 鬼怒川http://www.kinugawa-gyokyou.com/tokusetu.html)」が開催されます。

 「ダウンストリームのスプーンテクニック(アングラーズシステムの福田氏)」や、

 「Dコン ミノー講座(スミス 平本氏)」、

 「源流ミノー、スプーン講座(ハードストリーム 吉田氏、榎木氏)」と、面白そうな講座が目白押し。

 また、鬼怒川にサクラマスやヤマメが放流されるので、実際に釣ることもできます(鬼怒川の釣り券に加え、特設漁場料金1500円が必要)。

 これから鬼怒川本流のスーパーヤマメを狙おうとしている方には、情報収集したり、体験することができて、とてもいい機会ではないでしょうか。

 見学者へのプレゼントもあるそうですので、鬼怒川本流ヤマメに関心のある方は参加してみてください。

 よっしーも、用事が入らなければ、出かけてみたいと思います。


◆当日のレポート◆

  大盛況! 「ネイティブフィールドフェスタ in 鬼怒川(2014/05/11)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »