« 2014年那珂川サケ有効利用調査レポート(2014/11/09)☆ | トップページ | 2014年思川サーモンフィッシングの結果(2014/11/16) »

2014年11月15日 (土)

2014年鬼怒川サケ有効利用調査に参加してきました(2014/11/15)★

  今から7年前の2007年10月10日、 福島県木戸川サーモンフィッシングを皮切りに、福島県請戸川、新潟県荒川、阿賀野川、そして昨年(2013年)の茨城県久慈川と、2007年から2013年の7年間で合計12回のサーモン・フィッシングに参加してきました。

  詳細は、ブログのカテゴリー・「14● サーモン・フィッシング(新潟県荒川・阿賀野川、福島県木戸川・請戸川、茨城県久慈川、栃木県鬼怒川)」をご覧ください。

 これまでの釣行でのヒット・シーンを分析すると、大体4パターンに分類されます。

【パターン1】
  「スプーンをキャストしてフォール中にヒット」または「スプーンをアップクロスにキャストして、一旦底を取ってから、リフト&フォールしている時にヒット」

【パターン2】
  「スプーンをダウンクロスまたはダウンにキャストして、水流の流れの中をユラユラ泳ぐようにスロー・トリーブして、瀬の駆け上がりにきた時にヒット」

【パターン3】
 「サイトフィッシングで、サーモンのいる目の前で、スプーンをゆらゆら何度もチラつかせてヒット」

【パタンー4】(スレ)
 「パターン1~3をやっていてのスレがかり。尾びれへのスレが一番多い」

 状況にもよりますが、最も多いのが【パターン1】で、続いて【パターン2】、【パターン4】、【パターン3】の順になります。

 ちなみに、スレでは釣りたくないと思っていても、サーモン・フィッシングの場合、ルアーをサケの目の前で長い時間ステイさせようとするので、どうしても増えがちです。

 ルアーは、スプーン+タコベイトが一番多くて、他はスプーン単体です。ミノーやクランクでは、なかなか満足できるような釣果は出ていません。

 というような経験を、2014年11月15日(土)に鬼怒川で初めて開催されたサケ有効利用調査に活かして、「まずは1匹」と思っていたのですが、現実はそう甘くありませんでしたcoldsweats01

2014年鬼怒川サケ有効利用調査(2014/11/15)2014年鬼怒川サケ有効利用調査(2014/11/15)








 場所は、栃木県小山市の鬼怒川、鬼怒川 田川放水路合流から下流700mの区間。

 午前8時から受付開始。午前8時30分から漁協から挨拶やルール説明の後、午前9時の花火を合図に調査スタート!

 よっしーが、タックル準備にもたついているうちに、あっと言う間にポイントが埋まってしまって、入れそうな場所を探すのに一苦労しましたsweat01

2014年鬼怒川サケ有効利用調査(2014/11/15) 下流部に入って、スプーン+タコベイトをアップクロスに投げて、底に沈めた後、リフト&フォールを繰り返していると、時々、「コツッ」とか「ブルッ」というサーモンらしいアタリがあります。

 反応があるのをいいことに、「そのうち釣れるだろう」な~んてたかをくくっていたら、ルアーに慣れてバイトが遠のいていきました。

 ポイントを変えて、浅瀬に群れているサーモンを狙ってみても、こちらは産卵に夢中で、ルアーに見向きもしません(^_^;)

 タフコンディションの新潟県荒川で、何度も繰り返してきたたシーンを思い出しました。

 宇都宮にいる時より大きく見える「筑波山」を眺めながら、午後2時の調査終了まで、ひたすらキャストを繰り返しましたが、アンバサダー5601C4のドラグを滑らせラインを引き出していく「鬼怒川サーモンのファイト」を体験することはできませんでした。

  来年にお預けです。

ハマシギの群れ(2014年11月15日、栃木県小山市の鬼怒川)

 唯一の成果が「人を恐れないハマシギ5羽の群れ」。

 近づいても逃げようとせず、コンデジでご覧の写真を撮ることができました。調査者の中で、このハマシギに気付いた方はいたかな~~。

 ハマシギは、夏、シベリア北部の北極海沿岸で繁殖して、冬に日本や台湾の水辺にやってきて越冬する小型のシギです。

 シベリアからの長旅で、疲れていたのかもしれません。お疲れさんhappy01

 よっしーも、一日ベイトタックルでルアーを投げ抜いて、肩や腕が痛くなったので、明日の日曜はゆっくり休むことにしま~~す。

【追伸】
 2014年11月16日(日)の下野新聞によると

「参加者46人で38匹の釣果。体長56~81cm、重さ1.2~8.3㎏。
 漁協は『想像以上に釣れたと思う。また、参加したいという人が大半だったので、来年以降も検討したい』」

 との記事が掲載されていました。

  来年が楽しみです。

 目指せ、鬼怒川サーモンsign01

|

« 2014年那珂川サケ有効利用調査レポート(2014/11/09)☆ | トップページ | 2014年思川サーモンフィッシングの結果(2014/11/16) »

