« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月の11件の記事

2014年6月29日 (日)

白いヤマメ in 男鹿川C&R区間(2014/06/29)★

 男鹿川C&R区間で、白いヤマメ を釣りました。

【日時】 2014年6月29日(日)  10時~14時

【場所】 男鹿川C&R区間(キャッチ&リリース) (栃木県日光市)

【天候】 晴れ時々曇り

【水温】 16度

【風】  -

【釣果】 白いヤマメ(24cm)、ニジマス(30cm)、大イワナのバラシ

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・EMBLEM-S 2000iA
 ライン:ナイロン 8lb
 ルアー:YSクランク(50mm、8g、製造番号242)、スプーン(ベスパ、5g)、YS-minnowΔtype70(6g、製造番号290)

男鹿川C&R区間【レポート】

 前日からの雨で、鬼怒川本流の水位が上昇しています。

  この様子では、濁りが入って、釣りは無理でしょう。

 悩んだ挙げ句、男鹿川C&R区間に行くことにしました。

 午前10時に着くと、水温16度、微かに濁りが入っていて、とってもいい感じです。

 釣り上がっていくと、水深のあるしっかりしたプールが出てきました。

  YS-minnow70をアップクロスに投げて、時々、ジャークを入れて左右にスライドさせていると、5投目ぐらいした時に、目の前の水中お大岩から、40cmほど少し黄色みがかった魚が、ミノー目掛けて急浮上up

 ヒットと思いきや、頭をグングンと3回振った後、フックアウトsign01

 大岩の近くで獲物を待ち伏せしていた大イワナでした。

 またしても・・・、ウ~~~ン残念。

ニジマス(30cm) in 男鹿川C&R区間(2014/06/29) 今シーズン、40cmクラスのイワナに遭遇するのは2回目になりますが、中々ランディングまで持ち込めません。

  やはり「腕」なんでしょうねcoldsweats01

 この後、ルアーチェンジしても、イワナは再び登場せず・・・。代わりに、YSクランクにニジマス(30cm)が来てくれました。

 昼食をとった後、上流にポイント移動。

白いヤマメ(24cm) in 男鹿川C&R区間(2014/06/29) 川幅が狭くなった瀬頭に立って、下流にスプーン(ベスパ、5g)をに投げて直引きしていたら、プルプルとかわいいアタリ。

 すぐに、パーマークが目に飛び込んできたので、ヤマメであることは分かったのですが、何か様子が変です。

 通常、グレーもしくはモスグリーンの背中の色がほとんど抜けていて、「白い」のです。アルビノでしょうか。

 白いヤマメ。もしかしたら幸運bellを運んできてくれる魚なのかもしれません。

 どうか、いいことがありますようにsign01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月28日 (土)

開眼式

開眼式 開眼式。

 「かいがんしき」ではなく、「かいげんしき」って読みます。

 新たにお墓を立てた時に、魂を入れる儀式のことで、実は、墓作りを始める前まで、そういうことがあるのを知りませんでしたcoldsweats01

 めったにないことですからね~~~

 今回は、亡き父の納骨も兼ねているので、お寺で拝んでもらって、お墓で納骨した後、開眼式を行いました。

 これで父もゆっくり落ち着くことができます。

うな重 毎朝、出勤前に、自宅で保管していたお骨に、線香をあげる日課がなくなるのが、ちょっと寂しく感じますが、その分、これまで以上に、墓参りをして、冥福を祈り、ここまで育ててくれた感謝の気持ちを捧げたいと思います。

 帰りに、ちょっと奮発して、家族みんなで、父も好きだった「うな重」をいただきました。

 次は、8月の「初盆」の準備、その後は「1周忌」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月26日 (木)

増水した鬼怒川(宇都宮地区)(2014/06/26)

増水した鬼怒川 昨日の夕方、夕立があったせいで、今朝の鬼怒川(宇都宮地区)は増水しています。


 水位は増して、茶色に濁ってます。


 YS-minnowを投げてみますが、アユ釣りの方が川の様子を見てすぐに帰っていくような状況では、ヤマメ狙いにも厳しいことは変わりありません。


 ヨシに止まった朝露が付いたアオハダトンボの写真を撮ったり、河原をブラブラ歩いたり・・・。


 今シーズン、ヤマメに出会えるのは、いつになるのでしょう。

アオハダトンボ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年6月22日 (日)

これはいける! サンクスのスイーツ「スカイベリーのパンナコッタ」

スカイベリーのパンナコッタ 釣りに出かける車中は、たいていFMを流しています。

 土曜日、鬼怒川に行く時、いつものようにRADIO BERRY(76.4FM)を聴いていたら、「井出アナがプロデュースしたスカイベリー・パンナコッタが、サークルKサンクスで期間限定で売ってますよ~~~!

