カテゴリー「03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流、川俣湖漁協、おじかきぬ漁協)」の114件の記事

春の渓流で大イワナ3匹の奇蹟 in 栃木県日光市川俣地区(2024/05/05)★

 2024年5月5日(日)、栃木県日光市川俣地区では、新緑が山々を登りつつあります。

川俣湖
 
 真っ青な空からはサンショウクイ、森の中からはセンダイムシクイや、ヤブサメのさえずり。

 雪代の終わった渓流は、濁りもなく、太陽の光を浴びて、キラキラ輝きながら流れています。

川俣地区の渓流
 
 ミノーをアップにキャストしながら、ゆっくり釣り上がっていきます。
 
 魚が潜んでいそうな流れ込み。いつも期待外れのポイントですが、YSミノーを投げ込んで早引きしてきたら、いきなりドン!
 
 やや黄色みを帯びた「45cmのイワナ」が登場。

川俣イワナ(45cm)

川俣イワナ(45cm)

※川俣イワナ(45cm)の動画はこちら(https://www.youtube.com/watch?v=zKaBcZEejjk
 
 これだけでも十分満足なのに、次のポイントでも、またヒット!
 
 自己記録に並ぶ「51cmの大イワナ」が出ちゃいました。

川俣イワナ(51cm)(2024/05/05)

※川俣イワナ(51cm)の動画はこちら(https://www.youtube.com/watch?v=oxTdU7XRJ6Y)

 
 「スッゲ~~~ことになった」と驚きながら、浅瀬で撮影。

 しばらくして再スタートしたのですが、今日は完全に神がかっていました。
 
 市販のフローティングミノーに、またまたヒット!

 これまでの魚とは違う、圧倒的な重量感。
 
 流れに入って猛ダッシュする度に、リールのドラグを調整しながら、大物に引きずられるように一緒に下流に下っていきます。

 ウルトラ・ライトアクションのロッドが折れてしまうのではないかと、ヒヤヒヤの連続・・・
 
 飛び出しそうになりながらも、何とかランディングネットに収まったのは「56cmの特大イワナ」。
 
 少しレイクトラウトに似た色合いと顔つき。口や顔の擦れた傷は、多くの試練を乗り越えてきた証です。

 大物は警戒心が極めて強く、めったなことでは「野生の本性」を見せることはありません。

 そんな40cm以上の大イワナが、3連続で釣れたなんて・・・。

 釣りでこれ以上の幸運に巡りあえることは、おそらく一生ないでしょう。


川俣イワナ(56cm)(2024/05/05)

川俣イワナ(56cm)(2024/05/05)

川俣イワナ(56cm)(2024/05/05)

※川俣イワナ(56cm)の動画はこちら(https://www.youtube.com/watch?v=XEFkBX9NwUo)

 
 釣行記録データベースで調べてみたら、鬼怒川上流の渓流(川俣地区)には、2006年6月14日に通い始めてから18年間、前回がちょうど200回目の釣行でした。
 
 40cm以上の大イワナを釣ったのは、このうち12回、合計13匹。1回の釣行で複数(2匹)釣ったのは、たった1度だけ。
 
 渓流での最大サイズは45cm。イワナの自己記録は、川俣湖で釣った51cmです。
 

 今回、201回目となる釣行で、45cm、51cm、56cmという3匹の大イワナに恵まれことに加え、自己新記録となる56cmの特大のイワナを釣ることができたのは、奇跡が起きたとしか言いようがありません。

 この貴重な体験、釣り人生の大事な宝物にしたいと思います。

 

~~釣行データ~~

 
【期日】 2024年5月5日(日)

【場所】 鬼怒川上流の渓流(栃木県日光市川俣地区)

【天候】 晴れ

【水温】 8度

【釣果】 イワナ3匹 (45cm、51cm、56cm)、※全て撮影後にリリース

【タックル(スピニング)】

 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS

 リール:ダイワ・フリームス KIX2500

 ライン:ナイロン 10lb (ダイワ BASS-X)

 ルアー:YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング、ハンドメイド)、市販フローティングミノー

【撮影】 Canon Power Shot SX260HS

| | | コメント (0)

2024年シーズン初の川俣釣行(2024/04/13)

 2024年4月13日(土)、シーズン初となる川俣地区(栃木県日光市)の渓流に行ってきました。


  宇都宮では桜が満開、春爛漫ですが、川俣地区の木立は、まだ冬の装い。

川俣地区の木立

 水温は5度。これではイワナやヤマメ達は冬ごもりかも? 

 ミノーやスプーンへのチェイスは見られません。

川俣地区の渓流

  「シーズン初の釣りだし、渓流を歩くだけでも十分。ノーフィッシュでもいいや~~」と、半ば諦めながらYSミノーを投げながら、釣り下っていたら、いきなりヒット!

川俣イワナ(26cm)

  26cmの元気なイワナが出てくれました。

  正午になると、水温は8度まで上昇。

  少し大きめの流れ込みで、27cmのイワナを追加。さらには、30cmオーバーのイワナをネットイン寸前でフックアウト!

  ショートバイトも何回かあり、初釣行にしては上々の結果になりました。

  渓流を釣り歩く爽快感。たまりませんね~~~!

| | | コメント (0)

2023年シーズン最後の川俣釣行(2023/09/18)

 2023年9月18日(月)、敬老の日、川俣地区の渓流に行ってきました。

 雨があまり降っていないせいか、渇水気味です。

 エサ釣りやフライ、ルアーマンが、所々に入っていますが、みなさん釣果はいまいちのようです。

 4時間ほど釣り歩いて、チェイスもありませんでした(^_^;)

 唯一の救いは、尺を優に超える大イワナのペアが、悠々と泳ぐ姿を見ることができたこと。子供をたくさん生んで、命をつないでいってほしいと思います。

 2023年シーズン、川俣地区の渓流での釣りは、今日で最後。

 来年またね!

YSミノー

| | | コメント (0)

川俣釣行(2023/09/10)

 2023年9月10日(日)、栃木県日光市の川俣地区の渓流に釣りに行ってきました。

 水量はほぼ平水、水質はクリア。濁りは入っていません。

 まもなく禁漁ということで、釣り人をあちこちで見かけます。最初のポイントで、釣り下って行くと、2名の釣り人が下流から上ってきました。次のポイントでも、5人の釣り人。

 みなさんラストチャンスって感じなんでしょうね。

 さすがにこれだけプレッシャーがかかっていると芳しくありません。

 ある程度覚悟していたとは言え、6時間釣り歩いて「ノーチェイス・ノーバイト」(^_^;)

 今シーズンも、来週の3連休(9/16土~18月)を残すだけ。

 何とかイワナの顔を拝みたいですね。

Img_9079
Img_9105
Img_9094
Img_9086  

| | | コメント (0)

トンボが群れ飛ぶ、平日の川俣の渓流を釣り歩く(2023/08/02)

 2023年8月2日(水)、久しぶりの平日の休暇。日光市川俣地区の渓流に行ってきました。

 真夏の日中、しかも渇水ということで、他に釣り人は見かけません(^_^;) 

 留めた車にはアブが、コン、コンと突進してきて、賑やかです。

 刺されないようにムシ避けをスプレーして、川に降りると、避暑のため山に上ってきたトンボが群れています。

 歩くとおびただしい数が足元の石から飛び立ちます。毎年夏場にトンボを見かけますが、これほどたくさん見かけるのは久しぶりです。

トンボの群れ

 渇水の渓流を、ミノーを投げながら釣り歩くと・・・

 チビイワナがチェイスしてきて期待が高まる瞬間もあるものの、結局、大きなチャンスはなし。

 トンボが舞う渓流を歩くだけでした。

川俣地区の渓流

 実は、今シーズン、まだイワナ1匹しか釣っていません(笑)

 シーズンも残り2ケ月を切ってしまいました。

 さすがに、ちょっとヤバイかもしれません(^_^;)

| | | コメント (0)

ゲーター・スタイルで楽しむ夏の川俣(2023/07/16)

 2023年7月16日(日)、空を見上げると、梅雨明けを思わせる、真っ青な空に白い雲。

夏の川俣

川俣地区の渓流

 川俣地区の渓流(栃木県日光市)は、渇水です。ほとんど雨が降っていないですからね~~~

 夏の間、高地で過ごすトンボがたくさん群れています。こんなにたくさんいるのを見るのは、久しぶりです。

トンボ

 このように、暑い夏の渓流釣りは、ウェーディングシューズを履いて濡れてもいい、ゲータースタイルに限ります。今シーズン初です。

 水温も程よく低くて、涼しくて、ちょうどいい感じです。気持ちいい~~~~(^_^)

 肝心の釣果の方は・・・、ショートバイト2回、チェイス1回のみ(^_^;)

 そのうち、いつか、釣れるでしょう。

| | | コメント (0)

川俣釣行

 せっかくの日曜。朝から、のんびり釣りに出かけたいところですが、いろいろ用事があって、気づいたら午前11時。夕方の17時には、自治会の集まりがあります。

 こういう隙間時間を逃すわけにはいかないと、ロッドとリュックを車で載せて出発。

 川俣地区の渓流は、昨日までの雨で増水した後のようで、うすく濁りが入っています。

川俣地区の渓流

 絶好のタイミングで入れたのではないかと期待しながらYSミノーをキャストし続けますが、魚の反応はどうもいまいち
(^_^;)

 朝から釣り人が入ったからでしょうか。

 チビイワナが2回、尺クラスのイワナが1回、チェイスしてきただけ・・・

 2時間ほど釣り歩いて、ウェーダーを脱ぐことにしました。

 考えてみれば、今シーズン、まだイワナ1匹しか釣っていないんでよすね(^_^;)

 川俣でも夏ゼミが鳴き出したので、そろそろ中禅寺湖に行って気分転換してみますか。

新緑

| | | コメント (0)

新緑の川俣でイワナと遊ぶ

 ゴールデンウィーク、川俣地区(栃木県日光市)の渓流に行ってきました。

 木々の芽吹きは、いつもより1週間ぐらい早いでしょうか。すでに川俣地区は新緑の季節です。

川俣地区の新緑

 真っ青な空から降り注ぐ日差しで、冬用ジャンパーだと暑過ぎてしまいます。フリースの上にレインウェアを羽織るのがちょうどいい感じです。

川俣地区の渓流

 YSミノー(85mm、8g、シンキング、製造番号379)を流していてたら、ピックアップ寸前、足元から、元気なイワナ(25cm)が飛びついてきてくれました。

 自分の体長(250mm)の1/3の大きさのミノー(85mm)に襲いかかってくるイワナの食欲・闘争心には、驚かされます。

 レギュラーサイズのイワナのチェイスも何回かあったので、徐々に活性が上がってきているようです。

 これからが楽しみです。

イワナ(25cm) in川俣地区の渓流

| | | コメント (0)

川俣解禁日釣行(2023/04/02)

 2023年4月2日(日)、ちょっと時間ができたので、解禁した川俣地区に行ってきました。


 川俣湖には、釣り人を乗せたボートが何艘も浮かんでいて、いかにも解禁日って感じです。

 まずは、毎年お世話になっている山越商店で、川俣湖漁協の年券(3,000円)を購入。

 鬼怒川本流の渓流に入ると、水量はまずまず。ただ、水温は5度。さすがにこの水温ではイワナ達の動きはいまいちのようです。

 少し大きめの流れ込みで、2回ほど、レギュラーサイズのイワナがチェイスしてきたものの、それっきり(^_^;)

 先日、出来上がったばかりのYSミノーのニュータイプ(https://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2023/02/post-881dde.html)。アイを微調整をしたら、とてもいい泳ぎになりました。これは期待できそうです。


 いよいよ川俣地区が解禁しました。

 今年はどんな魚に出会えるでしょうか。楽しみです。

川俣地区の渓流

YSミノー

川俣地区の渓流

| | | コメント (0)

2022年7月中旬、川俣地区の渓流で尺超えイワナ連発

 2022年7月下旬から仕事が忙しくなってしまい、ずっ~と書きそびれていた「7月中旬の川俣釣行」。ほぼ半年遅れでレポートします。

 この日は、いろいろな用事があって出発するのが遅れ、栃木県日光市川俣地区に到着したのは15時30分。

 川の方は、少し前に降った雨のせいで、うっすらと濁りが入って、見るからに良さそうなコンディションです。

川俣地区の渓流

 どんなに川のコンディションが良くても、この時間は、早朝から釣り人が入った後ということで、魚たちが警戒していて、1~2匹釣れればいい方です。

 ところが、YSミノー(YS-minnowΔtype、85mm、8g、シンキング)をクロスに投げて、時々ジャークやトゥイッチを入れて釣り下っていくと、どこからともなくイワナが飛び出てきて、ヒット連発!

 続くは、続くは・・・、40cm、38cmが2匹、37cm、33cm、28cmと釣り上げた6匹のうち5匹が尺超えという、白昼夢のようなイワナの楽園、パラダイスの2時間。

尺超えイワナ(2022年7月中旬)
イワナ40cm(2022年7月中旬)

 こんなこともあるんですね。

 大イワナがかかった後、流芯に入って、10lbのナイロンラインが切られてしまい、YSミノーをくわえたまま逃げられてしまったのが、唯一の心残り。

 これほどイワナの活性が高いというのは、偶然、このポイントに、先行者がほとんど入っていなかったとしか考えられません。

 にわかに信じられないような幸運に恵まれることもあるのが「釣り」。

 来年も、またがんばりま~~す。

| | | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00★ 栃木の釣り・お気に入り釣行記 01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー) 02■ 栃木の釣り・那珂川・箒川 03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流、川俣湖漁協、おじかきぬ漁協) 04■ 栃木の釣り・渓流・里川 05□ 栃木の釣り・中禅寺湖 06□ 栃木の釣り・丸沼 07□ 栃木の釣り・菅沼・大尻沼 08□ 栃木の釣り・川俣湖 09□ 栃木の釣り・五十里湖&八汐湖(川治ダム) 11□ 栃木の釣り・川治地区C&R(小網ダム) 12□ 栃木の釣り・東古屋湖 13□ 栃木の釣り・他の湖沼&管釣 14● サーモン・フィッシング(栃木・福島・新潟・茨城・富山) 15● 県外の釣り・涸沼&那珂川シーバス 16● 県外の釣り・トラウト、海ルアー等 17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等) 18○ 釣り・一般(Abu、タックル等) 20◆ とちぎのバードウォッチング 22◆ とちぎの山登り&自然 25◆ とちぎの食・食べ歩き 26◆ そば打ち(栃木県産そば粉食べ比べ) 30◆ とちぎの人物 35◆ 栃木あれこれ 40◇ 刃物・研ぎ 48◇ 文具・鞄・靴・時計 50◇ カメラ 52◇ パソコン&ブログ 53◇ 書籍・雑誌 55◇ 第二の故郷「愛媛県」 60◇ 日記 80  アトラスオオカブト 81  ギラファノコギリクワガタ 82  オオクワガタ 83  クワガタ・カブト一般 99  放射能問題