« 鬼怒川(鬼怒川温泉地区)でルアーフィッシング(2010/10/09) | トップページ | 鬼怒川(鬼怒川温泉地区)&川治C&R区間(2021/10/17) »

リールのハンドルノブのべたつき除去には「パーツクリーナー」が効きます

 2021年新潟県三面川のサーモンフィッシングに運良く当選することができました。

 ルアーで、サーモン・フィッシングする場合、シーバス用のスピニングタックルを使う方が多いのですが、よっしーの場合は、いつもベイトタックルです。

 ベイトのメリットとしては、太いナイロンライン(14~16lb)が使いやすいこと、親指でクラッチが簡単に切れて手返しがいいこと、大物がかかっても安心感があること・・・など、いろいろありますけど、まー単純に好きってことが一番でしょうか
(^_^;)

アブ・アンバサダー

 久しぶりに袋からベイトリール「アブ・アンバサダー」を出してみると、ハンドルノブがベトベトしちゃってます。いわゆる加水分解というやつで、とても気持ちいいものではありません。

 加水分解したべとつきの除去といえば、パーツクリーナーです。リールの部品の洗浄とかに使っているので、いつも常備しています。

パーツクリーナー

 ハンドルノブにパーツクリーナーを吹きつけて、ボロ布でこすると、べとつきはきれいに取れて、すっかり元通りになりました。

 さーて次は、全バラ・メンテ。少しずつ、三面川サーモン・フィッシングの準備を進めていきます。

| |

« 鬼怒川(鬼怒川温泉地区)でルアーフィッシング(2010/10/09) | トップページ | 鬼怒川(鬼怒川温泉地区)&川治C&R区間(2021/10/17) »

18○ 釣り・一般(Abu、タックル等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 鬼怒川(鬼怒川温泉地区)でルアーフィッシング(2010/10/09) | トップページ | 鬼怒川(鬼怒川温泉地区)&川治C&R区間(2021/10/17) »