« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月の8件の記事

ばとう手作りハム工房直営「レストラン巴夢」&東力士の洞窟酒蔵

 2020年5月31日(日)、我が家お気に入り、南那須ランチドライブです。

 まずは、ランチ。

 ばとう手作りハム工房直営の「レストラン巴夢(はむ)」です。

 宇都宮にある我が家から、さくら市経由で50分ほどで到着。

Img_4823

 よっしーは、オーソドックスに、「ロースとんかつ膳」。

Img_4827

 家族それぞれ、ソーセージの盛り合わせや、ソーセージグリルなど、好きなものをいただきました。

 いついただいても、ここの豚カツやソーセージは、うま味たっぷり、おいしいですね。

Img_4825

 「道の駅ばとう」で買い物をした後、たまには変わったところに行ってみようということでやってきたのは、那須烏山市の「東力士 洞窟酒蔵」。

Img_4830

 買ってきたのは、洞窟貯蔵低温熟成酒・原酒、山廃仕込みの純米酒、その名も「熟露枯(うろこ)」。

 今週末、釣りに行けなかったので、「うろこ」を飲みながら、来週の釣りの計画を練ることにしましょう。

Img_4848


| | コメント (0)

宇都宮美術館「ルネ・ラリック展」に行ってきました

 新型コロナで、外出できるようになっても、なかなか癖が抜けきれません。

 土日にもかかわらず、家でゴロゴロしたり、パソコンでネットを見たり・・・、釣りに行ってません。

 今日(5/30)は、午後から、妻に誘われて、宇都宮美術館で開催されている「ルネ・ラリック展」に行ってきました。

Img_4818

 外出自粛が緩和されて、来館者が多いかと思いきや、皆さん慎重になっているようで、館内の人は少なく、ゆっくり、のんびり鑑賞できました。

 緻密で繊細なガラスの花瓶や香水瓶など、とても人が作ったとは思えないすばらしい作品の数々。

 どうやったら、こうのようなガラス作品が作れるのでしょうか。途中、製法を簡単に紹介した案内板がありましたが・・・

Img_4822  

 とにかくすばらしい、美しい、見事です(^_^)

 見応え十分のルネ・ラリック展、よろしければ、是非、おでかけください。

| | コメント (0)

「Remote Mouse による音声入力」と「親指シフトキーボード」の組み合わせは超快適

 ブログの記事はもちろん、毎回の釣行記録や、ハンドメイドミノー製作データ、仕事など、基本テキストファイルにして管理しています。

 テキストのうち、特に重要なものは、データベースソフト「桐」に入力。

 過去の情報で知りたいことがあった場合は、まずは桐で検索、並び替えをして探します。

 うまくデータを見つけられない時は、別に保管してあるテキストファイル全体を「isgrep」や「VxEditorのファイル検索」で検索。

 こうすれば、何かがヒットするので、あとは紐付いていって、答えにたどり着くことができます。

 いったんテスト化してしまえば、検索・管理はほぼ完璧。

Img_4817

 もっとも大事なことは、「テキスト化」をいかに効率よく行うかということ。

 入力はもっとも効率がいいと言われている「親指シフトキーボード」と「Japanist2003」を組み合わせて日々、使っていますが、最近、効率のよくなった音声入力を活用することができないか。

 この問題を解決する、「Remote Mouse(リモートマウス)」というアプリを見つけました。

 パソコンとスマホにリモートマウスをインストール、同期はいたって簡単です。

 パソコンの画面をみながら、キーボードに手を置いて、手前においたスマホで話すと、その言葉がパソコンに入力できるのです。

 文字の修正や、句読点や改行は、パソコンのキーボードで行います。

 精度の高いGoogle の音声入力と、親指シフトキーボードによる文字入力を組み合わせて使うことができるようになりました。

 時々、話さないと Google の音声入力がオフになってしまい、その度にオンにすのが、ちょっと面倒ですが、圧倒的に文字入力、テキスト化の効率があがりました。

 皆さんも是非お試しください。

~~~~~~

※ 2020年5月19日、富士通が親指シフトキーボードの販売を終了することを発表しました。

 とても残念ですが、ここまで続けて、支えてくれたことに感謝しています。

 通常のパソコンを親指シフト化するフリーソフトもありますので、私は、一生使い続けていきたいと思います。

| | コメント (0)

栃木でいただく松山名物「醤油めし」、うまいぞなもし

 栃木県では、2020年5月16日(土)から、新型コロナの外出自粛や休業要請は解除され、街中を走る車も増えてきました。

 今日(5/17)も、天気がよく、絶好のお出かけ日和、釣り日和。

 と思いつつ、新聞読んだり、テレビみたり、ネットサーフィンしていたら、いつの間にかお昼になってました。

Img_9347  

 シーフードのスープスパゲティをいただきながら、さ~~て、午後はどこかに出かけようか。

 ま~、遠くに釣りに行く時は、遅くともお昼前ぐらいに出かけないと時間がなくなってしまうんですよね。

 結局、夕方になっちゃって、妻と一緒に近所のスーパーに買い物です。

 買い物は、釣りするほどではないにせよ、あれこれ鮮魚や野菜、お肉などを見るのが楽しくて、割と気に入っています。

 今日は、妻が掘り出し物を発見。

 なんと、宇都宮市内のスーパーにも関わらず、鈴木弁当店監修の松山名物「醤油めし」弁当が売られていたのです。

Img_4808  

Img_4811  

 またまた、蓋に書いてある伊予弁がいいのです。

 よもだ(おとぼけ)、はせだ(のけもの)、ようたんぼ(よっぱらい)などなど、懐かしい~~

 栃木の人には、ちょっと分からないですよね(^_^;)

 ほとんど外出はしませんでしたが、おいしいし、楽しいし、懐かしいし、いい一日でした。

| | コメント (0)

全文検索+インクリメンタルサーチ「isGrep」は便利ですよ!

 ついに求めていたGREPソフトを見つけました。

 全文検索+インクリメンタルサーチ「isGrep」です。

 よっしーは、ブログの記事に始まって、釣りのデータ、日々の仕事のスケジュールなど、全て「テキストファイル」で管理しています。

 パソコンでの文章作成・文字入力はエディタ「VxEditor」か「サクラエディタ」、スマホでは「QuickEdit」を使っています。

 作成した文章・メモは、1日が終わったら、月毎のテキスト・ファイル(例:202005.txt)に結合にします。

 特に大事なものは、データベースソフト「」に転記しています。

 過去のことを調べたくなったら、まずは「」で検索。うまく見つからなかったら、VxEditorに付属している「VxGrep」で、テキスト・ファイルをまとめたフォルダー内を単語検索すれば、たいてい見つかります。

 ここで問題なのが、桐もGREPも、一つの単語・キーワードしか検索できないということです。

 グーグルでやっているような「and検索」や「or検索」ができないのです。

 何とかならないか、ネットでフリーソフトを検索していてたどり着いたのが「isGrep」

 and検索、or検索が、超高速で行えるんです。

 いや~~~、気持ちいい~~(^_^)

 自分が求めていた機能が全て入っています。

 作者の「TaN」さんに、感謝、感謝。ありがとうございます。

 「エディタ+isGrep」を使ったテ
キストファイルによる情報管理、みなさんにもお勧めしま~~す。


【各ソフトのリンク先】

isGrep  →http://pdic.la.coocan.jp/isgrep/

VxEditor →http://lukewarm.s41.xrea.com/VxEditor/index.html

サクラエディタ →https://sakura-editor.github.io/

QuickEdithttps://play.google.com/store/apps/details?id=com.rhmsoft.edit&hl=ja

