カテゴリー「48◇ 文具・鞄・靴・時計etc」の43件の記事

20年ものの革靴のヒール交換

 20年以上履き続けているリーガルの革靴。

 

 ヒールが擦り減って、2009年、修理に出しています(http://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2009/09/post-8967.html )が、10年も経つと、またまたヒールが減ってきました。

 

 今回は東武宇都宮デパートの「職人工房(https://www.shokunin-k.co.jp/archives/shop_info/%E5%AE%87%E9%83%BD%E5%AE%AE%E6%9D%B1%E6%AD%A6%E7%99%BE%E8%B2%A8%E5%BA%97)です。

革靴のヒール交換

 革靴を持ち込んだ時、「このリーガルって、そろそろ寿命でしょうか?」と聞いてみたらお店の人は「リーガルはまだまだ履けますよ。これで捨てたらもったいない」。

 20年以上履き続けている想い出も詰まっていることもあって、

 思わず、「じゃ、ヒール交換お願いします!」。

 これらもメンテを続けて、この先、10年間ぐらい、一緒に歩き続けられるようにしていきたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コヒノールの芯ホルダーで、こだわりの「ジェットストリーム・ボールペン」を手に入れる

 仕事で使うボールペン。毎日使うので、機能はもちろん、人とは違った、キラッと光る、こだわりのものを使いたいですね。

 

 リフィルは、ヌルヌルした書き易さから、なんといっても、ジェットスリームでしょう。

 

 軸はいろいろ使っていますが、最近、お気に入りなのが、コヒノールの芯ホルダー

 ちなみに、コヒノールは、チェコの文具メーカーです。

 

ジェットストリーム化したコヒノール・芯ホルダーとプレスマン


 まずは、太軸の


 「KOH-I-NOOR」コヒノール 3.2ミリ 芯ホルダー 5358


 「KOH-I-NOOR」コヒノール 3.2ミリ 芯ホルダー 5358

 この芯ホルダーにピッタリのジェットスリームのリフィルは「SXR-80-38」、「SXR-80-05」、「SXR-80-07」、「SXR-80-10」です。

 なんの加工もなく、ぴったり入ります。リフィルを購入する場合は、このSXR-80を選択してください。

 よっしーは、手元に、4Cの「SXR-200-07」があったので使ってみましたが、グリップできずに、ストンと出てきてしまいます。

 となれば、径を太くすればいい。ということで、リフィルの先端付近のグリップする部分にセロテープを巻き巻き。

 また、リフィルの後端部分にも少し厚めにセロテープを巻き巻き。これは落下防止用です。

セロテープを巻いたSXR-200-07

 リフィルの後端にセロテープを厚く巻いて、先端から入れることができなくなるので、芯ホルダーのキャップを空けて、リフィルを入れます。

 これで、ジェットスリーム化した太軸のコヒノール・芯ホルダーの完成です。

 太軸で握りやすく、金属製のボディで適度な重量感で、メモをとるが楽しくなります。

 そして何といっても、このメカニカルないでたち、惚れ惚れします(^_^) 

ジェットスリーム化した太軸のコヒノール・芯ホルダー

 

ジェットスリーム化した太軸のコヒノール・芯ホルダー

 お次はちょっと細身の、【KOH-I-NOOR】コヒノール 2.5ミリ 芯ホルダー 5905 TOISON D'ORです。


 この芯ホルダーには、「SXR-80-38」、「SXR-80-05」、「SXR-80-07」、「SXR-80-10」はもちろん、4Cの「SXR-200-07」、「SXR-200-05」の全てが、加工することなく、ぴったり入ります。

 ドロップ式ということで、リフィルが落下しないように、「SXR-200-07」の後端にセロテープを少し巻きました。

 この【KOH-I-NOOR】コヒノール 2.5ミリ 芯ホルダー 5905 TOISON D'ORは、キャップを空けてリフィルを入れようとすると、中が細くなっていて入れることができないので、先端から入れることになります。

 あまりセロテープを巻きすぎると、入らなくなるので、適当にしておきます。

セロテープを巻いたSXR-200-07

 ジェットスリーム化した細軸のコヒノール・芯ホルダーの完成です。


 こちらもボディは金属製で適度な重さがあって手によく馴染みます。


ジェットストリーム化した【KOH-I-NOOR】コヒノール 2.5ミリ 芯ホルダー 5905 TOISON D'OR

 最後におまけで、お気に入りのシャープペンシルを紹介します。

 ペンテルのプレスマン(初期型)です。

 0.9mmの2Bの芯、折れにくく、消したり書き足したりしたい時は、もっぱらこのプレスマンを使っています。

 軸の横に書いてあるPRESSMANというロゴは、擦れて消えてしまいましたが、シャープペンシルの中で、書き易さで、右に出るものはありません。 

 200円とお手頃価格ということもあって、たぶん5本は持っています(^_^)

ペンテルのプレスマン


 しばらくは、この3本を徹底的に使い込んでみます。


ジェットストリーム化したコヒノール・芯ホルダーとプレスマン

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

革靴の磨き初め

 正月が明けて、仕事が始まって1週間経ちました。

 

 新年会があったりするので、まだ、ちょっと正月気分が残っていますすが、少しずつ通常モードへ。

 

 まずは足元からということで、今日は靴磨きです。

 いつものように一足一足、クリーナーで汚れを落とした後、革クリームを塗り込みます。

 1時間ほどで10足、磨き上げました。

 かかとがすり減った靴が1足。あとで修理に出すことにしましょう。

 

革靴磨き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近、新しく始めたこと「ワイシャツのアイロンがけ」

 9月20日から、釣りが禁漁になって、家にいる時間が増えてきました。

 いつもなら、ハンドメイド・ミノー作りや、サーモンフィッシングの準備をしていたのですが、今年は仕事の関係で、考え事することが多く、テレビを観たり、本を読んだりして過ごす日が増えています。

ワイシャツのアイロンがけ

 同じことばかりしていると、気分が変わらないので、新しいことをやってみようと、始めたのがワイシャツのアイロンがけです。

 一通りネットで見て、大雑把に基本を理解したら、あとは実践あるのみ。

 昔、うまく折り目を付けることができずに失敗したことがトラウマになって、やってこなかったのですが、そこそこに仕上げることができました。

 霧吹きで水分を与えながら、アイロンを当てて、ワイシャツのシワを伸ばしているのと、20年ほど前、口数少ない寡黙な上司が「ワイシャツのアイロンがけは自分でやった方がいいよ」なんて言っていたのを思い出しました。

 気がつけば、当時の上司と同じぐらいの年齢になっていました。

 50歳過ぎると、アイロンがけしたくなってくる人って多いのでしょうか。

ワイシャツのアイロンがけ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トンボ「ZOOM 505mf」のジェットストリーム化

 「さ~~て、今日は、どのボールペンにしようかな?」

 毎朝、仕事に相棒として持っていくボールペンを選ぶのが日課になっています。
ジェットストリーム化した「トンボ鉛筆のZOOM 505mf」

 ブログでも紹介している、

 三菱鉛筆の「ジェットストリーム・プライム」や、

 オートの「リバティ(CB-10GL)」、「アメリカン・テイスト・デラックス」、

 ラミーの3色ボールペン「LAMY logo L405」、

 TOMBOW(トンボ) ZOOM 919bw などなど。

 全部で10本ほど持っています。

 軸のメーカーは違っても、ボールペンは全てジェットストリーム化済です(^_^;)

 そんなボールペンに、またまた仲間が加わりました。

 「トンボ鉛筆のZOOM 505mf」

ジェットストリーム化した「トンボ鉛筆のZOOM 505mf」

 しっかりした太軸のボディに、2色ボールペンとシャープペンを備えた多機能ペン。

 そして、何といってもボールペンのリフィル(替え芯)が、「4C規格」なので、ジェットストリーム化が簡単にできるんです。

 ボールペンの替え芯を「三菱鉛筆の油性ボールペン替芯 SXR-200-05」に換装すれば、ジェットストリーム化した「トンボ鉛筆のZOOM 505mf」の誕生です。

 軸が太くてしっかりしていて握りやすいですし、キャップも付いていて、胸ポケットに差していても、間違ってペン先が出ていることもありません。

 書き味は、何といっても大好きなジェットストリームですから、申し分なし。

 新たな相棒がまた一本増えました。

ジェットストリーム化した「トンボ鉛筆のZOOM 505mf」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

革靴磨き

 午後からは、二カ月に一度の革靴磨きです。

 自分の革靴と一緒に、長女が社会人になって履き始めたパンプスや妻の靴もまとめて磨いたら、2時間もかかっちゃいました。

 よく見たら、靴紐が痛んでいたものが2足あったので、新品に交換。

 革クリームが馴染んだら、乾いた布で丁寧に磨き上げて、完成です。

 ハァ~~~、気持ちいい! 

革靴磨き

| | コメント (0) | トラックバック (0)

革靴に野球グローブ用ミンクオイルで油分を補給

 2ケ月に一度の革靴磨き。基本的に市販の革靴クリームを塗り込んでいますが、半年もすると、皮革にオイル分が不足するような状況になることがあります。

 革に潤いがなくなってくるのです。

クリーナー(ROYAL SHOE CREAM) 革靴クリームでは、ちょっと補給が足りなそう時には、薄くミンクオイルを塗って油分を補給しています。


 今日(平成29年12月17日)、革靴を磨こうとしたら、ちょっとしっとり感がなくなってました。

 まずは、クリーナー(ROYAL SHOE CREAM)を塗りながら、汚れを拭き取ります。布が汚れますので、時々、布を持ち替えながら、拭き拭き・・・
グローブ用のミンクオイル(ローリングス グラブカラーオイル・黒)
  次に、ミンクオイルです。

 普通、黄色っぽい革靴用のミンクオイルを使うところ、よっしーは、ここ数年、長男が野球をやっていた時に買った野球グローブ用のミンクオイル(ローリングス グラブカラーオイル・黒)を使っています。

革靴磨き 黒いミンクオイルなので、黒い革靴にぴったりです。

 ミンクオイルは、薄く塗るのがコツ。塗りすぎると、革がオイル分を含みすぎて、柔らかくなってしまうのです。

 一通り塗って磨いて、ようやく革に潤いが戻りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジェットストリーム化した手帳用ボールペン「パイロットのcouleur(クルール)」は、「トラベラーズノート(パスポートサイズ)」にベストマッチ!

 仕事やプライベートのスケジュール管理は、全てテキストファイルに入力して、自宅のパソコン、スマホ、職場のパソコンで共有しながら管理していますが、すぐにメモを取りたい時は、手帳に書き込んでいます。

 愛用している手帳が、トラベラーズノートのパスポートサイズ(13cm×10cm)で、中にはA4の紙を4分割したメモ用紙が挟んあります。

 ボールペンは、大好きなジェットストリームには、手帳用の細軸の商品がなくて、ペンテルのSlicci(スリッチ)を使っています。

 軸は細い方ですが、最近、文房具店で見かける手帳用のものよりは太くて、手帳に挟んだ時に少しかさばっているのが気になっていました。

 先日、ネットサーフィンしていたら、「ジェットストリーム(ボールペン)の替芯を薄型の手帳用ボールペンで使い倒す(http://tsukuru.xyz/2017/11/04/post-3154/)」という記事を見つけました。

上:Slicci(スリッチ)、下:couleur(クルール) スリムな手帳用ボールペン「パイロットのcouleur(クルール)」がジェットストリーム化できるそうです。
 これは素晴らしい!

 早速、宇都宮市のFKD(福田屋百貨店)の上野文具店で、パイロットの油性ボールペン「couleur(クルール)」を買ってきました。

 Slicci(スリッチ)より細く、短く、さすがに手帳用です。

クルールのリフィル(写真:上)と「ジェットストリーム「SXR-80-07」(写真:下)
 一緒に買ってきたのが、「ジェットストリーム「SXR-80-07」(全長:87.7mm、軸径:3mm、写真:下)。

 クルールのリフィル(全長:87.7mm 最大径 3.1mm、写真:上)と長さが同じです。

 SXR-80-07には、クルールのリフィルにあるバネ止めの突起がないので、これを作ることにします。
ボビンホルダー
 使うのは、釣りのフックを自作する時に使う「ボビンホルダー」&「ボビン(黒糸)」、それに瞬間接着剤です。

 SXR-80-07の、クルールのリフィルにあるバネ止めの突起と同じ位置に、瞬間接着剤を垂らして、ボビンホルダーでグルグル糸を巻いて突起を作ります。

糸を巻いて突起を作ったSXR-80-07 時々、瞬間接着剤を垂らして、糸がしっかり固定するように巻きながら、クルールの突起と同じサイズになるまで巻き付けたら完成です。

 フックを自作するより簡単です。

 あまり巻きすぎると、クルールの軸に入らなくなりますので、注意してください。
ジェットストリーム化した手帳用ボールペン「パイロットのcouleur(クルール)」

 瞬間接着剤が固ったら、ジェットストリーム化した手帳用ボールペン「パイロットのcouleur(クルール)」の完成です。
ジェットストリーム化した手帳用ボールペン「パイロットのcouleur(クルール)」と「トラベラーズノート(パスポートサイズ)」




 トラベラーズノートにはさんでも、先が飛び出ることもなく、サイズもバッチリ。

 書き味は当然のように、申し分なし!


ジェットストリーム化した手帳用ボールペン「パイロットのcouleur(クルール)」と「トラベラーズノート(パスポートサイズ)」 ジェットストリーム化した、スリムなワインレッドの手帳用ボールペン「パイロットのcouleur(クルール)」

 使い込んだ黒のトラベラーズノート(ゴム止めは、黒のマイクロスプーンです)

 まさしくベストマッチです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続けることの大切さ~~革靴磨き~~

 同じことを地道にやり続け、記録し、次につなげていく。

 これを何度も何度も繰り返しているうちに、うまくやるためのコツが分かってきて、徐々にその本質が見えてくる。

 続けるといっても、作業という感じでやってしまっては意味がない。一つ一つの行程を大事に丁寧に続けていくのである。

 これをやっていると、前向きな心持ちになって、自分自身も磨かれていくし、周りにも、よい影響を与える存在になっていける。

 よっしーが、最近、釣りや仕事で感じていることです。
革靴磨き
 今日は午後から、革靴を磨いていました。

 以前は、出勤前に、革靴にリキッド・クリーナーをベタベタ塗っただけでしたが、リキッドクリーナーが革靴をダメにすることが分かってから、クリーナーで汚れを落として、一足一足丁寧に革クリームを塗ることにしています。

 2ケ月に一度、革靴を手に取って傷や汚れを確認しながら、磨き続けているおかげで、革靴もピッカピカ、長持ちしていますし、革製品全般のメンテにも詳しくなりました。

 そして、何より、続けることの大切さも教えてもらっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研ぎ&磨き

包丁研ぎ 昨日は夏休みをいただいて、思いっきり渓流釣りを楽しんだので、今日は自宅でのんびりです。

  まずは、1ケ月ほど空いてしまった、包丁研ぎ。  刃先をルーペで見たら、欠けが2ケ所、一部はギザギザになったりしています。硬いものを切った時に痛んだのでしょう。

  キッチンに水を溜めて、砥石に十分水を吸い込ませた後、じっくり研ぎ上げました。

  新聞がなんの引っ掛かりもなく、スパスパ切れます。妻からも「よく切れるね」との言葉をいただきました。

革靴磨き  夕方には、こちらも前回磨いてから1ケ月半ほど経った、革靴磨き。

  クリーナーで汚れを落とした後、革クリームを塗り込みました。

  少し前に、ある企業の方から、

 「身につけるものも大事にしている。実は、この革靴10万円するが、いつも磨いている。靴底やかかとが痛んだら修理に出している。10年以上履いているが、いいものはちゃんとメンテナンスすれば長持ちする。そう考えれば、安いものだ」

 な~んて話をうかがった時、

 つられて、「私も革靴を大事にしていて、15年も履いているものもあるんですよ」と言い出しそうになり、飲み込んだことを思い出しました。

 レベルが違いますから・・・(^_^;)

 一日休んでたっぷり充電できました。明日はちょっと出かけてみましよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00★ 栃木の釣り・お気に入り釣行記 01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー) 02■ 栃木の釣り・那珂川・箒川 03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流) 04■ 栃木の釣り・渓流・里川 05□ 栃木の釣り・中禅寺湖 06□ 栃木の釣り・丸沼 07□ 栃木の釣り・菅沼・大尻沼 08□ 栃木の釣り・川俣湖 09□ 栃木の釣り・五十里湖&八汐湖(川治ダム) 11□ 栃木の釣り・川治地区C&R(小網ダム) 12□ 栃木の釣り・東古屋湖 13□ 栃木の釣り・他の湖沼&管釣 14● サーモン・フィッシング(栃木県鬼怒川・那珂川、福島県木戸川・請戸川・真野川、新潟県荒川・阿賀野川、茨城県久慈川・那珂川) 15● 県外の釣り・涸沼&那珂川シーバス 16● 県外の釣り・トラウト、海ルアー等 17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等) 18○ 釣り・一般(Abu、タックル等) 20◆ とちぎのバードウォッチング 22◆ とちぎの山登り&自然 25◆ とちぎの食・食べ歩き 26◆ そば打ち(栃木県産そば粉の食べ比べ) 30◆ とちぎの人物 35◆ 栃木あれこれ 40◇ 刃物・研ぎ 48◇ 文具・鞄・靴・時計etc 50◇ カメラ 52◇ パソコン&ブログ 53◇ 書籍・雑誌 55◇ 第二の故郷「愛媛県」 60◇ 日記・コラム・つぶやき 80  アトラスオオカブト 81  ギラファノコギリクワガタ 82  オオクワガタ 83  クワガタ・カブト一般 99  放射能問題