« 開眼式 | トップページ | 「唐川びわ」が一番! »

2014年6月29日 (日)

白いヤマメ in 男鹿川C&R区間(2014/06/29)★

 男鹿川C&R区間で、白いヤマメ を釣りました。

【日時】 2014年6月29日(日)  10時~14時

【場所】 男鹿川C&R区間(キャッチ&リリース) (栃木県日光市)

【天候】 晴れ時々曇り

【水温】 16度

【風】  -

【釣果】 白いヤマメ(24cm)、ニジマス(30cm)、大イワナのバラシ

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・EMBLEM-S 2000iA
 ライン:ナイロン 8lb
 ルアー:YSクランク(50mm、8g、製造番号242)、スプーン(ベスパ、5g)、YS-minnowΔtype70(6g、製造番号290)

男鹿川C&R区間【レポート】

 前日からの雨で、鬼怒川本流の水位が上昇しています。

  この様子では、濁りが入って、釣りは無理でしょう。

 悩んだ挙げ句、男鹿川C&R区間に行くことにしました。

 午前10時に着くと、水温16度、微かに濁りが入っていて、とってもいい感じです。

 釣り上がっていくと、水深のあるしっかりしたプールが出てきました。

  YS-minnow70をアップクロスに投げて、時々、ジャークを入れて左右にスライドさせていると、5投目ぐらいした時に、目の前の水中お大岩から、40cmほど少し黄色みがかった魚が、ミノー目掛けて急浮上up

 ヒットと思いきや、頭をグングンと3回振った後、フックアウトsign01

 大岩の近くで獲物を待ち伏せしていた大イワナでした。

 またしても・・・、ウ~~~ン残念。

ニジマス(30cm) in 男鹿川C&R区間(2014/06/29) 今シーズン、40cmクラスのイワナに遭遇するのは2回目になりますが、中々ランディングまで持ち込めません。

  やはり「腕」なんでしょうねcoldsweats01

 この後、ルアーチェンジしても、イワナは再び登場せず・・・。代わりに、YSクランクにニジマス(30cm)が来てくれました。

 昼食をとった後、上流にポイント移動。

白いヤマメ(24cm) in 男鹿川C&R区間(2014/06/29) 川幅が狭くなった瀬頭に立って、下流にスプーン(ベスパ、5g)をに投げて直引きしていたら、プルプルとかわいいアタリ。

 すぐに、パーマークが目に飛び込んできたので、ヤマメであることは分かったのですが、何か様子が変です。

 通常、グレーもしくはモスグリーンの背中の色がほとんど抜けていて、「白い」のです。アルビノでしょうか。

 白いヤマメ。もしかしたら幸運bellを運んできてくれる魚なのかもしれません。

 どうか、いいことがありますようにsign01

|

« 開眼式 | トップページ | 「唐川びわ」が一番! »

04■ 栃木の釣り・渓流・里川」カテゴリの記事

コメント

確かに、背中の黒点がありませんね。珍しい!
次の引き水で鬼怒川スーパーヤマメが出るかもしれませんね。

投稿: Bamboo | 2014年6月29日 (日) 21時39分

10年以上前ですが、加賀フィッシィングエリアで同じような色をしたヤマメを釣った事がありますよ。

その時に近くに居た方が、ヤマメは養殖が難しいので何か別の魚と掛け合わせた(ハイブリッド?)魚を離していると聞いた事がありますけど・・・真偽の程は定かではありません!

アルビノではないと思うので、亜種なのですかね?

投稿: そわか | 2014年6月30日 (月) 04時34分

>Bambooさん

 背中の色が薄いだけでなく、頭から背びれにかけて、黒点がないのも、「変」なことに気づきました。

 スーパー出てほしいのですが、これがなかなか(^_^;)

 がんばります。

投稿: よっしー→ Bambooさん | 2014年6月30日 (月) 19時05分

>そわかさん

 こんばんは。

 検索してみて、アルビノではないことが分かりました。

 ハイブリットの可能性ありってことですね。

 しかし、あまり簡単に交雑しないでほしいのですが・・・、いやはや奥が深いです(^_^;)

投稿: よっしー→ そわかさん | 2014年6月30日 (月) 19時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/59898198

この記事へのトラックバック一覧です: 白いヤマメ in 男鹿川C&R区間(2014/06/29)★:

« 開眼式 | トップページ | 「唐川びわ」が一番! »