« 水温14度の那珂川水系上流の渓流へ | トップページ | 別世界の釣り「中禅寺湖レイクトローリング」 »

2016年9月 2日 (金)

自作した金鋸ナイフを市販カッターに装着して使う

金鋸を研ぐ 金鋸でナイフを自作(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2016/08/post-da74-1.html)した後、ふと「この小刀を普段使いできないか」と考えるようになりました。

  この渋い輝きが、いつでも手元にあったら、どんなに楽しい気分になるでしょう。

  思いついたのが市販のカッターに装着する方法です。

金鋸カッター  近所のホームセンターにノギスを持ち込んで、刃幅12mmのカッターを探してみると、ありました、ありました。

  オルファ(OLFA)の「特専M型・中型・内装プロ用(品番 145B)」、350円。

 このカッターに、上手にセットするには、金鋸のサイズが長すぎず、短すぎないようにするのがポイントになります。

金鋸カッター  今回作った金鋸刃の、刃先の先端から後端までの長さは85mm、幅は12mm、ちなみに刃渡りは30mmです。

  このうち、一番大事なのは長さを「85mm~50mm」にすることです。

  85mmより長いと、カッターを後端まで収めた時に、刃先が出てしまいますし、短すぎると使うのに不便になります。

  刃渡りをある程度確保するとすれば、長さは85mmから短くても50mmの間に収めるのがいいでしょう。

金鋸カッター  実は、85mmという長さは、最初から分かっていた訳ではありません。

  たまたま出来上がった金鋸ナイフのサイズが85mmで、完全に偶然の賜物。結果オーライでした。

  余談ですが、このカッターに元々セットされていた替え刃の切れ味は、素晴らしいの一言です。

  普通の紙が、何の抵抗もなくスパ、スパ切れます。

  そんな市販の替え刃より、切れ味の劣る「金鋸の自作刃」でも、自分で金鋸を成形して研ぎ上げた刃が、手元にある幸福感は、この上なしです。

  「研ぎ」好きの方は、是非チャレンジしてみてください。

|

« 水温14度の那珂川水系上流の渓流へ | トップページ | 別世界の釣り「中禅寺湖レイクトローリング」 »

40◇ 刃物・研ぎ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/64133014

この記事へのトラックバック一覧です: 自作した金鋸ナイフを市販カッターに装着して使う:

« 水温14度の那珂川水系上流の渓流へ | トップページ | 別世界の釣り「中禅寺湖レイクトローリング」 »