カテゴリー「12□ 栃木の釣り・東古屋湖」の83件の記事

2022年東古屋湖解禁前漁獲調査(2022/02/26)

 2022年2月26日(土)、東古屋湖解禁前漁獲調査に参加してきました。

 調査開始のアナウンスがあると、エレキ組が一斉に出船!

調査開始

 こちらは手漕ぎ。のんびり、ゆっくり、ボート置き場前からスタートです。

 表層からボトムまで探りますが、いつも何がしかの反応があるのですが・・・、ショートバイトもありません。

 少しずつ上流にボートを進めて行くと、キャンプ場前にボートが集まっています。上流部に氷が張っていて行けないんですね。

キャンプ場前

 少し下流で、周囲にボートがいないところにアンカーを降ろして、この時期、東古屋湖でいい思いをしている「ベスパ」をボトムまで沈めて、スローリトリーブ。

 初めて「コンッ」というショートバイトがありました。

 そのまま少し粘っていたら、一瞬根がかり、いやいや・・・、首を振っている・・・

 表層に浮き上がってきた白い大きな魚体。

 あまりの巨体に、ネットに入った後、何度も飛び出しそうになりました。

 東古屋湖らしい60cmクラスの極太のスーパーレインボー!

 久しぶりに見る巨体に息を飲みます。いいですね~~~(^_^)

 ネットの中でグルングルンと何度も回ってしまい、ラインが体に絡まって、フックを外すのに、少々時間がかかってしまいました。

 ブログのこともあって、かなり未練がありましたが、写真撮影を諦めリリースしました。

 そんな訳で魚の写真はありません。申し訳ありません
m(_ _)m

 午後2時、調査終了。

 よっしーは、1バイト、1ヒット(60cmクラスのニジマス)。友人は、1ヒット(40cmクラスのニジマス)でした。

 おそらく、上流部の氷の下には、多くのスーパーレインボーがプレッシャーがかかっていない状態で、残っていると思います。

 3月5日(土)の解禁日は、状況によっては、もの凄いことになるかもしれませんね。

| | | コメント (0)

2022年・東古屋湖解禁前漁獲調査の応募が始まりました(2022/02/05)

 コロナが増えてきて気が抜けない日が続いていますが、外に目を向けると、寒さは続いているものの、日が伸びてきていて、少しずつ春が近づいてきていることが分かります。

 毎年恒例となっている、2022年(令和4年度)「東古屋湖解禁前漁獲調査」の応募が始まりました。

 応募は2月19日(土) 8時まで。

 実際の調査は2月26日(土)と27(日)の2日間となっています。

 昨年に続き応募するかどうか・・・、ちょっと友人と相談してみたいと思います。

 詳しくは、鬼怒川漁協の東古屋湖HP(http://www.kinugawa-gyokyou.com/higasigoyako/)をご覧ください。

| | | コメント (0)

2021年東古屋湖解禁前漁獲調査(3/13-14)の募集が始まりました

 2021年2月20日(日)、2021年の渓流解禁も1週間後に迫りました。

 みなさん、準備は進んでいるでしょうか。

 さてさて、例年2月下旬に開催される東古屋湖解禁前漁獲調査。

 今年は3月13日(土)~14(日)になるということが、鬼怒川漁協のHP(http://www.kinugawa-gyokyou.com/higasigoyako/)に発表されていましたが、そういえばと思いのぞいてみたら、参加募集が始まっていました。

 募集は3月6日(土)まで、HPで行われてます。

 この記事を書いていたら、過去のビックレインボーの凄まじいファイトするシーンが、手応えが、徐々に蘇ってきました。

 いいですね~~(^_^)

 妄想が止まらなくなった方は、是非申し込んでみてくださいね。

| | | コメント (0)

東古屋湖の解禁前調査は3/13(土)~14(日)

 栃木県に、新型コロナの緊急事態宣言が出されてから、少しずつ新規感染者が減ってきています。
 この調子で、収まっていってくれるといいんですけどね。

 さてさて、例年この時期になると、気になるのが、東古屋湖の解禁前調査です。

 今年はどうかな~~と東古屋湖のHP(http://www.kinugawa-gyokyou.com/higasigoyako/)をのぞいてみたら、

解禁前漁獲調査:令和3年3月13日(土)、14(日)
解禁日      :令和3年3月20日(土)

 3週間ほど遅れたのは、湖の結氷が原因だそうです。

 3月中旬になると、スギ花粉がちょっと心配になりますが、コロナでマスクを付けるのに慣れていますので、解禁前調査の募集告知が始まったら申し込んでみたいと思います。

| | | コメント (0)

2020年東古屋湖解禁前調査に参加してきました

 2020年2月29日(土)、東古屋湖解禁前調査に参加してきました。

 午前7時30分に到着。

 新型コロナウイルスの影響で、事務所前の机で行われている、調査の説明や受付を済ませて、タックルの準備を進めます。

 調査2日目ということで、船釣りと陸からの釣りが選択できますが、よっしーは船釣りです。

 オールを漕ぎながら、上流にボートを進めていきます。

 ところどころでヒットシーンを見かけるものの、昨年ほどではない雰囲気です。

Img_4636

 5gクラスのスプーンをボトムまで落として、スローリトリーブ、反応がなければカラーローテーションを繰り返していきます。

 上流部で、4ケ所ぐらいポイントを移動してみても、反応がありません。

 周囲でポツポツ、釣れていますが、ルアー、それとも攻め方なのか・・・

 午前11時、事務所前に戻ってきて、ようやく反応が出てきました。

 1時間の間に、ニジマスが立て続けに4匹、いずれも30cmクラス。

Img_463230cm  

 ヒットしたのは、いずれもボトム付近でした。

 昼食やトイレ休憩で、ポイントを移動したら、またまた沈黙(^_^;)

 ニジマス達は、特定のポイントにたまっていたようです。

 今年の東古屋湖の解禁は3月7日(土)です。

 是非とも、魚のたまり場をうまく見つけ出して、東古屋湖のビックレインボーを釣り上げてみてください。

| | | コメント (2)

2019年東古屋湖解禁前調査に参加してきました(2019/02/23)

 2019年(平成31年)2月23日(土)、東古屋湖解禁前調査に参加してきました。

 

東古屋湖解禁前調査

 

 湖面に打ちつける強風に悩まされましたが、50~60cmクラスのスーパーレインボーや、元気の良いニジマスのファイトを堪能できて、楽しい一日になりました。

 9時から14時までの調査時間内で、合計25匹ほど。
 

東古屋湖スーパーレインボー

 

 赤系の5グラムのスプーンをボトムまでフリーフォールで落とした後、スローリトリーブしてくると、コン! とか、ココン! に続いて、ロッドが一気に水中に絞り込まれるような時は、たいてい50~60cmクラスのスーパーレインボーでした。

 ボート際、淡い薄緑色の水中に、何回も突進して逃げようとするファイトは、何度味わってもいいものです。

 初めて東古屋湖で釣りをした友人も、同じぐらい釣れて大喜び(^_^)

 今年の解禁は3月2日(土)です。みなさんも、是非とも、東古屋湖スーパーレインボーのファイトを楽しんでくださいね。

 

東古屋湖スーパーレインボー

 

 

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2019年東古屋湖解禁前調査に当選しました

 2019年東古屋湖の解禁前調査に当選しました。

 

 今年は暖冬なので、氷が張っていることもないでしょうし、水温もそこそこあるとなれば、最初から、レインボー達の活性も高かったりするかも?

 

 楽しみですね~~~(^_^)

 

 下の写真は、昨年の調査開始直後の、エレキを付けたボートが続々と出船しているところ。雪が少し残っていたんですね。

 

2018年東古屋湖解禁前調査の様子

 

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年東古屋湖解禁前調査の募集開始!

 毎年恒例となっている、東古屋湖の解禁前調査。

 

 鬼怒川漁協のHPによると、2019年は、2月23日(土)と24日(日)に開催されることになり(http://www.kinugawa-gyokyou.com/higasigoyako/2019kaikin.html )、募集が始まっています。

 

 今年は暖冬なので、湖面の氷結もそんなに心配しないでいいのかもしれません。

 

 いよいよですね。

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

ビックレインボーのファイトを堪能~2018年東古屋湖解禁前漁獲調査結果(2018/02/23)★~

東古屋湖解禁前調査・調査開始

 2018年シーズン最初の釣りは、東古屋湖解禁前漁獲調査です。

 調査開始とともに、エレキを付けたボートが、事務所前の湖面の薄氷をかき分け、上流に向かっていきます。

キャンプ場前

 手漕ぎボートでのんびりキャンプ場前に向かうと、多くのボートが浮かんでいます。

 ベスパ(5g、赤)をボトムまで落として、ゆっくりリトリーブしてくると、時々、コツ、ゴンとショートバイトがあります。

 すぐに、水面すれすれに下げていた、ロッドティップが水中に引き込まれました。

 ヘッドシェイク、ボート際での突進・・・、久しぶりの魚の手応えです。

 気持ちいい~~~!

 40cmのニジマスでスタートです。

ニジマス(50cm)

 30cmクラスがポツポツ続いた後は、ついに50cmクラスのビックレインボーが登場!

 50cmクラスの重量感たっぷりのファイト!

 たまりませんね~~(^_^)


ニジマス(50cm)

 
 調査中、キャンプ場付近が、一番魚影が濃い感じがしましたが、事務所前で同行者がグッドサイズのニジマスを釣り上げましたので、他にもいいポイントがあるのかもしれません。

 

 東古屋湖は3月3日に解禁になります。

 50cmクラスはもちろん、60cm、さらには70cm以上のスーパーレインボー達が待ってますので、是非、みなさんもチャレンジしてみてください。

~~釣行データ~~

【日時】 2018年2月23日(土)、9時~15時

【場所】 東古屋湖(栃木県塩谷町)

【天候】 曇り時々晴れ

【水温】 -(未計測)

【風】  無風~時々弱い北西の風

【釣果】 ニジマス10匹(50cm:2匹、40cm:1匹、30cm:7匹)

【タックル】
〔スピニングタックル〕
 ロッド:ダイワ・PRIMEGATE 602ULRS
 リール:ダイワ・フリームスKIX2500
 ライン:ラパラ・ナイロン10lb
 ルアー:スーパーベスパ(5g~10g、赤系~オレンジ)

【撮影】 Canon Power Shot S95

| | | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年東古屋湖解禁前調査に当選!

スプーン 今晩、応募していた2018年・東古屋湖解禁前調査の当選メールが来ました。

 3月の栃木県内の渓流解禁まであと10日ほど。

  その直前の東古屋湖解禁前調査、幸先よいスタートが切れるよう、準備を進めていくことにしましょう!

| | | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

00★ 栃木の釣り・お気に入り釣行記 01■ 栃木の釣り・鬼怒川本流(スーパーヤマメ&レインボー) 02■ 栃木の釣り・那珂川・箒川 03■ 栃木の釣り・鬼怒川上流の渓流(鬼怒川温泉・高徳堰堤から上流、川俣湖漁協、おじかきぬ漁協) 04■ 栃木の釣り・渓流・里川 05□ 栃木の釣り・中禅寺湖 06□ 栃木の釣り・丸沼 07□ 栃木の釣り・菅沼・大尻沼 08□ 栃木の釣り・川俣湖 09□ 栃木の釣り・五十里湖&八汐湖(川治ダム) 11□ 栃木の釣り・川治地区C&R(小網ダム) 12□ 栃木の釣り・東古屋湖 13□ 栃木の釣り・他の湖沼&管釣 14● サーモン・フィッシング(栃木・福島・新潟・茨城) 15● 県外の釣り・涸沼&那珂川シーバス 16● 県外の釣り・トラウト、海ルアー等 17○ 釣り・ハンドメイドルアー(YSミノー等) 18○ 釣り・一般(Abu、タックル等) 20◆ とちぎのバードウォッチング 22◆ とちぎの山登り&自然 25◆ とちぎの食・食べ歩き 26◆ そば打ち(栃木県産そば粉食べ比べ) 30◆ とちぎの人物 35◆ 栃木あれこれ 40◇ 刃物・研ぎ 48◇ 文具・鞄・靴・時計 50◇ カメラ 52◇ パソコン&ブログ 53◇ 書籍・雑誌 55◇ 第二の故郷「愛媛県」 60◇ 日記 80  アトラスオオカブト 81  ギラファノコギリクワガタ 82  オオクワガタ 83  クワガタ・カブト一般 99  放射能問題