« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月の5件の記事

2019年東古屋湖解禁前調査に参加してきました(2019/03/23)

 2019年(平成31年)3月23日(土)、東古屋湖解禁前調査に参加してきました。

 

東古屋湖解禁前調査

 

 湖面に打ちつける強風に悩まされましたが、50~60cmクラスのスーパーレインボーや、元気の良いニジマスのファイトを堪能できて、楽しい一日になりました。

 9時から14時までの調査時間内で、合計25匹ほど。
 

東古屋湖スーパーレインボー

 

 赤系の5グラムのスプーンをボトムまでフリーフォールで落とした後、スローリトリーブしてくると、コン! とか、ココン! に続いて、ロッドが一気に水中に絞り込まれるような時は、たいてい50~60cmクラスのスーパーレインボーでした。

 ボート際、淡い薄緑色の水中に、何回も突進して逃げようとするファイトは、何度味わってもいいものです。

 初めて東古屋湖で釣りをした友人も、同じぐらい釣れて大喜び(^_^)

 今年の解禁は3月2日(土)です。みなさんも、是非とも、東古屋湖スーパーレインボーのファイトを楽しんでくださいね。

 

東古屋湖スーパーレインボー

 

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年東古屋湖解禁前調査に当選しました

 2019年東古屋湖の解禁前調査に当選しました。

 

 今年は暖冬なので、氷が張っていることもないでしょうし、水温もそこそこあるとなれば、最初から、レインボー達の活性も高かったりするかも?

 

 楽しみですね~~~(^_^)

 

 下の写真は、昨年の調査開始直後の、エレキを付けたボートが続々と出船しているところ。雪が少し残っていたんですね。

 

2018年東古屋湖解禁前調査の様子

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コヒノールの芯ホルダーで、こだわりの「ジェットストリーム・ボールペン」を手に入れる

 仕事で使うボールペン。毎日使うので、機能はもちろん、人とは違った、キラッと光る、こだわりのものを使いたいですね。

 

 リフィルは、ヌルヌルした書き易さから、なんといっても、ジェットスリームでしょう。

 

 軸はいろいろ使っていますが、最近、お気に入りなのが、コヒノールの芯ホルダー

 ちなみに、コヒノールは、チェコの文具メーカーです。

 

ジェットストリーム化したコヒノール・芯ホルダーとプレスマン


 まずは、太軸の


 「KOH-I-NOOR」コヒノール 3.2ミリ 芯ホルダー 5358


 「KOH-I-NOOR」コヒノール 3.2ミリ 芯ホルダー 5358

 この芯ホルダーにピッタリのジェットスリームのリフィルは「SXR-80-38」、「SXR-80-05」、「SXR-80-07」、「SXR-80-10」です。

 なんの加工もなく、ぴったり入ります。リフィルを購入する場合は、このSXR-80を選択してください。

 よっしーは、手元に、4Cの「SXR-200-07」があったので使ってみましたが、グリップできずに、ストンと出てきてしまいます。

 となれば、径を太くすればいい。ということで、リフィルの先端付近のグリップする部分にセロテープを巻き巻き。

 また、リフィルの後端部分にも少し厚めにセロテープを巻き巻き。これは落下防止用です。

セロテープを巻いたSXR-200-07

 リフィルの後端にセロテープを厚く巻いて、先端から入れることができなくなるので、芯ホルダーのキャップを空けて、リフィルを入れます。

 これで、ジェットスリーム化した太軸のコヒノール・芯ホルダーの完成です。

 太軸で握りやすく、金属製のボディで適度な重量感で、メモをとるが楽しくなります。

 そして何といっても、このメカニカルないでたち、惚れ惚れします(^_^) 

ジェットスリーム化した太軸のコヒノール・芯ホルダー

 

ジェットスリーム化した太軸のコヒノール・芯ホルダー

 お次はちょっと細身の、【KOH-I-NOOR】コヒノール 2.5ミリ 芯ホルダー 5905 TOISON D'ORです。


 この芯ホルダーには、「SXR-80-38」、「SXR-80-05」、「SXR-80-07」、「SXR-80-10」はもちろん、4Cの「SXR-200-07」、「SXR-200-05」の全てが、加工することなく、ぴったり入ります。

 ドロップ式ということで、リフィルが落下しないように、「SXR-200-07」の後端にセロテープを少し巻きました。

 この【KOH-I-NOOR】コヒノール 2.5ミリ 芯ホルダー 5905 TOISON D'ORは、キャップを空けてリフィルを入れようとすると、中が細くなっていて入れることができないので、先端から入れることになります。

 あまりセロテープを巻きすぎると、入らなくなるので、適当にしておきます。

セロテープを巻いたSXR-200-07

 ジェットスリーム化した細軸のコヒノール・芯ホルダーの完成です。


 こちらもボディは金属製で適度な重さがあって手によく馴染みます。


ジェットストリーム化した【KOH-I-NOOR】コヒノール 2.5ミリ 芯ホルダー 5905 TOISON D'OR

 最後におまけで、お気に入りのシャープペンシルを紹介します。

 ペンテルのプレスマン(初期型)です。

 0.9mmの2Bの芯、折れにくく、消したり書き足したりしたい時は、もっぱらこのプレスマンを使っています。

 軸の横に書いてあるPRESSMANというロゴは、擦れて消えてしまいましたが、シャープペンシルの中で、書き易さで、右に出るものはありません。 

 200円とお手頃価格ということもあって、たぶん5本は持っています(^_^)

ペンテルのプレスマン


 しばらくは、この3本を徹底的に使い込んでみます。


ジェットストリーム化したコヒノール・芯ホルダーとプレスマン

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今朝は、宇和島じゃこ天(安岡蒲鉾)

 今朝の朝食のおかずは、宇和島じゃこ天!

 レンジでチンして、醤油をつけていただきました。白いホカホカのご飯に合うんですよね~~~(^_^)

 じゃこ天は、昨日、妻が、東武宇都宮百貨店(http://www.tobu-u-dept.jp/)で開催されている「四国・瀬戸内の味と技めぐり」で買ってきてくれました。

 宇和島の安岡蒲鉾というお店が出ていて、思わず買っちゃったそうです。

 2019年2月12日(火)まで開かれています。

 本場のじゃこ天って、普段、宇都宮で売っているところはありませんので、是非、お試しください。

 ちなみに、一六タルトや砥部焼などの愛媛県のほかに、高知や香川、広島などの特産品も売っているそうです。

 

宇和島じゃこ天(安岡蒲鉾)

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年東古屋湖解禁前調査の募集開始!

 毎年恒例となっている、東古屋湖の解禁前調査。

 

 鬼怒川漁協のHPによると、2019年は、2月23日(土)と24日(日)に開催されることになり(http://www.kinugawa-gyokyou.com/higasigoyako/2019kaikin.html )、募集が始まっています。

 

 今年は暖冬なので、湖面の氷結もそんなに心配しないでいいのかもしれません。

 

 いよいよですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »