« 研ぎ込んでものにしていく「肥後守」 | トップページ | 早朝の鬼怒川本流(塩谷地区) »

2016年6月 5日 (日)

夕方ちょとだけ鬼怒川本流(塩谷地区)

 雨が降らず、水に変化が出ないので、釣りに出かけるパワーが出てきません。

 庭の水道で、週一の日課となった普段遣いの包丁や、ハンドメイドミノーのバルサ削りに使い始めた「肥後守」を研いで、その切れ味に一人ニヤニヤ・・・

 刃物を研いでいると、砥汁の出具合や、研いだ刃先の輝きに、ひたすら夢中になれるのが気に入っています。

 研げば切れ味がよくなるのは間違いないので、必ずよくなる、必ず切れるようになるのが分かっている、というのがいいのかもしれません。

 一日、家の中に閉じこもっているのはもったいないので、夕方、鬼怒川(塩谷地区)へ。

夕陽が水面に映って赤く輝く鬼怒川の水面 アユ釣りが解禁になった鬼怒川ですが、午後5時過ぎともなると、釣り人はほとんどいません。

 水温18度。ダムからの放流の影響でしょうか。水位が少し上がっています。

 流れ込み、瀬、流れ出しを歩き回ってふり返ると、夕陽が水面に映って赤く輝いていました。

 今日の収穫は、この写真一枚でした。

|

« 研ぎ込んでものにしていく「肥後守」 | トップページ | 早朝の鬼怒川本流(塩谷地区) »

01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー)」カテゴリの記事

コメント

情緒ある一枚ですね。

投稿: Bamboo | 2016年6月 5日 (日) 22時57分

こんにちわ!水温高いですね!夕方に水温計らないんで気づきませんでしたが、かなり温まってますね!今年は魚も動きが早いかもしれませんね~魚探しが大変そうです。

投稿: salmon | 2016年6月 6日 (月) 15時01分

>Bambooさん

 こういう光景が見られるのが、釣りをしている楽しみの一つだと思ってます。

 とは言え、魚のいい写真が撮りたいのですが・・・(^_^;)

投稿: よっしー→Bambooさん | 2016年6月 6日 (月) 20時22分

>salmonさん

 そうなんです、予想以上に水温が高いのにびっくりしちゃいました。

 梅雨入りしたので、これから本流ヤマメが釣れるタイミングが増えてきます。

 いよいよ本番です

投稿: よっしー→salmonさん | 2016年6月 6日 (月) 20時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/63736501

この記事へのトラックバック一覧です: 夕方ちょとだけ鬼怒川本流(塩谷地区):

« 研ぎ込んでものにしていく「肥後守」 | トップページ | 早朝の鬼怒川本流(塩谷地区) »