« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月の9件の記事

2016年2月27日 (土)

正嗣(まさし)の餃子で「ぎょうざ鍋」

 2016年1月30日、地元下野新聞に、「2015年12月分の総務省家計調査(速報値)が発表され、宇都宮市の世帯当たりのギョーザの年間購入額は3981円で、ライバルの浜松市(4646円)に665円届かず、2年連続で2位」という記事が載りました。

 1位に、そんなにこだわる訳ではありませんが、総務省の家計調査では、正嗣やみんみんの店舗で食べた餃子や、テイクアウトで持ち帰った焼餃子や冷凍餃子は、対象に含まれていません。

 宇都宮市民が一番餃子を買っているのは、間違いなくテイクアウトです。

 よく行く「ぎょうざの正嗣・岩曽店」は、夕方になると、テイクアウトで焼餃子や冷凍餃子を買い求めるお客さんが並んでいます。

 少し前まで店内で食べることができたのですが、先日行ったら、なんと「テイクアウト専門店」になってました。

 テイクアウトが、いかに売れるかということですね。

正嗣の餃子で「ぎょうざ鍋」 調査に含まれるスーパー等で購入した餃子を食べる方もいますが、何といっても、一番食べている「餃子店でのテイクアウト」が含まれていないんですから、2位と言われても、ちょっと???となってしまいます。

 回りの話を聞くと、夕食時に、少ない家庭で2週間に1回、多い家庭では週2回は、餃子店で買ってきて食べています。

 よっしー家では、焼餃子を買ってくることが多いのですが、最近、新しい食べ方が定番になりました。

正嗣の餃子で「ぎょうざ鍋」 ぎょうざ鍋です。

 水炊きの中に、正嗣で買ってきた冷凍餃子を入れていただきます。

 おいしい水餃子をいただきながら、、鍋料理を楽しんだ後は、うどんです。

 野菜が多くてさっぱりしている「正嗣の餃子」が、よく合います。

 寒い季節にぴったりの嗣の餃子を使った「ぎょうざ鍋」。

 みなさんも試してみてくださいねhappy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日)

いよいよ来週解禁です

修理したバードフィーダー 午前中、風で木から落ちて壊れてしまったバードフィーダーを修理してました。 

 筒状のブラスチック部分がバリバリに割れてしまったので、クリアファイルを加工して、復活!

 木に吊るすと、すぐに常連のシジュウカラ達がやってきて、ヒマワリの種を美味しそうについばんで、枝の上でコンコン、コンコンッ・・・

 よく見ると、シジュウカラの背中のグリーン色に、心なしか艶が出てきています。春ですね~~~

鬼怒川年券 いよいよ来週火曜日の3月1日には、山沿いの地域を除いた鬼怒川本流などの栃木県内の主要河川が解禁を迎えます。

 YS-minnowのニュータイプの完成は間に合いそうもありませんが、すでに実績を上げてい
るYS-minnowΔtype320モデル(85mm、8g、シンキング)のストックは十分確保してありますし、「かとう釣具店(http://www.fskatoh.com/)」で、鬼怒川漁協の年券も購入してきましたので、いつでも準備OK。

 2016年シーズンが始まりますよ~~~sign01

かとう釣り具店前の鬼怒川本流

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木)

ばとう手作りハム・レストラン巴夢の絶品ランチ!

長女の運転 運転免許をとったばかりの長女の練習がてら、那珂川町方面へドライブsign01

 最初のうちは、運転手の長女はもちろん、同乗者の私たちも、ガッチガチに固まっていましたが・・・

 安全優先のまじめな運転に、少しずつ緊張がほぐれていき、午後1時過ぎ、那珂川町のばとう手作ばとう手作りハム・レストラン巴夢りハム「レストラン巴夢」に、無事到着しました。

 ランチタイムのピークを過ぎているにも関わらず、空いているテーブルは1つだけ。

 さすがに人気があります。それには訳が・・・

 この店を経営する星種豚場さんは、農林水産賞のコンクールで、最も優れた「天皇賞」を受賞しているのです。
ロースハムのステーキ&ソーセージ定食
 その受賞を記念して「ロースハムのステーキ&ソーセージ定食」が割引されているとなれば、注文しない訳にはいきません。

 分厚く、柔らかいロースハムのステーキ、ソーセージを噛むと、パリッパリ、そしてジューシーな甘い肉汁が口中に広がります。

 妻が頼んだ「自家産 茶色豚のロースとんかつ膳」のとんかつも、厚さ、ジューシーさ、ともに申し分ありません。

自家産 茶色豚のロースとんかつ膳 以前、埼玉県のサイボクハムで、トンカツをいただいた時、「栃木県にもこういうお店ができないかな~~」と思ってたことが、ここに実現したことに気づきました。

  いいですね~~~(^_^)

 駐車場には、県外ナンバーの車も数台か止まっていましたので、この美味しさは、遠方まで響き渡っているようです。

 那珂川町方面に行かれる時は、ばとう手作りハム「レストラン巴夢」を是非お忘れなくhappy01

【ばとう手作りハム「レストラン巴夢」】
所在地:栃木県那須郡那珂川町小口1467-3
電話:0287-92-8601
HP:http://bato-ham.com/restaurant.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日)

2016年5月12~14日「中禅寺湖でマス類資源調査」を実施

 今朝(2/14)の下野新聞の1面を見てびっくりsign01

  「ヒメマス激減 原因究明へ 県など中禅寺湖で5月に釣り人募り資源調査、4魚種に標識付け再放流

 中禅寺湖でヒメマスが2年連続で捕獲数が過去最低となったことを受け、漁協と国、県がマス類(ブラウン、レイク、レインボー、ホンマス)の調査を行う。

 5月12~14日の3日間を禁漁にして、募集する釣りファン100名(無料)が集中的に釣って、釣った魚の記録をとったあと、魚に標識を付けて放流。

 5月15日以降、一般の釣り客が標識のある魚を釣った場合、それを報告してもらって、魚の成長や移動の状況を把握する。

~~~~~~~~~~~~~~

 中禅寺湖のマス類の生態がデータで明らかになれば、その後の保護・管理に役立つことは間違いないでしょう。

  最初に標識を付ける3日間(5/12~14)のみならず、その後の釣り人の協力があって成り立つ調査ですので、末永く中禅寺湖で釣りを楽しむために、アングラーみんなで協力したいですね。

  応募方法は、2/15から中禅寺湖漁協のHP(http://www.chuzenjiko.or.jp/index.html)や県のHPに掲載されるそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

そばの里永野&稲わらアート~~鹿沼市ドライブ~~

ウメの花そばの里永野






 冬休みで、新潟から帰省してきている長女に、美味しいそばを食べさせてあげたくて、鹿沼市の「そばの里永野」へ。

 店の前では、ウメの花が咲いてました。

 よっしーは、いつもの「もりそば」、美味しさうまさはピカイチです。

そばの里永野のもりそば

 帰りに、新聞に掲載された中・入粟野地区「稲わらアートプロジェクト」を見るために、ちょっとちょっと寄り道。

 文星芸術大学の学生さん達が作った、直径10メートルほどの円形のワラの芸術作品には、入り口があって、中に入ると、ワラで作った動物や人形が吊るされています。

 子供の頃、母の実家で、ワラが積んであるところに寝っころがって遊んでいたことを思い出しました。

 懐かしさを感じさせる稲わらアート。

 近くに行かれた方は是非立ち寄ってみてください。

稲わらアート稲わらアート







【そばの里永野】
所在地:栃木県鹿沼市下永野1314
電話 :0289-84-0078

【稲わらアートの場所】
 遊の郷直売所(鹿沼市中粟野655-1)の前

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

鬼怒川本流(宇都宮地区)のポイントチェック

鬼怒がHP本流(宇都宮地区) 2016年3月の解禁まで、あと3週間。

 仕事から帰って一息ついた後は、リールのメンテナンスやルアーのチェック。

 少しずつ準備を始めているところです。

 今日は、鬼怒川本流(宇都宮地区)のポイントチェックに出かけてきました。

 昨年、9月台風18号の影響で、川原に生えた木々には、いまだに流れてきたゴミが引っかかっています。

岡本グリーンパーク前 肝心の本流の流れは、大きく変わっていて、岡本グリーンパーク前とかは流れが完全に右岸側に移動して、岩盤の底がむき出して、干からびています。

 全てのポイントを見てきた訳ではありませんが、全体的に、流されてきた玉石で、流れ込みや深場(プール)が埋められている印象で、本流ヤマメが着きそうなポイントが減っている感じです。

 昨年まで通っていたポイントは、全て浅い流れに変わってました。

川沿いの砂利道 ちょっと厄介なのが、アプローチするための河川敷沿いの道路が、増水した時に、石と石の間の土や砂が流されてしまって、デコボコしてしまい、とても運転しにくいこと。

 近年にない厳しいコンディションに少々手こずりそうですが、何とかポイントを探し出して、解禁日を迎えたいものです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日)

塗装を剥がしてクリア(ゴースト)カラーのM-1インスパイアー・ミノーを作る

 ハンドメイド・ミノーで作ることができない唯一のカラー。それは、何も着色していない無色透明のクリア(ゴースト)カラーです。

 バルサ素材では、逆立ちしても透明にはできません(^_^;)

 川俣湖などで、YS-minnowで反応がない時に、ゴースト系のM-1インスパイアー・ミノー(#108 ゴーストアユ)を投げると、イワナやレインボー、サクラマスがバイトしてくることがあります。

  シルバーベース・リアル系のM-1インスパイア・ミノー(#126 ショーギンアユ、#217 スーパーワカサギ)にバイトしてくることはないので、ラトル音ではなく、クリアーカラー(ゴースト)に反応していると思われます。

 シーバス・フィッシングでは、「クリアカラーは差し込んできた光りがプラスチックボディで乱反射して、下を泳ぐシーバスに強烈にアピールする」らしく、トラウトが同じように反応しても不思議ではありません。

 普段使っているゴーストアユ(#108)は、ほんの少しカラーリングされています。

 全く塗装されていないクリア・カラーに、ネイティブ・トラウトがどのように反応するのか、とても興味があります。

 M-1インスパイア・ミノーには、全く塗装のないクリアカラーもラインナップされていますが、中々手に入らないので、自分で作ってみることにしました。


塗装を剥がしてクリアカラーのM-1インスパイアー・ミノーを作る

M-1インスパイアー・ミノー(ザッコ・カラー、#113)消毒用エタノールに漬け込んだミノー






 手元にあったザッコ・カラー(#113)のM-1インスパイアー・ミノーを使うことにしました。

 ジッパー付きのビニール袋に、消毒用エタノールを少量注ぎ込み、そこにティッシュにくるんで輪ゴムで止めたミノーを漬け込みます。

消毒用エタノール消毒用エタノール


 



 塗装剥がしに使うエタノールは、車の水抜き剤を使った方がいいという情報もありましたが、身近にあるものを優先しました。

 6時間ほど経って、ミノーを取り出すと、塗装が少し浮き上がっています。使い終わった歯ブラシや、プラスチック製のヘラ、大きめのマイナスドライバーを使って、ゴリゴリ削り落していきます。

塗装を剥がして作ったクリア(ゴースト)カラーのM-1インスパイアー・ミノー  塗装は一気に落ちません。

 「エタノールに漬け込んでは、削り取り」の作業を繰り返し、5回ほどで、ほとんど落すことができました。

 次に、シンナーを綿棒に付けて、表面の細い筋の間の残っていた僅かな塗料を、ゴシゴシ拭き取ると、きれいになりました。

 最後に、小さな傷でできた、表面の曇りを取るため、セルロースセメント(2倍液)に、2回ディッピィングして、クリアーカラーのミノーの完成です。

 目玉は、エタノールで柔らかくなって傷が付いてしまいました。今度作る時は、先にカッターなどで目玉を外して、出来上がったら、瞬間接着剤で付けるようにしたいと思います。

〔参考〕
  市販ミノーの塗装を剥がすのは、こちらのサイト(http://okabassyoshiki.blog.fc2.com/blog-entry-17.html)を参考にさせていただきましたm(_ _)m

~~~~~~~~~~~~~~

 今年は、川俣湖に出かけた時は、YS-minnowΔtype(85mm、7g、シンキング)で反応がない時は、このクリアカラーのM-1インスパイアー・ミノーで、イワナやサクラマス、レインボーを狙います。

塗装を剥がして作ったクリア(ゴースト)カラーのM-1インスパイアー・ミノーとYS-minnow

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

東古屋湖は氷も少なくグッドコンディション(2016/02/06)

東古屋湖・事務所前東古屋湖・キャンプ場前







 今日(2/6)、塩谷町に用事があったので、ついでに東古屋湖の様子を見てきました。

 事務所前はもちろん、キャンプ場前も、氷は張っておらず、グッドコンディションです。

 さすがに、最上流の東古屋橋付近は、凍っていますが、これから気温が上がってきますので、これ以上、氷結する部分が増えることはないでしょう。

 キャンプ場前で、湖面に目を凝らしていると、時々、かすかなライズがあって、ルアーを投げたくなる衝動がふつふつと沸き上がってきました。

 まだまだ釣り欲はありそうです(^_^)

 2/26と27に開催される東古屋湖解禁前調査には参加することができませんが、参加される皆さんにとって、いい調査になるよう祈っています。

東古屋湖・東古屋橋下流の再上流の氷結部分東古屋湖・東古屋橋下流の氷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 1日 (月)

2016年東古屋湖解禁前調査が発表!

 2016年(平成28年)の東古屋湖の解禁前漁獲調査がHP(http://www.kinugawa-gyokyou.com/higasigoyako/)に発表になりました。

  調査日は、2/26(金)と、2/27(土)の2日間、応募は、2/8(月)~14日(日)の1週間です。

  例年通り、キャッチ&リリース、ルアー・フライ限定、「舟釣り」というルールに加え、今年は「陸っぱり」も対象になっています。

 毎年も参加するのを楽しみにしていたのですが、今年は用事が入っていて参加することができません。う~~~ん、ザンネン(^_^;)

 参加されるみなさん、是非とも、私の分も楽しんできてくださいね~~~sign01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »