« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の11件の記事

2015年4月29日 (水)

YS-minnowΔtype(85mm、7g)で渓流ヤマメを釣る~~鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)(2015/04/28)

 2015年4月28日(火)、朝一で鬼怒川本流に行った後、腕時計を見ると、午前7時過ぎ。

鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区) この後、特に予定は入っていません。

 どこに行きましょう。

 コンビニで買ったおにぎりを食べた後、コーヒーをのみながら、あれこれ考える時間が大好きです。

 「川俣湖」、「中禅寺湖」、「丸沼」、「東古屋湖」、「鬼怒川上流の渓流」・・・

 何にも縛られない「自由」がそこにあるから・・・

 午前9時過ぎ、川俣湖で一振りして、音沙汰がなかったので、そのまま鬼怒川上流部の渓流(栃木県日光市川俣地区)にやってきました。

 渓流のイワナやヤマメ用に作ったYS-minnowΔtype(70mm、5g)をアップクロスに投げながら探っていきます。

 チェイスもないので、思いっきり湖で使っているを投入した途端、チェイス、チェイス。
ヤマメ(23cm) in 鬼怒川上流部の渓流(栃木県日光市川俣地区)(2015/04/28)
  あれっ、どういうこと?

 ならばとトゥイッチ入れてみたら、一発ヒットsign01

 23cmのきれいなヤマメです。

  他のポイントでは、何も反応がなかったので、要は、そこにいるトラウトの活性の高さと、タイミングということなのでしょう。

  渓流で、小型ミノーで反応がない時は、少し大きめのミノーを使ってみてくださいね。

ヤマメ(23cm) in 鬼怒川上流部の渓流(栃木県日光市川俣地区)(2015/04/28)

※ このヤマメ、リリースされて、笑っているみたい(^_^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鬼怒川(宇都宮地区)チェック開始(2015/04/28)

YS-minnowΔtype 2015年4月28日(火)、休暇をいただいたので、近所の鬼怒川(宇都宮地区)の様子を見に行ってきました。

 しばらく雨も降っていませんし、田植えが始まってきたこともあって、水量は極小。

 水質も、濁りなしで、どクリアとくれば、YS-minnow△type(85mm、7g)を投げてみても、何も起きないのも仕方ありません。

 5月下旬~7月の、鬼怒川本流ヤマメのハイシーズンに向けて、これから、少しずつ巡回を増やしていきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

川俣湖で桜模様の大イワナ(51cm)に出逢う(2015/04/25)★

 川俣湖で、YS-minnowΔtype(85mm、7g)を使って、桜模様の大イワナ(51cm)を釣りましたsign01

【日時】 2015年4月25日(土)  13時~17時

【場所】 川俣湖(栃木県日光市)

【天候】 晴れ

【水温】 10度

【風】  時々、やや強い北風

【釣果】 イワナ 2匹  (22cm、51cm・メス)

川俣湖【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・EMBLEM-S 2000iA
 ライン:ラパラ・ナイロン8lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング、製造番号312)

【レポート】

 金曜の夜、退職した上司を囲んだ懇親会。

  ウーロン茶で我慢することもできずに、いい気分に酔っぱらって、朝起きたら、午前8時過ぎ・・・

  丸沼特別解禁への参加も、敢えなく断念sweat02

  朝食の後、ドリップで淹れたコーヒーを飲んでいたら、ソファーの上でウトウト・・・sleepy

  朝寝してスッキリしました。

 丸沼に行かないなら、やはり川俣湖でしょう。

 午後1時過ぎ、雪しろで薄緑色に染まった湖面に、いい感じのさざ波が立っています。

川俣湖のイワナ(23cm)(2015/04/25) 釣り人はいません。貸し切り状態。

 この大自然を独り占めして釣りができるなんて贅沢ですね~~~(^_^)

 スナップスイベルに、YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング、製造番号312)を結んだ1投目。

 ミノーをピックアップする直前、足元でプルプルッとヒット。

 23cmのイワナが釣れました。

 こんなチビイワナでも、85mmのYS-minnowにヒットするなんて、湖育ちは違いますね。

川俣湖の大イワナ(51cm)(2015/04/25) 幸先良いスタートに切ったと思いきや、後が続きません。

 車に戻って、ポイント移動です。

 再び、YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング、製造番号312)で攻めていきます。

 こちらの魚たちの活性も高くなさそうで、途中、スプーンやクランクに交換しても沈黙が続きます。

 ライズなし、チェイスなし、ショートバイトなし・・・・・

川俣湖の大イワナ(51cm)(2015/04/25) だめかな~~と思っていたら、その瞬間が、突然やってきました。

 かけ上がりに潜んでいた大物が、表層を左右にダートするYS-minnowに襲いかかったのです。

 これまで川俣湖で経験したことのない重みが、ロッドを通して伝わります。

 グリップが緩んで、リールがガタ付いたので、慌ててグリップを絞り込みます。

 きつめに設定していたドラグを時々鳴らしながら、ラインが引き出されていきます。

 ジャンプせず、突進せず・・・。レインボーではなさそう?

川俣湖の大イワナ(51cm)(2015/04/25) 巨体をクネクネとくねらせながら、水中でラインを体に巻き付けようとしています。

 手前に障害物があるので、そこに突っ込まれたら、万事休す。

 走らないことが分かったので、ドラグを少し締め込んで、強引にリーリングしていると、モスグリーンの水面に、白い魚体が浮かび上がってきました。

 一度ネットインしても、あまりの大きさに飛び出てしまうほど。

川俣湖の大イワナ(51cm)(2015/04/25)  デ  カ   イ ・・・・・

 大きさのみならず、虫食い模様の背中、そして、ボディの薄紅色の斑点が目を惹きます。

 サクラの花びらが散りばめられているような華やかな色合いの、川俣湖の大イワナ


 メジャーを当てると51cm

 イワナの自己最高記録を更新ですhappy01

 思い起こせば、初めて川俣湖に釣りに来たのは、8年前の2007年5月1日。それ以来、今日で通算102回目の釣行になります。

  試行錯誤を繰り返しながら、地道に100回通い続けた「努力賞」をいただいたのかもしれません。

 湖に戻っていく、虫食い模様の背中を見送った後、視線を上げたら、青空をバックにそびえる山々、芽吹き前の木立が目に入ってきました。

 
川俣湖の大イワナ(51cm)(2015/04/25)

| | コメント (30) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

YS-minnowΔtype(311モデル)で川俣レインボー(40cm)を釣ることができました(2015/04/19)★

 YS-minnowΔtype(311モデル)で、川俣レインボー(40cm)を釣ることができました。

【日時】 2015年4月19日(土)  14時~18時

【場所】 川俣湖(栃木県日光市)

【天候】 小雨時々曇り

【水温】 8度

【風】  -

【釣果】 ニジマス1匹 (40cm)

【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・EMBLEM-S 2000iA
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:YS-minnowΔtype311モデル(85mm、7g、シンキング、製造番号315)

【レポート】

 昨日(4/18)に続いて、2日連続で川俣湖です。

 これだけ川俣湖に通い続けているアングラーは、おそらく他にはいないでしょうcoldsweats01

 現地に着いた途端、小雨が降ってきて、湖面は雨粒の波紋で覆われ始めました。

 魚の警戒心が薄れてきそうです。

 その証拠に、YS-minnowをキャストし始めると、驚くことなかれ、40cmクラスのチェイスが連発。

 普段の静かな湖とは打って変わって、野生剥き出しの凄まじい高活性に対峙して、こちらも心臓バクバク状態に突入up

 遠くからミノーを追尾してきたり、下からギラッと反転して襲いかかる魚、さらには、ミノーのピックアップ直前、急に足元に現れて襲いかかろうとする魚さえいます。

 水底から食い上げてくるような活性の高いトラウトがいる時の「サーフェイス・ミノーイング」ほど、スリリングで刺激的な釣りはありません。

 これだけ活性が高ければ、ヒットするのも時間の問題と思いきや、なぜかショートバイトだけsweat02 フッキングしません。

鯉(60cm) in川俣湖(2015/04/19) ならば、少しカウント・ダウンしてみようとミノーを沈めた途端、ダンプカーのようなファイトをする巨大魚が登場!

