« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »

2019年8月の8件の記事

YSミノーのペイント

 早朝、川俣地区の鬼怒川の渓流に出かけたものの、先行者ありありで、YSミノーへのチェイス1回だけ・・・

 釣果はともかく、唯一明るい話題としては、5gのスプーンを何回か通した後、YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)をキャストしたら、チェイスがあったということ。

 85mmサ
イズのミノーにしか反応しない魚がいるということを、あらためて実感しました。

Img_8902

 日が傾き始めた午後3時過ぎからは、自宅で、YSミノーのペイントをやってました。

 2年ぶりに使うエアブラシに、ちょっと戸惑いながらも、なんとか無事終了。

 次は、いよいよ仕上げのセルロース・セメントのディッピィングです。

| | コメント (0)

2019年のサーモン・フィッシング、どこに申し込みましょう?

 毎年8月のお盆を過ぎると、気になってくるのが、秋のサーモンフィッシングです。

 栃木から、比較的行きやすいフィールドは、新潟県荒川、福島県真野川、茨城県久慈川、那珂川、そして栃木県内となります。

 2019年の調査期間や募集状況をネットで調べてみました。

【新潟県荒川】
 一般参加・調査期間:2019年11月16日(土) ~12月15日(日)
   〃  募集期間:2019年8月31日(土)~

【福島県真野川】
 調査期間:2019年11月16日(土)~11月17日(日)
 募集期間:2019年8月16日(金)~9月10日(火)

【茨城県久慈川】
 ルアー・餌の調査期間:2019年11月1日(金)~11月10日(日)
 ルアー・餌の応募期間:2019年8月19日(月)~9月2日(月)

【茨城県那珂川】
 調査期間:2019年11月1日(金)~11月12日(火)
 募集期間:2019年8月19日(月)~9月2日(月)

