« 2014年鬼怒川サーモン・フィッシングのポイントチェック(1週間前) | トップページ | 2014年鬼怒川サケ有効利用調査に参加してきました(2014/11/15)★ »

2014年11月 9日 (日)

2014年那珂川サケ有効利用調査レポート(2014/11/09)☆

2014年那珂川サケ有効利用調査の様子(2014/11/09) 2014年11月9日(日)、栃木県茂木町、那珂川(テイテイ渕)の左岸の河原。

 栃木県で初めて開催されるサーモン・フィッシング「2014年 那珂川サケ有効利用調査」に総勢50名の釣り人が集まりました。

 よっしーは、落選しちゃったので「レポーター役」ですcoldsweats01

 午前8時30分から茂木町漁協の方が、ルールを説明している間も、後ろのテイテイ渕から、時々「バッシャーーン!」とサケがジャンプする音が響いてきます。

 説明を一通り聞いた後、調査者のみなさんは、思い思いのポイントに散っていきました。

 調査区間は、「上流側から広い瀬が長く続いた後、テイテイ渕(大きなプール)へ流れ込む」という状況です。

 新潟県荒川のような、本流域でのサーモン・フィッシングになります。

 調査を見ていた漁協の方が、「舟を漕いでいくと、サケの群れが泳いでいるのが見えるよ」と話していたので、少し高いところから偏光グラスをかけて覗いてみると、川底を上流に向かって、サケの群れが次々と遡上していくのが確認できます。

2014年那珂川サケ有効利用調査の様子(2014/11/09) これはスゴイsign01 眺めているだけで飽きません。

 以前、福島県木戸川の調査の時、河口で工事が始まって、サケの群れが、一気にのぼってきたシーンを思い出しました。

 新潟県荒川でも、これだけの群れが、次から次へと遡上していく場面を見たことがないので、那珂川の魚影(サケ)の濃さは、全国屈指と思われます。

 釣果の方は、午前11時頃までの間、上流の瀬を中心に時々ヒットがあって、70~80cmのサーモンが上がっていました。

 調査区間が、河口の大洗から50kmほど上流ということで、完全に遡上・産卵モード入っていて、魚影の割には、なかなか口を使ってくれず、スレがかりが多くなりがちのようです。

  「魚影が濃くて、かっこいいサーモンもいるにも関わらず、中々口を使ってくれない」とくれば、釣り人の腕の見せ所でしょう。

 がんばれ~~~happy01

 
那珂川サーモン in 2014年那珂川サケ有効利用調査(2014/11/09)


  時々釣り上げられるサーモンの中には、想像していた以上に、グッド・コンディションのものがいて、思わずパチリ・・・

 身近な栃木県内で、本格的なストリーム・サーモンフィッシングが楽しめることのありがたさを、あらためて実感しました。

 いろいろな意見があるんでしょうけれど、この試み、「大成功」と言ってもいいのではないでしょうか。

 来年は、是非とも参加したいですね。

 詳細は、参加されたブロガーさんの記事を待つことにしましょう。


※ 11月11日(火)の下野新聞によると、「54人が参加して、体長50~80cm、重さ2~5kg程度の50匹が釣り上げられた」そうです。
 釣れなかった方もいると思いますが、平均して一人当たり1匹近く釣れたということは、新潟県荒川と比べても、上々だと思います。


那珂川サーモン in 2014年那珂川サケ有効利用調査(2014/11/09)

|

« 2014年鬼怒川サーモン・フィッシングのポイントチェック(1週間前) | トップページ | 2014年鬼怒川サケ有効利用調査に参加してきました(2014/11/15)★ »

14● サーモン・フィッシング(福島県木戸川・請戸川・真野川、茨城県久慈川・那珂川、栃木県鬼怒川、新潟県荒川・阿賀野川)」カテゴリの記事

コメント

よっしーさん 那珂川レポートお疲れ様です!
やはり 河口からの距離が長いと口を使うのが渋くなりますよね・・・でも いいサーモンがたくさんのぼってきてたようですねえ!那珂川いいかんじです! 鬼怒川は利根川河口からかなりの流程ですね・・・どうやって口使わせるかなあ・・・やってみないとわからない部分もあるし・・・いずれにしても 週末の鬼怒川 楽しみですね!
お互い がんばっちゃいましょう!!

投稿: minetsuyo | 2014年11月 9日 (日) 17時29分

>minetsuyoさん

 鬼怒川は那珂川ほどの数はいないので、ちょっと厳しくなりそうですが、そこは気合で乗り切って、まずは1匹を目標に頑張りたいと思います。

 お互い、思いっきり楽しんじゃいましょう!

投稿: よっしー→minetsuyoさん | 2014年11月 9日 (日) 19時05分

レポートお疲れ様です。ボロボロでもないし、サイズも大きいですね。こりゃ来年は是非応募せねば!

投稿: Bamboo | 2014年11月 9日 (日) 21時34分

>Bambooさん

 白っぽくなったサケも上がっていましたが、思っていた以上にきれいなサケが釣れていたのに驚きました。

 水底を遡上していくサケの群れにも、白っぽいものは目立ちませんでした。

 いい感じでした(^_^)

投稿: よっしー→Bambooさん | 2014年11月 9日 (日) 21時48分

私もちょこっと見に行きました。
もしかすると会っていたかもしれないです。
よっしーさんの言うとおり、大成功で那珂川は十分鮭釣り可能と思いました。
ただ、流れの有る川の場合だと、人数に対して区間が短すぎた感じがします。
来年はちょっと考えてもらって、もっと良い環境で実施してくれるのを期待しています。

投稿: 田舎っぺルアーマン | 2014年11月11日 (火) 20時42分

>田舎っぺルアーマンさん

 田舎っぺルアーマンさんも見に行っていたんですね(^_^)

 確かに、釣り人の感覚が狭かったですね。

 おそらく、そんな声も届いていると思いますので、来年実施するにしても、工夫されるのではないでしょうか。

 しかし、今回、あらためて那珂川のサケの魚影の濃さを実感しました。

投稿: よっしー→田舎っぺルアーマンさん | 2014年11月11日 (火) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/60623130

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年那珂川サケ有効利用調査レポート(2014/11/09)☆:

« 2014年鬼怒川サーモン・フィッシングのポイントチェック(1週間前) | トップページ | 2014年鬼怒川サケ有効利用調査に参加してきました(2014/11/15)★ »