 ラインブレイクして、貴重なYS-minnowが持っていかれるのではないかとヒヤヒヤものでしたが、ドラグ調整で乗り切って、なんとか岸にランディングできました。

 みなさんご存じの、でっぷり太っ腹の「鯉(60cm)」君でした(^_^;)

 場荒れしてしまったようで、トラウト達の活性がダウン。

YS-minnowΔtype(311モデル)で釣った川俣レインボー(40cm)(2015/04/19) それでも、夕方になって、2日続けて通い込んでいるよっしーに、ようやく釣りの女神が微笑んでくれました。

 YS-minnowΔtype311モデル(85mm、7g、シンキング、製造番号315)を表層で派手にダートさせていたら、ロッドティップが豪快に引き込まれました。

 5~6m前の少し濁りの入った水中で暴れる白い魚体。

  尖った尾ビレから、放流されて少なくとも1年以上は経っていると思われる、40cmの川俣レインボーでした。
YS-minnowΔtype(311モデル)で釣った川俣レインボー(40cm)(2015/04/19)
 釣り上げた後、見事なプロポーションやヒレ、模様を愛でながら、興奮が徐々に醒めていく一時がたまりません。

  そして、この魚が、記念すべき、YS-minnowΔtype311モデルで釣った初物になります。

  このYS-minnowの方向性が間違っていないことが分かって、また一つ階段を登ることができました。

 ニジマス、イワナ、サクラマス、ネイティブ・トラウト天国の川俣湖。
YS-minnowΔtype(311モデル)で釣った川俣レインボー(40cm)(2015/04/19)
 まだまだ通いますよ~~happy01

【追伸】
 途中から合流したBambooさん、デジカメ忘れてきたので助かりました。

 写真撮影ありがとうございました。




YS-minnowΔtype(311モデル)で釣った川俣レインボー(40cm)(2015/04/19)


 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

川俣湖釣行(2015/04/18)

YS-minnowΔtype(70mm、6g、製造番号297) 2015年4月18日(土)、いつもの川俣湖

  午前中、家でゆっくりしていたので、釣りを始めたのは午後3時から。

  夕マズメ狙いの短時間勝負です。

  弱い風が吹いていて、湖面には、小さなさざ波が立っています。

  とっても釣れそうな、いい雰囲気が漂っているのですが、ミノーやスプーンを流してみても、水中からの反応はありません。

  午後5時過ぎ、YS-minnowΔtype(70mm、6g、製造番号297)をキャストして、時々ジャークを入れて表層をダートさせていたら、ゴンッsign01 すぐにフックアウトsweat01

 おそらく、たぶん40cmクラスのイワナ、それともレインボー?

 唯一のチャンスを逃したらお終いというパターンでした。

 水温は、まだ9度。

  シーズン始まったばかり。慌てず、じっくり、粘り強く、通い続けま~~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

2015年丸沼特別解禁は4/25・26です

 4月になってから半月経ちました。

 異動で業務が変わったこともあって、まだ、ちょっと落ち着かない日々が続いています。

 新しい仕事に一日も早く慣れないとねcoldsweats01

 そんなストレスを発散して、元気に仕事を続けるためにも、週末の釣りは欠かせません。

 今のところ、川俣湖・五十里湖で、低水温時にシャローに寄ってくるサクラマスやイワナを狙って通い続けていますが、4月25日には、ついに丸沼が解禁を迎えます。

  丸沼釣り日記(http://kankoso.naturum.ne.jp/)によると、解禁に向けた準備も順調に進んでいるとのこと。

  前日に飲み会beerが入ってしまったので、飲みすぎないように気をつけなくっちゃhappy01

2011年の丸沼の特別解禁風景

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

ゆったり馬頭散策~~道の駅ばとう&富山イワウチワ~~

道の駅ばとう 2015年4月12日(日)の午前中、自治会の総会に出た後、ソファに寝ころがって、途中になっていたビジネス関係の本を読んでいました。

 「読み終わったら、どこかに釣りに出かけようかな~~」なんて思っていたら、妻から、「新しくなった馬頭の道の駅に行ってみない?」のお誘い。

 前日、川俣湖で思いっきりロッドを振ってきたこともあって、ここは二つ返事でOK。

 「このタイミングで行っておけば、当分、釣り三昧」な~~んて下心は全くありません。念のためcoldsweats01

 4月10日に再開したばかりの「道の駅ばとう」の店内は、たくさんのお客さんで大賑わいです。

、「鮎魚醤」と「那須野紅茶」 昨年4月に火事で消失してしまった直売所とレストランは、見違えるような建物に生まれ変わっていました。

 設計&工事に携わったみなさん、グッジョ~~~ブsign01

 野菜と一緒に買ったのは、「鮎魚醤」と「那須野紅茶」。

 どんな味なんでしょうか。帰ってからの楽しみが一つ増えました。

 買い物を終えた時、職場で同僚が、「那珂川町(馬頭)のイワウチワは必見ですよ」と言っていたのを思い出しました。

那珂川町富山のイワウチワ  観光案内所で窓口の女性に聞いてみたら、那珂川町富山のイワウチワ群生地は、「舟戸群生地」と「金谷群生地」の2ケ所あるんですね。

 妻が軽装で来ていたので、車からあまり歩かなくても済みそうな「金谷群生地」へ向かうことにしました(※ 今シーズンは4/12が最終日だそうで、次に観察できるのは来年になります)。

  途中の道路には案内板がたくさんあって、初めて行かれる方でも迷うことはありません。とっても親切。

  細い林道を登っていくと、きれいに手入れされた杉林の斜面に、淡いピンクのイワウチワが一面に広がっています。

那珂川町富山のイワウチワ  開花のピークは過ぎていましたが、競い合うように咲いているイワウチワの群落は、本当に見事sign03

 馬頭には、隠れた味わい深い観光スポットが、かなりありそうです(^_^)

 宇都宮から車で1時間ほどと、それほど遠くありませんし、少し通ってみたいと思います。



那珂川町富山のイワウチワ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

今季初の川俣レインボー(2015/04/11)

 

 川俣湖で、今季初のレインボートラウト(37cm)が釣れました!

【日時】 2015年4月11日(土)  14時~18時

【場所】 川俣湖(栃木県日光市)

【天候】 曇り

水中で桜が満開【水温】 7度

【風】  時々、弱い東の風

【釣果】 ニジマス2匹 (37cm、32cm)

【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・EMBLEM-S 2000iA
 ライン:ナイロン8lb
 ルアー:スプーン(7g、青銀)

【レポート】

 朝起きて、カーテンを開けると外は雨。

 携帯には、早朝から中禅寺湖に出かける予定だった友人から、「雨で断念」のメールが入ってました。

 週末早々、出鼻を挫かれた方も、多かったのではないでしょうか。

 近所の桜の下の水たまりを覗くと、たくさんの花びらで埋めつくされていて、水中で「サクラが満開」です。

 水面に浮かぶ花びらもいいですが、水中に漂う花びらも乙なもの。

 「水中のサクラ」と聞いて、「サクラマス」と、ピンとくるあなたは、よっしー並の釣りキチに間違いありませんcoldsweats01

YS-minnow 正午前になって雨が上がってきたので、Bambooさんと待ち合わせして、いざ、栃木県内屈指のサクラマス・フィールド「川俣湖」へ・・・

 午後2時、川俣大橋から湖を眺めると、相変わらず、雪しろの影響でモスグリーンに染まっています。

 水温7度。魚の活性はそれほど高くなさそうです。

 YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)で一通り表層を探った後、スプーン(7g、青銀)をボトムに落して巻き上げてきたら、待望のヒットsign01

川俣レインボー(37cm)の尾びれ
  今シーズン初となる川俣レインボー(37cm)。

 
ジャンプ! ジャンプ!

 さすがネイティブ。パワー全開、元気一杯です。

  一瞬サクラマスかと間違うほどの銀ピカボディ。尖った尾びれがたまりません。

 尾びれの真ん中に輝く、V字のシルバーラインは、野生の証なのでしょうか。

 開始早々の手応えに、いけそうな予感もありましたが、水温が低いこともあって、後がなかなか続きません。

 この後は、レギュラーサイズのニジマスを追加しただけ。

 モスグリーンに潜む、「川俣サクラ」は、ついに現れず・・・

 流れ込む鬼怒川本流に、濁りはほとんど入っていなかったので、これから雪しろによる濁りは少しずつ取れていきそうです。

 今後に期待しましょう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

雪桜

 今朝(2015年4月8日)の朝、宇都宮は雪が降っています。

  少し散り始めた淡いピンクの桜を、真っ白な雪が包み込みます。

 春と冬が寄り添う貴重な光景に思わずパチリ。
 

雪桜


雪桜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

川俣湖解禁しました(2015/04/05)

 2015年4月5日(日)、曇り空の下、解禁した川俣湖

 小さなさざ波が立っていますが、それほど寒くはありません。

またぎの里熊どん








 まずは、またぎの里(日光市川俣558)で、名物「熊どん(1200円)」をいただいた後に、年券を購入。

鬼怒川本流の渓流 一服した後、上流の鬼怒川本流へ向かいます。

 雪しろで増水していて、かなり釣りずらそうです。

 ところどころに車が停まっていて、釣り人が入っているのが分かります。さすが解禁日ですね。

 YS-minnow(70mm、5g)をアップクロスに投げて、トゥイッチしていると、時々、25cm前後のイワナが追いかけてきます。

 同じような攻め方でイワナが3匹出てきてくれましたが、バイトしても、すぐにはずれてしまって、フッキングに至りません。

  先に入った釣り人のプレッシャーからかな?

 川俣湖に移動してみると、川から流れ込んだ雪しろでモスグリーンに濁っています。

 水温9度。

川俣湖 水位は、満水より少し下がった感じです。

 午後2時頃、スプーン(7g、シルバー)で、25cmぐらいのチビニジちゃんが登場。

 恥ずかしがり屋だったようで、写真を取る前に湖に帰っていきました。

 結局、これっきり。

 次は、雪しろが落ち着いてきた頃かな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

五十里湖釣行(2015/04/04)

坂文精肉店「メンチコロッケ(110円)」 今朝は、中禅寺湖に行った友人から送られてきたメールのバイブレーションで目覚めました。

 ブラウンを釣って、どうやら、ご満悦のようです。

 寝起きから、こんないい話が聞けて、いい日になりそ~~~happy01

 ならば自分も、といきたいところですが、今日は、残念ながら、午後からしか釣りに行けません。

 中禅寺湖を諦めて、2週間前に逃した大物を探しに五十里湖(栃木県日光市)へ行くことにしました。

 車を1時間ほど運転していて、ちょっと小腹が空いてきたので、川治温泉名物の坂文精肉店「メンチコロッケ(110円)」でエネルギー補給。
湖畔のヤナギの芽吹き
 そして、釣りの方はと言うと・・・

 曇り空の下、午後3時から午後5時まで、YS-minnowやスプーンを投げ続けてみたものの、40cmクラスのチェイスが1回あっただけ。

 これ以外、ショートバイトさえなし・・・sweat02

 ゆきしろが入って少し濁って、良さそうな雰囲気だったですけどね~~~。

 さ~~て、いよいよ明日はホームグランドの「川俣湖」が解禁になります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »