« 2014年新潟県荒川サーモンフィッシングへ申し込むことができました | トップページ | 禁漁直前の「婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14)★ »

2014年9月13日 (土)

貴重な栗山産の夏いちご「なつおとめ」をいただく

栗山ふる里物産センターで買った「なつおとめ」 鬼怒川上流部(日光市川俣)へ釣りに行く途中にある「栗山ふる里物産センター」。

 2014年9月下旬、店の前を通過した時に、「いちご」の看板があることに気づいて立ち寄ってみることに・・・

 お目当てのものは、すぐに見つかりました。

 小さなパックに入った「なつおとめ」です。

 「あれっ、いちごって冬の食べ物じゃないの? 夏のいちご?」と思われる方も多いのではないでしょうか。

いちご新品種「なつおとめ」
 「なつおとめ」は、栃木県が開発した新品種で、夏場が旬のいちごです。

 冬は「とちおとめ」と「スカイベリー」、そして夏は「なつおとめ」ということで、1年中いちごが楽しめることになります。

 ただ、「なつおとめ」は、まだ数が少ないので、売っているところ限られていて、まだまだ貴重&レアな存在です。

 その「なつおとめ」が売っているとあれば、買わない訳にはいきません。

 1パック350円を2パック、冷蔵庫で冷やしておいて、夕食の後に家族でいただきました。

いちご新品種「なつおとめ」
 「甘酸っぱい」という表現がピッタリの、どこか懐かしい味。

 味にうるさい大学生の長男と長女は、最初は怪しげだったものの、一粒味わった後は、先を争うように食べ始めて、あっと言う間になくなってしまいましたcoldsweats01

 まだ、数が少なくて、スーパーとかには並んでおらず、栃木県内でも買えるところは限られているそうです。

 栗山ふる里物産センターの他では、那須地域で何カ所かあるようで、「なつおとめ食べ歩きマップhttp://www.pref.tochigi.lg.jp/g56/documents/natuotomemap.pdf)」というのがありました。

 栃木にいらっしゃっる時は、夏のいちご「なつおとめ」を気に留めておいてください。


【「栗山ふる里物産センター」の連絡先】

所在地:〒321-2712 栃木県日光市日蔭596-2
電話:0288-97-1867
HP:http://9r8m.jp/furusatobussan01/

|

« 2014年新潟県荒川サーモンフィッシングへ申し込むことができました | トップページ | 禁漁直前の「婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14)★ »

25◆ とちぎの食・食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

この時期にとれるイチゴは貴重ですね
高原の空気があるから可能なんでしょう

投稿: ozechi | 2014年9月13日 (土) 14時45分

>ozechiさん

 ネットで調べてみましたら、ozechiさんが、おっしゃる通り、涼しいところの方が生育に適しているようですscissors

投稿: よっしー→ozechiさん | 2014年9月13日 (土) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/60306790

この記事へのトラックバック一覧です: 貴重な栗山産の夏いちご「なつおとめ」をいただく:

« 2014年新潟県荒川サーモンフィッシングへ申し込むことができました | トップページ | 禁漁直前の「婚姻色の浮き出た雄の大イワナ(46cm)」 in 鬼怒川上流の渓流(2014/09/14)★ »