« 「旅するイギリス美術展」 in 栃木県立美術館 | トップページ | 2016年福島県真野川サーモン・フィッシングのタックル準備 »

2016年11月 5日 (土)

天然砥石で肥後守を研ぐ

天然砥石 最近は、研ぎの仕上げは天然砥石(山城銘砥のスライス・サンプル)で行っています。

 番手はどのくらいか分かりませんが、かなり細かいことは確かです。

 8cm×5cmのこの砥石。小さく研ぎにくくても、天然で仕上げると心なしか切れ味や輝きが違うような気がして、小刀から包丁まで仕上げに使ってます。

天然砥石で肥後守を研ぐ 今日は、肥後守(全鋼刃、サイズ大)。

 両刃を砥面に密着させたベタ研ぎです。

 赤味がかかった黄土色の砥汁が出始まって、研いでいるという感触が指先に伝わってくると、何とも言えない満ち足りた心持ちになってきます。

天然砥石で研ぎ上げた肥後守 このような気分なるのは「研ぎ」の時だけではありません。

 「靴磨き」、「釣り」、「ハンドメイドミノー」、「カメラ」、「仕事」、「家族との時間」などなど・・・。

 これからも、散歩するように、こだわり、夢中になりつつも、時々休憩して少しずつ変化しながら、じっくり、ゆっくり歩き続けていきま~~す。

|

« 「旅するイギリス美術展」 in 栃木県立美術館 | トップページ | 2016年福島県真野川サーモン・フィッシングのタックル準備 »

40◇ 刃物・研ぎ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/64448680

この記事へのトラックバック一覧です: 天然砥石で肥後守を研ぐ:

« 「旅するイギリス美術展」 in 栃木県立美術館 | トップページ | 2016年福島県真野川サーモン・フィッシングのタックル準備 »