 さっそくサンクスで買って、鬼怒川の河原でいただくことにしました。

 ほどよい甘さ、滑らかなパンナコッタに、少し酸味のあるスカイベリーのソースがたっぷりかかっていて、口の中でとろけていきますhappy01

スカイベリーのパンナコッタ これはいけますsign01

 「スカイベリー」は、みなさんご存じの栃木県が作ったいちごの新品種。売り出し中のピッカピカshineいちごです。

 そしてパンナコッタは、「牛乳と生クリームをゼラチンで固めて作るイタリア生まれのスイーツ」だそうで、最強のコンビです。

 ちなみに、「牛乳と卵を蒸し焼きにして固めたものがプリン」なので、パンナコッタを食べたことがない方には、「卵の代わりに生クリームで作ったプリン」と言えば、味をイメージしやすいかもしれません。

 この「スカイベリーのパンナコッタ(230円)」は、2014年6月17日(火)から6月30日(月)までの期間限定、そして栃木県内のサンクス限定で売られています。

  スイーツ好きの方は、是非お試しください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月20日 (金)

ハンドメイドミノー・ボディ形状の微妙な違い~YS-minnowΔtype(85mm、7g)~

 今年になって、川俣湖や中禅寺湖、鬼怒川本流で使っているYS-minnowΔtype(85mm、7g)。

 いろいろなフィールドで使い込んでいると、ボディー形状の微妙な違いが泳ぎに影響を与えていることが分かってきました。

YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)の追加 そんな視点で厳選すると、ミノーケースに入っているYS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)のうち、満足できるクオリティーのものは3本だけ。

 ロストの可能性を考えると、ちょっと心もとないので、3本追加することにしました。

 バルサに型を当て、カッターで切り出した後、小刀で少し大きめのサイズまで削り込んで、サンドペーパーで仕上げます。

 この後は、シンカーとアイを埋め込んで、セルロースセメントのディッピィングに移ります。

 考えてみれば、70mmタイプもストックがありません。

 85mmを作った後、こちらも追加しておくことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月15日 (日)

鬼怒川はもうちょっと(2014/06/15)

鬼怒川(宇都宮地区) 昨日に続いて、今朝も鬼怒川(宇都宮地区)を巡回してきました。

 減水中で、コンディションは良くなってきていますが、水位・濁りとも、釣りには、まだちょっと厳しい感じです。

 狙いは、明日(6/16)の朝以降になりそうです。

  昨晩、スゴイ情報shineが飛び込んできました。

  palpagさんが、中禅寺湖で60cmのレイクトラウトに加え、雄の鼻曲りのブラウントラウト(65cm)を釣ったそうです

  中禅寺湖に通うアングラーなら、だれでもが憧れる「ブラウンの厳つい顔つき」。

  しぶとく通っていても、めったにお目にかかることができない魚です。

  palpagさん、おめでとうございますscissors 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月14日 (土)

鬼怒川は減水中(2014/06/14)

 早朝、鬼怒川(宇都宮地区)に行ってきました。

 先週からの大雨の影響もあって、まだ釣りができるような水位に戻っていません。

 河原には、川の様子を見に来たアユ釣りのおじさん達がチラホラ。それと、ミノーで、本流ヤマメを狙っているルアーマンが一人。

  少しずつ減水していて、濁りも薄くなってきているので、早ければ明後日には、いけそうな雰囲気です。

鬼怒川(宇都宮地区)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 8日 (日)

中禅寺湖にセミ・トップシーズン到来(2014/06/08)

 2014年6月8日(日)、朝から雨が続いていますが、それほど激しく降りそうにはありません。

釣り券  鬼怒川は増水しているので、釣りに行くとすれば「」しかありません。

  高速で宇都宮から1時間で行けて、特別解禁で気をよくしている「中禅寺湖」に決定です。

 ブログ情報によると、最近、中禅寺湖では、セミルアーを使ったトップで釣れているとのこと。

 セミトップでデカブラウン、いいですね~~~happy01

 午前11時30分、金谷ワンドに到着。

 YS-minnowΔtype(85mm、7g、シルバーヤマメ)、スプーン、セミ・ルアーを試してみますが、バイトはもちろん、ライズさえないので、速攻で山側へ移動です。

