« たくさんの想い出をありがとう! 「エビス釣具店」は明日閉店 | トップページ | 初盆 »

コンパクトデジタルカメラ(キャノン Power Shot S110)による「打ち上げ花火の撮影法」

コンデジで撮影した宇都宮花火大会の打ち上げ花火

 2014年8月9日(土)、宇都宮花火大会で、コンデジ「キャノン パワーショット S110」を使って打ち上げ花火を撮影してきました。

 

 私なりに満足できる写真が撮れましたので、その方法を紹介したいと思います。

 


コンパクトデジタルカメラ(キャノン Power Shot S110)による「打ち上げ花火の撮影法」

 

【カメラの設定1(お手軽設定)】

 

 難しいことを考えずにお手軽に花火を撮影したいという方は、撮影モードを「SCNモード」にして、「打ち上げ花火」に設定してください。

 何枚か撮影してみましたが、失敗も少なく、初めての方にはこの方法をお薦めします。

 

【カメラの設定2(ちょっとカメラに詳しい方の設定)】

 

 カメラ設定を自分でしたい方は、次の方法でやってみてください。

 

コンデジで撮影した宇都宮花火大会の打ち上げ花火 よっしーは、今回、ほとんどこの方法で撮影しました.シャッタースピードを微妙に変えて、効果を確認できるのが利点です。

 

○ 撮影モードは「マニュアル(M)」。絞り「F8.0」、シャッタースピード「2秒」に設定。打ち上げの痕跡を長めに取り入れたい時は、シャッタースピードを「2.5秒~3秒」に変えました。

 

○ ISO感度は「80」

 

○ フラッシュは「発光禁止モード」


○  ホワイトバランスは「オート(AWB)」

 

○ ピント合せは「マニュアル・フォーカス(MF)」にして「∞(無限遠)」に設定します。オートフォーカスを効かせてしまうと、ピンボケ写真ばかりになります。また、セーフティMFは「切」にしてください。

 

【カメラ以外に必要なもの】

 

○ 三脚
  シャッタースピード2秒での撮影になりますので、三脚を使わないとブレブレの写真になってしまいます。カメラをしっかり三脚に固定してください。

 

コンデジで撮影した宇都宮花火大会の打ち上げ花火○ 予備のバッテリー
  花火の時間は19時30分から21時まで。途中30分休憩があったので、実質1時間ほどでした。

 

 撮影が始まるとカメラの電源をオンにしっぱなしになりますので、予備のバッテリーを持参した方が無難です。

 今回は行く前に満タン充電したので、予備を使わずに済みました。

 

【撮影方法の実際】

 

○ 周囲に街灯などの明かりがない暗い場所に陣取り、三脚にカメラを設置します。

 

○ 花火までの距離に合せてズームを設定します。今回は、主に85㎜~120mmで撮影しました。

 

○ シャッターボタンを押したら、カメラから手を離して、ブレを防ぎましょう。シャッターボタンを押してから2秒間、露光されます。

 花火が打ち上がって、上空で花火が開く少し前にシャッターを押すと、打ち上げの痕跡と花火が映って、いい写真が撮れます。

 シャッターを押すタイミングをいかに掴むかが、最も大事なポイントです

  花火大会が始まったら、何度も撮影して、少しでも早く身につけるようにして、終盤のクライマックスに備えましょう

 

コンデジで撮影した宇都宮花火大会の打ち上げ花火【撮影結果】

 

 はじめのうちは、シャッターを押すタイミングが早すぎて、打ち上げの痕跡ばかりでしたが、馴れてきたら、いい感じで撮影できるようになりました。

 

 撮影枚数は60枚。うち満足できる写真は15枚。コンデジでの撮影にしては十分ではないでしょうか。

 

 

【写真を重ねて賑やかな写真にレタッチ】

 

 コンデジの場合、バルブ撮影ができないので、花火を単発でしか撮影することができません。

 

 少し寂しい感じなので、GIMP2というフリーのレタッチソフトを使って、複数の写真を重ねて賑やかにしてみました。

 

 レタッチの方法は、こちらのサイト(http://www.antaresdigicame.org/photo_gallery/camera/camera88.html)をご覧ください。

|

« たくさんの想い出をありがとう! 「エビス釣具店」は明日閉店 | トップページ | 初盆 »

50◇ カメラ」カテゴリの記事

コメント

>ユウぱぱさん

 おっしゃる通り、「花火の撮影では、手ブレ対策とシャッターを切るタイミングが肝」です。

 三脚を使って、シャッターを静かに押せば、手ブレは何とか防げます。

 ただ、タイミングは、とにかく撮影して実践するしかありません。

 まだまだ花火大会は開催されますので、是非また、チャレンジして、いい写真をゲットしてくださいね(^_^)

投稿: よっしー→ユウぱぱさん | 2014年8月20日 (水) 20時29分

こんばんは
オリンパスのカメラのメーカーから
貸し出してもらい
当方も花火撮影をしてみました
(プリント後にメモリーカードが行方知れずになってしまいブログにはアップしてないです)

花火の取り方のコツみたいな資料が
添付されてて
マニュアル操作の部分は一緒ですね

三脚とレリーズを使っても
プリント出来るレベルの写真は
5枚程でした(^-^;

花火を撮影してみて思ったのは
手ブレ対策とシャッターを切る
タイミングが肝ですね

投稿: ユウぱぱ | 2014年8月20日 (水) 00時41分

>ガッチャンさん

 ありがとうございます。

 「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」方式で、がんばってみました(^_^)

投稿: よっしー→ガッチャンさん | 2014年8月11日 (月) 21時08分

コンデジでここまで綺麗に撮影する人はそうは居ませんよ。
ナイスフォトです(^^)v

投稿: ガッチャン | 2014年8月11日 (月) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンパクトデジタルカメラ(キャノン Power Shot S110)による「打ち上げ花火の撮影法」:

« たくさんの想い出をありがとう! 「エビス釣具店」は明日閉店 | トップページ | 初盆 »