【栃木県内】
  昨年(2018年)は、那珂川、鬼怒川、思川、渡良瀬川で開催されましたが、2019年は未発表です。


~~~~~~

 新潟県の荒川は、ものすごい人気で、HPによる応募は、あっという間に応募定員に達してしまうので、ここ数年、ちょっと足が遠のいています。

 となると、福島県真野川か、茨城県久慈川、那珂川、そして栃木県内となります。

 2019年は、県外のどこかの1河川に申し込んで、栃木県内の河川が開催されれば、そこにも1つ申し込むという感じかな?

 さ~~~て、2019年の県外のサーモン・フィッシング、どこに申し込みましょうか(^_^)

Img_202075cm3_20190818111201

 
 写真は、2018年10月27日、栃木県那珂川で釣ったサーモンです。

 記事:那珂川サーモン(75CM) IN 栃木県那珂川サケ資源有効利用調査(2018/10/27)

   → https://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2018/10/post.html



 

| | コメント (0)

逃がしたイワナは大きかった in 鬼怒川上流の渓流(川俣地区)(2019/08/17)

 2019年8月17日(土)、午後に用事があるので、釣りに行けるのは早朝だけです。

 夜のうちに宇都宮の自宅を出て、鬼怒川上流の渓流(日光市川俣地区)を目指します。

Img_3823

 一昨日、台風10号の影響で栃木県北部の山沿いに、雨が降ったこともあって、水量は少し増えて、少し濁りが入っています。

 絶好のコンディション!

Img_3839

 少し大きめの流れ込みに、YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)をアップクロスに投げ込みます。

 2~3投目ぐらいしたら、何かあるはず・・・・、ありません。

 YSクランク、m-1インスパイアーミノー、スプーン。

 Jackson(ジャクソン) ミノー トラウトチューン(70mm、8.5g、シンキング)に換えた後、ついにきました。

 クネクネ体をくねらせながら、浮かび上がる、巨大な白い魚体。

 これだけの大物は、久しぶり・・・

 背中のランディングネットを外して、すくおうとした瞬間、ロッドがフッと軽くなって、憧れの君は流れに戻っていきました。

 40cmオーバーのイワナ。

 惜しかった! 写真だけ撮らせてくれれば、リリースしたのに・・・、イワナには聞こえないか(^_^;)

 下の写真の手前がイワナがヒットした「トラウトチューン(70mm、8.5g、シンキング)」、奥がYS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)。

 トラウトチューン(黒金)は、もう何年も使っているので、ご覧のとおりゴールドのメッキが剥げて、がシルバーベースになりそうです。

Img_3865

 ウェイトの割りには、リップが小さく、泳ぎに派手さはありませんが、アップクロスに投げると、底をヒラヒラ泳いでイワナにアピールします。

 YSミノーに反応がいまいち時、このトラウトチューンを使うとイワナがヒットすることがあります。

 シーズンも、とうとう残り1ケ月。

 40cmオーバーのイワナを、なんとか1匹は釣りたいですね。 
  
Img_3835 

| | コメント (2)

那須ステンドグラス美術館に行ってきました

 2019年8月15日(木)、那須ステンドグラス美術館に行ってきました。

 周囲の自然光を通して見る窓や壁のステンドグラス、室内の数々のランプ・・・、イギリスとかの歴史のあるものだそうで、味わいがあります。

 そして何といっても、パイプオルガンやオルゴールの演奏、お盆中のハープ&フルート&ピアノのスペシャルコンサートが、とってもいい雰囲気を醸しだしてくれます。

 ステンドグラスには、このような落ち着いた音楽がよく合います。

 次回は、カフェでゆっくり、くつろんでみたいですね。

【那須ステンドグラス美術館】

  所在地:栃木県那須郡那須町高久1790
  電話 :0287-76-7111

Img_3741
Img_3749_20190815211901

Img_3756

Img_3791
Img_3812

| | コメント (7)

YSミノーのアルミ貼り

 6月上旬から始めていたハンドメイド・バルサ製のYSミノーづくり。

 バルサを削って整形した後、時間ができた時に、セルロースセメントのディッピィングを繰り返していました。こんなに時間を空けながらディッピィングするのは珍しいくらい、のんびりやってました。

 今日は、やっとアルミホイル貼りです。

 2年ぶりの作業なので、ところどころ忘れている作業もあって、自分で作ったマニュアルを見ながら慎重に進めました。

 この後、ディッピィングを何回か繰り返した後、いよいよペイントです。

Img_8895ys

 

| | コメント (0)

夏の渓流釣りの虫よけに「ムシペールα30」

 真夏、渓流釣りに行くと、アブや蚊、そして目の回りをウロウロする小さな虫(ヌカカ等)に悩まされます。

 けど、「虫がいるから、釣りに行かない」、な~~てことはありません。

 強い味方、虫よけスプレーがあるから(^_^;)

 使い続けていた「ムシペールα」がついになくなったので、虫よけ成分(デート)が30%に強化された「ムシペールα30」を近所のドラック・ストアで買ってきました。

 肌が露出している手や、首の回りにシュッと一吹きすれば、虫に刺されることはありません。

 パワーアップした、「ムシペールα30」、頼りにしてますよ(^_^) 

Img_372530  

| | コメント (0)

鬼怒川上流の渓流(川俣地区)(2019/08/10)

 たまには夕方に行くのもいいかと、いつもの鬼怒川上流の渓流(川俣地区)に行ってきました。

 現地に着いたのは、午後3時30分。日没まで3時間ほど。

 釣り場の所々に、釣り人の新しい足跡があります。午前中来たのでしょう。

Img_3708

  水温18度。濁りはなくクリア。水量はちょっと少なめです。

 YS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)を投げたり、小さめのミノーやスプーンに変えてみたり・・・

 2時間半の間に、レギュラーサイズのイワナが2回、チェイスしてきてくれました。

 ミノーの後を追ってくる姿を見れただけでもOKでしょう。

 帰り際、道端のススキが穂を出していました。

 川俣は、一足早く、秋色の装いをまといつつあります。

Img_3721
Img_3713

| | コメント (0)

日光川俣地区の渓流散歩(2019/08/04)

  日中になると、暑さでどこも行きたくなくなるので、釣りに行くなら早朝です。

  いつも気づくと午前7時になっていたりするのですが、今日はうまい具合に午前4時に目覚めました。

  午前5時前に家を出て、日光市川俣地区の鬼怒川上流の渓流に着いたのは午前7時前。

  日が昇っていますが、標高が高いだけあって、さすがに涼しい。
 
Img_3701

Img_3687

 いつものようにYS-minnowΔtype(85mm、8g、シンキング)でスタート。

 濁りもなく、渇水気味ということもあって魚たちの活性はいまいち。

 2時間ほど釣り歩いて、レギュラーサイズのイワナが3回ほどチェイスしてきましたが、猛ダッシュしてミノーに食らいつくような元気なキミは現れませんでした。

 もしかしたら、川俣のイワナも暑さでお疲れぎみ?

Img_3675
Img_3693

  川岸に群れているトンボの撮影をしたりしていたら、だんだん暑くなってきたので、午前9時に撤収。

  冷たいものが食べたくなったので、帰りに大笹牧場によって、名物の「ソフトクリーム」をいただきました。

 ブラウンスイスという種類の牛の新鮮な牛乳を使っていて、濃厚な味が人気です。

 子供たちが小さかった頃以来、久しぶりです。今から15年前か~~(^_^;)

 懐かしく美味しいソフトクリーム、ごちそうさまでした。

Img_3704
Img_3707

| | コメント (2)

« 2019年7月 | トップページ | 2019年9月 »