« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月の12件の記事

2015年8月30日 (日)

スーパーイワナの楽園 in 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)(2015/08/30)★

 朝起きると宇都宮の上空は厚い雲で覆われています。

 天気予報は、午後から雨。

鬼怒川上流部 世界陸上の女子マラソンで日本人選手を応援していたら(伊藤選手、7位入賞おめでとう!)、午前11時になっていました。

 雨の日の釣りと言えば、やはり「イワナ」でしょう。

 年券を持っている鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)に向かうと、いつもの休日なら、所々に釣り人らしい人影や道端に停められた車がいるのですが、今日は、途中釣り人2名を見イワナ(32cm) in 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)かけたただけ。

 雨降ってますからね~~~(^_^;)

  流れには、微かに濁りが入っていて、イワナ達の活性が高まってそうな雰囲気たっぷり。

  すぐにミノーを投げたくなる衝動を抑えながら、YS-minnow85mm(7g、シンキング)をセットします。

 1投目までの胸が高なる瞬間がたまりません。

 小雨の中、キャストし始めると、イワナ達が追って来るは、来るは・・・、ヒャッホ~~~~~~sign01

 まずは32cm。続いて33cm。

 
イワナ(33cm) in 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)尺超え連発です。

 これは「イワナ祭り」かも?

 しばらくの沈黙の後、今までにない重量感、水中での暴れ方が半端ではありません。

 流れに乗って下流に逃げようとするのを、10lbのナイロンラインを信じて、少々強引にランディング。

スーパーイワナ(45cm) in 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区) 45cmのスーパー・イワナが登場sign01

 うっすらと入った桃色の婚姻色、少しくすんだ白い斑点、ベージュ色の唇・・・

 浅瀬にひざまずいて、沢水をかけながら、艶かしいボディに恍惚と見入ってしまいました。

 写真を撮ったりしていて、ポイントを休めたのが良かったのか、この後、さらに43cmのスーパーイスーパーイワナ(45cm) in 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)ワナも追加。

 晩夏の雨の鬼怒川上流は、釣り人にとって、世界陸上以上に熱い「スーパーイワナの楽園」でした。

 こんな夢のような釣りもあるんですね。


~~釣行データ~~


スーパーイワナ(45cm) in 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)【日時】 2015年8月30日(日)、13時30分~15時30分
【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)
【天候】 小雨
【水温】 16度
【風】  -
【釣果】 イワナ4匹 (32cm、33cm、43cm、45cm)
スーパーイワナ(45cm) in 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、7~8g、シンキング)
   →32cmイワナ:製造番号317(311モデル)、33cmイワナ:製造番号309、43cmイワナ:製造番号314(311モデル)、45cmイワナ:製造番号319)

【撮影】 Canon Power Shot S110

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2015年8月29日 (土)

YS-minnowΔtype85の「No311モデル」と「本流用ニューモデルの試作」

YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)・No311モデル 7月中旬から作っていたYS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)・No311モデルがようやく完成しました。

 この311モデルは、今、通っている湖・本流・渓流で、自分の釣りにピッタリ合った仕様になっています。

  おそらく、たぶん、自分にとって、これ以上のミノーはないと思いつつも、「安住すると、停滞すると、水は腐る(開高健)」と教えもあって、さらに上を目指すべく、ニューモデルの試作も始めました。

YS-minnowΔtype 85mm・本流用ニューモデルの試作  開発コンセプトは、「横っ飛びダート性能を維持しつつ、本流のガンガン瀬でも安定して泳ぐミノー」です。

 3本は、セッティングを微妙に変えていて、この中から、方向性を見つけて、さらにブラッシュアップしていく予定です。

 どんな仕様が生まれるのか、それとも失敗するか・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月27日 (木)

鬼怒川で水筒とイワナ探し(2015/08/26)★

 どんなものでも、長年使い続けている物には愛着が湧いてきます。

 釣りの時には、必ず水筒を携行しています。ちょい釣りには500ml、半日以上の時は800mlのステンレスボトルに、夏は氷水、春や秋はお湯を入れていくのが習慣になっています。

見つかったステンレスボトル 先日、鬼怒川本流で釣りを終えて、車に戻ったら、フィッシングベストのポケットに突っ込んでいた、500mlのボトルがなくなっていることに気づきました。

