« 貴重な栗山産の夏いちご「なつおとめ」をいただく | トップページ | 2014久慈川サーモンフィッシングに落選しちゃいました »

2014年9月15日 (月)

禁漁直前の「婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14)★

 

 YS-minnow(85mm、7g)で、婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)を釣ることができました。

【日時】 2014年9月14日(日) 15時~17時30分

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

【天候】 晴れ

【水温】 17度

【風】  -

【釣果】 イワナ(46cm、オス)

【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・REAGAL-X 2000iA
 ライン:ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、7g、シルバーヤマメ、シンキング、製造番号292)

鬼怒川上流の渓流(川俣地区)【レポート】

  今シーズン、鬼怒川本流スーパーヤマメや、渓流や湖の40cmオーバーのイワナが全く釣れず、パッとしない状況が続いています。

 9月20日(土)から、栃木県内の渓流や本流のトラウトフィッシングは、一部のフィールドを除いて禁漁になります。

  週末しか釣りに行くことのできないサラリーマン・アングラーにとって、9月13日(土)~15日(月)の3連休が実質的なラストチャンスです。

 宇都宮の自宅を正午過ぎに出発して、鬼怒川上流部の川俣地区の渓流を目指します。

 鬼怒川温泉で予想外の餃子祭の大渋滞に巻き込まれて、現地に着いたのは、午後2時30分。

 途中、道路沿いに、渓流釣りと思われる車がポツポツ停まっていたので、おそらく、午前中のうちに、どこのポイントも先行者が入っているのでしょう。

 鬼怒川本流の水量は平水より少なめ。濁りはなく、クリアです。

 コンディションとしては、あまり良くありません。

 YSミノー(70mm、5g)を、瀬やプールに投げながら釣り上がっていきます。

 小型のスプーンやスピナーに変えてみても、イワナやヤマメのチェイスしてくる姿はありません。

 折り返して、入渓地点まで戻ってきて、時計の針は午後4時。

 太陽が山間に隠れつつあります。

 いつもなら引き上げてしまうところですが、シーズン最終釣行ということで、名残惜しくて、行けそうなところまで釣り下がることに・・・

YS-minnowΔtype(85mm、7g、製造番号292) 下流側も、魚達の活性は芳しくありません。

 午後5時過ぎ、少し大きめのプールに到着。このポイントがラストです。

 大きめのミノーの方がアピールして反応があるかもと、YS-minnowΔtype(85mm、7g、製造番号292)にチェンジした1投目。

 ルアー着水後、時々、ジャークを入れて左右にダートさせます。

 ふと周囲の景色に目を移した途端、手元に圧倒的な重量感が伝わってきました。

 一瞬、何が起こったのか分からず、どぎまぎしてしまいましたが、水中で暴れる大きな魚体を発見。

「婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14)「婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14)










 白い巨体をくねらせながら、下流に流れて行くのを堪えます。

「婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14) プール脇の緩やかな流れに引き寄せて、なんとかネットに入れることができました。

「婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14) YSミノーのベリーフックをガッチリくわえた、見たこともない大イワナ(46cm)。

 厳つい野生の顔、鋭い目つき。

 大きく育ったオスにしか与えられない、ワニのようにしゃくれた下顎。

 冷たい鬼怒川の清流に研ぎ澄まされて、滑らかな曲線で縁取られたヒレ。

 
 筋肉質のボディの側面には、うっすらとピンク色の婚姻色が浮き出ています。

 夕陽を浴びて横たわっている姿、追い求めてきた一つの理想を目の前に息をのみます。
川俣大橋から見た川俣湖
 今シーズンに入ってから、川俣地区への19回目の釣行で、芸術性の高い完璧な瞬間に辿り着くことができました。

 
 気がつくと、いつの間にか、あたりが薄暗くなってきています。

 夜の渓流や山道を歩くのは危険なので、彼を優しくリリースして、足早に車に戻りました。

 

|

« 貴重な栗山産の夏いちご「なつおとめ」をいただく | トップページ | 2014久慈川サーモンフィッシングに落選しちゃいました »

03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流)」カテゴリの記事

コメント

シーズンの〆に最高の1匹!おめでとうございます。

投稿: Bamboo | 2014年9月15日 (月) 22時45分

終盤に来ていいイワナが釣れましたね~(^v^)

やっぱり大物には大きいルアーなんでしょうね

70mm、80mm・・・考えねば(笑)

投稿: ozechi | 2014年9月16日 (火) 09時31分

>Bambooさん

 こんなドラマが待っていてくれるとはつゆ知らず・・・、粘ってみるものです(^_^)

投稿: よっしー→Bambooさん | 2014年9月16日 (火) 20時36分

>ozechiさん

 70mmのYS-minnowを投げて反応がなかったのに、85mmを投げたら、とたんにデカマスがチェイスしてきたということがあります。

 やっぱり大きい魚しか追わないビックワンがいるんですね。

 今年は、70mmをメインに使っていたのですが、85mmが標準になりそうです(^_^)

投稿: よっしー→ozechiさん | 2014年9月16日 (火) 20時39分

おめでとうございます!
素晴らしい魚体のイワナですね。
手に持った写真で魚の大きさが良く分かります。
来シーズンも頑張ってください。

投稿: いなかもん | 2014年9月16日 (火) 21時49分

>いなかもんさん

 こんばんは。いなかもんさん、お久しぶりです。

 今年の渓流シーズンは明後日で終了。

 あとは、男鹿鬼怒のC&R、丸沼、東古屋湖に通って、川俣は来年またって感じです。

 いい写真が撮れるように、これからも粘りますので、引き続きよろしくお願いします(^_^)

投稿: よっしー→いなかもんさん | 2014年9月17日 (水) 19時37分

すげー 岩魚ですね いいな~

投稿: | 2014年9月17日 (水) 21時15分

 いつかは釣りたいと思っていた45cmオーバーのイワナ、ついに、その日がやってきました。

 次は50cmオーバーを目標にして頑張りますね(^_^)

投稿: よっしー | 2014年9月17日 (水) 22時18分

おめでとうございます。

禁漁直前に素晴らしいビックプレゼントになりましたね。

私も毎年これからの時季は男鹿川C&Rや箒川C&Rに通い出します。

お互い、まだまだ楽しみましょうね。

投稿: ちゃま | 2014年9月17日 (水) 23時49分

>ちゃまさん

 ありがとうございます。

 私も、これからは、男鹿川C&R、丸沼、東古屋湖あたりに行く予定です。

どこかでお会いするかも(^_^;)

投稿: よっしー→ちゃまさん | 2014年9月18日 (木) 20時31分

こんばんわ。

『ふと周囲の景色に目を移した途端、・・・』こういう時は、くるとでかいんですよね。

金色に輝く大岩魚・・・
素晴らしい、本当におめでとうございます。

投稿: 瀬ZON | 2014年9月18日 (木) 20時52分

>瀬ZONさん

 ありがとうございます。

 目を離した瞬間って、気合みたいなものがルアーに伝わらなくて、自然な感じになるのが、魚に油断を与えるのかも?な~~~んて思ってます。

 瀬ZONさんおっしゃる通り、そういう時って、デカイのが来ることが多いんですよね(^_^)

投稿: よっしー→瀬ZONさん | 2014年9月18日 (木) 23時16分

 久々にパソコンを開きました。 
 今更ですが・・・ とんでもないイワナを釣ってたんですね。 これは凄い!
 昨年同じ場所に行ったのですが、こんな凄いイワナには見向きもされませんでした・・・。

投稿: ヒロ | 2014年9月28日 (日) 23時26分

>ヒロさん

 こんばんは。

 シーズンの最後に、幸運を手にすることができました(^_^)

 今まで釣ったイワナの中で、最大です。

 丁寧にリリースしてきたので、1年後には、50cmオーバーに成長してくれるのではないでしょうか(^_^)

 楽しみです。

投稿: よっしー→ヒロさん | 2014年9月28日 (日) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/60321038

この記事へのトラックバック一覧です: 禁漁直前の「婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14)★:

« 貴重な栗山産の夏いちご「なつおとめ」をいただく | トップページ | 2014久慈川サーモンフィッシングに落選しちゃいました »