« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の14件の記事

2014年9月27日 (土)

早朝の鬼怒川・川治地区C&R(2014/09/27)

  火曜日に釣った、「39cmのレインボー(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2014/09/39cm-in-2014092.html」に気をよくして、今日(2014年9月27日)は、朝マズメ狙いで行ってきました。

  午前6時過ぎ、男鹿川・鬼怒川の川治地区C&R(栃木県日光市)に到着。

川治地区C&R区間  実は、この時期、早朝に宇都宮方面から出かける時、大きなメリットがあります。

  鬼怒川有料道路(普通車260円)を、午前6時までに(9月~3月)通過すれば、無料になるんですね。

 温泉街を走らずに有料道路で、ピュ~~~と一気に川治温泉に向かいます。

  川の状況は、先週と違って、白っぽい濁りが入っています。

 川治ダムからの放水される水が濁っている影響ですね。一方の男鹿川からの流れはクリア。

 濁りの中からビックレインボーが「ガバッ!」なんて妄想を抱きながら、YS-minnowやスプーンを投げていきます。

 時々、40cmクラスのニジマスが、スプーンの後をチェイス。

川治地区C&R区間 この調子なら、ヒットするのも時間の問題・・・、という考えは、甘かったcoldsweats01

  チェイスを目撃したのは3回。いずれも目の前でクルッとUターン。

 午前8時30分まで粘っても、それっきりsweat02

 おじか・きぬ漁協管内では、この川治地区C&R区間以外でも、鬼怒川本流(小網ダム~高徳堰堤)で10月末までニジマスを釣ることができますので、今年は、他のポイントにも足を運んでみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

中禅寺湖畔のイタリア大使館別荘記念公園でクラッシックコンサートを楽しむ

中禅寺湖イタリア大使館別荘







 2014年9月21日(日)、イタリア大使館別荘記念公園で、ミニコンサート「駒橋さん(バイオリン)と栗田さん(フルート)のデュオ」が開かれると聞き、妻と出かけてきました。

イタリア大使館別荘の昼間イタリア大使館別荘から見た中禅寺湖








 午後4時過ぎに、中禅寺湖の立木観音前の駐車場に到着。夏場、釣り人で賑わう中禅寺湖も、トラウトフィッシングが禁漁となって静まり返っています。

駒橋さん(バイオリン)と栗田さん(フルート)のデュオ コンサートは、午後4時45分から始まりました。

 バイオリンとフルートが奏でる音色noteが、昭和3年に建てられた歴史のあるイタリア大使館別荘の広間に響きわたります。

  心地よくなって、窓に目を移せば、夕暮れに静まる中禅寺湖・・・

 大物を釣り上げ、浅瀬で写真を撮り終えて、リリース前にあらためて魚体を愛でている時と似たような、この上ない幸せな気分です。

 一緒に行った妻も、終始ご機嫌の様子。

  30人ほどの観客のみなさんも、たっぷり楽しまれたのではないでしょうか。

  このような素晴らしいイベントは、これからも続けてほしいですね。


【イタリア大使館別荘記念公園】
日光市中宮祠2482
http://www.nikko-nsm.co.jp/

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

ニジマス(39cm) in 男鹿川・鬼怒川・川治温泉C&R区間(2014/09/23)★

ニジマス(39cm) in 男鹿川・川治C&R区間(2014/09/23) 秋晴れsunの秋分の日。

 早朝、午前4時に起きて釣りに出かけようと思っていたのですが、前日の仕事の疲れもあって、起きたのは午前7時coldsweats01

 午前中、ネットをやったり長女に付き合って宇都宮駅前のヨドバシカメラに買い物に出かけたりしていたら、午後2時になってました。

 天気がいいのに、どこにも出かけないのは勿体ない。このまま家の中で過ごしたら、後で後悔するに違いありません。

 午後3時、釣り道具を車に積んで、10月末まで釣りができる男鹿川・鬼怒川・川治温泉C&R区間へ。

 午後4時過ぎ、スプーン(7g)の一投目。

  いきなり目の前まで魚がチェイスしてきて、ピックアップ寸前にパクッ!

 ドラグを鳴らして、豪快にジャ~~ンプsign01 いいですね~~~。

ニジマス(39cm) in 男鹿川・川治C&R区間(2014/09/23)ニジマス(39cm) in 男鹿川・川治C&R区間(2014/09/23)
  ヒレが再生してきた元気なニジマス(39cm) が登場してくれました。

  この後、YS-minnow70やYSクランクには反応がありませんが、午後5時30分までに、スプーン(7g)に、30cmのレギュラーサイズのニジマスと、推定45cmのニジマスのバラシ1回。

 1時間半の短時間釣行にしては、十分過ぎるほど楽しめました。

  宇都宮から乗用車で片道1時間。こういうフィールドが身近にあるのは本当にありがたいですね。

  10月末まで、しばらくは「男鹿川・鬼怒川・川治温泉C&R区間」通いが続きそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

2014年11月、栃木県内で初めて実施されたサケ資源有効利用調査の結果まとめ(鬼怒川、思川、那珂川、渡良瀬川)★

 2014年9月22日、仕事から帰って、何気なく鬼怒川漁協のHP(http://www.kinugawa-gyokyou.com/)をのぞいてみたら、驚くことなかれ、「平成26年度(2014年)鬼怒川サケ資源有効利用調査の参加者募集http://www.kinugawa-gyokyou.com/2014salmon.html)」のバナーを発見sign01

 栃木県内、しかも鬼怒川でサーモンフィッシングを楽しめるとは・・・、ありがたや、ありがたやhappy01

 調査は2014年11月15日の1日のみ。申込みは、9月29日からだそうです。

 倍率高そうですが、申し込まなくっちゃsign01

サケ釣り初解禁の記事
 ・・・と喜んでいたら、翌日の9月23日の下野新聞の1面には、「サケ釣り初解禁~~11月、県内4河川で一日限定」という記事が掲載されました。

 ナント、鬼怒川以外の那珂川、思川、渡良瀬川でも実施されるそうです

  初めて行われる「とちぎのサーモンフィッシング」ですので、マナーやルールをしっかり守って、1回限りとならないよう、この新しい取組の芽を、みんなで大事に育てていきたいものです。

 早速、記事を頼りに、ネットで検索したりして、2014年の栃木県内のサケ釣りの募集をまとめてみました。

  そして、2014年11月16日に、全ての河川での調査結果が出揃いましたので整理みました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◆11月 9日(日) 9~14時:那珂川」 (茂木町漁協)
 →募集
http://www.town.motegi.tochigi.jp/motegi/download/2369.pdf

 →【結果】54人、50匹 2014年那珂川サケ有効利用調査レポート(2014/11/09)

◆11月15日(土) 9~14時:鬼怒川」 (鬼怒川漁協)
 →募集
http://www.kinugawa-gyokyou.com/2014salmon.html

 →【結果】46人、38匹 2014年鬼怒川サケ有効利用調査に参加してきました(2014/11/15)

◆11月16日(日) 9~15時:思川」(思川漁協)
 →募集
http://www.shimotsuga-fc.org/info.html

 →【結果】49名、68匹 2014年思川サーモンフィッシングの結果(2014/11/16)

◆11月16日(日) 9~14時:渡良瀬川」(渡良瀬漁協)
 →募集
http://wagk.web.fc2.com/salmon00.html

 →【結果】45名、61匹 2014年渡良瀬川サーモンフィッシングの結果(2014/11/16)

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

YSクランクΔtype(50mm)の試作スタート

 湖でYSクランクを使っていて、時々、ジャークを加えるとニジマスがヒットすることがあります。

 クランクなので、ジャークしても、ミノーほどほど大きくスライドする訳ではありませんが、不規則な動きが、魚のやる気にスイッチを入れるようです。

 もしかして、もっと左右にダートするクランクがあれば、魚にアピールするかも・・・

YSクランクΔtype(50mm)の試作(製造番号301~303) ということで、YS-minnowΔtypeと同様、断面形状を△にしたYSクランクΔtype(50mm)を試作してみました。

 ウェイトを少しずつ変えたので、ヘビーシンキング(50mm、7g、製造番号301)、サスペンド(50mm、6g、製造番号302)、フローティング(50mm、5g、製造番号303)の3種類。

 近くの川でスイミングテストをしてみたところ、ダートした時の左右のスライドは、ノーマルより多くなっています。

 これから、この動きがトラウトに効くかどうか、フィールドでじっくり使い込んで確認していくことにしましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

YSクランク(50mm、7g、シンキング)の補充完了

YSクランク(50mm、7g)、3本(製造番号298~300) ストックが1個しかなくなってしまい、8月上旬から、毎日仕事から帰ってきた後、夜一人で、セルロースセメントのディッピングを繰り返しながら作ってきた「YSクランク(50mm、7g)、3本(製造番号298~300)」が、ようやく完成しました。

 YSクランクの手持も4個となって、補充完了です。

  これで、秋の鬼怒川川治C&Rや丸沼で、ロストを恐れず思い切り使えるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

2014久慈川サーモンフィッシングに落選しちゃいました

 申し込んでいた「2014年久慈川サーモンフィッシング(サケ資源有効利用調査)」。

 今日、漁協から落選メールが届きました。

 う~~~ん、残念・・・

 当選したみなさん、楽しんできてくださいね~~~(^_^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

禁漁直前の「婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14)★

 

 YS-minnow(85mm、7g)で、婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)を釣ることができました。

【日時】 2014年9月14日(日) 15時~17時30分

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

【天候】 晴れ

【水温】 17度

【風】  -

【釣果】 イワナ(46cm、オス)

【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・REAGAL-X 2000iA
 ライン:ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、7g、シルバーヤマメ、シンキング、製造番号292)

鬼怒川上流の渓流(川俣地区)【レポート】

  今シーズン、鬼怒川本流スーパーヤマメや、渓流や湖の40cmオーバーのイワナが全く釣れず、パッとしない状況が続いています。

 9月20日(土)から、栃木県内の渓流や本流のトラウトフィッシングは、一部のフィールドを除いて禁漁になります。

  週末しか釣りに行くことのできないサラリーマン・アングラーにとって、9月13日(土)~15日(月)の3連休が実質的なラストチャンスです。

 宇都宮の自宅を正午過ぎに出発して、鬼怒川上流部の川俣地区の渓流を目指します。

 鬼怒川温泉で予想外の餃子祭の大渋滞に巻き込まれて、現地に着いたのは、午後2時30分。

 途中、道路沿いに、渓流釣りと思われる車がポツポツ停まっていたので、おそらく、午前中のうちに、どこのポイントも先行者が入っているのでしょう。

 鬼怒川本流の水量は平水より少なめ。濁りはなく、クリアです。

 コンディションとしては、あまり良くありません。

 YSミノー(70mm、5g)を、瀬やプールに投げながら釣り上がっていきます。

 小型のスプーンやスピナーに変えてみても、イワナやヤマメのチェイスしてくる姿はありません。

 折り返して、入渓地点まで戻ってきて、時計の針は午後4時。

 太陽が山間に隠れつつあります。

 いつもなら引き上げてしまうところですが、シーズン最終釣行ということで、名残惜しくて、行けそうなところまで釣り下がることに・・・

YS-minnowΔtype(85mm、7g、製造番号292) 下流側も、魚達の活性は芳しくありません。

 午後5時過ぎ、少し大きめのプールに到着。このポイントがラストです。

 大きめのミノーの方がアピールして反応があるかもと、YS-minnowΔtype(85mm、7g、製造番号292)にチェンジした1投目。

 ルアー着水後、時々、ジャークを入れて左右にダートさせます。

 ふと周囲の景色に目を移した途端、手元に圧倒的な重量感が伝わってきました。

 一瞬、何が起こったのか分からず、どぎまぎしてしまいましたが、水中で暴れる大きな魚体を発見。

「婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14)「婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14)