 川原やヤブの中を歩き回ったので、どこかで落したのでしょう。

 安物とは言え、20年以上使い続けているので、一度も探さずに見捨てる訳にはいきません。

 休暇を取った雨の水曜日、時間ができたので、鬼怒川の河川敷を探してみることにしました。

 心当たりのあった場所まで行っても見つかりません。折り返した帰り道、もしかしたら見逃しているかもと、諦めずに下を向いて歩いていると、草むらに渋く光る物体を発見sign01

 何度も落して底やボディが凹んでいる、愛用のステンレスボトル。

 別れ別れになったかもしれない相棒と、また一緒に想い出を作り続けることができると思うと、心の底から嬉しさが込み上げてきて、何度も何度も撫でてしまいましたcoldsweats01

 こんなに晴々とした気分なったのは久しぶりです。

  気をよくして、雨にも関わらず、そのまま鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)へレッツゴー!

 渓流にしては大きめの流れ込み。

 渇水で水量は少なめ、ほんの少し濁りが入っていますが、この微かな濁りが渓魚達にスイッチを入れているかもしれません。 

イワナ(36cm) in 鬼怒川上流の渓流(2015/08/26) すぐに30cmクラスのヤマメのバラシ。

 続いて、40cmクラスのイワナがヒット。針がかりが浅かったようで、水面に上がってきて巨体を見せた後にフックアウト。

 魚たちはやる気満々です。

イワナ(36cm) in 鬼怒川上流の渓流(2015/08/26)  立て続けにバラシてしまったので、少しポイントを休めた後、立ち位置を変えて、再びアプローチ。

 しつこく投げ続けてみても反応がなくなったので、諦めてポイントを移動しようかと思ったその時、根がかり? いや水中で暴れている! 魚だsign01

 3度目の正直。グッド・サイズのイワナが出てくれました。

 ネットの中で落ち着いたのを見計らって、筋肉質の細身のボディにメジャーをあてると、36cmあります。

イワナ(36cm) in 鬼怒川上流の渓流(2015/08/26) 口先は3つに割れていて爬虫類を思わせる顔つき、文句のつけようのない完全無欠のネイティブ・イワナを眺めている、心地よい一時は、何事にも代え難い、釣り人だけが味わうことのできる幸せな瞬間です。

 水中で、イワナの体を支えていると、すぐに正気を取り戻して、流れ込みに向かって元気に帰っていきました。

 もしかしたら、このイワナは、大事にしてきた水筒が、幸運を呼び寄せてくれたのかもしれません。

 これからも、大事に使っていくことにしましょう(^_^)

~~釣行データ~~

【日時】 2015年8月26日(水)、14時~15時30分
【場所】 鬼怒川(栃木県日光市川俣地区)
【天候】 小雨
【水温】 17度
【風】  -
【釣果】 イワナ1匹(36cm)、バラシ2
【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・ネオバーサル 662ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング、製造番号308)
【撮影】 Canon Power Shot S110

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

歴戦の勇士・鬼怒川本流ヤマメ34cm(2015/08/22)★

雨粒の付いた蜘蛛の巣鬼怒川本流(栃木県塩谷町)







 鬼怒川の河原に降り立って、時計を見ると、午前7時30分。

 灰色の雲間から、霧雨がしょぼしょぼ降り続いている。

 川霧に包まれた上流から渡ってくる、ひんやりした風が頬をなでていくのが気持ちいい。

 すでに、長竿を使った本流ヤマメ狙いのエサ師1人が、お気に入りポイントに立ち込んでいる。

 仕方なく、餌釣りでアプローチしにくい流れの早い瀬を中心に、広範囲に探っていくことにする。

 本流の強い流れの中でも、しっかり泳いでくれる85mmサイズのYSミノーが手元にあるので、とても心強い。

 長く続く瀬で、明らかにグッドサイズのヤマメと分かる、「グンッ」というショートバイト2回。

鬼怒川本流ヤマメ34cm in 鬼怒川(栃木県塩谷町)(2015/08/22) 渇水気味にも関わらず、意外といけそうな予感がしたものの、後が続かない。

 ついに、最後のポイントに来てしまった。

 流れ込む深場をじっくり攻めた後、残りは、水深1メートルほどのヒラキだけである。

 午前9時、さすがにこの時間になると、ヤマメ達は、深場に移動しているだろう。

 それでも2回あったショートバイトが、YS-minnowをキャストするのを後押ししてくれた。
 
鬼怒川本流ヤマメ34cm in 鬼怒川(栃木県塩谷町)(2015/08/22)  時々ロッドをあおって、ミノーをダートさせていると、いきなり強烈な衝撃が走った。

 浅瀬に寄ってくると、ドラグを鳴らしながら、突進を繰り返す。

 背びれを水面に出して、イルカのように走り回る。

 ネイティブの本流ヤマメのファイトは、何度遭遇しても緊張する。

 YS-minnowのベリーフックをくわえたのは、34cmの鬼怒川本流ヤマメだった。

鬼怒川本流ヤマメ34cm in 鬼怒川(栃木県塩谷町)(2015/08/22) 浅瀬に寝かせると、背びれから尾びれにかけて、両脇のウロコが、薄いヘラ状のものでこすり取ったように剥がれている。

 おそらく、カワウに、クチバシで銜えられたのを、全身で振り切った痕なのだろう。

 釣り人やカワウのプレッシャーの中、逞しく生き延びてきた証。

 勲章付きの「歴戦の勇士」であった。

 このタフな遺伝子を、次の世代につないでほしいと願いながら、そっと流れに戻した。

鬼怒川本流ヤマメ34cm in 鬼怒川(栃木県塩谷町)(2015/08/22)~~釣行データ~~

【日時】 2015年8月22日(土)、7時~9時30分

【場所】 鬼怒川本流(栃木県塩谷町)

【天候】 小雨のち曇り

【水温】 18度

【風】  -

【釣果】 鬼怒川本流ヤマメ1匹(34cm)

【タックル】

〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・ネオバーサル 662ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング、製造番号304)

【撮影】 Canon Power Shot S110

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

今年から新たに茨城県那珂川でもサーモンフィッシングが始まります!

 今年から、茨城県の那珂川でもサーモンフィッシングが開催されることが分かりました。

 募集は、2015年8月24日から9月4日まで。

 調査は、11月1、2、3、4、5、10、11、12、13、14日の計10日間です。

 詳しくは、募集案内のページ(http://www.kanritsuriba.com/post-2873/)をご覧になってみてください。

 また、茨城県那珂川サケ資源有効利用調査実行委員会のフェイスブックも開設されています。

  細かい情報は、こちらに掲載されるかもしれませんので、チェックをお忘れなく。

 これで、茨城県でサーモンフィッシング(サケ有効利用調査)が開かれるのは、久慈川に続き、那珂川で2ヶ所目になりました。

 参加できる機会が増えるのは、ファンにとって、本当にありがたいことです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月18日 (火)

2015茨城県久慈川&新潟県荒川サーモンフィッシングの募集が始まります

 毎年、お盆を過ぎると気になってくるのが、秋から冬にかけて開催される「サーモンフィッシング」です。

 茨城県久慈川サーモンフィッシングhttp://kujigawa.server-shared.com/sake1.html)は、ルアーの場合、8/31(月)から9/8(火)まで。そして、新潟県荒川サーモンフィッシングhttp://www2.salmon-fishing.jp/)は、一般募集が、9/1(火)から始まるそうです。

 豪快なサーモンのファイトを経験しておくと、湖や本流で大物がヒットした時に慌てずに済みますので、是非チャレンジしてみてください。

 それから、昨年開催された栃木県内4河川のサーモンフィッシングは、まだ発表されていません。

 こちらも見逃せません。HPをチェックするのを忘れずにsign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

カシオの腕時計「チプカシ(F-105とLQ-139)」を購入

 G-SHOCKを買ったばかりなのに、またまた腕時計ネタですcoldsweats01

 1,000円前後のカシオ製の腕時計のことを「チープカシオ」、略して「チプカシ」と呼んで注目されていることをご存じでしょうか。

 機能は最小限で時計とストップウォッチ程度。生活防水で防水もまずまず。時間はほとんど狂わず、電池寿命はなんと7年。それでもって1,000円程度というお値段。

チプカシ「F-105」 時計機能がしっかりしていれば、十分という方を中心に人気が出ています。

 安くて気軽に買えるので、女性の中には、ベルトを交換したりして、おしゃれに楽しむ方もいらっしゃるとか・・・

 カシオのG-SHOCKを買って見たものの、仕事中や釣り・山登りに使うのはともかく、さすがに草刈りや草むしりにするのは、ちょっともったいない。

長女にプレゼントしたチプカシ「LQ-139」 ハードな作業をする時に、気軽使える腕時計がほしくなってしまい、ネットで探していてたどり着いたのが、この「チプカシ」でした。

 オーソドックスな「F-84」や「F-91」に触手が伸びたのですが、最終的に、釣りにも使えて、バックライトが明るい「F-105W-1A(1,480円)」にしました。

  腕に付けてみると、あまりの軽さに、時計をしているのを忘れてしまいそうです。

  肝心の時計の機能の方は、2週間で4秒遅れになるぐらいの誤差で、20秒ほど進めておけば、半年ぐらい、そのまま使えそうです。

 バックライトの明るさは申し分なし。

 プライベートは、これさえあれば十分かもしれません。
ドイツから送られてきた写真
 チプカシモードに入ってしまったついでに、夏休みを利用して、ドイツに短期留学に行く長女のために、女性に人気の「LQ-139AMV-7B3LWJF(900円)」をプレゼントしてあげました。

 今頃、長女の細腕で、ドイツ時間をしっかり刻んでいることでしょう。

  長女ともども、完全、どっぷり「カシオ・ファン」です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

早朝の鬼怒川散歩(2015/08/16)

鬼怒川本流 8月16日(日)、お盆の行事も一段落したので、早起きして鬼怒川本流(塩谷地区)の様子を見に行ってきました。

 河川敷では、ススキが穂を出し始めています。

 川面を渡ってくるひんやりした空気に、秋を感じます。

 猛暑が落ち着いてきたこともあって、水温は18度に下がってきていますが、相変わらずの渇水モード。

ツリガネニンジンとイチモンジセセリ 河原を歩く先々で、バタバタは水面から飛び上がるのは、カワウです。

 こんな状況では、ヤマメ達は本流筋の強い流れの下に潜って、表層に出てくることはなさそうです。

 土手を歩いていると、ツリガネニンジンが小さな白い花に目が止まりました。

 カメラを向けていたら、撮るなら一緒に!と言わんばかりにやってきたのは「イチモンジセセリ」。

 チョウチョと花を一緒に撮影しようとすると、中々タイミングが合わず、うまく撮れなかったりするので、朝からちょっと得した気分になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年8月 9日 (日)

8月上旬の夕方、鬼怒川(塩谷地区)で本流ヤマメ(2015/08/09)

鬼怒川本流(栃木県塩谷町) 少し雲が出て、暑さが一段落。

 それでも、午前中、デッキブラシを使って玄関周りの掃除をしていたら、とたんに汗だくです。

 これでは、さすがに日中の外出は厳しい。

 自宅でテレビを見たり、ハンドメイドミノー作りをやっていたら、午後4時。

 暑さが少し和らいでいます。

鬼怒川本流ヤマメ(20cm) (2015/08/09) 午後5時過ぎ、鬼怒川本流(塩谷町)は、水温22度、水位は大きく下がっていて超渇水です。

 出来上がったばかりのYS-minnowΔtype70mm(No297モデル)は、瀬の中でもプリプリよく泳いでくれます。

  活性の高いヤマメがいるといいんだけど・・・

鬼怒川本流ヤマメ(20cm) (2015/08/09) プールは全く反応がありませんでしたが、瀬の中から、小さいながらも本流ヤマメ(20cm)が出てくれました。

  渇水&高水温という厳しいコンディションの中、ヤマメの顔を拝めただけでも、ありがたいこと。

 思い出してみれば、8月に鬼怒川で本流ヤマメを釣ったのは、これが初めてでした。 


~~釣行データ~~


【日時】 2015年8月9日(日)、17時~18時30分
【場所】 鬼怒川本流(栃木県塩谷町)
夕陽【天候】 晴れ
【水温】 22度
【風】  -
【釣果】 鬼怒川本流ヤマメ1匹(20cm)
【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・ネオバーサル 662ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(70mm、6g、シンキング、製造番号324-No297モデル)
【撮影】 Canon Power Shot S110

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 8日 (土)

YS-minnowΔtype70mm(No297モデル)が完成

YS-minnowΔtype70mm(No297モデル、製造番号322~326) 現在、YS-minnowは、70mmと85mmの2タイプがあります。

 鬼怒川本流や川俣湖でメインで使っているのは85mmですが、85mmに反応がない時や渓流では70mmも使っています。

 70mmタイプは作った本数が少なかったこともあって、予備がなくなっていました。

  今日の午後、鬼怒川で、7月中旬から作り始めていたYS-minnowΔtype(70mm、6g、シンキング、No297モデル)のスイミングテストを終えてきました。

 泳ぎは、5本(製造番号322~326)ともバッチリ。

  これでしばらく大丈夫でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

「カシオ G-SHOCK(G-SPIKE G-300-3AJF)」を購入

カシオ G-SHOCK(G-SPIKE G-300-3AJF) 仕事の時はもちろん、大好きな釣りにもしていける「1万円程度の防水機能が付いている、電池交換式の腕時計」を1ケ月ほど探し続け、悩んだ挙げ句、カシオのG-SHOCK G-SPIKE(G-300-3AJF)を買っちゃいました。

 「もう少しいい時計をしてみたい」という気持ちがなくもないのですが、機能的に十分で、8千円ちょっとリーズナブルなこの機種が、ほぼベストでしょう。

 Gショックって、ゴツイ印象があったのですが、思っていた以上にコンパクトで、仕事で付けていても全く気になりません。

 最近、この時計をしていくことが多いのですが、淡々と正確に時を刻む、お気に入りの腕時計を身につけていると、「ちゃんとしなくっちゃ。がんばろう!」というポジティブなパワーが湧いてくるから不思議です。

 20秒ごとに、長針がプルッと動くのが、頑張っている感を出しているからかもしれません。

 腕時計が、やる気パワーを生み出す、第二の心臓のような存在になってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

鬼怒川上流部で散歩釣り(2015/07/31)

 平日なら、釣り人もいないだろうと思ったら、意外や意外、予定していた鬼怒川上流の入渓ポイントには、すでに車が止まってましたcoldsweats01

 もう少し早く来るんだった。

鬼怒川上流の渓流 ならばと、次のポイントへ・・・

  餌釣りの釣り友に先行してもらって、少し後から、スプーンで釣り上がっていきます。

 渓流では、エサにしか反応しない魚、エサとルアーの両方に反応する魚、そしてアーにしか反応しない魚がいます。

 よっしーの狙いは、もちろん、ルアーにしか反応しないイワナやヤマメ。

岩の上のトンボ 真夏の日中ということもあって、魚影を見かけることはありません。

 フィッシングベストのポケットに差し込んだ、凍らせたポカリで喉を潤して、上空を見上げると、真っ青な夏空に、両岸からすくっと盛り上がった緑の木々。

 せせらぎの音やマイナスイオンを浴びながら、景色を眺めているだけで、十分満ち足りた気分になってきてしまうのは、気合の入った「釣り師」ではない証(^_^;)

ウグイ(28cm) in 鬼怒川上流の渓流(2015/07/31) 釣り友が攻めた後の木陰になった大石周りの緩やかな流れに、スプーンを放り込んでみたら、猛然と追いかけてくる魚影が・・・、足元で水しぶきが飛び散りました。

 ポイントがポイントなので、イワナかと思っていたら、この時期としては珍しい、オレンジ色の婚姻色の出た、立派なウグイ(28cm)でした。

  渓流に、こんな魚が潜んでいるとは・・・

イワナ in 鬼怒川上流の渓流(2015/07/31) この後、昼過ぎまで頑張って、木陰になった浅瀬でイワナとヤマメを1匹ずつ釣って終了。

 暑い日差しは、人間と同様に、魚たちも嫌がるようで、釣れたのは、全て日陰の流れでした。

 釣り友の方は、ブドウ虫をエサにして、チビヤマメを連発。食べごろサイズが釣れずに、全てリリースしてました。

 のうびんり散歩しているような渓流釣りもいいですね。

鬼怒川上流の渓流
~~釣行データ~~


【日時】 2015年7月31日(金)、8時~13時
【場所】 鬼怒川上流部(栃木県日光市川俣地区)
【天候】 晴れ
【水温】 未計測
【風】  -
【釣果】 イワナ1、ヤマメ1、ウグイ2
【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ナイロン10lb
 ルアー:スプーン・ベスパ5g
【撮影】 Canon Power Shot S110

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »