« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月の6件の記事

雨の川俣でイワナ1匹(2019/06/30)

 日曜の朝起きると、しっかりした雨が降っています。

 パソコンでアメダスを見ると、栃木県の山沿いから平野部まで、薄い青から、やや濃い青がまだらに広がっています。

 先週は月曜から金曜まで、仕事がバタバタ忙しかったので土曜日は、家の中でゆっくりしていました。

 日曜はどこかに出かけたい。たとえ雨でも。

 それほど増水していなければ、釣りにはなるし・・・、川の様子を見に行くだけでもいいし・・・

 行き先は、いつもの日光市川俣地区の鬼怒川上流の渓流。

 今市、鬼怒川温泉、川治と、車を進めていくにつれ、雨足がどんどん強くなってきます。

 車の窓から見える鬼怒川の流れに、茶色の濁りが出てきました。

 川俣地区の鬼怒川は、完全に茶色に濁っていて増水中。釣りには厳しい状況。

 アメダスでは、ちょっとわからなかったんですけど、鬼怒川上流で、結構雨が降ったんですね。

 カ ッパを着ながらの釣り。しかも川は茶色。

Img_3507

 さすがに厳しいですよね。これだけ濁っていると・・・。

 最初はYSミノーを使ってみましたが、何の反応もありません。

 魚なんて付きそうにないような、ちょっとした小場所。ミノーではちょっと厳しいのでスプーンを選択。

 岸沿いで少し流れ反転して、緩やかになってるところに、アンダーハンドでスプーンを投げ込むのを繰り返していたら・・・、あれれっ、釣れちゃいました。

 イワナ、29cm。

Img_350129cm

 もしかしたら、こんな岸沿いの小場所に、イワナやヤマメが溜まっていて、スプーンを投げ込むと、たくさん釣れちゃったりして。

 スプーンで釣り歩きましたが、さすがに反応なし・・・

Img_3508

 一匹釣れただけでも上等でしょう。

 お昼頃になると雨がほとんど止んで、薄日が差すようになってきましたが、川の様子は、しばらくこのまま変わらないので、早々に引き上げました。

 今回は、スマホのGoogleの音声入力でベースを書いた後、パソコンで整えて作ってみました。
 Googleの音声入力は初めて使いましたが、変換精度がかなり高く、十分実用に耐えることが分かりました。
 いろいろなシーンで使えそうです。

~~釣行データ~~

【日時】 2019年6月30日(日)、10時~12時

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

【天候】 雨

【水温】 14度、増水中で茶色の濁りあり。

【風】  -

【釣果】 イワナ1匹(29cm)

【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:スプーン「マキシマ・ベスパ(7.6g)」。

【撮影】 Canon Power Shot SX260HS

| | コメント (2)

日光市川俣地区で尺超えのイワナとヤマメを釣りました(2019/06/22)

 早朝5時過ぎ、 友人とディズニーランドに遊びに行く長女を、車で駅へ送り届けた後、せっかく早起きしたので、そのまま釣りへ・・・

 前日の大雨で、スマホで鬼怒川本流の水位を確認すると、大増水。

 次に、川俣ダムのデータを見ると、それほど増水していないようです。

 午前7時30分、鬼怒川上流の川俣地区は、予想通り、ほんの少し増水したささ濁り状態でした。

 途中、川沿いの道路の所々に車が止まっていたので、早朝から、
釣り人が入っていることが予想されましが、入ろうと思ったポイントにも車が1台。

 川に降りていくと、餌釣りの方が1人。

 挨拶をした後、どちらに行くのか聞いたら、釣り下がっていくことが分かったので、上流に入ることにしました。

Img_3431

 餌釣りの方が一流しした後ということで、餌に反応しなくても、ルアーに反応する魚がいることを信じて、YSミノーを投げてみたら、なんと、一投目でヒット!

 32cmのイワナです。

 もしかしたら、先週に続いて、超高活性かも?

  イワナをネットにキープしたまま、釣り続けると、しばらくして、31cmのヤマメも釣れたので、2匹並べて仲良くパシャリ。

Img_3358

Img_3362

 YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング、製造番号337-320)。

  傷が着いたり、コーティングが剥がれたりしていますが、よくがんばってくれました。
 

Img_3383_20190622200601

 別のYSミノーに取り替えて、釣り上がっていくと、時々、イワナがチェイスしてきます。

 そして、またまた、イワナ(33cm)が登場。

 一般的に、渓流で85cmサイズのミノーを使う方は少ないと思いますが、ささ濁りの時、大物が潜んでいそうな深さのある流れでは、是非とも試してみてください。

 いつか必ず、30cmオーバーのイワナが、猛烈な勢いでミノーを追ってきて、目の前でヒットする瞬間を見ることができると思います。

 Img_3405

Img_3407

 

~~釣行データ~~

【日時】 2019年6月22日(土)、7時30分~13時

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

【天候】 曇り

【水温】 12度

【風】  -

【釣果】 イワナ3匹(33cm、32cm、25cm)、ヤマメ1匹(31cm)

【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング、製造番号337-320、354-281)。

【撮影】 Canon Power Shot SX260HS

| | コメント (2)

雨中のイワナ祭り in 鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)(2019/06/16)

 宇都宮を出た時は快晴だったのですが、山道を上って、川俣地区に着くと雨模様。

 どうやら、山間部だけ雨が降っているようです。

 前日からの雨で、渓流(鬼怒川上流)は 、普段より少し増水していて、ほんの少し濁りが入った、いわゆる「ささ濁り」状態。

 釣りには、最高のコンディションです。

Img_3335

 YSミノー(85mm、8g、シンキング)の1投目、いきなりヒット!

 開始早々、28cmのイワナです(^_^)

Img_330728cm
Img_331228cm

 写真を撮影してリリースした後、再び、同じ流れ込みに同じYSミノーを流すと、またまたヒット!

 こちらは、34cmのイワナ。いいですね~~~。

 どうやら、今日は、年に1~2度あるかないかの「イワナ祭」に運良く当たったようです。

Img_332834cm

 この後、25cmクラスのレギュラーサイズのイワナを2匹追加しただけでしたが、25~30cmクラスのイワナのバラシやショートバイト、足元までのチェイスと、夕方までの半日、たっぷり楽しめました。

 雨の渓流のイワナ祭り。いい一日でした。

~~釣行データ~~

【日時】 2019年6月16日(日)、12時~17時

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

【天候】 雨

【水温】 13度

【風】  時々、北西の風

【釣果】 イワナ4匹 (34cm、28cm、25cm×2)

【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:28cmと34cmのイワナはYS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング、製造番号351-340)、
     他のイワナは市販ミノーやスプーンで釣りました。

【撮影】 Canon Power Shot SX260HS

| | コメント (2)

ほぼ2年ぶり、ハンドメイドミノー作り再開

 昨日、鬼怒川本流に釣りに行った時、アイを調整しても、泳ぎが安定しなかったYSミノー。

 あらためて設計図を開いて、他のものと違いを確認していたら、重心位置の若干の違いが、本流の強い流れの中では、泳ぎに影響していることが分かりました。

 湖とかでは問題ならなくても、強い流れの中では、その微妙な違いが増幅されて泳ぎが悪くなってしまうのです。

 ・・・・・あれ?、そういえば、最近、ミノー作っていませんね
(^_^;)

 たまにはやってみるか!

 ハンドメイドミノー作りは、2017年8月8日以来、ほぼ2年ぶり。

 在庫も減ってきた、本流でも湖でも、最も泳ぎが派手で安定していて、鬼怒川本流スーパーヤマメや川俣の大イワナなど、数々の実績を上げている
「製造番号274」のコピーモデルです。

 作業を忘れていないか、ちょっと心配ですが、これまで記録したマニュアルや設計図をみて思い出しながら、少しずつ作業を進めていこうと思います。

Img_3292

| | コメント (0)

鬼怒川本流(宇都宮地区)(2019/06/08)

 2019年6月8日(土)、早朝の鬼怒川本流(宇都宮地区)。

 前日の雨の影響で、ほんの少し増水しています。

 水温15度、濁りはありません。

 やたら賑やかな鳴き声はガビチョウです(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2016/07/post-20c4.html


Img_3287

 今日のコンディョションなら、バイトぐらいあっても良さそうですが、そうそう思うように行かないのが鬼怒川本流。

 しばらくしたら、小雨が降ってきたので、早々に引き上げました。

| | コメント (0)

鬼怒川で渡り途中のカワアイサに出会う

 2019年6月2日(日)の夕方、鬼怒川(塩谷地区)で、本流ヤマメ狙いでルアーを投げながら、釣り下っていると、水際に白い野鳥が・・・

 白鳥ほど大きくないし・・・・

 肉眼でよく見えなかったので、コンパクトデジタルカメラのデジタルズームで撮影してみたら、「カワアイサ」でした(^_^)

 オス1羽にメス2羽。

 北への渡りの途中、休憩していたんですね。

 6月2日ですから、ちょっと遅めでしょうか。

 ゆっくり休んで、ロシアへ渡っていってくださ~~い! 

Img_3260     

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »