« 研ぎ&磨き | トップページ | ラスト「カール」をいただきました »

2017年8月 6日 (日)

肥後守でバルサの削り出し

 釣りに行こうと午前4時過ぎに起きたものの、テレビをつけたのが失敗でした。

 世界陸上 2017 ロンドン。見始まったら止まりません。

 午前6時前の「男子100m決勝」までしっかり観戦しちゃいました。金メダルを逃したボルトは残念。ガトリンは強かった。

 シティ・オープンの錦織まで応援したので、朝一の釣りはなくなりました。

肥後守でバルサの削り出し 天気は曇り。

 近所の公園から聞こえてくるアブラゼミの鳴き声が、蒸し暑さに拍車をかけます。

 外出するのを諦めて、釣りビジョン(第一日曜は無料放送日)を見ながら、ハンドメイド・ミノーのバルサ削りです。

 天然砥石で研ぎ上げた、全鋼の「肥後守」の刃先がスルスル~~とバルサに入って、カンナで削ったように、うすうすの削りカスが出てくるのが、なんとも気持ちいい。

 無駄に薄く削って、肥後守の切れ味を楽しむなんて、まさしく趣味でしょう。

 今回は、絶好調のNo274タイプの色違いの5本(製造番号は363~367)。

 カラーは、いつものシルバーヤマメ3本に加えて、ゴールドヤマメを2本作る予定です。

  2008年6月15日 (日)から、ハンドメイドミノーを作り始めて丸9年。

 あまり上達していませんが、試行錯誤を繰り返しつつ、いつのまにか360本も作ってきたんですね。

|

« 研ぎ&磨き | トップページ | ラスト「カール」をいただきました »

17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/135292/65628773

この記事へのトラックバック一覧です: 肥後守でバルサの削り出し:

« 研ぎ&磨き | トップページ | ラスト「カール」をいただきました »