 八丁出島の先端に向かって少し歩いた岩場でYS-minnowを投げていると、目の前で「ジュポッ」とライズ。

 すぐさまセミ・ルアーに付け替えて、水面に浮かせて、時々シェイク、シェイク。

 1分ほどした時、表層のルアーを、右斜め下から、茶色の魚が飛び出して、一気にジャバッ sign03

 ロッドに伝わる強烈な重量感。心臓バックバク!

 よぉーーーし、これはいいブラウン・・・と思った瞬間、水中から、スポッとルアーが飛び出てきましたcoldsweats01

 フックは伸びていないので、かかりが浅かったんですね。

 結局、セミ・トップでのバイトは、この1回。

 他は、YS-minnowΔtype(85mm、7g)へ、50cmクラスのチェイス1回sweat01

YS-minnowΔtype(85mm、7g) in 中禅寺湖 時々、岸際でブラウンらしきライズが見られましたが、時間は、雨が強く降っていない午後2時前後。

 午後4時頃、雨が強くなってきたら、ライズはほとんどなくなりました。

 天気が良ければ、もう少し狙える時間が長かったのかもしれません。

 6月10日(火)は、今年2回目の中禅寺湖特別解禁(岸釣り)です。

 早朝、スプーンやミノーで釣った後、日中、セミ・トップで、じっくり攻めるのも面白そうです。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 7日 (土)

雨の金曜、「宮の和バル maruni」にて

雨の宇都宮 先週から今週にかけて、仕事が忙しくて、自宅に帰るのは毎晩午後11時頃。ひたすら走り続けてきてヘトヘトです。

 金曜日、多忙を重ねた日々に、ようやく終止符。

 外は雨rain

 週末、仕事のことを忘れて、どこにでかけたいけど・・・、鬼怒川は増水してそうだし、行けるかな~~~

宮の和バル maruni ふと、「宮の和バル maruni 」(宇都宮市江野町10-1、028-688-0034)の釣り好き店員さんのことを思い出しました。

 残念ながら、その方はお休みでしたが、女性の店員さんが、仕事の合間を見て、話し相手をしてくれましたwine

 
 サラリーマン生活も、あと10年とちょっと。

 残りの人生、どんな風に過ごしたいのか、過ごせるのか・・・

 しんみりしちゃったのは、疲れているから、それとも雨のせい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年6月 5日 (木)

サンスイ渋谷店Part2

サンスイ渋谷店Part2 先日、久しぶりに「サンスイ渋谷店Part2」に行ってきました。

  お目当てのルアーは見つからなかったのですが、普段、宇都宮市内の釣具店では見ることのないハンドメイド・ミノーやスプーンの数々・・・shine

 東京の釣具店は、さすが品揃えが違いますねhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月 1日 (日)

カフェ風そば店、日光市小来川の「山帰来」

山帰来  山奥の大自然に囲まれた、渓流のほとりのログハウス。

 日光市小来川(おころがわ)の「山帰来」は、そんなロケーションにあります。

 店に入ると、東側に大きく開けた窓から、目の前に流れる黒川のせせらぎと、木々の緑が飛び込んできます。

 もりそば「小来川」二八(750円)を大盛(250円)を注文したら、大盛り分が崩れてましたが、これは愛嬌coldsweats01

 ここの「そば」は、香り&味、歯ごたえ、いずれもレベルが高く、絶品です。 

もりそばの大盛り~~山帰来~~もりそばの大盛り~~山帰来~~










山帰来の陶器山帰来の店内







 

 BGMのジャズnotesを聞きながら、食後のそば湯をいただき、シックな器やそば猪口、そして窓の外の景色を眺める・・・

 まったりした時間が流れていきます。

 「カフェ風そば店」というのがピッタリの「山帰来」。

 自然の中、カフェ気分で、美味しいそばを食べたい方に、おすすめです。


【山帰来(さんきらい)の連絡先】

所在地:日光市南小来川395-1
電話 :0288-63-2121
HP :http://www.t-upc.com/sankirai/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »