« 鰹節削り器の鉋を研ぐ | トップページ | 鰹節削り器の改良・改造が完成 »

2016年11月27日 (日)

鰹節削り器の改良・改造

 引き続き、鰹節削りネタです。

 鰹節を削る時、通常、左手で鰹節削り器を抑えて、右手で鰹節を持って削るものだと思っていましたが、ネットで動画を見ていたら、鰹節を両手で抑えて体重をかけて削ることが分かりました。

 こうやって削るには、鰹節削り器がテーブルに密着して動かないことが前提になります。

 試しに、鰹節削り器 (貝印(KAI)、DH-0108)で削ってみたら、左手で箱を抑えないと箱が動いてしまい、うまく両手で削ることができません。

鰹節削り器の改良・改造、木片の加工 底面に滑り止めのゴムが付いていても、ほんの気休め程度だからでしょう。

 さて、どうやって鰹節削り器を固定するか・・・

 壁と鰹節削り器の間に板のようなものを置いて、鰹節削り器が動かないようにすればいいのではないか。

 早速、台所で試してみたら、板と鰹節削り器が当たる部分が斜めになっていて、いまいち鰹節削り器が固定できません。

鰹節削り器の改良・改造、木片の加工 ならばと、物置小屋から、木片を探してきて、鰹節削り器に接着することにしました。

 見た目は二の次。小刀や彫刻刀を使って、木片を削って整形し、エポキシ接着剤を付けて、テープで固定。

 おそらく、たぶん、これでうまく行くはず。

 それにしても、鰹節削り器の改良・改造まで、やっている人って、あまりいないんでしょうね。

鰹節削り器の改良・改造、木片の接着【追伸】
 ちょっと急いで木片を削っていたら、左手の指先を切ってしまいました。

 小刀は刃先を研ぎ込んでいたので切れ味抜群! スパッと切れて、血が吹き出てきて、ちょっと焦りました。

 楽しみにしていた「丸沼行き(釣り)」は、これにておじゃん(^_^;)


 
 次の記事「鰹節削り器の改良・改造が完成」http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2016/12/post-6f73.html

|

« 鰹節削り器の鉋を研ぐ | トップページ | 鰹節削り器の改良・改造が完成 »

40◇ 刃物・研ぎ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/64549394

この記事へのトラックバック一覧です: 鰹節削り器の改良・改造:

« 鰹節削り器の鉋を研ぐ | トップページ | 鰹節削り器の改良・改造が完成 »