« 2014年渡良瀬川サーモンフィッシングの結果(2014/11/16) | トップページ | のんべんだらりん »

2014年11月17日 (月)

「樽まろ 日光誉」~杉樽の香りとまろやかな味わいがたまらない~

 日曜の午後、野鳥の写真が撮りたくなって、鬼怒川の河川敷を散策してきました。 

 撮影機材は、愛用しているキャノンFD500F4.5L(約3kg)にEOS 40Dを付けたもの。古いスリックの大型三脚(5kg)にセットすると、重量は9kg近くになります。

 水際でチョロチョロしているハクセキレイ、草藪やヨシ原からはホオジロ、カワラヒワ、キジバト、ジョウビタキ、ツグミが現れますが、撮影しようと三脚をセットすると、すぐに飛び立ってしまいます。

 歩き続けていると、ずっしっり重いカメラと三脚が肩に食い込んできて1時間ほどでギブアップ。昔はもっと長時間、歩き続けることができたんですけどね~~~(^_^;)

 結局、シャッターを1回も切りませんでした。

「樽まろ 日光誉」 こんな日の夜は、お酒bottleでしょう。

 親戚からいただいた純米醸造 樽酒 「樽まろ 日光誉(渡邉佐平商店)」に、つまみは北風正高商店(愛媛県伊予市双海町)の「いりこ」を合せます。

 「樽まろ」は、ほんのり杉樽の香りがして、口の中に入ると、とてもまろやかで、喉に刺激が全くありません。

 日本酒が苦手な妻に一口飲んでもらったら、「こんなに飲みやすいお酒って初めて。おいしいsign01

 いりこを噛みしめて出てきた旨味を、まろやかな「樽まろ」が包み込んでいきます。

 いつもながら、こんな一時がたまりません。


【渡邉佐平商店の連絡先】

所在地:栃木県日光市今市450
電話 :0288-21-0007
HP :http://www.watanabesahei.co.jp/index.htm 

|

« 2014年渡良瀬川サーモンフィッシングの結果(2014/11/16) | トップページ | のんべんだらりん »

25◆ とちぎの食・食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

いりこの入っている器は砥部焼じゃないですか?
砥部焼の重厚な感じが自分は好きです。

投稿: Bamboo | 2014年11月17日 (月) 20時21分

>Bambooさん

 おっと、するどいところチェックしましたね。

 この器は、砥部焼です(^_^)

 砥部焼は、白地に青い模様が特徴で、厚手で実用的な部分は、益子焼にも共通しています。

 我が家には、益子焼と砥部焼がたくさんあって、毎日使ってます。

 北風商店の「いりこ」を入れるのは、この砥部焼の器しかないと思ってます(^_^)

投稿: よっしー→Bambooさん | 2014年11月17日 (月) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/60665160

この記事へのトラックバック一覧です: 「樽まろ 日光誉」~杉樽の香りとまろやかな味わいがたまらない~:

« 2014年渡良瀬川サーモンフィッシングの結果(2014/11/16) | トップページ | のんべんだらりん »