« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月の5件の記事

2018年10月27日 (土)

那珂川サーモン(75cm) in 栃木県那珂川サケ資源有効利用調査(2018/10/27)

 栃木県内4河川で行われるサケ資源有効利用調査は、他県の河口域の調査と違って、景色の良い、中流域の流れのある河川で楽しめるのが魅力です。

 本流ヤマメを狙えるようなポイントで、サーモン・フィッシングが楽しめるんです。

 その先陣を切って行われた、那珂川の調査に参加してきました。


那珂川サケ資源有効利用調査

 午前8時から、河川敷の本部テントの前で説明を聞く、参加者のみなさん。

 今年は、サケの遡上が遅れていて、心配する声があったようですが、数日前から、やっと遡上が見られるようになってきたとのこと。

 午前8時30分からスタート。

那珂川サケ資源有効利用調査

 調査区間の中心部では、馬の背に立ち込んで、右岸沿いの流れを狙う釣り人で大賑わい。

アブ・アンバサダー4601c3

 よっしーは、いつものベイトタックル。今日の相棒は、初めて買ったベイトリールの「アブ・アンバサダー・4601c3」です。

那珂川サケ資源有効利用調査

 本部テント前から、空いているところないかな~~と、上流に向いて河原を歩き続けて・・・

 ようやく入れたのは、最上流部でした(^_^;)

 タコベイト付きのスプーンをアップクロスにキャスト。底を転がすようにスプーンを流していると、「コン」という、サケらしきバイトが2回。

 調査区間の中心部が調子が良さそうで、時々、水しぶきが上がってサケを釣り上げています。

 バイトもなくなったので、今度は、最上流部から下流に向けて、河原を歩きます。

 途中、釣り人が等間隔に並んでいて中々入れません。

 そして、やっと、最下流部に入らせてもらいました。

 対岸ギリギリにスプーンを遠投して、底を這わせるように泳がせたり、時々しゃくって、フォール&リフトしたり・・・

 30分ほどやっても反応はなく、半ば諦めていた、その時。

 根がかり・・・、いやいや、頭を振っている!

 テイテイ渕という水深のたっぷりあるトロ場でヒットしたので、走るは走るは・・・、岸に寄ってきては、ドラグを鳴かせながら流心へ逃げようと、何度も突進を繰り返します。

 偏光グラス越しに、口の脇にフッキングしているのを見えます。

 このサーモンの強烈なファイト、10年前、福島県請戸川でのサーモン・フィッシング(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2008/11/720081115-e24a.html)を思い出しました。

 何度経験しても、いいものです。

那珂川サーモン(75cm、3kg) in 栃木県那珂川サケ資源有効利用調査


 立派なオスのサーモン(75cm、3kg)。

 フックは口元の皮一枚に刺さってました。ぎりぎりセーフ。

 ファイト中、ドラグを少し緩めたりして、適度に効かせるようにしたのが良かったようです。

 2014年12月の新潟県荒川サーモン(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2014/12/3-in-20141213-1.html)以来、4年ぶりの手応え、感触を地元栃木県の那珂川で体験できるとは・・・

