« アブガルシア Revo Sの中古を購入 | トップページ | ベイトリールをいじって過ごしてました »

中古で買った「アブガルシア Revo S」の全バラ・メンテ

 先日、ネットで中古で購入した「アブガルシア RevoS」の全バラ・メンテをやってみました。

 ネットでabuのRevoシリーズの分解している動画をいくつか見て、イメージを掴んでからバラシ始めます。

 内部は、メインギアやドラグ等にオイルやグリスがほとんど付いていません。パサパサした感じで、ホコリのようなゴミが付いていたり、所々、緑青のような錆が浮いています。

 おそらく、それほど使われずに放置されていたのだと思います。

 パーミングカップを空ける時、小さなネジが固くなっていて、ネジの頭をなめてしまいましたが、マイナスドラバー等を強引に押し当てたり、オイルを差したりしながら、気合で外しました。

 今回、これの作業が一番大変でした(^_^;)

Img_9748

 このレボSは、遠心ブレーキなので、とっても構造がシンプルです。普段、分解している4601や5601シリーズと同じ感覚で作業を進めることができました。

 部品やベアリングは、パーツクリーナーを吹いて汚れを拭き取ります。緑青のような錆はサンドペーパーで擦って落しました。

 初めてのリールなので、部品を紙にメンディングテープで貼りつけて、混ざらないようにします。

 バラすのは簡単なんですが、組み立てる時って、少し忘れてしまうこともあって、たいてい一発で決まることはありません。クラッチが切れなかった、うまく回らなかったり・・・

 少しずつ仕組みを理解しながら、オイルやグリスを差したりしながら、あれこれ試していると、自ずと正しい組み立て方に辿りつくことができます。

 組み立てた後、近くのホームセンターで、ナメてしまったネジ(M2×10mm)と同じものを買ってきて、締め直して完成です。

 異音もなくなって、動きも滑らか、スプールも気持ちよく回るようになりました。

 新しい相棒が、また一つ増えました(^_^) 

Img_9749

Img_9753

| |

« アブガルシア Revo Sの中古を購入 | トップページ | ベイトリールをいじって過ごしてました »

18○ 釣り・一般(Abu、タックル等)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アブガルシア Revo Sの中古を購入 | トップページ | ベイトリールをいじって過ごしてました »