« 2019年のサーモン・フィッシング、どこに申し込みましょう? | トップページ | 菅沼レインボーは虫が好き?(2019/09/07) »

YSミノーのペイント

 早朝、川俣地区の鬼怒川の渓流に出かけたものの、先行者ありありで、YSミノーへのチェイス1回だけ・・・

 釣果はともかく、唯一明るい話題としては、5gのスプーンを何回か通した後、YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)をキャストしたら、チェイスがあったということ。

 85mmサ
イズのミノーにしか反応しない魚がいるということを、あらためて実感しました。

Img_8902

 日が傾き始めた午後3時過ぎからは、自宅で、YSミノーのペイントをやってました。

 2年ぶりに使うエアブラシに、ちょっと戸惑いながらも、なんとか無事終了。

 次は、いよいよ仕上げのセルロース・セメントのディッピィングです。

|

« 2019年のサーモン・フィッシング、どこに申し込みましょう? | トップページ | 菅沼レインボーは虫が好き?(2019/09/07) »

17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2019年のサーモン・フィッシング、どこに申し込みましょう? | トップページ | 菅沼レインボーは虫が好き?(2019/09/07) »