 今シーズンの栃木県内でのサーモン・フィッシングは、この那珂川にしか申し込みませんでしたが、来年は、鬼怒川や思川、渡良瀬川にも参加してみたくなりました。

※ 翌日(2018年10月28日)の下野新聞の記事によると、当日は「69人が参加。28匹のサケが釣り上げられた」とのこと。
 ちょっと厳しいコンディションだったことが、お分かりいただけると思います。

~~~【釣行データ】~~~

【日時】 2018年10月27日(土)、8時30分~13時(調査時間は14時までですが、少し早く切り上げました)
【場所】 那珂川(栃木県茂木町、サケ資源有効利用調査
【天候】 曇り
【水温】 -
【風】  -
【釣果】 サーモン1匹(75cm、3kg、オス)
【タックル(ベイトタックル)】
○ロッド:チームダイワS・6'6"(TEAM DAIWA-S ZR662MRB)、ミディアム・ライト
○リール:アブ・ガルシア アンバサダー4601c3
○ライン:ナイロン14lb(トライリーン XT)
○ルアー:スプーン(ADAY 、青銀、18g)+自作タコベイト(赤)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年10月20日 (土)

2018年栃木県那珂川サケ資源有効利用調査に当選!

 2018年栃木県那珂川サケ資源有効利用調査に当選しました。

 昨年は、茨城県久慈川(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2017/11/2017-a19f.html)に参加しましたが、今年は、栃木県内の調査にしました。

 雨が降って濁りが出ないことを祈りつつ、準備開始です。


2018年栃木県那珂川サケ資源有効利用調査に当選

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月13日 (土)

こばや食堂の「スープ入り焼きそば」(那須塩原市)

箒川キャッチ&リリース区間

 2018年10月13日(土)、那須塩原市でお仕事が終わった後、塩原の温泉街へ。

 温泉街手前のキャッチ&リリース区間では、浅瀬にフライマンの姿。

 栃木県のほとんどフィールドは禁漁になっていますが、このキャッチ&リリース区間は、年明けの1月14日まで釣りが楽しめます。

 今日のお目当ては、釣りではなく、食べ物です(^_^;)

 こばや食堂の「スープ入り焼きそば」です。

こばや食堂

 12時40分ころに着いたら、10人ほどの行列(^_^;)

 ここまで来たんだから並ばない訳にはいきません。

 30分ほどで店内へ。

 スープ入り焼きそば(並)。どんなものかと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、この味、かなりいけます。

 醤油ラーメンと焼きそばが、うまくコラボしていて、スープも美味しくいただけて、足を伸ばした甲斐がありました。

 今度は、釣りに来た時に、寄ってみたいと思います(^_^)

こばや食堂の「スープ入り焼きそば」

【こばや食堂】
所在地:栃木県那須塩原市塩原795
電話  :0287-32-2371
HP :https://blogs.yahoo.co.jp/kobayasuupuiriyakisoba
HP(食べログ):https://tabelog.com/tochigi/A0905/A090501/9001046/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 8日 (月)

茶臼岳・姥ケ平の紅葉

 那須の茶臼岳の西側にある姥ケ平は、栃木県内でも超有名な紅葉スポットです。

 今週いっぱいが見頃と新聞に書かれていたので、妻と一緒に行ってきました。

 宇都宮を出たのが午前8時半、高速を使って行ったものの、すでに那須岳付近は大渋滞。ほとんど前に進みません。

 なんとか大丸付近に停める場所を見つけて、徒歩で、那須岳ロープウェー駅に着くと、大勢のハイカーや観光客で大賑わい。
 正午過ぎのロープウェーに乗って、一気に山頂駅に到着。

茶臼岳
 姥ケ平は、紅葉のピークを過ぎつつある感じでしたが、雲間から日差しが差し込むと、斜面の赤や黄が輝き出すとと、思わず、会話が止まります。

 来て良かった。

姥ケ平の紅葉

姥ケ平の紅葉

牛ケ首

茶臼岳

 昨日(2018年10月7日)、NHKのグレートトラバースで、田中陽希さんが出会った修験者の方曰く

 「山には草木や花、石や岩あらゆるものに神や仏は存在し、日々の感謝の気持ちを伝え、力の源である山からパワーをいただくことができる」

 なるほど。

 私も、半日のお手軽トレッキングでも、何か、山から、周囲の大自然から、大きな力をもらった感じがしました。

 山もいいですね。

朝日岳

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月 6日 (土)

最近、新しく始めたこと「ワイシャツのアイロンがけ」

 9月20日から、釣りが禁漁になって、家にいる時間が増えてきました。

 いつもなら、ハンドメイド・ミノー作りや、サーモンフィッシングの準備をしていたのですが、今年は仕事の関係で、考え事することが多く、テレビを観たり、本を読んだりして過ごす日が増えています。

ワイシャツのアイロンがけ

 同じことばかりしていると、気分が変わらないので、新しいことをやってみようと、始めたのがワイシャツのアイロンがけです。

 一通りネットで見て、大雑把に基本を理解したら、あとは実践あるのみ。

 昔、うまく折り目を付けることができずに失敗したことがトラウマになって、やってこなかったのですが、そこそこに仕上げることができました。

 霧吹きで水分を与えながら、アイロンを当てて、ワイシャツのシワを伸ばしているのと、20年ほど前、口数少ない寡黙な上司が「ワイシャツのアイロンがけは自分でやった方がいいよ」なんて言っていたのを思い出しました。

 気がつけば、当時の上司と同じぐらいの年齢になっていました。

 50歳過ぎると、アイロンがけしたくなってくる人って多いのでしょうか。

ワイシャツのアイロンがけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »