« 2016年シーズン最後の鬼怒川本流 | トップページ | 砥石の平面出し用に「両面ダイヤモンド砥石(SK-11)」を購入 »

2016年9月24日 (土)

水没したコンパクトデジタルカメラ「Canon Power Shot S110」の顛末~~撮影すると白っぽくなって使えず~~

【2016年9月18日(水没させてしまった日)】

 2016年9月18日(日)の鬼怒川上流の渓流で、誤って水没させてしまったコンパクトデジタルカメラ「キャノン・パワーショット S110(Canon Power Shot S110)」(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2016/09/201645cmin-2016.html)。

 水没していた時間は、およそ3分ぐらい。カメラを入れておいたケースのチャックが空いたままだったので、ほぼ完全に3分間、水に浸かったことになります。

 その場で、SDカードとバッテリーを抜き出して、タオルで拭いて、ざっと水分を取り除きました。

 自宅に戻って、SDカードを確認してみたところ、撮影したイワナの写真は無事でした。SDカード自体、書き込み、読み出しが普通にできます。意外と頑丈にできているんですね。

 一方の、デジカメの方。

  バッテリーを入れて、電源を入れてみましたが、うんともすんともいいません。

 バッテリーを抜いて、ドライヤーで20分間ほど温めた後、ビニール袋に、乾燥剤と一緒に入れておきました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【9月19日(1日後)】

 翌日、9月19日(月)の朝、乾燥剤ではいまいちではないかと、再び、ドライヤーの温風・弱モードで、少し距離を離して、時々、休みながら、総時間で30分ほど、温めて内部の水分を飛ばしました。

 温風を当てていると、カメラ本体が高温になって、手で触るとアチチって感じです。

 内部に入り込んだ水を早く飛ばさないと、サビが出てきて、余計回復困難になると思い、熱で多少の問題が起きることを承知で、とにかく水分を飛ばすことに専念しました。

  正午から外出する予定があったので、ドライヤーではなく、使い捨てカイロを上下に当て、カメラを挟むようにして、温めることにしました。

 9月19日(月)の午後4時、自宅に戻って、カメラにバッテリーとSDカードを入れてみたところ、ようやく「起動」しました。

 水没後の初めて反応。そして、写真もなんとか撮影できます・・・が、液晶画面は、ボヤっとしていて画像が全く映りません。また撮影した写真をパソコンで見ても、真っ白で、何も映っていません。

  おそらく、水分がまだ内部にあるのでしょう。再び、ドライヤーで温めることにしました。

水没した後、乾燥させた「Canon Power Shot S110」 ドライヤーで温めるのは、水分を早く飛ばせる反面、高温になり過ぎると、基盤や配線を痛めてしまう可能性があります。どの程度の高温までカメラが耐えられるのか分からないので、このあたりは、完全に勘です。

  しばらくドライヤーで乾かした後、レンズをルーペで見てみると、内部のレンズの中心に小さな曇りのようなものが付いているのを発見。

  「曇り」なのか「水滴が乾燥してしまった後の汚れ」なのか、よく分かりません。

 写真を撮影してみると、何とか映るようになりましたが、絞り開放のF2.0から、絞りをF4、F5.6、F8と絞るほど、霞がかかって白くぼやけた写真になります。

 全て確認した訳ではありませんが、この時点で電気系統の機能はほぼ復活、問題はレンズの曇りだけです。

 液晶がまだらになっていますが、写真がきれいなら問題ないので、気にしないことにします。

  ひとまず、ビニール袋に、乾燥剤と一緒にカメラを入れて、様子を見ることにしました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【9月24日(6日後)】


 乾燥剤の入ったビニールから取り出すと、レンズの中に入った曇りの大きさや形に変化はありません。ルーペで拡大して見ると、どうやら乾燥した後に残った水滴の痕のようです。

  まだらになっていた液晶は、内部の水滴が原因だったようで、しっかり乾燥したおかげで、元通りの綺麗な画像を表示できるようになりました。

水没した「Canon Power Shot S110」で撮影した白っぽくなった写真(F8、1/5、ISO:1600、焦点距離35mm、三脚使用)  その他の機能は、一通りチェックしてみましたが、ほとんど問題ありません。

  肝心の写真映りですが、絞り開放f2.0から、絞りをF4、F5.6、F8と絞っていくと、相変わらず、霞がかかって白くぼやけた写真になります。

  レンズの汚れだけでは、こんなにならないと思いますので、おそらく、内部のCMOSセンサーに着いた水滴が乾燥した後に、汚れが付いてしまっているのでしょう。

 こんな調子では、ちょっと使えません。

  次なるカメラを物色したいけれど、最新のコンデジは結構高いし・・・

  悩みは続く・・・

|

« 2016年シーズン最後の鬼怒川本流 | トップページ | 砥石の平面出し用に「両面ダイヤモンド砥石(SK-11)」を購入 »

50◇ カメラ」カテゴリの記事

コメント

何度も同じような経験を踏みずっと防水コンパクトカメラ使ってましたがやっぱカメラとしてはイマイチなんですよね。
最近では面倒なんでiPhoneでしか撮影してませんが、奇跡の1匹様に私もS110持ち歩いてます。
最近SONYのRX100M4とか欲しいけど手が出る値段じゃ無い

投稿: ocmagic2 | 2016年9月25日 (日) 16時08分

>ocmagic2さん

 こんばんは。

 ocmagic2さんも、S110の愛用者だったんですね(^_^)

 私もいろいろ調べてみたのですが、防水コンデジで絞り優先ができるのは、オリンパスのタフシリーズだけのようでした。

 プログラムやシーンモードだけでは、ちょっともの足りないんですよね。

投稿: よっしー→ocmagic2さん | 2016年9月25日 (日) 20時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/64249088

この記事へのトラックバック一覧です: 水没したコンパクトデジタルカメラ「Canon Power Shot S110」の顛末~~撮影すると白っぽくなって使えず~~:

« 2016年シーズン最後の鬼怒川本流 | トップページ | 砥石の平面出し用に「両面ダイヤモンド砥石(SK-11)」を購入 »