14● サーモン・フィッシング(福島県木戸川・請戸川・真野川、茨城県久慈川・那珂川、栃木県鬼怒川、新潟県荒川・阿賀野川)」カテゴリの記事

20◆ とちぎのバードウォッチング」カテゴリの記事

コメント

おつかれさまでしたね
所変わればの文言もありますが、鬼怒川は今年が初めての取り組みなので、実際に釣りで結果がでてデータ化するには、あと数回必要になるのでしょう
良いイベントだと思うので、継続してくれるといいですね

投稿: ozechi | 2014年11月15日 (土) 21時23分

お疲れ様でした・・・
お天気がよくてよかったですね
今後も 継続調査あるとよいですよねえ

投稿: minetsuyo | 2014年11月15日 (土) 22時34分

>ozechiさん

 確かに、データを蓄積する必要はあるんでしょうね。

 そのためにも、来年は、もう少し機会を増やしてくれるといいのですが・・・(^_^;)

投稿: よっしー→ozechiさん | 2014年11月15日 (土) 22時47分

>minetsuyoさん

 私の釣果はともかく、このコンディションで、30匹釣れていれば、上々ではないかと思います。

 来年が楽しみです(^_^)

投稿: よっしー→minetsuyoさん | 2014年11月15日 (土) 22時48分

お疲れ様でした~!
私も見に行きたかったのですが、仕事で行けませんでした。
来年は私も応募できるよう、準備したいと思います。
いろいろ学びたいと思います。
ブログ参考にさせていただきますね!!

投稿: YAM | 2014年11月16日 (日) 06時51分

>YAMさん

 今回の調査で、漁協もいい感触を得たようなので、来年が楽しみです。

 タックルだけ通常のトラウト用ではパワー不足になってしまい、専用もしくはシーバス用のタックルを準備する必要がありますが、是非とも、来年は参加してみてください。

投稿: よっしー→YAMさん | 2014年11月16日 (日) 12時28分

お疲れ様でした。
釣果は残念でしたが楽しめたのでは・・・
釣り可能なエリアが狭いとポイントに入るのに一苦労ですね。

来年は那珂川、久慈川、鬼怒川の鮭釣りにチャレンジできればと考えています。
今年は荒川へ行きますが、私の腕では釣れそうにありません。昨年は餌釣り師がバンバン釣っている同じ場所でホッチャレ1匹で惨敗でした。

投稿: ガッチャン | 2014年11月16日 (日) 13時41分

>ガッチャンさん

 私も12月に荒川に行く予定です。

 厳しいコンディションが予想されますが、まずは1匹釣ることを目標にがんばりたいと思います。

 ちなみに、シビアな状況では、エサとフライでは釣れてもルアーには見向きもしないことがあります。逆にルアーでしか釣れない時もあります。

 ルアーは、フライ以上にアピール力のある疑似餌なので、このような違いが出るのは当然です。

 私は、そんな時は、同じポイントではなく、フレッシュで活性の高いサーモンがいそうな竿抜けポイントを探すことにしています。

 お互い、頑張って、何とか幸運を引き寄せましょう(^_^)

投稿: よっしー→ガッチャンさん | 2014年11月16日 (日) 18時01分

いつもコメントありがとうございます。

鬼怒川お疲れ様でした。
「あっと言う間にポイントが埋った」とは、釣開放場所がかなり狭いんですね。
今回、川の様子が分かったので、次回は期待大ですね scissors

投稿: 小百合 | 2014年11月16日 (日) 21時51分

>小百合さん

 鬼怒川のポイントは、50名入ると丁度いっぱいになる感じで、しかも、時間が経つと、釣れるポイントが限られてくるので、そこに人が集まる傾向があって、ちょっと混雑してました。

 鬼怒川では、フライの方もがんばってましたよ。

 今日の思川や渡良瀬川は、いずれも60匹以上釣れていて、来年は期待大ですね(^_^)

投稿: よっしー→小百合さん | 2014年11月16日 (日) 23時17分

こんばんわ。

他河川も含めて、貴重な情報、
大変参考になりました。

私は日程が合わず、申し込みも
しませんでしたが、是非来年は
チャレンジしたいと思います。

投稿: こじおじ | 2014年11月17日 (月) 23時52分

>こじおじさん

 身近な県内の河川でサーモン・フィッシングができるというのは、一昔前からすれば、信じられないくらいありがたいことです(^_^)

 来年は、是非、申し込んでみてくださいね。

投稿: よっしー→こじおじさん | 2014年11月18日 (火) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/60658433

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年鬼怒川サケ有効利用調査に参加してきました(2014/11/15)★:

« 2014年那珂川サケ有効利用調査レポート(2014/11/09)☆ | トップページ | 2014年思川サーモンフィッシングの結果(2014/11/16) »