« 茨城県那珂川サケ資源有効利用調査(2019/11/03) | トップページ | 丸沼釣行(2019/11/17) »

アブ・アンバサダー4601C3のメンテナンス

 昨日(2019年11月3日)、茨城県那珂川でのサーモンフィッシングで、半日使い続けた、アブ・アンバサダー4601C3。

 2006年の10月に買ってから、ちょうど13年経つんですね。

 海が近いフィールドなので、多少なりとも、塩分を含んでいる可能性がありますし、何と言っても、いつまでも長く、きれにい使いたいので、早速、分解してメンテナンスです。

 アンバサダーは部品が少ないので、久しぶりの分解でも、バラし方、組み立て方に迷うことはありません。

 分解途中の写真を撮っておかなくても、こんな感じ~~~やってみると、何とかなってしまいます。

Img_4315  

 部品を全てバラした後、水分や余分な油を拭き取って、ギアとかの溝に、ブレーキクリーナーを吹きつけて、完全に油分を除去。

 アブ純正のグリースやオイルを塗りながら、ゆっくり組み立てていきます。

 ハンドルやスプールも気持ちよくなめらかに回るようになりました。

 最近はもっぱら、サーモン・フィッシングでしか使わなくなってきたアンバサダーですが、これからも大事に使っていきたいと思います。

Img_8945 

|

« 茨城県那珂川サケ資源有効利用調査(2019/11/03) | トップページ | 丸沼釣行(2019/11/17) »

18○ 釣り・一般(Abu、タックル等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茨城県那珂川サケ資源有効利用調査(2019/11/03) | トップページ | 丸沼釣行(2019/11/17) »