« 中禅寺湖釣行(2016/06/18) | トップページ | 愛媛の恵み、「唐川びわ」 »

2016年6月20日 (月)

日曜の昼下がりに、肥後守でバルサを削る

 週末、庭の水道で、刃物を研ぐのが習慣になって、しばらく経ちます。

 普段使いの包丁にはじまって、小刀やナタ、ハヤミ、そして、先日ジョフル本田で買って大事にしている「肥後守」。

 砥石に水をかけながら、シャー、シャーと奏でながら、研いでいると、気持ちが落ち着いてくるから不思議です。

  「肥後守」は、先端の出っ張りを荒い砥石で削り、笹刃型に改造したので、シャープな印象になって、かっこいいのなんのって

肥後守でバルサを削る そして、日曜の昼下がりには、研ぎ込んだ肥後守を使って、ハンドメイドミノーのバルサの荒削り。

  刃先がスルスルと抵抗なく、バルサに食い込んでいく時の、感触、音がたまりません。

 ハンドメイドミノーを作るのか、肥後守を使うのか、どちらが主役か・・・

  とか言いつつも、ハンドメは、YS-minnowΔtype(85mm、7g、311タイプ)の微調整版、2本の作製です。

  こちらも手抜きをせず、ちゃんとやってますので、念のため。

|

« 中禅寺湖釣行(2016/06/18) | トップページ | 愛媛の恵み、「唐川びわ」 »

17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等)」カテゴリの記事

40◇ 刃物・研ぎ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/63807350

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜の昼下がりに、肥後守でバルサを削る:

« 中禅寺湖釣行(2016/06/18) | トップページ | 愛媛の恵み、「唐川びわ」 »