« YS-minnowΔtype(70mm、5g、シンキング、製造№295-297)が完成 | トップページ | コンパクトデジタルカメラ(キャノン Power Shot S110)による「打ち上げ花火の撮影法」 »

2014年8月 9日 (土)

たくさんの想い出をありがとう! 「エビス釣具店」は明日閉店

小学生時代の釣り日記「寒鮒の魚拓」 今から37年前の1977年(昭和52年)1月17日(日)。

 鬼怒川の柳田大橋近くにあった小さな沼で、底冷えする寒さの中、ジャンパーを着込んで釣りをする少年たち。

  その中に、小学生だった「よっしー」がいました。

 エビス釣具店で買ってきた「赤虫」を、切ったダイコンの上に乗せて、黒い頭の部分を針に差し、3匹の房がけにして、水底でじっとしている寒鮒を狙います。

  親指と人指し指、中指の先を切った軍手をしながら、じっと待っていると、ウキが微妙に動く時があったり、なかったり・・・

 当時の「釣り日記」には、フナの魚拓とともに、「この日は、つり日よりで、赤虫でたくさんつれた。寒いせいかフナがかかる時は、ウキが1度もうごかなかった。14cmぐらいのフナが多くかかった」な~~てコメントも。

  釣り好き少年をサポートしてくれた「エビス釣具店」に感謝sign01


エビス釣具店で初めて買ったミノー 2005年5月、当時、小学生だった長男が、「釣りに行きたい」と言い出しました。

  「どうせやるなら、エサ釣りじゃなくて、ルアーでもやってみるか」とエビス釣具店に行って勧められたルアーが、「ノンブランドのプラスチック製ミノー(65mm、シルバー)」。

 栃木県日光市の湯ノ湖で、そのミノーを長男が投げていたら、いきなり30センチのブルックトラウトがヒット!

  この衝撃的な体験を境に、よっしーが、ルアーフィッシングにのめり込んでいくことになります。

  ルアーフィッシングを始めるきっかけを作ってくれたのは「エビス釣具店」でしたsign01


エビス釣具店 今日(2014年8月9日)、エビス釣具店に行ってみると、売り尽くしセールで、残り少なくなっているルアーコーナーに、「ジョイント・ラパラ(CDJ-9、00609)(特価480円)」を発見しました。

  丸沼でロストしてから使ってこなかった「ジョイント・ラパラ」と再会することができたのは、何かの縁。

  おそらく、たぶん、このルアーも、素晴らしい想い出を作ってくれるはずです。

  小さな頃からお世話になってきたエビス釣具店も、いよいよ明日(2014年8月10日)で閉店。

 たくさんの想い出をありがとうsign01

ジョイント・ラパラ(CDJ-9、00609)ジョイント・ラパラ(CDJ-9、00609)

|

« YS-minnowΔtype(70mm、5g、シンキング、製造№295-297)が完成 | トップページ | コンパクトデジタルカメラ(キャノン Power Shot S110)による「打ち上げ花火の撮影法」 »

18○ 釣り・一般(Abu、タックル等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/60125052

この記事へのトラックバック一覧です: たくさんの想い出をありがとう! 「エビス釣具店」は明日閉店:

« YS-minnowΔtype(70mm、5g、シンキング、製造№295-297)が完成 | トップページ | コンパクトデジタルカメラ(キャノン Power Shot S110)による「打ち上げ花火の撮影法」 »