 白い巨体をくねらせながら、下流に流れて行くのを堪えます。

「婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14) プール脇の緩やかな流れに引き寄せて、なんとかネットに入れることができました。

「婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14) YSミノーのベリーフックをガッチリくわえた、見たこともない大イワナ(46cm)。

 厳つい野生の顔、鋭い目つき。

 大きく育ったオスにしか与えられない、ワニのようにしゃくれた下顎。

 冷たい鬼怒川の清流に研ぎ澄まされて、滑らかな曲線で縁取られたヒレ。

 
 筋肉質のボディの側面には、うっすらとピンク色の婚姻色が浮き出ています。

 夕陽を浴びて横たわっている姿、追い求めてきた一つの理想を目の前に息をのみます。
川俣大橋から見た川俣湖
 今シーズンに入ってから、川俣地区への19回目の釣行で、芸術性の高い完璧な瞬間に辿り着くことができました。

 
 気がつくと、いつの間にか、あたりが薄暗くなってきています。

 夜の渓流や山道を歩くのは危険なので、彼を優しくリリースして、足早に車に戻りました。

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

貴重な栗山産の夏いちご「なつおとめ」をいただく

栗山ふる里物産センターで買った「なつおとめ」 鬼怒川上流部(日光市川俣)へ釣りに行く途中にある「栗山ふる里物産センター」。

 2014年9月下旬、店の前を通過した時に、「いちご」の看板があることに気づいて立ち寄ってみることに・・・

 お目当てのものは、すぐに見つかりました。

 小さなパックに入った「なつおとめ」です。

 「あれっ、いちごって冬の食べ物じゃないの? 夏のいちご?」と思われる方も多いのではないでしょうか。

いちご新品種「なつおとめ」
 「なつおとめ」は、栃木県が開発した新品種で、夏場が旬のいちごです。

 冬は「とちおとめ」と「スカイベリー」、そして夏は「なつおとめ」ということで、1年中いちごが楽しめることになります。

 ただ、「なつおとめ」は、まだ数が少ないので、売っているところ限られていて、まだまだ貴重&レアな存在です。

 その「なつおとめ」が売っているとあれば、買わない訳にはいきません。

 1パック350円を2パック、冷蔵庫で冷やしておいて、夕食の後に家族でいただきました。

いちご新品種「なつおとめ」
 「甘酸っぱい」という表現がピッタリの、どこか懐かしい味。

 味にうるさい大学生の長男と長女は、最初は怪しげだったものの、一粒味わった後は、先を争うように食べ始めて、あっと言う間になくなってしまいましたcoldsweats01

 まだ、数が少なくて、スーパーとかには並んでおらず、栃木県内でも買えるところは限られているそうです。

 栗山ふる里物産センターの他では、那須地域で何カ所かあるようで、「なつおとめ食べ歩きマップhttp://www.pref.tochigi.lg.jp/g56/documents/natuotomemap.pdf)」というのがありました。

 栃木にいらっしゃっる時は、夏のいちご「なつおとめ」を気に留めておいてください。


【「栗山ふる里物産センター」の連絡先】

所在地:〒321-2712 栃木県日光市日蔭596-2
電話:0288-97-1867
HP:http://9r8m.jp/furusatobussan01/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

2014年新潟県荒川サーモンフィッシングへ申し込むことができました

 2014年の新潟県荒川サーモンフィッシング(サケ有効利用調査)、物凄い人気で、中々受け付けられなかったのですが、先日、ようやく申し込むことができました。

 2011年12月以来、3年分ぶりに新潟県荒川を訪れることになります。

 今年の冬の楽しみが一つ増えましたhappy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

ボートからミノーイング in 川俣湖(2014/09/06)

川俣湖 2014年9月7日(土)、川俣湖でボートからミノーイングです。

 4年前の2010年9月18日、岸際を狙ったミノーイングで、30cmのレインボーを釣ったことが懐かしい。
 

 移動中はトローリング、ここぞと思うポイントでは、キャスティングに切り換えていきます。

  キャスティングのルアーはYS-minnowΔtype(70mm)をメインに、時々、スプーンやスピナーを使用。

 朝のうちは肌寒かったのですが、日が昇ってくると、薄手の長袖一枚で十分です。

川俣湖 青空に浮かぶ秋らしき雲が、少しずつ流れていきます。

 山奥からアオバトの「ア~~ウ~~ア~~~~」という鳴き声。

 表水温18度、少し下がったもの、湖の中はまだ夏を引きずっているようで、魚の活性はいまいちのようです。

  YS-minnowをニジマス(40cm)がチェイスしてくるのを1回目撃したのと、スピナーにヒットして目の前でジャンプ一発、ばれてしまったニジマス(40cm)のみcoldsweats01

 釣りはともかく、湖の上からしか見られない景色を満喫できて、久しぶりにボートに乗った甲斐がありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

大盛況! 2014年新潟県荒川サーモンフィッシング

 2014年の新潟県荒川サーモンフィッシング(サケ有効利用調査)の申込みがHP(http://salmon-fishing.jp/)で始まっています。

 先着順なので、土日は、あっと言う間に「〆切」になってしまって、いまだ申し込めていません(^_^;)

 久しぶりに荒川に行きたいのですが、この調子で行くと、今年もちょっと厳しそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

よっしーの散歩「9周年」

 今日の昼食は、久しぶりに外食です。

 職場近くの中華料理屋noodle

 ランチタイムとあって、店内は、大勢のサラリーマンで賑わっています。

 入り口付近のカウンターに座って、コップのお冷やを一口。

 目の前で、料理人さんが、大きな中華鍋を使って、体を左右にリズミカルに揺すりながらチャーハンを炒めています。

 親方から伝えられ、磨き抜かれた手順。ひたむきにチャーハンを炒め続けている姿は、まさしく職人です。

 料理人に関わらず、どうせやるなら、仕事であれ、趣味であれ、「職人」を目指したいですね。

 2014年9月3日(水)、ブログ「よっしーの散歩」が9周年を迎えました。

 最近は、つぶやきに近いような記事も多く、職人の域には、ほど遠い内容・・・ですが、何をさておき「継続を力なり」をモットーに、地道に粘り強く書き続けていきたいと思います。

 料理人のような熟練の域に達するのは、20周年を迎える頃かなcoldsweats01

 これからもよろしくお願いしま~~す!


【アクセス数の推移】

○Blog開設 [2005年 9月 3日]
○1周年    [2006年 9月 3日]、    34,000pv(  34,000pv/年、   93pv/日)
○2周年    [2007年 9月 3日]、  106,000pv( 72,000pv/年、  197pv/日)
○3周年    [2008年 9月 6日]、  300,000pv( 194,000pv/年、  532pv/日)
○4周年    [2009年 9月 3日]、  550,000pv( 250,000pv/年、  685pv/日)
○5周年    [2010年 9月 3日]、  805,500pv( 255,500pv/年、  700pv/日)
○6周年    [2011年 9月 3日]、1,063,800pv( 258,300pv/年、  708pv/日)
○7周年     [2012年 9月 3日]、1,386,000pv( 322,200pv/年、  883pv/日)
○8周年     [2013年 9月 3日]、1,746,500pv( 360,500pv/年、  987pv/日)
○9周年     [2013年 9月 3日]、2,121,000pv( 374,500pv/年、1,026pv/日)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

伊予市産いりこをビールのつまみに・・・

北風正高商店(伊予市双海町)の「いりこ」と「子いかの干物」 夏休みを利用して、松山に行っていた子供たちが帰ってきました。

 夕食を囲んで、送ってくれた北風正高商店(伊予市双海町)の「いりこ」と「子いかの干物」をビールのつまみにしながら、松山の楽しい、美味しい話を聞いていると、全てが自由だった学生時代を思い出しました。

 大学時代が一番楽しかったな~~~happy01


【北風正高商店の連絡先】

 所在地:愛媛県伊予市双海町上灘5841-1
 電話 :089-986-0312
※ 地方発送も受け付けているそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »