« 鬼怒川本流(塩谷地区)(2017/06/04) | トップページ | 鬼怒川本流(塩谷地区)(2017/06/11) »

2017年6月10日 (土)

世界へ羽ばたく喜連川漁業生産組合の「鮎の甘露煮」

道の駅「きつれがわ」 身近にあるもの素晴らしさや美味しさを、外の人から言われて初めて気付くことが時々あります。

 「Tastes of JAPAN by ANA」ってご存知でしょうか。

 ANA(全日空)が、3ヶ月サイクルで都道府県の食やお酒、スイーツなどをPRしたり、機内食で提供していく取組です。

 栃木県は、2017年6月から8月まで喜連川漁業生産組合の「鮎(あゆ)の甘露煮」取り上げられていて、その中で、なんと、喜連川漁業生産組合の「炭火焼鮎(あゆ)の甘露煮」がファーストクラスで提供されているそうです。

  このニュースを新聞で読んだ時、「鮎の甘露煮」って、たまに食べるぐらいで、そういうレベルの食材になるイメージがなかったので、正直ちょっとびっくりしました。

 先日、リニュールされたばかりの「道の駅きつれがわ」に寄った時に、探してみたら、レジ近くのコーナーに、「ANA」の文字が付いている鮎の甘露煮を商品を発見。

Img_1958 自宅で、甘すぎず、からすぎず、まろやかな風味に整えられている「鮎の甘露煮」をいただきながら、喜連川漁業生産組合さんの日々の商品づくりの努力に拍手を送りつつ、灯台もと暗しになりがちな日常に、時々、外からの光を当てることの大切さを実感しました。


【Tastes of JAPAN by ANAの「炭火焼鮎の甘露煮」】
https://www.ana.co.jp/tastesofjapan/tochigi/food/2/

【喜連川漁業生産組合】
http://www3.plala.or.jp/kituregawa-ayu/kit_sub1w.htm

【道の駅「きつれがわ」】
http://michinoeki-kitsuregawa.jp/

|

« 鬼怒川本流(塩谷地区)(2017/06/04) | トップページ | 鬼怒川本流(塩谷地区)(2017/06/11) »

25◆ とちぎの食・食べ歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/65392763

この記事へのトラックバック一覧です: 世界へ羽ばたく喜連川漁業生産組合の「鮎の甘露煮」:

« 鬼怒川本流(塩谷地区)(2017/06/04) | トップページ | 鬼怒川本流(塩谷地区)(2017/06/11) »