カテゴリー「03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流、川俣湖漁協、おじかきぬ漁協)」の102件の記事

YSミノーでイワナ(34cm)が釣れました(2022/07/17)

 久しぶりに友人との釣行です。

 釣りを終えて帰る釣り人と、入れ代わりにポイントに入ります。

 川俣地区の渓流は、うっすらと濁りが入っていて、普段より少し水量多め。

川俣地区の渓流

 いかにも釣れそうなコンディションですが、先行者アリということで、イワナやヤマメ達の反応は、どうもいまいちです。

トンボ

 竿抜けを狙って、友人と先行を交代しながら釣り下っていくと・・・

 大石から流れ込む白泡に、YSミノー(85mm、8g、シンキング、製造番号360-274)を投げ込んでみたら、元気なイワナが飛びついてきてくれました。

川俣イワナ(34cm)(2022/07/17)



YSミノー(85mm、8g、シンキング、製造番号360-274)

 このミノー、いい泳ぎの割りに、なぜか釣れなかったんですが、ようやく日の目をみることができました。

 YSミノーのデータベースで確認したら、5年前に作ったミノーでした(https://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2017/04/-minnowtype2748.html)。

 ボディの横に窪みができたりして、かなり傷んでいます。今日のイワナを記念に、ケースで保管しておこうと思います。

| | | コメント (0)

往復4時間の運転と、2時間半の渓流釣り

 栃木県日光市の川俣地区へは、宇都宮から片道1時間50分、途中休憩すると、2時間かかったりする時もあります。

 流れる景色の中、ラジオや音楽を聞きながら運転していると、ふと、釣りや仕事のことなどで、いいアイディアが頭に浮かぶことがあり、そんな時は車を停めてメモしています。

 このメモ用紙、多い時は、1回の釣行で10枚ぐらいになることも度々です。

 2020年5月29日(日)、少し用事を済ませた後、川俣に到着したのは正午過ぎ。

 真夏を思わせるような真っ青な空と、この時期には珍しい強い日差しが降り注いでいます。

 渓流を午後2時30分歩いて、ミノーで元気なイワナを2匹(31cm、25cm)釣ることができました。

川俣イワナ31cm

 午後5時、自宅に戻り、冷たいチューハイを飲みながら、撮影したイワナの写真を眺めたり、車中で書いたメモをパソコンに入力したり。この脱力した振り返りの時間がまたいいんです。

 往復の車の運転が「約4時間」、渓流釣りした時間「2時間30分」 。

 川俣に通い始めた頃は、運転するのが億劫だったのですが、頭の中を空っぽにしたり、アイディア出しできる貴重な時間であること気づいてからは、川俣に行くのが楽しくなりました。

 私みたいな釣り人って、そんなに多くないんでしょうね。

| | | コメント (0)

オリーブ色のニジマス(48cm)(2022/05/22)

 川のコンディションが良いのに、魚から反応がない時は、たいてい先行者がいるものです。

 厳しい釣りになることがほとんどですが、「隙」をうまくつくことができれば、幸運を手にすることができます。

 土日の栃木県内の釣りは、たいていそんな感じではないでしょうか。

 スプーンに反応しなくても、ミノーだけに反応する魚がいることもありますし、逆もまたしかり。数少ない竿抜けポイントに魚がいることもあります。

鬼怒川上流の渓流

 2022年5月22日(日)の午後、栃木県日光市川俣地区の鬼怒川上流の渓流。

 何をやっても反応がなかったのですが、大石のあるやや深いポイントでミノーを流していたら、ズボッと引き込まれました。

 「こんなところで釣られずに残っていたね」という、野性味溢れるオリーブ色に染まったニジマス(48cm)。

 口にフッキングの傷や、ボディにラインに巻かれた跡もなかったので、 釣り人の技を見切って、残っていた個体のようです。

 釣りって、こんな偶然があるから、やめられないんですよね。

 それにしてもこの色合い、腹部までオリーブ色になっていて、お腹がパンパンです。

 これってもしかして婚姻色?

 ニジマスは春に産卵するタイプもいるようなので、もしかしたら、もしかするかも・・・

 元の流れに戻しましたので、これからニジマス達の動きを注意して見ていきたいと思います。

レインボートラウト(48cm) in 鬼怒川上流の渓流

レインボートラウト(48cm) in 鬼怒川上流の渓流



| | | コメント (0)

渓流でイワナ(33cm)を釣りました(2022/05/15)

 一昨日の雨の影響でしょうか。

 日光市川俣地区の渓流は、少し増水して、うっすらと濁りが入っています。

川俣地区の渓流

 引き上げようとしていた先行した釣り人に聞いてみたら、「さっぱりだよ」 (^_^;)

 ポイントを変えようか、ちょっと迷いましたが、竿抜けもあるので、そのまま入ってみることにしました。

 水温7度。ルアーにはちょっと厳しいかも。

 予想に反して、すぐにイワナが足元までYSミノーをチェイスしてきてくれました。

 別のポイントて、瀬の中心の太い流れにアップクロスに、YSミノーやスプーンを投げてみても何の反応もなかったのですが、市販のミノーに変えた途端、流芯から魚影が飛び出してきてヒット!

 元気なイワナ(33cm)が出てくれました。

川俣イワナ(33cm) in 鬼怒川上流の渓流(2022/05/15)

| | | コメント (0)

川俣釣行

 いつもの栃木県日光市の川俣地区。桜が満開になっていました。

 青森県で桜が満開というニュースを聞いたので、ほとんど同じような環境ということですね。

 渓流は、相変わらず、雪代が入っていて、増水気味です。

川俣地区の渓流

 水温は7度。

 午後から雨になるという予報だったので、午前中が勝負でしたが、雪代でささ濁りの流れから、イワナやヤマメは姿を見せてくれませんでした。

 宇都宮に帰ってきたら、徐々に雨足が強くなってきて、夜には久しぶりの本降りの雨、というか嵐のような天気になりました。

 川俣地区にもかなり降ったようなので、この後、連休中はどのようになるか・・・

| | | コメント (0)

雪代の渓流(日光市川俣地区)で、今季初イワナが釣れました

 4月中旬、宇都宮から車で栃木県日光市川俣地区に向かっていくと、遠くに見える山の頂に雪が残っているのが見えてきます。

 この残雪が、春の温かさで溶けて沢に流れ込む雪代(ゆきしろ)になって渓流に流れ込みます。

川俣地区の渓流 

 朝の時点で水温8度。

 雪代でうっすらと濁りが入った流れにYSミノーや市販のミノーを投げながら、釣り上がっていくと、イワナがチェイスしてきますが、ヒットには至りません。活性がいまいちか・・・

 瀬が続くポイントで、小型のスプーン(ベスパ、シルバー、5g)で釣り歩いていたら、いとも簡単にイワナ(25cm)が出てくれました。

   ミノーに反応しなかったこと、そして鰭の感じからすると、どうやら放流されたもののようです(^_^;)

 と言っても、「2022年シーズン初イワナ」ということに変わりはありませんので、これはこれでよし(^_^)

 少しずつ調子を上げていきたいですね。

川俣イワナ(25cm)

| | | コメント (2)

ミノーをチェイスするイワナ、川俣釣行(2022/04/10)

 2022年4月10日(日)、初夏を思わせるような暖かな空気に囲まれた鬼怒川本流の川俣地区(栃木県日光市)。

 朝は6度だった水温も少しずつ上がって、気付いたら8度になっていました。

 雪代が入っているからでしょうか。いつになく水量が多めです。

 大石の周りをスプーンやスピナーを流しても反応がないので、ミノーに代えてみたら、チビイワナが足元までチェイスしてきました。

 その後も、ミノーをレギュラーサイズが追ってきたり、ショートバイトしたり・・・


 意外と活性高めでしたが、6回もあったチャンスをものにできませんでした。

  シーズン最初の川俣イワナを紹介できるのは、いつになるのでしょう  ^^;

川俣地区の渓流

 

| | | コメント (0)

2022年川俣解禁釣行(2022/04/03)

 2022年4月3日(日)、川俣湖漁協管内(栃木県日光市)が解禁しました。

 川俣地区の山越酒店に行くと、いつものおばちゃんが出てきてくれました。

 年券(3,000円)を買いながら、話を聞いてみると、今年は例年になく雪が多かったそうです。

 川沿いには、ところどころ雪が残っていて、崖にはつららが下がってます。

 水量は、この時期にしては、まずまず。雪代はまだ出ていないようで、水質クリア。水温5度。

 この時期ならでは、残雪の上を歩きながらの渓流釣りです。

 解禁日ということで釣り人も多く、時々、声をかけてみると、「ま~ま~」という方や「さっぱり」という方が半々ぐらいでしょうか。

 こちらは、最初から最後まで「さっぱりです」の繰り返しでした(^_^;)

 今年は、どんな魚たちとの出会いがあるか、楽しみです。

つらら

川俣地区の渓流  

| | | コメント (2)

おじか・きぬ漁協管内の渓流解禁(2022/03/21)

 2022年3月21日(月)、おじか・きぬ漁協管内の渓流が解禁しました。

 昨年、禁漁になってからプレミアム年券を買って2月まで、川治C&R区間で釣りすることができて、味をしめたので、今年も、もちろん「プレミアム年券(8,000円)」です。

 せっかくなので、五十里湖より上流に入ってみました。

 久しぶりのフィールドです。まずは、芹沢。

 2015年の台風18号で芹沢地区が被害を受けたことは知っていましたが、初めて訪れてみると、砂防堰堤が整備されていて、昔の雰囲気と全く違った感じになっていました。

 お住まいの方も、これなら安心です。

 ただ、渓流釣りにはちょっと・・・(^_^;)

 他の沢に入り直すと、午後に訪れたこともあって、釣り人はチラホラ見かける程度。

 水温5度。残雪の中、1時間ほど釣り歩いて、20cmぐらいの魚がチョロチョロ泳ぐ姿を見かけただけ。

 最初は、こんなもんでしょう(^_^)

 今年は、おじか・きぬ漁協管内の、いろいろな沢に入って遊んでみたいと思います。

おじか・きぬ漁協の渓流

| | | コメント (0)

鬼怒川(鬼怒川温泉地区)&川治C&R区間(2021/10/17)

 2021年10月17日(日)、鬼怒川温泉地区内の鬼怒川に行ってきました。

 午前中、小雨が降っていたせいか、さすがに釣り人はいません。

 北風がビュービュー吹く中、YSミノーやスプーンを投げながら釣り歩きます。

鬼怒川温泉地区内の鬼怒川

 せっかく鬼怒川温泉まで来たので、川治温泉のC&R(キャッチ&リリース)区間まで、足を伸ばしてみました。

 気温が急激に下がったせいか、ニジマスからの反応はありません。ま~、こんなものでしょう(^_^;)

 これから気温の低下と共に、ニジマスの反応もが下がっていきますが、今年から、川治C&R区間では、2月末まで釣りができることになりましたので、調査がてら地道に通っていきたいと思います。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00★ 栃木の釣り・お気に入り釣行記 01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー) 02■ 栃木の釣り・那珂川・箒川 03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流、川俣湖漁協、おじかきぬ漁協) 04■ 栃木の釣り・渓流・里川 05□ 栃木の釣り・中禅寺湖 06□ 栃木の釣り・丸沼 07□ 栃木の釣り・菅沼・大尻沼 08□ 栃木の釣り・川俣湖 09□ 栃木の釣り・五十里湖&八汐湖(川治ダム) 11□ 栃木の釣り・川治地区C&R(小網ダム) 12□ 栃木の釣り・東古屋湖 13□ 栃木の釣り・他の湖沼&管釣 14● サーモン・フィッシング(栃木・福島・新潟・茨城) 15● 県外の釣り・涸沼&那珂川シーバス 16● 県外の釣り・トラウト、海ルアー等 17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等) 18○ 釣り・一般(Abu、タックル等) 20◆ とちぎのバードウォッチング 22◆ とちぎの山登り&自然 25◆ とちぎの食・食べ歩き 26◆ そば打ち(栃木県産そば粉食べ比べ) 30◆ とちぎの人物 35◆ 栃木あれこれ 40◇ 刃物・研ぎ 48◇ 文具・鞄・靴・時計 50◇ カメラ 52◇ パソコン&ブログ 53◇ 書籍・雑誌 55◇ 第二の故郷「愛媛県」 60◇ 日記 80  アトラスオオカブト 81  ギラファノコギリクワガタ 82  オオクワガタ 83  クワガタ・カブト一般 99  放射能問題