« 革靴の磨き初め | トップページ | 2019年、鬼怒川年券購入! »

フェルト・ウェーダーのスパイク化

 2019年、栃木県内の釣りシーズンも、あと1ケ月ちょっとで解禁です。

 3年間履き続けたウェーダーに穴が空いて水漏れが激しくなったので、新調しました。

 底はフェルトです。

 たいていはフェルトでOKなのですが、ウェーダーを履いたまま、山道とか歩く時に、スパイクがないと、滑って危ないので、いつも自分でスパイク化しています。

 ホームセンターで、太さ5mm×長さ12mmのねじ込み式のボルトを購入。

 フェルトにキリで1足6カ所穴を空けて、エポキシ接着剤を楊枝を突っ込んで入れた後、ボルトにワッシャーを1枚かませて、ねじ込みます。

 ワッシャーをかませたのは、ボルトの長さが、ぎりぎりだったので、1枚はさみました。

 片足に、6本、両足で12本のボルトをねじ込んで、スパイク化の完成です。

 フェルト・ウェーダーのスパイク化

|

« 革靴の磨き初め | トップページ | 2019年、鬼怒川年券購入! »

18○ 釣り・一般(Abu、タックル等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フェルト・ウェーダーのスパイク化:

« 革靴の磨き初め | トップページ | 2019年、鬼怒川年券購入! »