桐(有償)http://www.kthree.co.jp/kiri/

| | コメント (0)

20代半ばの女子が、マニュアル・フィルムカメラ「キヤノンA-1」を使うのはアリ!?

 20代半ばになる長女、「お父さん、エモいって知ってる?」。

 「エロイは聞いたことがあるけど、エモいは・・・・(^_^;)」。

 50代半ばのオヤジには、ちょっとハードルが高い。

 ネットで調べてみたら、「エモいとは、エモーショナルな感じがするということ。感情に訴えかけて来るものがある、心が動かされるようだ、情緒を感じる、趣がある、グッとくるというような説明しがたい感慨を述べる表現で、インスタで流行っている」そうです。

 「インスタにアップするのに、エモい写真が撮りたくて、フィルムカメラの「写るんです」を使ったりしているんだけど、フィルム撮影できるカメラとか、お父さん持っていない? 」。

 「あるよ、あるよ・・・、昔使っていたマニュアルカメラ、たくさんあるよ。」

 防湿剤を入れたカメラ保管用のタッパーを出してきました。

 大好きだったキヤノン(CANON)のF-1n、A-1、AE-1Pに始まって、オリンパス・PEN-F、ペンタックスMXなどなど・・・・

 唯一、2台保有していた、「キヤノンA-1」に「NFD28mm、f2.8」を付けて使ってみることになりました。

Img_9295

 ずっしりとした重さも気にすることもなく、マニュアルのピント合わせ、絞りリング、ファインダーの中の表示に興味深々です。 

  まずは使い方。「絞り、シャッタースピード、ISO」の関係を一通りアドバイス。

  さっそく、ネガフィルム「冨士フィルムSUPERIA PREMIUM 400」を買ってきて装填して準備完了です。

  エモい風景写真を撮りたいそうですが、はてさて、どんな写真が撮れるのか(^_^;)
  
 長女が部屋を出ていった後、一人、マニュアルカメラやレンズを手にニヤニヤ。

 いずれのカメラも現役で使えます。

 シャッター音、フィルム巻き上げる感触・・・・

 電池がなくても機械式で動く、キヤノンF-1n、オリンパスPEN-F、ペンタックスMXなんかは、思わず何度もシャッターを切ってしまいました。

 たまりませんね。

| | コメント (2)

ちょっと丁寧に天然砥石を使って包丁研ぎ

 ゴールデンウィーク2日目は、包丁研ぎです。

 いつもは2ケ月に1回ぐらいのペースで、自宅の包丁を研いでいたのですが、今回は、ちょっと怠けてしまい、3~4ケ月ぐらいぶりです(^_^;)

 いつもは、中砥、仕上げ砥の2回で仕上げますが、今回は、時間があったので、天然砥石で仕上げました。

 まずは中砥石。

Img_9300

 続いて人工砥石。

Img_9304

 今回、特別に仕上げに使った天然砥石。

Img_9308

 この後、料理に使った妻の「トマトの皮もシュルル~~~と抵抗なく、よく切れるようになったよ」

 何よりでした(^_^)

Img_9318_20200503180001

| | コメント (0)

那珂川町馬頭産のそば粉で「手打ちそば」

 2020年5月2日(土)、外出自粛のゴールデンウィークが始まりました。

 テレビ、ネットサーフィーン、読書、掃除・・・、いろいろやって過ごそうと思っていますが、一番の楽しみは、やっぱり「家族でいただく食事&お酒」でしょうか。

 今日のお昼は、3月、道の駅ばとうに行った時に買っておいた、そば粉で、そばを打つことにしました。

 家族4人前ということで、500gの玉と400gの玉、2つ作ります。台所で打っているので、小分けにしないと、伸せないのです(^_^;)

 500gのそば玉は、そば粉375gと強力小麦粉125gに、水230cc(加水率46%)を加えて、こねます。こね回数は、150回ぐらい。できあがったら、ラップで包んで、30分ほど置いて水を馴染ませ、その後は、伸し、切りと一気に仕上げます。

 いつものように、茹でと、つけ汁は妻がやってくれました。

 打ち立て、茹でたての手打ちそば。口元にそばを運ぶと、ぷ~~~んと香ってきます。

 見栄えはともかく、この香り、美味しさは、手打ちならではですね。

 連休は始まったばかり。もう一袋、そば粉を買っておけば良かったと思っても、後の祭り・・・

 さ~~~て、明日は何をしましょう(^_^;)

Img_4802
Img_9209  
Img_9218
Img_9223  
Img_9249

 

| | コメント (0)

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »