« 天然砥石で肥後守を研ぐ | トップページ | 2016年福島県真野川サーモン・フィッシング(2016/11/12) »

2016年11月 6日 (日)

2016年福島県真野川サーモン・フィッシングのタックル準備

アブ・ガルシア アンバサダー5601C4と4601C3 いよいよ来週は、福島県真野川のサケ有効利用調査(サーモン・フィッシング)です。

 今日は、アブ・ガルシア アンバサダー5601C4と4601C3の点検しながら、ラインを巻いたり、スプーンやフックの準備をしていました。

 初めて開催されるサーモン・フィッシングは、前情報がなく、手さぐり状態から始めることになりますが、それがまた楽しみだったりします。

 グーグルのストリートビューで川の様子を見てみたら、幅が広く、大きくゆったりした那珂川の下流域のようなフィールドなんですね。

 サーモンが集まる場所をいかに見つけるか。歩き回って、足で稼いで、なんとか1匹ゲットしたいものです。

  そうそう、村田基さんの「シャケなベイビーセミナー」も楽しみです。

|

« 天然砥石で肥後守を研ぐ | トップページ | 2016年福島県真野川サーモン・フィッシング(2016/11/12) »

14● サーモン・フィッシング(福島県木戸川・請戸川・真野川、茨城県久慈川・那珂川、栃木県鬼怒川、新潟県荒川・阿賀野川)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/64451580

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年福島県真野川サーモン・フィッシングのタックル準備:

« 天然砥石で肥後守を研ぐ | トップページ | 2016年福島県真野川サーモン・フィッシング(2016/11/12) »