« 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)(2014/07/21) | トップページ | 週末は新潟2泊 »

2014年7月23日 (水)

2014シーズン初となる「鬼怒川本流ヤマメのバイト」(2014/07/23)

 2014年7月23日(水)、平日の早朝、仕事があるにも関わらず、いい時間に目覚めたので、「よしっ、行ってみるか」と、いつもの鬼怒川本流(宇都宮地区)へシュッパ~~ツ。

早朝の鬼怒川(宇都宮地区) 水量は少し多い程度、ほとんど濁りも入っていません。水温17度。

 YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング、製造番号280)をルアーケースから取り出して、スナップにセット。

  今年、鬼怒川本流では、たいていこのミノーを使っています。

 釣れない時は、何をやってもだめですが、釣れる時は、意外とあっけないもの・・・

 今日はそういう幸運な日だったようです。

 ほどなくして、流心部でヒットsign01

 白い魚体が、波間に姿を時々現しながら、こちらに寄ってきます。

YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング、製造番号280) 「今シーズン初もの。大事にしなくっちゃ!」

 背中のランディングネットを取り出した途端、目の前でフックが外れ、流れに戻っていきましたsweat02

 目測で、32~34cmの鬼怒川本流ヤマメでした。

 活性が高いスーパークラス(40cm以上)がいるに違いないと、いつになく丁寧に釣り下っていきますが、今日のメインイベントはこれにて終了。

 私の場合、シーズン通して反応がないこともあるくらいですから、初バイト&初バラシがあっただけでもありがたい・・・、とは言え、何とか釣りたかったな~~~~coldsweats01

|

« 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)(2014/07/21) | トップページ | 週末は新潟2泊 »

01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー)」カテゴリの記事

コメント

本流ヤマメはバラしても記憶に残りますよね。残念です。
自分は明朝久々に出撃します。

投稿: | 2014年7月25日 (金) 18時36分

自作のミノーでバイトを取る・・・ 
たとえバラしてしまっても、市販品で釣り上げる以上の価値があると思います。 

それにしてもヤマメってバレやすいですよね。

投稿: ヒロ | 2014年7月27日 (日) 15時14分

 確かに、鬼怒川本流ヤマメをバラした瞬間の記憶は、焼きついて離れませんね(^_^)

投稿: よっしー | 2014年7月27日 (日) 20時04分

>ヒロさん

 いつかは期待に応えてくれるはずと、信じて投げ続けています。

 今回は、ヒットした瞬間、「あっそれほどでもない」と、一瞬気が緩んだのがいけなかったようです。

 そういう釣り人の心の隙を、ヤマメは見透かしているのかもしれません(^_^;)  

投稿: よっしー→ヒロさん | 2014年7月27日 (日) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/60032799

この記事へのトラックバック一覧です: 2014シーズン初となる「鬼怒川本流ヤマメのバイト」(2014/07/23):

« 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)(2014/07/21) | トップページ | 週末は新潟2泊 »