« 田中蒲鉾の「かまぼこ」と「すまき」で至福のひととき | トップページ | 朝の雨で少し増水した鬼怒川本流(柳田地区)(2017/09/02) »

2017年8月27日 (日)

晩夏・早朝の鬼怒川本流(塩谷地区)(2017/08/27)

早朝の鬼怒川本流(塩谷地区)(2017/08/27) 午前5時、早朝の鬼怒川本流(塩谷地区)。

 ダム放水の影響でしょうか、薄い白っぽい濁りが入っています。

 河原を歩いていると、下流で黒い鳥が飛び立ちました。

 カワウです。

 嫌な予感ががしつつも、雲間から差し込む朝日が差し込む水面にYSミノーを投げ始めます。

 釣り上がっていくと、黒い野鳥の群れに遭遇。その数、50羽ほど。

 アユがあまり放流されていないこの区域で、この数のカワウとなると、さすがに俊敏な本流ヤマメ達も厳しいのかもしれません。

 9月20日からの禁漁まで、残すところ1ケ月を切りましたが、今シーズン、鬼怒川本流では、ヒットのみならず、バイトさえない状態が続いています。

 今あらためて、鬼怒川での本流ヤマメ釣りの難しさを実感しています。

|

« 田中蒲鉾の「かまぼこ」と「すまき」で至福のひととき | トップページ | 朝の雨で少し増水した鬼怒川本流(柳田地区)(2017/09/02) »

01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/65716876

この記事へのトラックバック一覧です: 晩夏・早朝の鬼怒川本流(塩谷地区)(2017/08/27):

« 田中蒲鉾の「かまぼこ」と「すまき」で至福のひととき | トップページ | 朝の雨で少し増水した鬼怒川本流(柳田地区)(2017/09/02) »