« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »

2014年10月の14件の記事

2014年10月30日 (木)

2015年用のYS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)を6本追加

 2014年9月14日、鬼怒川上流の渓流で雄の大イワナ(46cm)を釣った「YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)」。

 このミノーは、殿堂入りとなって、ケースで大事に保管していてます。

  時々、箱から出して、撫でたり、さすったりしては、一人でニヤニヤ・・・、完全に変態オヤジですcoldsweats01

 さて、今シーズンも、11月末までの丸沼と、鬼怒川と荒川のサーモンフィッシングを残すだけとなりました。

YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング、製造番号304~309) 来る2015年シーズンに向けて、「YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)」のストックを確保しておくために、新たに6本追加してみました。

 製造番号274の設計図を基に作ったもので、製造番号は304~309になります。

  仕上がりはいまいちですが、ジャークした時の左右方向へのダートはピカイチ。

  活性が高まった大物の頭上に、このミノーを泳がせれば一発必中、間違いなし! ・・・と信じている自分がカワイイ?

 出来上がったばかりのミノーを前に、ヒットした瞬間を想像しながら、酔っぱらっていい気分になっている今が、一番楽しめているのかもしれませんhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月29日 (水)

小雪舞い散る丸沼(2014/10/28)

湯ノ湖から見た雪の金精峠 2014年10月28日(火)、思いがけず休暇をいただくことができました。

  平日に休みをとって釣りに行くのは、久しぶりです。

  丸沼、川治C&Rのどちらにするか迷った挙げ句、レインボーのみならず、ブラウンの可能性に惹かれて「丸沼」に決定。

  途中、清滝IC付近から北風が強くなってきて、湯ノ湖付近から金精峠を見ると、うっすらと白くなっています。初雪です。金精峠(沼田側)の路肩の雪

  金精峠を登っていくと、チラチラと雪が降ってきました。トンネルを抜けて沼田側に出ると、路肩に雪がしっかり残っています。

  ノーマルタイヤのまま来てしまったことをちょっと後悔sweat01

 まー、この程度の雪なら、何とかなるでしょう。
菅沼付近の雪の路面
 雪で一番危なかったのは、菅沼付近の道路。ご覧の状況です。

 少しブレーキを強く踏むと、すぐにALBが働いて、ガッガッガッ・・・とタイヤが鳴ります。

丸沼(流れ込み) 午前10時、丸沼に到着。

 ざっと見で、ボート置き場付近に、陸っぱり5名、エラ沢に2名、ボートは2艘。

 さすが平日、ゆったりしています。

丸沼・牛舎跡 強い南風で、湖面が白く波立ってきました。

 
 あられが降り続く中、YS-minnow、スプーン、スピナーとルアーを変えながら、岸際を釣り歩いていきます。

 風で波立った岸際には、レインボーが集まることがあるので、ワンキャスト、ワンキャスト気が抜けません。

 水位が少し下がっているので、普段、ボートでしかアプローチできないポイントにも入っていきます。

丸沼・右岸のワンド 
 環湖荘北側の燕巣山の頂きが雪化粧しているのを見ていたら、寒さをものともせずに通っていた頃のことを思い出しました。

 ビックレインボー、ビックブラウンが釣りたい一心で、早朝から、ルアーをキャストし続けて、気がつくと日没。

 あの頃は、夢中だったな~~~

 熱にうなされていた頃の私も、少し落ち着いた今の私も、いつもと同じように迎えてくれる丸沼。

 大事にしたいフィールドです。

 午前10時から14時の間、冷たい南風に加えて、あられ & みぞれ &  小雪snow

 正午過ぎの気温は、なんと4度。

  表水温10度。

 昼食以外、湖畔に立ち続けましたが、チェイスもショートバイトもなし。

 どうやら、急激な気温の低下で、水温が上がらず、魚達の活性が下がったようです。

 日差しが出て、ちょっとでも水温が上がれば、こういうことはなかったでしょう。

 秋から冬にかけての丸沼では、よくあるんですけどねcoldsweats01
YS-minnowΔtype(85mm、7g)
 ノーマルタイヤで来てしまって、帰りの金精峠の雪の状況が気になってきたので、早めに切り上げました。



【追伸】 これから丸沼に行かれる方は、スタッドレスタイヤと防寒着は必須です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月26日 (日)

本物の味 谷本蒲鉾店の「じゃこ天」

谷本蒲鉾店のじゃこ天 愛媛県松山市の親戚から谷本蒲鉾店の「じゃこ天」が届きました。

 かるく炙って、ちょっと醤油を垂らして、かぶりつくと、口の中に小魚の旨味が、じわ~~~っと広がっていきます。

 これがうまいんですよね~~~happy01

 「じゃこ天」は、谷本蒲鉾か田中蒲鉾のものが気に入っているのですが、先日、宇都宮市内のデパートで、あまり見かけないメーカーのものが売っていました。

 せっかくなので買ってみたのですが、何でこんなに本物と違うのかというほど味が違って、がっかりしたことを覚えています。

 何でもそうかもしれませんが、やっぱり本物でないとだめなんですね。

 これまで宇都宮市内で、本物のじゃこ天を売っているのを見たことはないので、手に入れたい方は、谷本蒲鉾店のHPか、アマゾンで注文してみてください。

谷本蒲鉾店のじゃこ天
 おいしいですよsign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月25日 (土)

2104年鬼怒川サーモン・フィッシング、新たなスプーンでチャレンジ!

 これまで、2007年~2013年7年間で計12回のサーモン・フィッシングに参加してきました。

 スプーン+タコベイト、スプーン単体、ミノー、クランク、スピナーといろいろなルアーを使ってきましたが、最も釣れたのは、スプーンにタコベイト(赤)を付けたものでした。

サテライト.バイパー“Fang”牙(19g) スプーンは、ウィローリーフタイプの細長い形の20~25gのもので、特に記憶に残っているのが「アブ・トビーの赤黒・28g」です。

 これにタコベイトを付けて泳がせた時のユラユラ、クネクネ具合は、艶かしいったらありません。

 アブのトビー(28g)は、なかなか宇都宮市内の釣具店では売ってなくて、代わりになるスプーンがないか探していたところ、宇都宮市内のキャンベルで、代わりになりそうなスプーンを見つけました。

五目スプーンジグ(25g)
 リバーオールドの「サテライト.バイパー“Fang”牙(19g)」とストームの「五目スプーンジグ(25g)」です。

 先日、鬼怒川で、タコベイトを付けたスイミングテストをやってみたところ、トビー同様いい感じの泳ぎで合格。

  2014年11月15日の鬼怒川サーモンフィッシングでは、この2種類のスプーンも使ってチャレンジしてきま~~すsign01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月19日 (日)

日光で紅葉狩り(中禅寺湖→山王峠→川俣湖→瀬戸合峡)(2014/10/19)

 標高の高い山から低い山まであって、長い間に渡って、次々と紅葉が楽しめるのが、栃木の秋の魅力の一つです。

 10月19日(日)、毎年恒例となっている「紅葉狩り」に妻と一緒に行ってきました。

 宇都宮を午前5時に出発して、日光宇都宮有料道路を使って日光に向かいます。

 途中、渋滞に巻き込まれることもなく、午前6時過ぎには、中禅寺湖スカイラインに着きました。

八丁出島の紅葉











 途中の駐車場から眺めた、中禅寺湖の八丁出島。

 朝日に照らされて、いい感じです。

 駐車場は、早朝にも関わらず大勢の観光客で賑わってました。

 一番奥の駐車場から眺めた足尾地区の紅葉は、葉が落ちて、ピークを過ぎてました。

山王峠の笹の上の霜




















 山王峠を抜けた後の道端のササには、朝日に照らされた霜がビッシリ!


川俣地区の紅葉

 川俣地区に降りて来て、一柳閣近くの紅葉。逆光に透けて、自然のステンドグラスのようです。

川俣湖











 川俣湖。川俣大橋の駐車場には、大勢の観光客が車を停めて、景色を眺めてました。

瀬戸合峡の紅葉










 瀬戸合峡の東側の崖の紅葉です。ちょっと色がくすんでいて残念。

瀬戸合峡の紅葉










 瀬戸合峡の少し東側の崖上の紅葉です。このポイントが、今日一番でした。




そば処ひなたのもりそば(大)そば処ひなたの天ぷら









 午前11時過ぎに、「そば処ひなた」に到着してちょっと早めのランチ。もりそば(大)と天ぷらをいただきました。

 妻も、そばの香り・味に大満足(^_^)

~~~~~~ 一日を振り返って ~~~~~~

 
 瀬戸合峡で地元のおじさんが、「今年の紅葉は、台風(18号と19号)が来る前までは良かったんだけど、台風の後に吹いた冷たい風で、葉が落ちて、色がくすんでしまった。川俣だけではなく、日光や山王林道も同じだよ。」と話しているのを聞きました。

 一日、日光の中禅寺湖→山王峠→川俣湖→瀬戸合峡と紅葉狩りドライブで回ってみて、「もう少し派手な赤や黄色の映える錦絵が見られはずなのに、どうもいまいち」と感じたのは、台風の影響だったんですね(^_^;)

 自然が相手ですから、こればかりは仕方ありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

川治C&R区間と鬼怒川(鬼怒川温泉地区)(2014/10/18)

川治地区C&R区間 2014年10月18日(土)の昼過ぎの川治地区C&R区間。

 普段は一人で出かけることがほとんどなのですが、今日は、Bambooさんと一緒です。

 水温も14度と、だいぶ下がってきてコンディションはまずまず。

 ポイントを移動しながら、白く濁った流れをYS-minnowやスプーンで誘っていきます。

 1時間30分ほど釣り歩いて、Bambooさんがレギュラーサイズのニジマス1匹、よっしーは、何もなし(^_^;)

鬼怒川(鬼怒川温泉地区) ポイント案内も兼ねて移動してみた川治C&Rから下流の鬼怒川(鬼怒川温泉地区)も、状況は同じでした。

 ここで釣りができるのも、10月末まで。

 残り1週間の間に、少なくともあと1回は行きたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

満開のコスモス畑(栃木県高根沢町宝積寺グリーンパーク)

満開のコスモス畑(栃木県高根沢町宝積寺グリーンパーク) 満開のコスモス畑(栃木県高根沢町宝積寺グリーンパーク)









満開のコスモス畑(栃木県高根沢町宝積寺グリーンパーク)
 2014年10月18日(土)、宝積寺グリーンパーク(栃木県高根沢町)のコスモス畑。

 台風の風の影響でしょうか。コスモスは、少し斜めに傾いているものの、秋晴れのもと、たくさんの花を咲かせていました。

 この時期のグリーンパークは、コスモスを見ながら、のんびり散策できるので、よっしーお気に入りポイントになっています。

 明日の日曜日も天気が良さそうなので、大勢の家族連れで賑わうことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月13日 (月)

ハンドメイドミノーな一日

 テレビで、台風19号のニュースを見ていると、雨が降ってくるのがまだ先にも関わらず、外出する気分が萎えてきます。

 また、テレビの台風情報では、松山をはじめ、高知の足摺岬、鹿児島や宮崎の市街地など、行ったことのある街並みが映し出されるものだから、懐かしさもあって、ついつい見入ってしまいます。

 気になるは仕方ないとして、このままゴロゴロして時間だけ過ぎてしまうのは、もったいない。

「YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)」作り こんなときは、ハンドメイドミノー作りに限ります。

 少し前から始めている「YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)」作り。合計6本。

 下塗りまで済んでいたので、アルミホイルをカットして、ボディとエラに貼っていきます。

  多少のズレは愛嬌です。ドンマイcoldsweats01

  ホイル貼りの後は、セルロースセメントのディッピィングを繰り返して、表面をコーティングしていきます。

 このままいけば、次の休みには、ペイントできそうです。


【追伸】

  台風19号、午後5時現在、徳島県付近を北北東に進んでいて、栃木方面に向かってきていますが、被害が出ないことを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月12日 (日)

鬼怒川(鬼怒川温泉地区)のポイント探査(2014/10/11)

 初めて行く釣り場では、まずは川へのアプローチを探すのに苦労します。

 例え川に降りられたとしても、いいポイントとは限りません。

 それでも、なるべく自分の足で探すようにしているのは、ポイント探しの苦労も、釣りの一部と考えているからです。

 やっと釣り上げた「大物」の芸術性を高めるためには、ポイント探しの苦労から始まって、ポイント&時合の見極め、ルアーのチョイスなど、物語・ストーリーが欠かせないのです。

 おじか・きぬ漁協管内の鬼怒川本流の川治地区C&R区間から高徳堰堤までの間は、10月末までニジマスを釣ることができることで知られています(禁漁になっているイワナ・ヤマメがかかった場合は、リリースするルール)。

 最上流の川治地区C&R区間は、小網ダムのため、「湖の釣り」になりますが、小網ダムから高徳堰堤までは、渓流のような流れから始まって、少しずつ水量が増えて、大きなプールや瀬が続く、本流域のような流れが続いていて、「渓流&本流の釣り」になります。

鬼怒川(鬼怒川温泉地区) 流れの中で育ったビックレインボーを釣ったという話を聞くこともあって、以前から気になっていたフィールドです。

 来年以降のことも考えて、2014年10月11日(土)、ポイント探査に訪れました。

 この日は、上流の五十里ダムや川治ダムが放流している影響で薄く濁りが入っています。

  水温15度。まずまずのコンディション。

  山々は少し色づき始めています。

鬼怒川(鬼怒川温泉地区)  川へのアプローチを見つけても、満足なポイントでなかったりしますが、そういう情報の一つ一つの積み重ねは、決して無駄になることはありません。

  何とか入れた岸壁と岸壁の間の狭い流れ込み。

 スピナーに、30cmクラスのコマスがヒットしたものの、目の前でバレてしまいました。

 それでも、大物が潜んでいそうな気配がプンプンする大きなプールや流れ込みを発見して、「50cmオーバーの筋肉質のスーパーレインボーを釣る」という妄想を大きく膨らませることができました(^_^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月10日 (金)

2014年新潟県阿賀野川サーモンフィッシングは中止

 そろそろ応募が始まるかな~~と気にしていた、「2014年新潟県阿賀野川のサーモンフィッシング」。

 今日、阿賀野川漁協のHP(http://www.aganogawa.jp/salmon/)に、「今年度は諸般の事情により中止」と発表されてました。

 「来年度は実施を予定」しているそうなので、それまでお預けです。

 これで、今年、よっしーが参加するサーモン・フィッシングは、新潟県荒川栃木県鬼怒川の2ケ所になりました。

 まずは、初開催の「鬼怒川」です。

 少しずつ準備を進めていくことにしましょうsign01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年10月 7日 (火)

そばも旨い!~~手打ちうどん榛名(栃木県宇都宮市)~~

榛名の天ぷら盛り合わせ 宇都宮市篠井町にある、手打ちうどん「榛名」

 うどんが売りのお店ですが、そばも侮れません。

 先日、天気の良い日曜日の午後、母と妻、長男と一緒に訪れた時のこと。

 母は、
 「このそば、美味しいね~~~。香りもいい。天ぷらも、油が酸化していないから、パリッと揚がっているし・・。シナ~~ッとした天ぷらは油を使い回ししているのよ」。

 田舎にあるそば屋にも関わらず、時々、味・香りが全くないそばが出てきて、がっかりすることがあるのですが、ここ「榛名」に限っては、そういう心配は無用です。天ぷらもパリッパリです。

 農家の奥さん達が運営しているそうですが、手抜きのない、地元のものにこだわった、いいお仕事をしていますsign01 

榛名の大盛りそば
 「手打ちうどん」だけでなく、「手打ちそば」もピカイチの「榛名」。

 お薦めしま~~すscissors


【手打ちうどん「榛名(はるな)」】

 所在地 :栃木県宇都宮市篠井町507番地、宇都宮市冒険活動センター駐車場内
 電話  :028-669-2678。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

2014年那珂川サケ資源有効利用調査に落選

 2014年、栃木県内の4河川(那珂川、鬼怒川、思川、渡良瀬川)で初めて開催される「サケ資源有効利用調査」。

 鬼怒川は仮当選したのですが、もう一カ所申し込んでいた那珂川の調査。連絡がないので、だめかな~~~と思っていたら、案の定、今日仕事から帰ったら、「落選の葉書」が来てましたcoldsweats01

 午前0時に自宅のFAXの前に陣取って、何度もダイヤルし続けて、FAXが送れたのは午前1時前。

 ギリギリ先着50名に入れるかと思っていたのですが・・・、残念です。

 たとえ調査に参加できなくても、11月9日の那珂川の調査は、とても気になります。

  どんなサーモンが釣れるのか。ヒット率はどの程度か・・・。せっかくですので、様子見に出かけることにします。

 当選された方の幸運を祈りま~~す(^_^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

夕方の鬼怒川・川治地区C&R(2014/10/04)

 ニジマス釣りに適した水温は6~13度である。

 川治地区C&R区間の鬼怒川本流部は、秋の深まりとともに、男鹿川や鬼怒川本流の水温が下がり、例年、10月中旬頃に最高のコンディションを迎える。

 それには、まだ早いことは分かっている。けれど、途中経過も見ておきたいし、何といっても水辺に立ちたい。いわゆる「釣り中毒」である。

鬼怒川・川治地区C&Rへ向かう途中
  午後2時半過ぎ、釣り道具を積んで車を走らせる。

 曇り空の合間から日差しが時々差し込んでくる。時間の経過とともに雲の厚みが増してきた。

 普通の観光客が残念がる天気でも、釣り人は妄想を膨らませてニヤニヤしてしまう。

 川治地区C&R区間の水温は16.5度.9月下旬は17度だったので、0.5度下がったことになる。

 水位が、いつになく下がっているのが気になる。

  風もなくベタ凪の水面に、YS-minnowやスプーンが落ちた波紋が広がるが、ニジマスのライズは見当たらない。

夕焼けを反射してオレンジ色に染まった水面
  日没前、夕焼けを反射して、水面がオレンジ色に染まり始めた。

  野生化して50cmオーバーに大きく成長したニジマスは、狡猾さに磨きがかかり、薄暗くなってから活動を開始することが多い。

 最も油断できない時間帯に入った。

 ウグイであろうか。時々、小さな魚のライズが岸際に広がる。

 カワセミが水面をすくい取るようなダイビングを繰り返している。

 夕暮れとともに、深場でじっとしていたニジマス達が、インレットに集まり始めているはず・・・

 こんな時、水中を観察できることができればいいのにと思うが、全てが分からないことが釣りを面白くしているのも事実。

 いつも満足できる釣りができると限らないことは分かっている。

 かすかな動きを掴みたい。次回につながるヒントがほしい・・・。五感を働かせ、研ぎ澄まし、ニジマスを探し出そうとしたが、見つからず終い。

 この沈黙の湖が、ニジマスの楽園に変わるのは、もう少し先になりそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 1日 (水)

2014年鬼怒川のサケ資源有効利用調査に仮当選!

 2014年11月15日に栃木県内の4河川(那珂川、鬼怒川、思川、渡良瀬川)で初めて開催される「サケ資源有効利用調査」。

 なんと今日、鬼怒川サケ資源有効利用調査実行委員会事務局(鬼怒川漁協)から、仮当選のメールが届きました\(^_^)/

 後日、正式な当選通知が来るそうです。

 これまで福島県や新潟県まで出かけないと楽しめなかったサーモンフィッシングを、栃木県内で、しかも大好きな鬼怒川で楽しめるなんて・・・  ありがたいですね~~~happy01

 今年は、鬼怒川のほかに、12月に新潟県荒川へ行くことも決まっていますので、少しずつサーモン・フィッシングの準備を進めていこうと思います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年9月 | トップページ | 2014年11月 »