« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月の6件の記事

茂木町「鎌倉山」散策

 栃木県茂木町にある「鎌倉山」は、秋から初冬にかけて、雲海がみられることで有名な場所です。

 鎌倉山で雲海の日の出を見ようと思っていたのですが、起きたら午前7時。完全に寝坊しちゃいました(^_^;)

 せっかくなので、景色を眺めるだけでもと出かけました。

 妻や長男も一緒でしたので、一気に車で頂上近くまで登って、歩くこと5分ほどで頂上。

 快晴の青空、眼下を流れる那珂川、遠くの山々まで、よ~~く見通せます。

 相変わらず、すばらしい眺望です
。気持ちいい~~~(^_^)

 次回は、がんばって早起きして、雲海を見に来たいですね。

茂木町の鎌倉山山頂からの眺望

| | | コメント (0)

「常陸秋そば」の新粉を使った手打ちそばは、おいしさ抜群(2021/11/27)

 茂木町の友人と、手打ちそばの話で盛り上がった、数日後、気をよくした友人が、「この新そば粉で打ってみて」と、噂の「常陸秋そば」の新粉と小麦粉、打粉を買ってきてくれました。

常陸秋そばの新粉

 そば粉も小麦粉も、初めて使うものなので、ちょっと心配でしたが、こねてみれば、いつものような感じで、うまく打つことができました。

「常陸秋そば」の新粉を使った手打ちそば

 まずは香りがスゴイ! 食べてみると、甘~いそばの味が口中に溢れます。

 さすが、全国屈指の名ブランド「常陸秋そば」ですね。

 一つ収穫は、いつも使っている道の駅馬頭のそば粉も、そんなに引けをとらないことが分ったこと。

 今度は、自分で買ってきて、打ってみたいと思います。

「常陸秋そば」の新粉を使った手打ちそば

| | | コメント (0)

新潟県三面川で2回目のサーモン釣行(2021/11/20)

 2021年11月20日(土)、2回目の新潟県村上市の三面川鮭資源有効利用調査に行ってきました。

新潟県三面川鮭資源有効利用調査

 1回目の時(https://yosshy.cocolog-nifty.com/weblog/2021/11/post-ddf29f.html)と違って、サケのジャンプやもじりはごくわずか。ほとんど見られません。

 午前中は、右岸の釣り人が釣っているのをチラホラ見かけただけ・・・

 途中から、いろいろなポイントを釣り歩いて、13時過ぎ、ようやくサーモンを2回フッキングさせることができました。

 1匹は、ヒットした後、水面に出てきて、勢いよくジャンプしたとたんにフックアウト💦

 2匹目は、完全にフッキングした後、「よっしゃー、今度こそ!」と気合入れてファイト中に、痛恨のラインブレイク💧

 ラインがスイベルとの結節部分で切れていました。ちょっと結び直す間隔があいてしまったんですよね~~~(^_^;)

 調査を終えて、宇都宮に帰る途中、お隣の荒川に寄ってみたら、こちらはまだ調査中で、多くの釣り人で賑わっていました。

 荒川は、2015年の調査に参加して以来の訪問になります。いやはやなんとも懐かしい光景です。

 来年は荒川のサーモンフィッシングも考えてみたいと思います。

新潟県荒川サーモンフィッシング

| | | コメント (0)

川治C&R区間でニジマス(32cm)が釣れました(2021/11/13)

 2021年11月13日(土)、テンカラを始めた友人と川治C&R区間(栃木県日光市川治温泉)に行ってきました。

  午前8:30、友人が日釣り券(1,500円)を買った後、釣り場に向かうと、結構車が停まっています。

 県外ナンバーも多く、いろいろなところから釣り人がいらっしゃっているようです。

川治C&R区間(栃木県日光市川治温泉)

 先週、放流があったので、時々、ニジマスが泳いでいるのがチラホラ見えます。

 ショートバイトがあったり、バラシがあったり・・・、なかなかしっかりフッキングしませんが、魚から反応があるので楽しめます。

 昼食は、「和風らぁめん いかり」で味噌ラーメン。近くの「坂文精肉店」で名物のコロッケもいただいちゃいました。

Img_6835

 午後になって水温が上がり、魚たちの活性が高まってきて、ついにテンカラの友人と二人でダブルヒット!

 大きい方のニジマスは32cm。小型のスプーン(5g)で釣りました。

ニジマス(32cm) in 川治C&R区間(2021/11/13)

 14時過ぎまで釣り歩いて、1ヒット、2バラシ、時々チェイスって感じでした。キャッチ&リリースなので、少々スレ気味なのはいたしかたないところでしょう。

 まだ寒さもそれほどではありませんので、しばらく川治C&R通いを続けます。

| | | コメント (0)

三面川サーモン(75cm) in 新潟県三面川鮭資源有効利用調査(2021/11/06)★

 2021年8月に新潟県の三面川鮭資源有効利用調査に応募した時、新型コロナの影響で、どうなることかと心配していましたが、栃木県でも9月末に緊急事態宣言が解除され、全国的に落ち着いてきて、無事開催されることになりました。


三面川

受付に並ぶ車列

 極力密を避けるため、受付は車で並んだ順に少人数ずつ行われました。

 各々ポイントに散らばった後、いよいよ午前8時に釣り開始です。

 河口に近い調査エリアは、ゆったりした流れで、東日本大震災で大きな被害を受けた福島県請戸川のサーモンフィッシングを彷彿させます。

 時々、サケが水面でもじったり、跳ねたりするので、おのずとテンションが上がります。

 調査開始後、しばらくして、エサ釣りの方やウキルアーの方が次々とヒット!

 時々、「コン」とか「ブルッ」とか、サーモンらしい反応があるので、そのうち釣れるのでは・・・と思っていたら・・・、グン!

 よっしゃ~~と、ロッドをあおった途端、目の前のベイトリールから、ラインがスルスルと引き出されていきます。


 やばっ、ドラグが緩い! 締めようとした途端、ふっとテンションがなくなりました。
 いやはや・・・(^_^;)

 ドラグをしっかり締めて、仕切り直しです。

 午前10時、アップクロスにタコベイト付きのスプーンを投げて、底をユラユラ泳がせ、下流に来たスプーンが浮きがあり始めた時に、ゴツン!

 思い切りアワセを入れると、底の方で、大物が頭を振っています。

 猛ダッシュする度に、ラインが少しずつ引き出されていきます。ドラグはバッチリ。

 水面に出てきたら、ジャンプ!

 いや~~、楽しいですね~~~(^_^)

 3~4分ほど格闘したでしょうか。

 ネットに収まったのは、オスのサーモン(75cm)。

 ブナの入ったボディー、厳つい顔つき、たまりません。

三面川サーモン(75cm) in 新潟県三面川鮭資源有効利用調査(2021/11/06)  

三面川サーモン(75cm) in 新潟県三面川鮭資源有効利用調査(2021/11/06)

 その後、11時まで、エサ釣りやウキルアーの方が時々釣り上げているものの、ルアーの方は、さっぱり・・・

 17時頃の満潮に向けて、潮が満ちてくる大潮の日だったので、サケの活性が上がってくると期待していたのですが・・・、
結局、この1匹で終了です。

 ポカポカ陽気で気持ち良かったし、3年ぶりにサーモンを釣ることができて、大満足です。

三面川

~~~【釣行データ】~~~

【日時】 2021年11月6日(土)、8時~14時30分

【場所】 三面川(新潟県村上市)鮭資源有効利用調査

【天候】 晴れ

【水温】 -

【風】  -

【釣果】 サーモン1匹(75cm、オス)

【タックル(ベイトタックル)】

○ロッド:チームダイワS・6'6"(TEAM DAIWA-S ZR662MRB)、ミディアム・ライト

○リール:アブ・ガルシア アンバサダー4601c ガンナー


○ライン:ナイロン14lb(トライリーン XL)


○ルアー:スプーン(コータック・シルバー、25g)+自作タコベイト(赤)

| | | コメント (0)

川治C&R、1バイトのみでした(2021/11/03)

 11月3日(水)、文化の日、先週に続いて、おじかきぬ漁協の川治C&Rに行ってきました。

 快晴の天気ということもあって、フライやルアーの方がチラホラ。混雑していることこともなく、のびのび、の~んびりした気分で釣り開始。

川治C&R     
川治温泉の紅葉

 周囲の山々は紅葉がちょうど見頃を迎えていて、青空とのコントラストが鮮やかです。

 日が射すと、鮮やかさが引き立って、思わず見とれてまいます。

 釣りの方はというと、先週に続いて、スプーンに、ショートバイトが1回あっただけ(^_^;)

 代わる代わるやってくる釣り人に、ニジマス達も、かなり警戒しているようです。

 例え釣れなくても、シーズンオフに自然の中で釣りができるだけでも十分ありがたいことなので、これからも通おうと思います。

| | | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »